さるもちの主張

日頃、感じたり、思ったりしている事。

2015年01月

10年後。もっといい日本になっていますように!

人と人が重い?

昨年暮れに見逃したテレビ番組。
NHK朝イチ。テーマは「母親が重い」。
ちょっと動画で見てみた。
なんだかなぁ~???
そう思った。
ちょっと前には、報道番組で、こんなテーマがあった。
「孫の世話が負担」てな感じの・・・。
娘夫婦の共働きの応援で、学校帰りの孫を預かる毎日に疲れている老夫婦が取材されていた。
親が迎えに来るまでの塾への送り迎えとか、夕食とか、宿題をさせたり・・・。
孫の予定に振り回されるおじいちゃんおばあちゃん。
娘の助けになれば・・・そういいながらも、不満を口にしていた。
母が重いとか、孫が重いとか・・・どこに誰に言ってるの?
そんな事、ず~っと昔から、繰り返されて継承されている当たり前の家族じゃないの?

私も正直、一人暮らしになってしまった母親が重い。
毎日のように電話。日に2~3回かかることもある。
電球の球が切れたとか、ごみ出しに来てくれとか、ブレーカーが落ちたとか、灯油を入れてくれとか・・・も~わがまま言い放題。
疲れたよ。でも親だもの。
みんな生きてる。関わっている。
違う?


私と信仰心

我が家は浄土真宗西本願寺派。実家は同東本願寺派。
地元は、浄土真宗が根強く信仰されている地域。
どの古家にも、広い座敷に金箔が施された大きな仏壇がある。
今の時期、集落の公民館では、尼衆報恩講。若衆報恩講。・・・お年寄りなどがお寺様の説法を聞きに行く機会が多い。

実は私。信仰心が薄い。
信仰って何だかよくわからない。
生まれた時から、育った環境が浄土真宗だっただけ。
その中身に、興味を持ったことはない。
報恩講や、法事などの機会に、お寺様の説法を聞く機会が、今までにたくさんあった。
でも、全く頭に残らないし、興味もない。
50年以上生きてきて、悩み苦しみ、不安と悲しみを経験し、恨んだり妬んだり、絶望したり死にたくなったり・・・。
それでも、宗教にすがる気持ちにはならなかった。
ダメ元みたいな下心で、仏壇や先祖の墓に手を合わせたことはあるが、動機が不純。
「祈り」ってなんだか・・・黙とうとかってどうしていいか解らないまま「なおれ!」の掛け声に解放される。
そんな自分の感性に、後ろめたさもある。
私っておかしいのかな?

だから、敬虔なイスラム教徒なんてさっぱりわからない。
決まった時間に決まった方向に祈りをささげたり。祈り終えた、許可された食材しか食べなかったり。窮屈な制約に縛られてでも信仰してる姿に共感しない。
ただ、すごいなぁ~と思う。
私っておかしいのかな?&

ネットで韓国の羽生君に関する報道を目にして

羽生君は、今頃病室でどう過ごしているのでしょうか? 私の経験から推測すると、安静とはいっても、最近は手術経過が順調なら、案外早い時期から体を動かすように促されます。 その方が傷も回復が早いそうです。 大学の課題に打ち込んでいるかな?テレビや、インターネットを視聴してるかな? ところで、ネットの記事で気になったのは、韓国での羽生君のゲイ報道・・・。羽生君の目にも入っているかな? 私としては、違うって信じているけど・・・。 まあ言いたくなるのもわかるかな?確かにオネエっぽい動きもしてるからね。 そうかと思うと、その疑いを打ち消すような男らしさも感じる。 以外に、織田君みたいに、早いうちから、しっかり彼女がいたりして・・・。 韓国って、どうしても日本を褒めたがらないよね。 日本はあんなに冬ソナとか褒めちぎったのに、Kポップにも萌えたのに、ただ鼻を高くするばかりで日本を見下したくて仕方ないみたい。 最近でも、韓流人気は続いているんだろうけど、一般大衆的ではなくなってきてるよね。テレビでも露出が少なくなって、それでもオリコントップにKポップが入っていて・・・だったら、音楽番組に出演が無いのはなぜ?・・・なぜならアンチ韓流の方が一般的になってきたから。 だと思う。 そうしてしまったのは、韓国人の「日本人を見下したい!」と言う欲求に日本人があきれて来たから。 もう、そんなに日本が嫌いならって、嫌気がさしてきた。 私も、少女時代とか2NE1にとっても魅かれていたのに・・・なんだか最近では、2NE1の曲がPCのコマーシャルに使用されている事を不快に感じてたりする。 韓国で絶大な人気を誇るキムヨナ。 日本のフィギアファンでも高い人気がある。 にもかかわらず、日本のアイスショーでの出演が全くない。 オリンピック金メダリストなんだからギャラも高く、アイスショーが盛んな日本なら、儲かるはず。 アンチ韓流の日本人を増やさなければ、いい稼ぎどころになっただろうに。 失敗してるよね。 羽生君を傷つけているようじゃ、キムヨナが日本のアイスショーに出演することは今後もないな。

自分の人生の価値観

「自分の人生は自分の物」「私の人生は私の物」
そんな言葉を声高に言う人って、自分をサポートしている周りの人を無意識に振り回している。
そんな気がします。
安藤美姫ちゃんの人生は、当然彼女の物です。
でも、娘、ひまわりちゃんだっけ・・・娘さんの人生は娘さんの物で、ハビの人生もハビの物です。
思うままに生きるって素晴らしいと思います。
が、・・・そこに周囲とのバランスを取っていく裁量が必要です。
無理を通せば道理引っ込ませるくらいの権力、能力、カリスマを身に着けるか、それがなければ、体裁を気にして周囲の顔色をうかがいながら生きて行くか・・・。
安藤美姫ちゃんは、どれぐらいの人物なのか・・・?
見守ります。

あけましておめでとうございます

たった今、初詣から帰宅しました。
大晦日は、日差しもあったりして穏やかな天候でしたが、元日から大荒れ大雪の予報が出ているため、雪が積もる前にと行ってまいりました。
一昨年、去年と、喪中のため神社に行けなかったので、2年ぶりの初詣でした。
今年は、非定型自閉症と診断されている息子に新しい試みが始まります。
良い結果が出ればと願っております。
親として、できるだけの事をやってやりたいと思います。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

sarumoti

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ