ちとせ館

(あしたもよろし ゆうべもよろし)

その他

モネの庭

友人が、
「マンション買ったから遊びにおいで」
と言うので、横浜に行って来ました。

みなとみらい

その友人とは熱海にMOA美術館ができた時に一緒に行っていて、私がモネの睡蓮の絵の前でしばらくボーッと見ていたのを覚えていて、
「モネ、好きだったよね。近くでモネ展やってるから行こう」
と連れて行ってくれました。

今回の横浜美術館のは『モネ それからの100年』というタイトルで、モネの作品だけではなく、その対象への眼差しや描き方に影響を受けた人たちの作品を集めた展覧会。
「これのどこが?」と理解できないのもあって(笑)、面白かった。

睡蓮フロート

カフェ小倉山、睡蓮フロート。
色とりどりのゼリーをモネの池に見立てて。


モネの庭―花々が語るジヴェルニーの四季
ヴィヴィアン ラッセル
西村書店
2005-12-01


モネの睡蓮といえば、花が浮かび、木立が映り、光がきらめく美しい池を描き、印象派の絵画の代表作。
200点以上あり、描かれた年代も大きさも様々。
自分で庭を造り、毎日描いていたという。

そこには専属の庭師さんがいたらしい。
だよね〜。
モネが庭の草取りしてる姿って、ピンとこないもの。
その庭師さんは朝になると、モネが絵を描きに来る前に池の手入れをしていた。
睡蓮は、池に入って枯れた茎を取り除き、汚れた葉を洗って。
だからモネの睡蓮は、あんなにきれいなんだ。

たくさんの人に愛され、後世の画家たちに多大な影響を与えたモネ。
名を残した、と言える。
その陰の、庭師さんの名は残っていない。
でも、モネの絵のきらめきの中に確かに彼はいる、と。
そんなことを考えながら回ってきた展覧会でありました。

睡蓮

私の少女マンガ講義

私の少女マンガ講義
萩尾 望都
新潮社
2018-03-30


9年前、イタリアの大学での講義。
それが丸ごと本になりました。
まさかこういう形で読めるとは。
感涙ものであります。

まず、日本の漫画について解説と分析。
萩尾望都さん、他の人の描く漫画をたくさん読んでいらっしゃるなー。
古いのも新しいのも、少女漫画だけでなく、少年、青年漫画も。
あれだけ連載を抱えていて、こういう講演会もあって、いったいいつ読んでいるんでしょ。

そして、自作の創作秘話。
これが読み応え十分。
『ポーの一族』が不死なのは、いろいろな時代の服を描きたかったから、とか。
モーツァルトのようなコマ割りを、とか。
今までなんとなく感じてたことや疑問に思ってたことが、次から次へと扉が開かれて答えが出て、「うんうん」と頷き過ぎて首が痛い(笑)
宝物になりそうな本です。

そうそう、『ココハナ』にくらもちふさこさんの「とことこクエスト」というコミックエッセイが載ってるけど、今月号はエドガーでした♪

犬・猫の気持ちで住まいの工夫



毎年、お盆はお客様が多くて、出入りのたびに猫が脱走しないかヒヤヒヤ。
玄関チャイムを押してこちらが顔を見せてから入ってきてくれる人はいいんだけど、いきなり玄関を開ける人もいるし、勝手に入って茶の間にドカッと座ってから「おーい!」なんて呼ぶ親戚もいるんです。
田舎あるある。

猫が出て危ないところに、ねこ脱走防止とびらを設置しました。
同じもの二つ目。

タニハタという、組子でいろいろな家具を作る会社の。
自分で寸法を測ってメールで送るだけの注文方法なのに、届いて設置してみるとまるで実際にここに来て作ったかのようにぴったり。
職人技です。
以前使って、その使い勝手の良さと耐久性に感心してたので、いろんな類似品があるけど迷わずこれに決めました。

でも…

satsuki09

我が家の猫には、脱走防止の役に立たない(笑)
2メートルを軽々と登って飛び越える。
以前のより20センチ高く作ったのだけど。

satsuki08

ちょっと難易度高いキャットタワーでしゅ〜ドヤッ


こちらもわかってて注文したので問題なし。
上の空間に透明のプラスチック板をねじ止めしてガードを強化しました。

ペットと暮らす工夫は、知恵比べ。
それと根気。

戦後少女漫画史

冬眠から覚めたら春眠暁を覚えずで、寝っぱなしでした。(笑)

それでも起きてる時間は、竹宮恵子さん、萩尾望都さんの初期作品を年代順に読みふけってました。
大島弓子さん、木原敏江さん、青池保子さんと広がり、佐藤史生さん、花郁悠紀子さんまで読んでました。
「花の24年組」「ポスト24年組」と呼ばれてますね。


もう新しい作品を読めなくなってしまった漫画家さんもいるんだけど。
たくさんの作品、ありがとうございます。




そして、本屋にこの2冊が並んでいる幸せ。
お二人とも今、竹宮恵子さんがあれほどこだわったフランスを舞台にした話を描いている。
なんだか感慨深いものがあるのでした。

さてさて、寝てる場合じゃないですよ。
3月3日(木)『浦沢直樹の漫勉』のゲストが萩尾望都さん。
4月9日(土)から吉祥寺美術館で『萩尾望都 SF原画展』開催。
どちらも楽しみ♪

子どもにおくる般若心経

2年前に見つけて、以来ずっと読んでいるペット葬儀会社のブログがある。
そこではお経をあげて見送りをする形をとっている。
でも、「お経はいいです」と断る飼い主がけっこういるとのこと。
(料金はお経をあげてもあげなくても変わらない)
飼い主が仏教ではないから、動物にお経は合わないと思うから、という理由の他に、お経は長いので(面倒だから)あげなくていいですという人も。

私は熱心な仏教徒というわけではないし、ペットにお坊さんの読経をと望まないけど、前に飼っていた猫の月命日にはひとりで般若心経を唱える。


多分だけど、お経をありがたいと思えないのは意味がわからないからってのが大きいんじゃないかな。
「ごうんかいくう」なんて言われても、どんな漢字を当てているのか?
一応聞き覚えがある人も、書けと言われたら書けない人も多いと思う。
ちなみにパソコンだと一発変換で「五蘊皆空」と出る。
ありがたきかな。

この本では、子供にもわかりやすいように般若心経の解説をしている。
とはいっても、仏陀と観音様と、仏陀の弟子の中でも一番の知恵者といわれている舎利子の会話。
短いけれど壮大で難解である。
私も正直、全部はわからないなあ。

ただ、なんとなく感じるものはあるんだよね。
だから、「ありがとう」の気持ちを込めてお経をあげる。
2年たったけれど、思い出は薄れない。

遠足型消費の時代


フィバーといえば、こちらでもうひとつ。
コストコ上山店。
東北初のコストコオープンとのことで、大賑わい。

会員しか買い物できなくて、会費が年4,000円ってことで二の足踏んでる地元の人も多い中、駐車場に並んでいる車を見れば、仙台、秋田、青森…すごいなこれ。

こちらではオープン前に地元の人への入会キャンペーンがあって、会費が1,000円引きになった。
私も悩んだんだけど、コストコがどんなものかよくわからなかったので入会しなかった。
友人が「私、会員になったから連れてってあげるよ」と言ってくれたし。
(3人まで連れていけるらしい)

土日祝日は付近の道路が渋滞するので平日の午前中に行ったのだけれど、それでも混んでたな〜。
若い人が多かった。
小さな子供を連れてて、子供は広い倉庫に大喜び。
かくれんぼしてる子もいたっけ。
度が過ぎたらダメだけど、親がちゃんとしてれば許されるくらい大らかなスペース。

そう言われれば、「遠足」に似てるね。
ちょっと遠くで。
山で野苺やアケビを見つけて食べる代わりが、通路のあちこちで出されている試食か?

で、私が買ったのは、ツナ缶とルイボスティーとパン。
大きなカートの中に、ちまっと。
肉も魚もあまりの大きさと量に圧倒されて、手が出なかった。
「ちーちゃんちは冷蔵庫3つと冷凍庫もあるんだから、何でも買って大丈夫じゃない」
と言われたけど、いやいや。
小分けにして冷凍する手間と、それを飽きずに食べきれるかって考えたら、無理だなーと。

ルイボスティーは、ちょっとくせのある味だけど慣れれば続けられる。
コレステロール値を下げる効果があるとか。
ちょっと気になるお年頃。
これは機会があったらまた買いたい。

ツナ缶は日持ちするし、よく使うからこれもよし。

パンは、みんな大きな袋をカートに入れてるのを見て「おいしいんだろうな」と思って衝動買い。
コロコロした形のが40個近く入っている。
連れて行ってくれた友人に10個分けて、たまたま会った知人にも5個ずつ分けて。
半分を持ち帰った。
…あ、量が多くて安いと思ったけど、こうなると安くない?(笑)

ジップロックの袋に小分けにして冷凍。
レンジで10秒あたためた後にトーストすると、焼きたてみたいにさっくりふんわり。
おいしいかも。
でも毎日食べたら飽きちゃった。
…まだ冷凍室に残ってる。(笑)

コストコに行きたがる人。
興味のない人。
興味はあるけど様子見してる人。
行きたがらない人。
私の知ってる奥様方はバラバラ。

私は〜、冬になったら会員の友人に頼んでまた連れてってもらおうかな。
運動不足解消に。
とにかく広くて、歩く歩く。

なるほど、遠足。

名古屋モーニング図鑑


名古屋には叔母さんが住んでいて、子供の頃からたまに遊びに行っていた。
名古屋の食文化って、独特でびっくりすることもあるけど、おいしいものが多い。
その中でも、コメダに連れて行ってもらうのはうれしかった。

こちらは今、コメダフィーバー中。
先月できて、いつ行っても混んで行列ができている。
今まではお隣の仙台にあるだけだったから。

懐かしくて、すいてそうな時間を狙って行ってきたのでした。
そしたら、シロノワールに「ミニ」があった。
いつからできたんだろう?
カロリーを気にするお年頃にはうれしい。

コメダ

でも、いつか普通の大きさのを丸々一個食べたい(笑)

『天高く馬肥ゆと妻肥えにけり』
(辻田克巳)

道の駅

ここんとこ、県内を車であちこち回っているので、道の駅に立ち寄ることが多い。
(遊びじゃないぜ仕事♪…夏はTUBEか)

そこでしか食べられないおいしいものがあったり、特産品が並んでたり。
そういうのも魅力だけど、私はその近くにある福祉施設の製品や、おばあちゃんが縫った小物とか探しちゃう。
安くていいものがあったりするんだ。

河北

昨日は、ぶらっとぴあ。
枝豆のソフトクリームが美味だった〜。



この本は、東北地方の道の駅が紹介されている。
山形県は19か所。
まだ行ったことがないのは、あと3つになった。

明日、そのうちのひとつに行く予定。
「豊かな自然に恵まれた道の駅」と紹介されている。

うん、地図見ただけでそれはわかる。
ものすごい山の中だもん(笑)
山ぶどうのジュースも楽しみだけど、山ぶどうの蔓細工とかあるかも、とワクワク。
晴れてタムレ。

チキンスープ・ライスいり


JUNEは6がつ。
あつくなるんだ、このつきは。
にわさきのバラが、
ぐったりあたまをたれる。
げんきづけにはもちろん
チキンスープ・ライスいり!

モーリス・センダックさんはそう言う。
暑い時に熱いスープ。
意外にいいよねえ。

バラフロート

6月はバラまつり。
恒例、村山市東沢バラ公園。
暑いけどバラたちはかわいがってもらっているらしく、元気に頭を上げて咲いてました。

私は暑かったから、冷たいバラフロートを☆\(-_-;)

日本の詩歌(8)

日本の詩歌(8)~佐藤春夫
佐藤慶
キングレコード
2005-08-03



夕づつを見て

きよく
かがやかに
たかく
ただひとりに
なんぢ
星のごとく

(佐藤春夫)


春日忌。
この詩は短いところがいいなあ。

夕づつは枕草子で知った。
星はすばる。ひこぼし。ゆふづつ。よばひ星、すこしをかし。
金星のこと。

余談、これを「かねぼし」と読むと金運アップのおまじないになると聞いた。
流れ星が消えるまでに三回、「かねぼし、かねぼし、かねぼし」と唱えるとお金持ちになれるんだって。


水曜日

体調はほとんど回復。
でもノンアルコールで様子見中。

ねこ展

やっと山形でも、岩合光昭さんの写真展開催。
いや〜、待ってましたよ。


猫神様に愛されてる写真家、岩合さん。

岩合さんの撮る猫って、ほとんどが野良猫。
警戒心が強いから、普通の人だとおいそれとは近づけない。
それが岩合さんがカメラ向けると、ポーズとってくれたり、至近距離まで近づいてきてくれるんだもの。
うらやましい。

毎日ブラッシングされてるような猫じゃないのに、ひなたぼっこしている姿はなんてきれいなんだろう。
伸びる猫、跳ぶ猫、泳ぐ猫。
このまま展示室に泊まり込みたいくらいでした〜(笑)

グッズ売り場で悩みに悩んで、メガネ拭きと栞を買った。
帰ってから、やっぱりポーチも欲しかったと後悔。
また行こう。

シュトレン


我が家のクリスマスは毎年、山形グランドホテルのシュトレン。
日持ちするから、薄くスライスしながら食べていく。

フルーツの風味がパン生地に少しずつ移っていくようで、毎日微妙に味が違う…らしい。
はっきりわかんない。(笑)
でも、作りたてより賞味期限間近になったほうがおいしいのはわかる。

『聖菓切るゆたかに底に刃が遠し』
(橋本美代子)

リボン

リボンください♪

クマのプーさんの知恵


とっても気のいいクマさん。
あんまり頭はよくないけれど、物事をありのままに把握し、真理を見極める認識力は大したものだと思うのです。
そんなプーさんの言葉、ぽろぽろと。

「誰だって、風船をもらったら、しょんぼりなんかしていられない。」
今回のフィギュアGPファイナルにぴったりな言葉だ。

本郷選手のショート演技はほとんどミスもなくよかった。
それでも、5位?
どんだけ強いねん、ロシア娘!
女子フィギュアは見ててわくわくする。

羽生選手、ショート1位。
放映は今夜なのでまだ見れてないけど、よかったね〜。
男子フィギュアは見ててひやひやする☆\(-_-;)

次のフリーにぴったりなプーさんの言葉は…
「鼻についたハチミツを落として、さあ、大丈夫、何でも来いと見えるように、身支度を整えること。用意万端」

この週末はお天気が悪いというから、おこもり予定。
選挙は期日前投票をしてきた。
録画してフィギュア三昧ですわっ♪

神さまがやどる お掃除の本


大掃除は年神様をお迎えする準備なのだとか。
汚部屋は、貧乏神が好むのでお金が貯まらない。

煤払いは12月13日にするのが江戸時代からの習わし。
今のうちに準備しとかなくちゃですわ。

hataki

「こんなの使ったらお掃除楽しいだろうな」と買ってきた可愛いグッズ。
すぐに「ぼくのおもちゃ♪」と取られてしまった。

猫の手は、煤逃げしててくれんかね…


『煤逃げに隣家の猫も居たりけり』
(大田たまえ )

智慧の実を食べよう


まっさらみたいに思えても
今日には昨日のしみがある
すんだことさの一言を
漂白剤には使えない
涙をシャワーで流すだけ

からだの傷さえ消えぬのに
心の傷ならなお疼く
ごめんなさいの一言を
鎮痛剤には使えない
痛みをお酒で癒すだけ

思い出したくなくっても
忘れられない日々がある
明日があるよの一言を
ビタミン剤には使えない
希望は自分で探すだけ
希望は自分で探すだけ


盛り沢山の楽しい話、考え込んでしまう話が入っている本だけど、やっぱり谷川俊太郎さんの詩が心に残る。

智慧と言えば亀岡文殊と思い出し、もう一度団子を食べにお参りに行ってきました。
今日は晴れてて気持ちよかった。
団子も変わらずおいしかった。
「この味噌だれの味が忘れられなくて、また来ちゃいました」と言ったら、タレをたっぷりつけてくれた。
おしょうしな♪

芭蕉

『春の夜は桜に明けてしまひけり』

建立年、建立者不明。
参道の脇、十六羅漢に混じってぽっと建っている。
春の桜を思い描きながら、冬は耐えてがんばるです。

高畠はぶどうが有名なところだけど、智慧の実・りんごもおいしい。
映画『おもひでぽろぽろ』の有機栽培農業のモデルはここ。

…ああ、道の駅でりんごを試食してたら頭からっぽ。
りんごの写真撮り忘れた。
文殊様参りと団子でもらった智慧はどこ?(笑)
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ