2010年03月04日

みどり1959年7月号「藤紫(モオヴ)の夏」

同じく「みどり」7月号掲載の随筆見開き2ページ分。
藤紫と書いてモオヴと読む。

私が一年ばかりいた時の夏の巴里は、藤紫の夏で、あった。
その夏の流行の色が藤紫だったのである。私は全くの黄色
人種なので、藤紫という色は着られなかった。


以上冒頭の部分。
でもどうしても流行色が着たくて、薄い藤紫の木綿のブラウス
を買った森茉莉。

夫の留守中にそのブラウスを着て窓辺に立ち、薄汚い街を
見下ろしながらモウパッサンの小説を思い浮かべ、妄想を
繰り広げてしまう話が続く。
そして最後の部分は妄想とは対照的に、夫と一緒に歩いた
夏の巴里の街のさわやかな様子を描写している。

これは随筆だけど、妄想の部分とかパリの街の描写が
小説っぽいな、というのが私の感想。

(ご参考)
■昭和34年5月7日 封書 
「私の今後の生活は小説を書いて行くよりないことを自覚してゐる」
「いづれはフィクションをかかなくてはならず(中略)もとのずゐひつにかへれば
生活して行かれぬ程度になるのは眼に見えてゐる」


2008年03月11日 『鴎外の遺産?』森茉莉書簡の日付一覧

chiwami403 at 22:03│Comments(0)森茉莉全集未収録? 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔