2008年11月28日

尾崎士郎の娘が見た長谷川春子

尾崎一雄のエピソードを知りたくて買った『ふたりの一枝』。
が、長谷川春子の名前が意外にも。

著者は中村一枝と古川一枝(講談社 2003年9月1日発行)。
中村一枝は尾崎士郎の長女、古川一枝は尾崎一雄の長女。
旧姓は二人とも同じ尾崎で生まれた年も1年違い。

平成13年〜14年に熊本日日新聞に連載したものを加筆修正し、
更に書き下ろしを加えて発行したもの。

尾崎士郎の娘、中村一枝の「汀女の結婚」という文章の冒頭。

もう四十年前になる。結婚したばかりの頃、実家の母と大森駅前
を歩いていると、いきなり声をかけられた。いかつい顔だちの、
声の大きい元気なおばさんだった。
彼女は私に向かって「あんたが汀女さんところに嫁(い)ってる娘さん」
と聞いた。「はい、そうです」「いま、どこに住んでいるの?」
「大森です」「ああ、汀女さんと一緒じゃないのね。そりゃあよかった、
そりゃあよかった」
相好をくずしてそう言われたのには驚いた。
「あの人、だれ?」「画家の長谷川春子さんよ。長谷川時雨さんの妹さんよ」
強そうなおばさんに「よかった、よかった」といわれたのはちょっと
複雑な心境だった。


尾崎士郎の娘は中村汀女の息子と結婚した。
長谷川春子は馬込に住んでいて、尾崎士郎の『空想部落』の表紙
や挿絵を描いているから、尾崎士郎の妻と面識があったのだろうか。

それにしても初対面の娘さんに長谷川春子は豪快だ。
尾崎士郎の娘も「強そう」「いかつい」と正直だけど。

chiwami403 at 21:38│Comments(5) 長谷川時雨 

この記事へのコメント

1. Posted by sadakun_d   2009年01月21日 18:32
1 尾崎士郎の出身地(吉良)からです。尾崎の娘さんは知らなかった。

「長谷川時雨」は今日は何の日1月20日「玉の輿の日」(モデルはモルガンお雪)。「モルガンお雪」は長谷川時雨の作品。

実は今長谷川時雨を調べている最中(笑)
2. Posted by ちわみ   2009年01月22日 22:37
お名前のところはブログをリンクしていただいてる
ようなのですが、クリックするとなぜかライブドアの
ホームにとんでしまいました。

最後の(笑)はどういう意味なのか分からないのですが
調べ物のお役に立てれば幸いです。
3. Posted by Jr   2009年02月13日 08:57
春子さんの絵について、もしご存知でしたらお教えいただきたいのですが。だいたい相場はいくらくらいなのでしょうか。

あまり数はないのでは、と伺っていますが、いったいどのくらいの人気度なのか知りたいのです。とにかく、絵に描かれた形は漫画的にめちゃくちゃですけど、おとぼけのある絵が多いようですが。
4. Posted by ちわみ   2009年02月14日 22:24
長谷川春子の作品の相場……分かりませんすみません。
以前「いのは画廊」のサイトに春子の作品が
出ていましたが、値段までは見てませんでした。

長谷川春子の作品は個人的にはすごく好きですが
「どの位人気があるのか」というと、人気以前に
あまり知られてないんじゃないかと思います。

お役にたてず、すみません。


5. Posted by Jr   2009年02月15日 19:29
すみませんありがとうございました。
春子さん関連の記事、たいへん面白く読ませて頂きました。
特に、「心の恋人探し42」掲載の絵は、もしかしたら春子さん自身、自画像なのではないかと思えてきました。
また、探偵結果掲載して下さい。楽しみにしております。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔