2007年03月

2007年03月24日

3月17日「森茉莉を歩く」記事 気になる点

以前紹介した「北沢川文化遺産保存の会」の森茉莉ツアー、
私は参加していないのですが、blogに当日のことが書いてあった。
その中から気になる点いくつか引用(太字がblogからの引用部分)。

下北沢X物語(819)〜茉莉を歩いて茉莉に逢う(上)〜

管理人さんは「文学散歩」が好きでないそうで「文化散歩」を使用。
文化というと文化鍋、文化住宅、文化祭、文化の日、のイメージ
があり、私は文学散歩派です。年代の違いもあると思いますが。

下北沢X物語(820)〜茉莉を歩いて茉莉に逢う(中)〜

邪宗門ご主人が語る、森茉莉の歩き方について

「いや、ほんとそうですよ。背中を丸めてゆっくりと歩いていくのですよ」

代沢から下北沢駅まで歩くのに森茉莉がどの道を通ったか考察している。
それから森茉莉が男湯と女湯を間違えた銭湯について、八幡湯説が。

八幡湯は今でもある。男湯が左であり、女湯が右である。ところがある時、
面白いことを聞いた。八幡湯は男湯と女湯の大きさが異なっていた。
それで公平を期すために曜日で男女を入れ替えていたと。


下北沢X物語(821)〜茉莉を歩いて茉莉に逢う(下)〜

「ボッチチェリの扉」に、永福町から電車に乗って下北沢に買い物へ
来る森茉莉のことを思わせる描写があることについて(3〜5段目)。
リンク先に小説からの引用があるのでご参照下さい。

この日の散歩には、森茉莉のことを調べている台湾の作家も参加していた。
中国語訳が出たことは知っていたが、熱心に調べる人がいるとはすごい。

それから『薔薇族』の伊藤文学さんによる、森茉莉原稿についての発言。

あのね、うち引っ越したでしょう。いろいろなものが出てきて、
うちの第二書房で森茉莉に頼んで書いてもらったことがあります。
その森茉莉の原稿が出てきたんですよ


全集に載っていない作品だったら新発見?

chiwami403 at 21:45|PermalinkComments(0)森茉莉 | 森茉莉

2007年03月17日

森茉莉15歳の写真について

鴎外記念館の企画展「私のパッパ」に、森茉莉15歳の
写真が出ていたと以前書きました。

写真横の解説によると、森於菟の結婚式に撮ったもので
大正7年11月に日本橋倶楽部で行われたのだそうです。
物憂げな茉莉もいいけど、お茶目そうな杏奴の表情がかわいい。

戦前の日本橋倶楽部があった場所は現在の浜町公園のあたりです。
『甘い蜜の部屋』には日本橋倶楽部での幼いモイラのことを林作が
回想する場面が出てきます。

ご参考:日本橋倶楽部 沿革

この森茉莉15歳写真は、会場でもらった解説用紙にも小さく
出ています。コピーで作成しているので画像は鮮明ではないけれど。
この企画展、展示のスペースや展示品、予算なども色々と制限が
あったのだろうけれど、スタッフの方々が良い展示をと努力された
のではないだろうか。だからこの解説用紙、大変ありがたく思いました。

私が好きなのは鴎外じゃなくて娘の森茉莉だけど、今後も記念館の
企画展に期待しております。
ところで世田谷文学館でも森茉莉の企画展いつか実現するといいな。


chiwami403 at 17:35|PermalinkComments(2)森茉莉 | 森茉莉

2007年03月02日

北沢川文化遺産保存の会で森茉莉ツアー

東京荏原都市物語資料館:下北沢X物語〜「北沢川文化遺産保存の会」会報第9号〜
によると、この会主催で森茉莉ツアーを3月17日に開催予定だそうです。
まだ応募受け付けてるか不明ですが、リンク先参照。

邪宗門が事務局でそこに電話で申し込みだそうです。
以前も思ったのだが、blogを見る人はネット使える環境にあるのだから、
メールでも問い合わせや申し込みが出来たら便利なのにな。

私はたぶん行けないのですが、参加する人がいたらその日の
様子をレポートしていただけたらなあと。

このツアーは、白川さんが開催した森茉莉ツアー(の下北沢待ち合わせ組)
のコースに似ていると思います。
私のblogでも去年ツアーを開催しましたが、出発点は下北沢駅でなく渋谷でした。
下北沢へ行ったことない人は、下北沢駅から邪宗門までの道が分かりづらいので、
渋谷からバスで行くのがお勧めです。淡島で下車して倉運荘通って邪宗門へ
行くのです。

邪宗門へ普段から行っていて遺産保存会の地図が入手できるのであれば
よいのですが、自力で邪宗門まで行って現地探訪するという人は下記
の記事をご参考までに。

ご参考:森茉莉の真似で渋谷からバスで淡島へ(2005年7月)
    森茉莉ツアー開催しました (2006年6月)

chiwami403 at 20:59|PermalinkComments(0)森茉莉 | 森茉莉