2012年03月31日

大槻憲二の奥さんが森茉莉と観劇に

リンク先のブログを書いている人の祖母が森茉莉と一緒に観劇に行っていたらしい。

森茉莉: 東京 風便り

まだ30歳代のころ、ふたりは一緒にお芝居に行ったり音楽会に行ったり、
お互いの家を訪ねあったりして親しくしていた。


ブログを書いている長井那智子さんは心理学者・大槻憲二の孫だそうで、
(訳書名で検索したら、祖父がかつて翻訳した作品を新たな訳で出版、と解説しているサイトがあった)

翻訳のことから祖父との交流が始まり祖母とも親しくなった

と書いている。リンク先にある森茉莉についてのコメントは早稲田大学図書館紀要
に掲載されたインタビューでの発言で、pdfで読めるようになっています。ありがたいなあ。

森茉莉のことは全13ページ中6ページ目でふれています。
http://www.wul.waseda.ac.jp/Libraries/kiyou/48/pdf/039-062.pdf

大槻憲二については神保町のオタさんが森茉莉との関係についてかなり前に書いています。

大槻憲二の東京精神分析学研究所 - 神保町系オタオタ日記

神保町のオタさんといえば、このエントリ↓を書いていただいたのに全然気づかずにいた。
すみません。gooブログ検索をいつも見ているのですが、この日の日記はヒットしてなかったようです。

国会図書館の「デジタル化資料(貴重書等)」のお得な使い方 - 神保町系オタオタ日記

森茉莉で検索してみたら確かにすごい。
はてなのID持ってないのでそちらのブログコメントできないのですが
ありがとうございました。

chiwami403 at 14:10│Comments(3)

この記事へのコメント

1. Posted by 神保町のオタ   2012年04月01日 07:18
ごぶさたしてます。紀要は市島春城の日記が載っているので何度も見たはずですが、気づきませんでした。茉莉については、文藝春秋から精選女性随筆集第二巻で小池真理子選で吉屋信子と併せて出てますね。拙ブログ、誰でもコメントできるように変えましたので、またいらしてください。
2. Posted by ちわみ   2012年04月04日 23:19
森茉莉全集未収録作品は文芸誌・女性誌以外にも色んなとこに書いてたんだな……と驚きました。
今は都内に調べに行くのは無理そうなので遠隔複写サービスを利用してみようと思います。

文藝春秋の精選女性随筆集は本屋でもらってきたチラシ見て知ったのですが、文庫に掲載されてるような有名な作品ばかりなんだろうなと思ってまだ見てませんでした。小池真理子選というのが意外です。

リンクが間違ってたので後で直します。失礼しました。
3. Posted by 河出書房新社編集部   2013年03月02日 04:43
河出書房新社編集部の者です。コメント欄で失礼いたします。ご連絡したいことがございまして、2月中旬に左記に記載されているhotmailのアドレス宛にメールを送らせていただいたのですが、届いていますでしょうか。
よろしければご確認いただければありがたいです。突然申し訳ありませんが、何卒よろしくお願いいたします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔