2006年05月

2006年05月21日

森茉莉ツアー参加者にメール送付しました

6月11日の森茉莉ツアーについて、申込みした人に
先ほどメール送りました。申し込んだ人全員参加可です。
詳細については月末ごろに改めて通知予定。

もしメールが届いてなければ、コメント欄かメールでお知らせください。

chiwami403 at 19:53|PermalinkComments(0)森茉莉 | 森茉莉

長谷川春子の油絵画像!!!

長谷川時雨以上に知られていない、時雨の妹長谷川春子。
長谷川春子でblog検索すると、自分の書いた記事以外ほとんどない
という寂しい状況が続いていたけれど、長谷川春子の油絵画像がっ!!

かんたん似顔絵教室:長谷川春子発見!

かんたん似顔絵教室:長谷川春子作品

こうやって画像を見せてくれるなんて、
一人ひっそり長谷川春子ブームなので本当に本当に嬉しい。

1930年というと、パリに留学して少し経った頃だな。
フジタみたいにハルコもharoukoと書いている。
都立中央図書館においてある本にも署名があって
h.haroukoって書いてあったなあ、と思い出す。

この画像発見したのと前後して、長谷川春子の『戯画漫文』購入。
六代目菊五郎、川端康成、内田百鬼園、林芙美子、宇野千代ほか
文士の絵が色々。もちろん長谷川時雨の絵もあります。

chiwami403 at 19:50|PermalinkComments(0)長谷川時雨 | 長谷川時雨

2006年05月18日

森茉莉写真撮影地、迎賓館を見に行く

連休中、渋沢資料館に行ったついでに四谷で途中下車して
迎賓館を見に行った。といっても門の外から眺めただけ。
意外にも他に見物客はいて、はとバスも門前で停車していた。

荒俣宏編の『知識人99人の死に方』の文庫じゃないほうに、
晩年の森茉莉の写真が掲載されていて、それが迎賓館の前で
撮ったものだったから、見てみたかったのだ。

図書館や喫茶店邪宗門でその本を見たので手元にないのだが、
解説では、晩年の森茉莉は写真嫌いだったが、このときは
特別に撮影許可が出たというような話だった
フランス風の迎賓館を見てパリを思い出したのだろうか。

この写真はあの本でしか見たことがないが、
つい見入りたくなってしまう、好きな写真だ。
年をとっても少女のような、という森茉莉のイメージとは違う
かもしれないけど、十年かかって『甘い蜜の部屋』を書き上げた、
作家の顔だなあ、と個人的に思っている。

迎賓館を見た日の夕方に邪宗門へ行ったので、その写真を
見てみたら、ぼやけているけれども建物がかなり近く写って
いる。迎賓館の門から建物は相当離れているので、じゃあ
迎賓館に入る機会があったのだろうか、公開日に行ったのかな
とか考えてみたがよく分からない。

『知識人99人の死に方』は文庫を以前買ったけど、作家や名士
たちの死にまつわる話を読んでいたら、ずーんと何となく暗い気持ち
になったので手放してしまいました。通読でなくて、気になったときに
その作家のを随時読めばよかったのかもな。

迎賓館は年に一度、抽選で一般公開をしているが、いつも申し込むのを
忘れてしまう。平成20年までは改修工事中だ。国立近代美術館のフジタ展
で見た壁画が迎賓館所蔵になっていたが、元は銀座のコロンバンにあった
壁画であった。銀座関係の本にはこの壁画の話がよく出てきます。

写真は迎賓館の門と四谷駅前にある四谷見附橋。

迎賓館前

よつやみつけはし

chiwami403 at 12:27|PermalinkComments(2)森茉莉 | 森茉莉

2006年05月15日

岸部四郎の語る「奇婦人・森茉莉さんの個性」

森茉莉で検索してたら、岸部四郎『岸部のアルバム―「物」と四郎の半生記』
に森茉莉のことが書いてあるらしいと知り、図書館に読みに行った。
確かドッキリチャンネルで岸部シローのことは褒めてたような。

発行は1996年夏目書房。51ページの後半から、55ページまでの
「奇婦人・森茉莉さんの個性」で森茉莉のことを書いている。

岸部四郎のこしらえた「漱石山房」のある4階に森茉莉が住んでいた、とあるが
代沢ハウスは2階の部屋だったから、その次に住んでたフミハウス?
岸部四郎は漱石や鴎外などの古本も蒐集していたので、鴎外の長女というから
貴婦人のような人を想像していたら

けれども実際に目の前にある森茉莉さんは妖怪のようなお婆さん、
貴婦人というよりは奇婦人とでもいうべき方だった


と、辛辣というか、まあこの辺が率直な意見なのであろう。
部屋の混乱ぶりもかなり具体的に書いてあるのでイメージ崩れそうな人や
「森茉莉を妖怪なんて!」ってお怒りの人は読まないほうが良さそう。

岸部シローは森茉莉を好意的に見ているほうだと思うんだけど、
森茉莉作品読んで何でも美化してしまいがちな愛読者でないから、
部屋や森茉莉本人を目の前にした驚きやとまどいがなかなか興味深い。

・管理人さんに「耳が遠いのでチャイムは20分押し続けて下さい」と言われる
(森類のエッセイで森茉莉の晩年を書いたものでも、チャイムはかなり押していたな)
・岸部の部屋に来た森茉莉は「お殿様のようなお部屋ですね」と言った
・「特別のお客様だから」と椅子代わりに出したものが、けっこう意外な品
・頭ばかり大きくて体は貧弱な父鴎外に比べて漱石はカッコよかった、と四郎に語った
・森茉莉から聞く話はパリの話が多かった
・『甘い蜜の部屋』の限定本に「岸邊シロー様」と署名のある本を森茉莉がくれた。
 が、名前の字が違う。※邊じゃなくて「部」が正しい(署名の部分の写真が出てます)


chiwami403 at 22:26|PermalinkComments(2)森茉莉 | 森茉莉

2006年05月13日

森茉莉ツアー応募締め切ります

先日告知した森茉莉ツアー、「5名って来るのだろうか……」
と、開催すら危ぶまれたのですが、予想外に応募者が多く定員に
なりましたので、受付終了致します。

アクセス解析によると、このblogのアクセスは大体1日30名〜多いときで
70名くらい。中には友人知人で森茉莉には特別の興味があるわけではない、
という人も見ているし、東京近辺在住でない人もいるだろうし、3〜4人で
開催できればいいかなあ、と思っていたので、正直びっくり。

chiwami403 at 09:50|PermalinkComments(0)森茉莉 | 森茉莉

2006年05月12日

『マリアの空想旅行』買った

昼休みに速攻で本屋へ行った。

「ひともする古寺巡礼を」的な京都やその他日本のまちへの
思いをつづった文章で1章、そしてパリ時代回想の文章を集めた
2章。最後に小島さんによる森茉莉の解説。

全集未収録はないようだが、文庫には載ってなかった文章が
わりとあるような感じ。あと鴎外のひな人形写真。

マリアの空想旅行


chiwami403 at 13:01|PermalinkComments(0)森茉莉 | 森茉莉

2006年05月11日

12日は『マリアの空想旅行』が出るかな

筑摩書房のサイトによると『マリアの空想旅行』は明日12日発売。

「森茉莉著」だけど、編者が森茉莉担当だった小島千加子さん
ということもあり、色々気になっているところ。
森茉莉の思い出話が読めるかなあ。

明日は昼休みに本屋へ行くぞ!

chiwami403 at 22:06|PermalinkComments(0)森茉莉 | 森茉莉

2006年05月08日

読売新聞の森茉莉紹介記事

6月11日に森茉莉ツアー開催予定、参加者募集中。

ホントの旅:紅茶一杯で贅沢に空想…淡島(東京都世田谷区)

↑先々月、読売新聞に掲載された森茉莉の紹介記事。
公園の写真で奥に見える白っぽい建物が代沢ハウスです。

6月の森茉莉ツアーのことを相談しに邪宗門に行ったら
この読売新聞の記事を見て来店した人が多かった、と
ご主人のお話。

以前から森茉莉の本や関連書籍を集めた本棚がありましたが、
今回行ったときは、森茉莉ゆかりの地に来た人のための
寄せ書きノートが出来ていました。地元の人もあれば
遠方の方もいて、森茉莉の人気が伺いしれます。

邪宗門では以前ミドリガメを飼っていたそうで、そのカメについて
ドッキリチャンネルで森茉莉が何か書いているらしいのですが
邪宗門のご主人が探しても見つからないそうです。どなたか
お心当たりの方がいましたら、メールかコメント欄でご教示下さい。


chiwami403 at 12:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年05月07日

邪宗門周辺の森茉莉ツアーやります

※予想以上に応募者がいて定員になりましたので締め切ります

去年の6月に森茉莉ドット文学館の白川さんが主催するイベントに
参加しました(その時の記事)。邪宗門でご主人や生前の森茉莉と
交流のあった人の話を聞き、森茉莉の声を収録したテープに驚き、
白川さんのご案内で、旧居の周辺を散策しました。

イベントを主催していた白川さんが急に亡くなり、大変驚きました。
去年イベントに参加しただけの自分だけど、森茉莉ゆかりの地を見て
楽しかったので、自分も何かできないかと思い、同様のツアー開催を
考えました。私自身は森茉莉が亡くなった日に思いいれはないのですが。

といっても、白川さんのように思い出話も出来ず、豪華キャストも呼べず。
邪宗門でお茶を飲み、ご主人のお手すきなときにお話を伺い、ゆかりの地
を見て各自で森茉莉の作品を思い浮べよう、というものです。
ゆかりの地は一応ご案内はするけれど、大した解説はしません、というか
出来ないので、白川さんのツアーに比べてかなり不親切です。一度邪宗門
に来たことあるならわざわざ参加するほどのもんじゃないし、自分で計画
立てても行けるようなコースです。それでもよければ、程度の内容です。

詳しい日程やコース、申込み方法は以下。続きを読む

chiwami403 at 21:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)森茉莉 | 森茉莉

2006年05月05日

記念品・うきうきお買物券の写真

売上げ点数多数とのことで、記念品としていただいた
不忍ブックストリートうきうきお買物券。

左上から順番に

 ,買物券全貌
◆´,侶瑤里靴里个困んアップ うきうきしてます
 売上げ金額1位の「噂の犀さん」のお買物券 うきうきしてます
  
は打ち上げ会のときに、噂の犀さんが隣の隣にいたので、撮影させて
もらいました。しのばずくんの絵がちょっと違う。

お買物券

お買物券のしのばずくん

噂の犀さんが貰った券

chiwami403 at 08:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)一箱古本市 | 一箱古本市