さるもちの主張

日頃、感じたり、思ったりしている事。

2014年08月

10年後。もっといい日本になっていますように!

弱音

無駄に広すぎる家。広すぎる庭敷地。広すぎる畑。
夫との性格不一致。
経済力の見込みがない息子。
老いて行くばかりの義父。
無理無理・・・。重荷・・・。
近い将来、ごみ屋敷になりそう。
近所からも孤立してたりして・・・。
今は、だぁ~れも評価してくれない。
やるもやらないも自分の意志。
最近、今日までの30年間を振り返ってばかりいる。
世間知らずで、しつけのなされていない小娘のまま、ぼーっと結婚。
ずっと姑の指示に素直に従ってきた。
それが辛かった。
姑が亡くなって、今は不完全燃えつき症候群状態。
生きがいは、ずっとなかったけど・・・今もない。
なんで、この家を維持しなければならないんだろう?
この家の将来・・・めんどうくさい。

義姉亡くなる

発病から約二年。約一年と十ヵ月寝たきり状態だった義姉が亡くなった。
58歳と11か月。
この二年間、義姉の夫は、職場で介護休暇を取り、一年後、退職。昼も夜も付きっ切りで介護してきた。
百万人に一人の難病。ヤコブ病。
発病して間もなく下された診断では、3~4か月の命だと。
それまで、病気らしい病気をしたことのない義姉。家族にとって、とても厳しい診断だった。
しかし、気が付けば、2年近くの時間が過ぎていた。
義姉の夫の献身的な介護があっての事だと思う。
ご苦労様でした。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

sarumoti

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ