ちとせ館

(あしたもよろし ゆうべもよろし)

雑記2010

北国で、まず咲く花

『吉兆の糸を繰り出す花まんさく』
(佐藤美恵子)

まんさく

こういう災害の時、障がいのある人たちはどういうふうに避難し、どう過ごしているのでしょう。
テレビでは出てこないので、よくわからずにいました。
そんな中、ニュースがひとつ。
神奈川の海洋科学高校の実習船・湘南丸が小名浜に救援物資を届け、その帰りにグループホームなどで被災した障がいのある人たちを乗せて三崎に戻るとのこと。
なんだかほっとするニュースでした。
障がい児者に日々関わっている者として、ありがとうございます…と思います。

どまんなか

米沢

駅弁ランキングで、けっこういいとこに入る米沢のお弁当。
山形県産米・どまんなかの上にぎっしり乗った牛肉と牛そぼろの相性バツグン。
山形新幹線の上りに乗ると、30分くらいで着く米沢駅から積みこまれて、車内販売のお姉さんが「数量限定で〜」と売りに来る。
さすが、ほいほい売れる。
前の地味なパッケージから、今は慶次になって派手だ。

「いざ 米澤へ参られよ!」

惜しい。
今、通りすぎた駅なんだよね。(笑)
しかも、食べ終わって容器を捨ててしまえば忘れてしまう世の無常。
そのへんのタイミングはどまんなかとはいかないようで。

でも、これはおいしい。

『雪燈籠あまたゆらぎし里の宿』
(田中浅子)

小正月

キノコ

地方によっては女正月と呼ぶところもあるとか。
年末年始を忙しく働いた女性の骨休みの日。

「東京に行こうかな」と、ちょっと思ったのです。
今、期間限定で東京駅に萩尾望都さんのコーナーできてて。
あと、岡本太郎記念館にも行きたい。

でも以前、この時期に東京行って、帰りの新幹線が遅れたことがありまして。
ここ数日お天気も悪いし、安全第一で作並温泉に決定。
そしたら今朝、やっぱり新幹線がトラブルで運休してた。
よかった、近場にしといて〜。

フリージア

館内のインテリアに気を配っている旅館。

お風呂に行くのに廊下を歩いていて、前を行くおばちゃん(還暦くらいか?)二人の会話を、ぬすみ聞きする。
片方が生け花を見て訊く。
「この花、何て名前だっけ?」
もう片方が即座に答える。
「スイトピー」

え゛??

胸がつまって、ものすごく苦しくなる。
違うと思うよ。
教えたい。
うずうず。
でも…

二人のおばちゃんは、さっさとお風呂に向かう。
私はぽつんと花の前に立ち、小さい声で「フリージア」と呼んでみる。
黄色い花は、どっちの名前で呼ばれても返事はしない。

長くゆる〜く

『JIN』や『ゲゲゲの女房』の総集編花盛りで、テレビが楽しい♪
忙しい年末の憩いとなっております。
(そっちに夢中で家事が滞っているとも言う)
紅白の桑田さんも楽しみ。

できなかったことはできなかったまま、持ち越して新しい年を迎えたいと思ってます。
あさってやればいいことも今日やりたい私にしては、大きな変化であります。
きつく抱きしめてもらうのは強い愛を感じられるけど、やわらかな眼差しで見ていてくれるだけでも、いっぱいの幸せを感じられるものなんだなあって。

『過去(すぎゆき)は積む雪に似てしづかなる』
(ちとせ)

usagidoshi

今年一年『ちとせ館』に訪問いただき、ありがとうございました。
おかげさまで、“ログミン”でワインレッドの円盤に征服されることもなく、年が越せそうです。
(ライブドアブログは、アクセスゼロになると、宇宙人に乗っ取られる仕様となっております)

年末年始の営業日を下記の通りご案内申し上げます。

   【記】
(平成22年)
12月29日 平常通り
12月30日 09時 営業終了
12月31日 休業
(平成23年)
1月 1日 休業
1月 2日 名古屋から新年のご挨拶予定
1月 3日 休業
1月 4日 通常通り営業

みなさま、良いお年をお迎えください。
私も、負けないくらい楽しい年を迎えるつもりです。(笑)

野田版 鼠小僧

年末に観たいものというと…?
やっぱり『忠臣蔵』?

私は、シネマ歌舞伎『野田版 鼠小僧』がいいな。
残念ながらDVDになっていないので、思い出してみる。
(ここには書かなかったけど、この秋に上映があって観に行ってる)

フライヤー

ケチな棺桶屋の三太。
徹底的に自己中心で、人のためになることをするのが大嫌い。
鼠小僧みたいに盗みはするけれど、貧乏人に施すなんて「そんなことしたら死んじゃう」と言うほど。
そんな三太が唯一心を動かされた、けなげな孤児のさん太。
年の瀬、三太は小判の雨をさん太に降らせてやろうとするのだが、大岡忠相の策略で無念のうちに死んでいく。
気持ちだけは降りだした雪に溶け、さん太は雪を受けながら「なんだかとってもあったかいや」と無邪気に喜ぶ。
サンタからサンタへの贈りもの。

も〜、前半は笑いすぎてお腹痛くて涙が出る。
後半、特にラストは一転、不憫で悲しくて涙出る。
一度観ただけで、セリフもかなり覚えてしまった。(北島マヤ?)
DVDが出てれば…と、ちらっと思ったりするんだけど、やっぱりなくていいや。
何度でも思い出せるから。

P1050734

『まだもののかたちに雪の積もりをり』
(片山由美子)

丸い石に雪が積もってるの。
地面との隙間が目みたいだね。

何かに似てる。
と思うんだけど、思い出せない。
最近、こういうこと多いな。

雪のクリスマス

街頭がともる頃に
降る雪が少し粒の大きさを増した♪

ドリカムの歌、そのままの景色になってる今日の山形です。
ホワイトクリスマスって、響きがなんだかロマンチックね。

P1050731

明日の朝は、雪かきが必要になるだろうな〜。
やだな〜。
クリスマスの朝一番にすることがそれって。(笑)

下駄のあとは二の字二の字

そういえば昨日のお月さま騒ぎで思い出した俳句。

『いつかいつかいつかと待ちし今日の月』
(捨女)

田捨女が待っていたのは、どんな月だったでしょう…というクイズ。
すぐわかる?


【定番おしょうゆ味小袋満月ポン】うさぎ中判2枚(30袋セット)【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし宛書】【せんべい】【和菓子】
定番おしょうゆ味小袋 うさぎ中判【せんべい】

きょうの月はめっぽう赤い

…と聞いて楽しみにしていた今月今夜のこの月。

赤い時は見えなくて、もう白いよ?
しかも雲の下でぼや〜っと。
朝は晴れてたからいいかなと思ってたんだけど、午後から曇り始めてしまった。
右側が欠けてるのは、わかる。


 月光

しづかにてらせる
月のひかりの
などか絶間なく
ものおもはする
さやけきそのかげ
こゑはなくとも
みるひとの胸に
忍び入るなり

なさけは説くとも
なさけをしらぬ
うきよのほかにも
朽ちゆくわがみ
あかさぬおもひと
この月かげと
いづれか声なき
いづれかなしき
 
  (島崎藤村)


P1050614

この白い生クリームみたいなカタチ。

汚れつちまつた悲しみに

今月、遊びすぎた〜。
大掃除に取りかからないと。
今年はサロンのほうもあって、家二軒分。

サロン、古い家だからメンテが大変だけど、いろいろな人が使ってくれました。
作ってよかった。
もしこっちに旅行することがあれば、タダで泊れるから声かけてくださいね。(隙間風が気にならない人限定(笑))

明日からずっと雨と雪の予報。
窓を拭くなら晴れてる今日しかない。
太平洋側に住んでた頃には考えなかった北国の暮らし。
馴染んできたと思います。
気候にも、言葉にも、人にも。

『けふばかり背高からばや煤払』
(千代尼)

去年、踏み台にした椅子から落ちたんだった。
でも私の場合、背が高ければどこかに頭ぶつけそうな気がする。(笑)

108ピース レレレの水戸黄門 108-064
レレレの水戸黄門 108-064

覚めない夢

“ギルドネクスト”というところの会員になってまして、山形や宮城のコンサート情報が葉書で届くのです。

山形公演

今度は井上陽水さんだ〜!
来年の2月。
井上陽水 Tour2011 山形県民会館。

前に山形来たの、4年前?
そんなになる?
あの時はラストの『氷の世界』がすごくて、魂抜けかけたっけ。
弾き語りで始まった『ジェラシー』は、息がとまったっけ。

すぐに予約。
楽しみ楽しみ♪

魔力
魔力

一曲目から、いい。

何見てる?

neko

猫は一年中好きだけど、今の季節の猫が一番好き。
冬毛がもふっとしていて。
背中に乏しくなりかけたお日さまの匂いが凝縮してる。

抱っこすると柔らか。
でも、この季節が一番重い。
冬に備えて脂肪を蓄えるんだろうね。
飼い猫はそんなことしなくていいのに。

あ、私に言われたくない?(笑)


『猫抱けば猫の目が知る寒雀』
(大野林火)

和す(わす)

忘れないよ遠く離れても
短い日々も浅い縁(えにし)も

『しわすでごわす』という、笑っちゃうネーミングのライブに行ってきました。
もう5年近く前になりますか。
私が用事で東京に行った時、いい機会だからと企画してもらった『わけあり2』というライブがありました。
全然知らなかったのですが、いつの間にかそこで新しいユニットができていて、それは「伝説のライブ」ということになっていました。
確かに、妙なライブではあった。(笑)

そこで生まれた“ぴか太郎”。
ぴかぴかさんと一太郎さんの二人。

ぴか太郎

(楽しそう)

Zip Gun

(めっちゃ楽しそう)

『わけあり2』に出ていたのと同じメンバーも集まってくれました。
シンドウアツコさん時代屋だんぞうさん、、レイチさん
この5年間、それぞれにライブを積み重ねて磨いた歌を聴かせてもらいました。

シンドウさんは、ぎこちなさがなくなって、洗練された感じですてきになった。
でも、可愛らしさと優しい歌声はそのままに、聴いていてもう夢心地。

時代屋は、だんぞうさんと相方ジャンさんの二人なんだけど、私は二人での演奏を聴くのは初めて。
私が以前いいなと言った歌を覚えていてくれたのがうれしかった。

レイチさんは、前回の日本のボブ・ディランにマーク・ボランがプラス?
したたり落ちる汗に、本気を見ました。…すごかったな。

三人が私を迎えてくれたあたたかさは変わらない。
ありがたいなあ。
うれしいなあ。

12月は師走の他に、「年世積月」という別名もあるのです。
年月は、ただ過ぎ去ってしまうものではなく。

積んできたんだ…いろいろなものと、大事な想いを。

一期一会と思って行った『わけあり2』に、こんな「次」があって感激しました。
みなさんにありがとう。
私もこれは、忘れられないライブになりそうです。
スペシャルの思い出箱に入れて、矯めつ眇めつ。

東京

東京駅に隣接したホテルに一泊して、次の朝は始発の新幹線というハードスケジュール。
まだまわりは暗い。

大宮

大宮あたりで、空が赤白く明けてきた。
シンドウアツコさんの『朝焼けの街』を口ずさむ。

あ、昨日のクイズ(?)ね。
ライブが終わって一緒に大森駅まで歩いたのは、レイチさん、青山さん、しな乃さん、駄美さん。
さて、誰が酔っ払いでしょう。
難易度、低っ!(笑)

クリスマスソングを唄うように

ステンドグラス

12月になったら、街中のクリスマスソングがさらに活気づいた。
クリスマスを前にすでに食傷している今日この頃。
でもつい、つられて頭の中で歌っちゃうところが悔しい。

あなたからメリークリスマス
私からメリークリスマス
サンタクロースイズカミングトゥタウン
せんきゅうひゃくななじゅうねんの〜こんにちは〜♪

…あれ?
なんだこの感じ?
そうそう以前、『知泉』の杉村さんに教えてもらったんだった。
サンタクロースの歌を三波春夫さんに歌わせると、万博の歌と同じになるって。
今度は、クリスマスソングが脳内でコブシぐるぐる。

アメリカの歌手は、有名になるとクリスマス・アルバムを出すことが多いよね。
日本の演歌歌手も出してみないかな?
ひとりだけぐるぐるしてるの悔しいから、みんなでぐるぐるしたい。(笑)

『走つても走らなくても十二月』
(遠藤悦子)

人恋しと泣け十二月

何万人の女たちがあたしはちがうと思いながら
何万人の女たちと 同じと気がついてしまう月♪

そろそろ何万人の人たちが、郵便局やコンビニでひらひらする「年賀状」の文字を気にし始めてるんだろうなあ。
ということで、今年も年賀状始めます。

うさぎ。
古今東西、絵本やマンガや、たくさんのキャラがいる。
かわいくて親しみやすいからかな?

鳥獣戯画―国宝絵巻 (双書美術の泉 6)
鳥獣戯画―国宝絵巻

古く日本では、鳥獣戯画。
遠くイギリスでは、ピーターラビット。
ミッフィーちゃんはこの前、話題にしたし。
アニメでは、ウリクペン救助隊の征太郎が好きだった。
セーラームーンの月野うさぎもいたね。
カードキャプターさくらが好きなのは、月城雪兎。
萩尾望都『3月ウサギが集団で』の、のんのとか描きたいな。
これは出す人を、ものすご〜く限定しそうだけど。(笑)

たくさんありすぎて、迷う、悩む。
でもやっぱり、『W3』のボッコにしよう。
こういうの、考えてる時が一番楽しいな。

スーフェス08限定 おやすみボッコちゃん(手塚治虫)ソフビ
スーフェス08限定 おやすみボッコちゃん(手塚治虫)ソフビ

ところで、今日のタイトルはこのCDに入っている『十二月』という歌から。

グッバイガール
グッバイガール(中島みゆき)

人恋しと泣けば十三夜〜♪
と歌ってしまいたくなるのは、私ひとりだろうか。

わんわんの月の終わりに

dog

私は猫好きなんだけど、けっこう犬も寄ってくる。
このコは、一緒にいた友人のほうには吠えてた。

ぽふっと隣に来て、べろべろ舐められてしまった。
あ、もしやさっき食べたフライドチキンの匂いが…(笑)

なんて犬種なんだろ?
犬もかわいいな。

『犬の尾は西向く秋の逝く方へ』
(中原道夫)
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ