一箱古本市

2007年10月16日

一箱古本市の箱とスリップ・過去の出店地について

一箱古本市のリンク集を読んだ。皆さんお安く本を出していて、
そりゃーうちのは売れ残るよねーと反省した。
もっと気前よくぱーっと売らないと。何で持って帰ってきちゃったんだろ。

今まで4回古本市に参加しましたが、会場が家から遠くて電車バス利用のため、
荷物を会場に運ぶだけでもう1日終った気がしてしまうほど疲れる。

ごろごろ引っ張れるトランクやカートがあればいいのですが、他に使う機会がない。
本はリュックやかばんに詰めればどうにかなるけど、毎回悩んでいたのが
「箱をどう持って行くか」でした。段ボールは広げると大きいのが辛いところ。
今回はライゼンタールというナイロン製の折りたたみ可な収納ボックスを使用。
ちょっと重い(内側にスチールの枠があるので1キロ弱)けど、これならトート
バッグに入れて持ち歩きやすい。2006年に誰かこの箱で参加してたので私も真似した。

本はリュックサックだと負担が減る気がします。あと紀伊国屋のトートバッグ。
リュックとトートバッグに入れる前に、大きめのゴミ袋に入れておくとよかった。

スリップは手作りで個性を発揮する人が多い中、出品数も多いし字も下手だし
というわけで、毎回印刷でやってました。
1, エクセルでまず印刷用のフォーマットを作っておく。セルに罫線入れて切取線。
2, 別のシートに出品本のタイトルと値段を入力。1行1冊で、別の列に著者名の
  読みの冒頭1字を入れておいて、後で五十音順並べ替え
3, 1に2をコピー→印刷はセブンイレブンのネットプリント利用で、家にプリンタ
  がなくても大丈夫。

今後参加してみたいなーという人のために、今まで出店した場所の傾向と対策。

2005年(晴天) 根津・オヨヨ前
・日陰がないので、日焼対策必須
・混雑は開店直後〜昼過ぎ、午後はだらだら少しずつ混んでた(記憶がおぼろげですが)
・地下鉄出口から近いので集合時に楽
・スタンプラリーの終点なので来客多し
・店の前の道路はそんなに交通量多くない(気がする)
・店番の合間に、隣の肉屋でコロッケ買いました。美味だった。

2006年(曇→雨) 西日暮里駅近く・花歩前
・路地の奥にあるので、偶然通りかかった人が来る可能性は少ない
・スタンプラリーがあるし、ほうろうにも近いので古本好きの人は来ます
・のんびり売りたい人向け。事前にサイトで品揃えをお知らせすると良いでしょう
・混雑は開店直後〜昼過ぎ、午後は雨だったのでよく分からない
・店の前の道路はほとんど車は来なかった気がします
・晴天だったとしても、午後の西日はそれほど当たらないと思われます
・店番を誰かに代わってもらって「花歩」のコーヒー飲んで下さい。美味しいです

2007年春(晴天) 千駄木・乱歩゚前
・晴天だと昼からの日差しはかなり強い。日焼け対策必須
・開店直後は閑古鳥、昼過ぎ〜5時までずっと混雑
・スタンプラリーをやってない、普通の谷根千歩きのお客さんも買ってくれます
・お店の前の道路脇で売るので、お客のすぐ後ろを車が通って少し危険
・乱歩゚のカレーが気になっていたが結局試せず

2007年秋(晴天)谷中・貸しはらっぱ音地
・大家さん建物横の空地にお店広げられるので、車の心配がなく安心
・出店できる敷地が広いのでグループ参加の人にもお勧めかもしれません
・原っぱのどの場所に出店するかにもよるけど、日焼けはそれほど心配なし
・混雑は昼過ぎから(だった気がするが自分でもよく分からない)
・春はどうか知らないけど、他のイベントで付近を歩いてた人も寄ってくれた
・日暮里駅からそんなに遠くないはずだけど、本があるとすごく遠く感じます
・2007年秋はブルーシート貸してもらえて座って接客できました



ところで、塩山さんの古本市レポート「美貌の」に家族は、どわはははははと
大うけだった。集合場所に現れた私は行商のおばちゃん姿なのに、あの文面。
JAROってなんジャロ(古い)に怒られる。すすすすみません。
「機関銃」は「うーん…うーん…」と深く納得している様子であった。
塩山さんの奥様作成のブックカバー、さっそく使っております。
漫画屋のサイトで「人妻」って文字見るとなんか凄味があって別物のようだ。

塩山さんの出している本は、ほとんどが読んだ本でしかも斜め読みはほとんど
しないとのこと。新刊で買った本は帯も栞も出版社のパンフもそのまま入ってて
状態がよく、本が好きなんだなあとしみじみ。しかも値段が安いから次々と
売れてました。ご本人と話して感激する女性客も多し!
あと娘さんに見せる「お父さんの顔」をひっそり見るのも楽しいのであった。

chiwami403 at 21:51|PermalinkComments(2)

2007年10月14日

一箱古本市に参加しました

13日の一箱古本市に参加しました。暑くもなく寒くもなく古本市日和でした。
ご来店、お買い上げくださいました皆様どうもありがとうございました。
スタッフの皆様もお疲れ様でした。

春の古本市から半年しか経ってないこと、最近は古本をあまり買ってないことも
あり、出品内容がお粗末で値つけも高めだったので、予想外に売れ残る。
ケチって勿体ぶるのはいけませんなあと反省。
売上げ目標には達しなかったけれど、目当ての品を神保町に買いに行きます。
他の出店者は飾りつけに凝ったり、オリジナル手作り品を売ったりしてたので
そういうのが全然ない自分が出店しするのはちょっと申し訳ない気もしました。

一箱古本市でこのブログを知った方へ。
森茉莉の本に出てくる場所やお店や人を調べるブログです。検索などで
引っかかった際に見ていただければ幸いです。

続きを読む

chiwami403 at 21:10|PermalinkComments(0)

2007年10月10日

10月13日一箱古本市に出ます

※早川茉莉著『森茉莉かぶれ』については 9月27日に書いた記事参照。


※追記 神保町系オタオタ日記さん、もし一箱古本市に来たら声かけて下さいねー。
オタさんに数度「観察」されてるようなのですが、一度ご挨拶したいと思いまして。
春の古本市のときにもしかして戸板康二の本買った人かなーとふと思い返した
んですが、もう顔忘れた。


店主一覧はこちら。
秋も一箱古本市2007 店主一覧 - 不忍ブックストリート

私は「貸はらっぱ音地」にて出店です。行ったことないんですが。
古本屋で欲しいものがあるので、その資金調達ということで本を
売ります。ドナドナドーナードーナー古本のーせーてー♪

以前にも増して「乙女」「女子」がキーワードのお店が多いですな。
店名に森茉莉がつく自分が言うのはどうかと思うけど、男子頑張って〜
今回も「菊正宗」の紺前掛けをして怪しげに店番します。箱の色は茶色。

一人参加のため、他の会場は見て回れません。トイレ休憩以外は
箱のそばにいます。夕方の交流会には出ないので、古本市の最中に暇
そうにしてたら声かけてください。

今回持っていく本は数えたら60〜70冊位
洲之内徹の単行本1冊、佐野繁次郎装丁1冊、青山二郎の文芸文庫1冊、
ちくま文庫も意外とあります。あとは貸本喫茶ちょうちょぼっこと石田千を
取材したクウネル、「東京おさぼり喫茶」とか。開高健の『風に訊け』も。
暮しの手帖別冊は表紙地味だけど、増田れい子・大村しげ等執筆陣豪華。
それからうっかり買ってしまった「オランダの子供部屋」、状態はかなり
悪いけど獅子文六の文庫本、みうらじゅん「カスハガの世界」単行本もあるよ。


秋の一箱古本市の翌日からは、東京古書会館にて「地下室の古書展」があるので
こちらもぜひ。月曜の7時からは落語の催し。落語に興味あるけど演芸場に半日
いるのはどうもって人も、会社帰りに寄れますよー。映画見るより安い!

地下室の古書展
■2007年10月14日(日)〜16日(火) ■午前10時〜午後6時30分
■東京古書会館地下ホール

地下室の落語会
10月15日(月) 午後7時開演 (午後6時45分開場)
出演:瀧川鯉昇 三遊亭遊喜 瀧川鯉太
木戸銭:1,500円


chiwami403 at 21:48|PermalinkComments(5)

2007年05月01日

一箱古本市に参加しました

4月29日の一箱古本市、晴天に恵まれ無事終了しました。
乱歩゚前に出店しましたが、ご来箱・お買い上げくださいました
皆様ありがとうございました。今年の売上は53冊、1万7千円弱。
持ち帰った本は5冊位とほぼ完売で身軽に帰れたのがよかった。

2年前は根津駅近くのオヨヨ書林、去年は西日暮里駅近くの花歩、
今年はほぼ中間地点の乱歩゚。晶文社の箱が出店するのでうちの箱から
もついでに買ってくれないかな〜とコバンザメ的期待(お蔭様で……)。
街歩きの人通りが多いので、古本市以外の目的で来た人も立ち寄って
くれるなど恵まれた出店場所でした。が、お昼過ぎ以降は日影がほとんど
ない場所なので帽子・日焼止め必須です。来年出店の人頑張って下さい。

スタンプラリーを根津駅もしくは西日暮里駅から開始する人が多いせいか
昼過ぎまではお客さんもまばら。午前中の乱歩゚は穴場だったんだな〜。
2時くらいになると両方向からのお客さんで大混雑であった。

乱歩゚の助っ人はシュダイご夫妻。去年は出店+助っ人だったのが今回は
助っ人のみで参加ということで、業務も手馴れたもので頼もしかったです。
ご主人は乱歩゚の角に立って道案内や地図の配布もするなど本格的(?)
で、一般のお客様も興味深そうに地図をもらいに来ていました。

ちくま文庫『出版業界最底辺日記』の塩山芳明氏と同じ出店場所という事に
気がついたのは開催2日前ほどで、強欲な値付けのスリップの挟み込み作業が
終わった後だったので「こんな出品者と出品内容じゃ怒られそう」と思っていた
わりに、当日はすごく馴れ馴れしく塩山氏に話しかけていた図々しい私であった。
娘さんと二人での参加で、大きいカートとダンボールで持参の本は重そうだったけど
夕方にはほとんど売れていた。読者の方からも時々お声がかかっていました。
しっかりしてそうな娘さんは淡々と店番を勤め(その姿が健気)塩山氏は
「俺が店番するより売れるから」と言いつつも「スリップ抜いたか!」など
と店番の娘さんを見守り、時々店番を交代していました。
ゴールデン街のフリマに出店したときの話や出品した本の話などいろいろ伺う。
勉強不足ですみません……家に帰ってから塩山氏のサイトをあっちこっち見た。

夕方のイベントは遠慮して、東京會舘へ寄って一人お疲れ様会。
よれよれの格好で(しかも手提げ袋から段ボールが見えている)
「マロンシャンテリーと、えーとあともういっこケーキ頼みたいんですけど」
と注文する雰囲気ぶちこわしな客となる。昼は食事らしきものをしなかった
のでマロンシャンテリーとチーズケーキををガツガツ平らげて帰宅。

会計方式が今までと変わり、今回はフリマ方式での参加でした。
利点→ 当箱は単価が安いわりに点数ばかり多いので、集中レジ式だと
他の人に申し訳なく思っていたから気が楽。値下げもしやすい。
辛い点→ 一人だとトイレや食事で席をはずしづらい。うちは不在時には
「ここにお金とスリップ入れてね」と紙袋で野菜無人販売所式を実施。

「みんな手に取ってたけど強欲な値付けゆえになかなか売れなかった本」
(を値下げした例)をご参考までに一部紹介↓
・クウネル台所特集(定価680円)400円出品 → 300円に値下げ
・光文社文庫『酒肴酒』 400円出品 → 300円に値下げ
・集英社文庫『モロッコ革の本』 700円出品 → 500円に値下げ
クウネルと栃折久美子本は、売り物としてより看板として役立っていたような。
他の本の値下げ具合も考えるとうちの品揃えでは200円〜300円が妥当な価格か。
高い本では、青蛙房の戸板康二本(800円、1000円)が早いうちに売れた。よかった。

「持って行くのはどうかな〜」と思っていたみうらじゅん『飲み屋のロック』は
退屈男さんが買って行かれました。50円。最安本はカバーなしの『馬は丸顔』と
今東光『毒舌仏教入門』が10円。

私がやっていた酒屋前掛けは通販で買えます↓
菊正宗酒造謹製 酒蔵「前掛け(長)」1575円、送料315円

写真は「開店前の森茉莉かい堂の箱」と「嫌記箱の店番をする娘さん」

2007年一箱古本市(開店前)

嫌記箱の店番をする娘さん

chiwami403 at 20:30|PermalinkComments(0)

一箱古本市に参加しました

4月29日の一箱古本市、晴天に恵まれ無事終了しました。
乱歩゚前に出店しましたが、ご来箱・お買い上げくださいました
皆様ありがとうございました。今年の売上は53冊、1万7千円弱。
持ち帰った本は5冊位とほぼ完売で身軽に帰れたのがよかった。

2年前は根津駅近くのオヨヨ書林、去年は西日暮里駅近くの花歩、
今年はほぼ中間地点の乱歩゚。晶文社の箱が出店するのでうちの箱から
もついでに買ってくれないかな〜とコバンザメ的期待(お蔭様で……)。
街歩きの人通りが多いので、古本市以外の目的で来た人も立ち寄って
くれるなど恵まれた出店場所でした。が、お昼過ぎ以降は日影がほとんど
ない場所なので帽子・日焼止め必須です。来年出店の人頑張って下さい。

スタンプラリーを根津駅もしくは西日暮里駅から開始する人が多いせいか
昼過ぎまではお客さんもまばら。午前中の乱歩゚は穴場だったんだな〜。
2時くらいになると両方向からのお客さんで大混雑であった。

乱歩゚の助っ人はシュダイご夫妻。去年は出店+助っ人だったのが今回は
助っ人のみで参加ということで、業務も手馴れたもので頼もしかったです。
ご主人は乱歩゚の角に立って道案内や地図の配布もするなど本格的(?)
で、一般のお客様も興味深そうに地図をもらいに来ていました。

ちくま文庫『出版業界最底辺日記』の塩山芳明氏と同じ出店場所という事に
気がついたのは開催2日前ほどで、強欲な値付けのスリップの挟み込み作業が
終わった後だったので「こんな出品者と出品内容じゃ怒られそう」と思っていた
わりに、当日はすごく馴れ馴れしく塩山氏に話しかけていた図々しい私であった。
娘さんと二人での参加で、大きいカートとダンボールで持参の本は重そうだったけど
夕方にはほとんど売れていた。読者の方からも時々お声がかかっていました。
しっかりしてそうな娘さんは淡々と店番を勤め(その姿が健気)塩山氏は
「俺が店番するより売れるから」と言いつつも「スリップ抜いたか!」など
と店番の娘さんを見守り、時々店番を交代していました。
ゴールデン街のフリマに出店したときの話や出品した本の話などいろいろ伺う。
勉強不足ですみません……家に帰ってから塩山氏のサイトをあっちこっち見た。

夕方のイベントは遠慮して、東京會舘へ寄って一人お疲れ様会。
よれよれの格好で(しかも手提げ袋から段ボールが見えている)
「マロンシャンテリーと、えーとあともういっこケーキ頼みたいんですけど」
と注文する雰囲気ぶちこわしな客となる。昼は食事らしきものをしなかった
のでマロンシャンテリーとチーズケーキををガツガツ平らげて帰宅。

会計方式が今までと変わり、今回はフリマ方式での参加でした。
利点→ 当箱は単価が安いわりに点数ばかり多いので、集中レジ式だと
他の人に申し訳なく思っていたから気が楽。値下げもしやすい。
辛い点→ 一人だとトイレや食事で席をはずしづらい。うちは不在時には
「ここにお金とスリップ入れてね」と紙袋で野菜無人販売所式を実施。

「みんな手に取ってたけど強欲な値付けゆえになかなか売れなかった本」
(を値下げした例)をご参考までに一部紹介↓
・クウネル台所特集(定価680円)400円出品 → 300円に値下げ
・光文社文庫『酒肴酒』 400円出品 → 300円に値下げ
・集英社文庫『モロッコ革の本』 700円出品 → 500円に値下げ
クウネルと栃折久美子本は、売り物としてより看板として役立っていたような。
他の本の値下げ具合も考えるとうちの品揃えでは200円〜300円が妥当な価格か。
高い本では、青蛙房の戸板康二本(800円、1000円)が早いうちに売れた。よかった。

「持って行くのはどうかな〜」と思っていたみうらじゅん『飲み屋のロック』は
退屈男さんが買って行かれました。50円。最安本はカバーなしの『馬は丸顔』と
今東光『毒舌仏教入門』が10円。

私がやっていた酒屋前掛けは通販で買えます↓
菊正宗酒造謹製 酒蔵「前掛け(長)」1575円、送料315円

写真は「開店前の森茉莉かい堂の箱」と「嫌記箱の店番をする娘さん」

2007年一箱古本市(開店前)

嫌記箱の店番をする娘さん

chiwami403 at 20:30|PermalinkComments(0)

2007年04月21日

4月29日の一箱古本市に出店します

4月29日の一箱古本市(不忍ブックストリート)に出店します。
今年は、乱歩°という喫茶店です。千駄木駅と根津駅の中間地点あたり。
終日出店場所にいるつもりです。夕方の打ち上げイベントはたぶん不参加。

去年は百冊以上の本を持参しましたが、今回は50冊前後で文庫が中心です。
値札はものすごく安くはないけど、購入冊数や交渉次第で値引きします。
店主が自分の箱の会計を担当する「フリマ方式」のため、お釣りがないように
小銭持ってきていただけると大変助かります。あと本を入れる袋も。
店主が席をはずすときは「無人野菜販売所」的に貯金箱用意をする予定。

森茉莉関係は、新潮文庫の『贅沢貧乏』、筑摩書房の単行本『記憶の絵』、
小堀杏奴の新書各1冊。いずれも状態はあまり良くありません。

店主の目印は「菊正宗の酒屋前掛け」です。余計近寄り難いか……
それから、旅猫雑貨店の「スカーフ手ぬぐい(疋田)」を巻いてます
ので、実物見たことないけど気になる人はじっくりご覧下さいませ。

今年で3回目の参加ですが、去年一昨年にも本を買ってくれた人はどうぞ
声かけてください。第1回に今日出海の旺文社文庫、第2回に長谷川伸自伝
をお買い上げくださった方、今年もよろしかったらお寄り下さいませ。

一箱古本市ではスタンプラリーを実施しています。地図兼スタンプラリー帳
が2部余分にありますので、遠方だけど事前に入手したいという人には
住所教えていただければ郵送しますのでメール下さい。


chiwami403 at 21:43|PermalinkComments(7)

4月29日の一箱古本市に出店します

4月29日の一箱古本市(不忍ブックストリート)に出店します。
今年は、乱歩°という喫茶店です。千駄木駅と根津駅の中間地点あたり。
終日出店場所にいるつもりです。夕方の打ち上げイベントはたぶん不参加。

去年は百冊以上の本を持参しましたが、今回は50冊前後で文庫が中心です。
値札はものすごく安くはないけど、購入冊数や交渉次第で値引きします。
店主が自分の箱の会計を担当する「フリマ方式」のため、お釣りがないように
小銭持ってきていただけると大変助かります。あと本を入れる袋も。
店主が席をはずすときは「無人野菜販売所」的に貯金箱用意をする予定。

森茉莉関係は、新潮文庫の『贅沢貧乏』、筑摩書房の単行本『記憶の絵』、
小堀杏奴の新書各1冊。いずれも状態はあまり良くありません。

店主の目印は「菊正宗の酒屋前掛け」です。余計近寄り難いか……
それから、旅猫雑貨店の「スカーフ手ぬぐい(疋田)」を巻いてます
ので、実物見たことないけど気になる人はじっくりご覧下さいませ。

今年で3回目の参加ですが、去年一昨年にも本を買ってくれた人はどうぞ
声かけてください。第1回に今日出海の旺文社文庫、第2回に長谷川伸自伝
をお買い上げくださった方、今年もよろしかったらお寄り下さいませ。

一箱古本市ではスタンプラリーを実施しています。地図兼スタンプラリー帳
が2部余分にありますので、遠方だけど事前に入手したいという人には
住所教えていただければ郵送しますのでメール下さい。


chiwami403 at 21:43|PermalinkComments(7)

2006年05月05日

記念品・うきうきお買物券の写真

売上げ点数多数とのことで、記念品としていただいた
不忍ブックストリートうきうきお買物券。

左上から順番に

 ,買物券全貌
◆´,侶瑤里靴里个困んアップ うきうきしてます
 売上げ金額1位の「噂の犀さん」のお買物券 うきうきしてます
  
は打ち上げ会のときに、噂の犀さんが隣の隣にいたので、撮影させて
もらいました。しのばずくんの絵がちょっと違う。

お買物券

お買物券のしのばずくん

噂の犀さんが貰った券

chiwami403 at 08:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

記念品・うきうきお買物券の写真

売上げ点数多数とのことで、記念品としていただいた
不忍ブックストリートうきうきお買物券。

左上から順番に

 ,買物券全貌
◆´,侶瑤里靴里个困んアップ うきうきしてます
 売上げ金額1位の「噂の犀さん」のお買物券 うきうきしてます
  
は打ち上げ会のときに、噂の犀さんが隣の隣にいたので、撮影させて
もらいました。しのばずくんの絵がちょっと違う。

お買物券

お買物券のしのばずくん

噂の犀さんが貰った券

chiwami403 at 08:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年05月04日

売れなかった本・傾向と対策

自分が読んで面白かった本が売れ残ると悲しいものだ。
無理やりほかの人に差し上げた本も他にあるから、
実際はもっとある、売れ残った本↓

「山本元帥! 阿川大尉が参りました」阿川弘之
「さかな風土記」末広恭雄
「半七捕物帳(四)」(旺文社文庫)
「こしかたの記」鏑木清方(中公文庫)
「暮らしの中の日本語」池田弥三郎
「中国火車旅行」宮脇俊三
「新・大貧帳」内田百鬼園
「過激にして愛嬌あり」吉野孝雄
「江戸川乱歩傑作集1」

去年はハードカバーの本がなかなか売れなかったので、人目を引くもの
以外持っていかず、安くしても売れなさそうな文庫も持参しないようにと
努めたが、それでも売れ残るのだなあ。

宮武外骨の関連本出して、明治奇聞と滑稽漫画館は売れたけど、外骨の
評伝と滑稽新聞について書いた本は売れなかった、というあたりに
「一箱古本市で売れる本」の傾向が読み取れるのではないかと。
池田弥三郎『私の食物誌』は売れたが日本語本は残った、というのも同様。

阿川本は白井晟一 (パリで林芙美子恋に落ちた相手)の表紙だし、名文だし
いい本なのだが、私の箱だと戦争ものは浮くのか古本市の客層に合わないのか。
百鬼園本も10冊近くあって早々に売れたのに、これだけ残るのは題名のせい?

売上げ点数で賞をいただきましたが、実際にはもっと本を売っています。
何冊か買って「じゃあまとめて1000円ね」と値引きするときにスリップ1枚取って
1000円と記入して袋に入れ残りのスリップは廃棄、とかやってましたので。
1冊あたりの単価を計算したら300円ちょっとだったが「2500円の本1冊と千円の本数冊」
を除けば、かなりお安い。が、勿体ぶるような品揃えじゃないから、安さ命。

chiwami403 at 09:59|PermalinkComments(2)TrackBack(0)