意識しないようにはしてましたが、  やはり今日は11日なんですネ。  テレビや新聞、 この日を意識した番組やテーマ コメントが多かったように思います。  年に一度は行くことにしている ‘北上川’河口に近い旅館、  今年は4月4日 長女の家族5人とオカァさん 私で予約してました。  山手に少し上ったその旅館の、 川を挟んで反対側  ‘大川小学校’、  子供達や先生の多くを失った その詳しい状況が放映されてました。  オカァさんは 地震があった何日か後、 その旅館の奥様からいただいた衛星電話 「もう 地獄です!」  今も耳から離れないと言います。 
  午後 ちょっとした買い物があり、 でも 中々探せないないまゝあちこち車を走らせてましたら、 悲しい話題がラジオからです。  原発事故のため置き去りにした犬が、 お産をしたまゝ冷たくなっていたと言います。  ただ 仔犬は無事との事、 つい3週間少し前に、我家の犬‘アル君’とサヨナラをしたばかり、 オカァさんは涙ぐんでます。    「仔犬 助かったのは救いですね」  
  ここの所  新聞やテレビを見る時間が少ないように思います。  確かに 大震災や原発事故を忘れさせるような番組や紙面はあります。 それでも 関連したものは多く、 見るたびに聞くたびに 小さな出来事でも気が滅入ってしまいます。  「心身症になったみたいですョ」  「自分で言うんだから大丈夫」  そう言うオカァさんも、 なかなか気は晴れないようです。 
   「来月 ちょこっと旅行しない」  オカァさんの提案です。  ほとんどの旅行は自動車での移動ですが、 この度は電車で行こうと言います。  「昔 フル ムーン とか言ったJRのキャンペーンかなんかがあったでしょう」  「そうそう 上原 兼と高峰 三枝子かなんかのポスターがあって」  とすれば そりゃァ無理、 どっちもあの二人のような美男 美女じゃないもん。  「気分だけは  ですよ」
  この先 行くことになるのかどうかは、 限りなく不明ですが・・・