ちわわの熱狂的パチスロブログ

病院からこんにちわ、ちわわです。またフラッと入院してまして、お薬で頭がぼーっとしています。

暫くぶりの更新が、心の痛む内容になってしまいました。短いですが色々と思う所がありまして、自分自身が心を落ち着ける為にも書いてみます。

まず、熊本地震で被害に遭われた方、ご家族ご友人の皆様が一刻も早く落ち着いた生活に戻れますよう、心からお祈り申し上げます。

現地に迷惑をかけまくるボランティアヤ○ザを見た経験の話はこちらに→『新潟中越地震で感じた事』

ぼくも余震が収まり次第、身内を迎えに行く事になりました。ですが、未だに目処が立たずに思案しています。1人で移動が出来ない人なので、来てもらうのが難しいとのこと。仕方なく落ち着き次第、というお話になっているのですが、ケガが無かったと聞いて一先ず安心しています。

お前が会社員じゃなくて良かったよなー、なんて皮肉を込めて言われちゃう瞬間でもあるのが、また中々アレなんですけどね。

今回の地震で困っている方やご家族の為に、救援物資の送り先や緊急連絡先を調べたりしたのですが、随時変更や中止になっているようでした。

最新の情報以外は自信がありませんでしたので、地震の情報をお探しの方には大変申し訳ありませんが、そちらは政府発表のものをお調べ下さい。

という訳で、本編を。


何かを書きたいけれど、何を書くべきかがわからない。という不思議な状況に陥る事が良くあります。

そういった時は辞書を眺めながら、インターネット(最近は専らTwitterだけど)で気になった言葉について考える事にしています。

今回はインターネットでよく目に付く、素晴らしい日本語『やらない善よりやる偽善』という言葉をタイトルに持ってきました。

これは決して読んでくれている皆様の中で『目立った行動を取る人を叩く癖のある、ケツの穴の小さい匿名の革命家の大バカやろう』の批判をしたいからではなく

この素晴らしい言葉が震災支援という情報について使われた場合、どう捉えられているかが気になったからです。

僕の中で『やらない善よりやる偽善』とは、善意を持って行動する方を偽善者だとバカにする言葉ではなく

「善意がどーこーって言ったって、いざ人手がなきゃ何にも出来ないじゃん?だから俺らみたいな普段は自分勝手な行動とか、ちょっと悪そうな事してそうなニイちゃんネェちゃんオジさんオバサンがさ、日本中から偽善者って事で手を貸してあげるからさ、まぁちょっと色々やらせてよ」と

行動する人間が堂々と「我々は偽善者である!」と言い切る潔さに素晴らしい価値がある言葉だと思いっています。

つまりこの言葉は偽善者と呼ばれるのでなく、偽善者と名乗ることに意味があります。

目的の達成に変化はないのだから、僕みたいな天の邪鬼は喜んで偽善だと名乗ります。震災支援や心配をするツイートくらいで偽善者だ自己満足だ売名行為だ何やかんやと、その目的すら理解できてない匿名でスマホが使えるようになった他人の足を引っ張る事を楽しんでいる顔の見えないチンパンジーたちの、そんな幼稚な話に付き合う必要なんてありません。

書き物もTwitterもそうですが、限られた状況では本当に考えている全てを受け取り側に伝えるのは不可能ですし、誤解も生まれがちです。余計なイメージその他の心無い叩きなどを取っ払う為にも、発信する方にはどんどん使って欲しいと思います。有名、無名にかかわらず『やらない善よりやる偽善』であなたの優しさが誰かに届くんですから。

当然ですが、そもそも行動する人は皆が善意の塊だと、被災地の人も僕すら感じています。胸を張って、日本人らしく助け合って行きましょう。

安心してください
お気持ち、届いてますよ。

アイキャッチ不要でしたか、そうですか。


最後になりますが、熊本で物資の受け入れ体制は少しづつ整ってきたようです。

しかし、素人のボランティアはまだ先だと思います。二次災害の危険がある中で向かっても、ただの野次馬になるかもしれません。

これは被災地で感じた、僕自身の経験からでもあります。

これは2年くらい前に書き殴って、かなり悪い言葉で書いてますが、手直しするつもりもないし、全て僕が感じた通りの事実です。それでも当時に考えていた事を、無駄に熱く書き殴ってますので読んでもらえたら有り難いです。紙面に出した内容をブログ用に二次利用しただけなんだけどさ。

僕はボランティアのプロではないので、熊本に対しても今は募金ぐらいしか出来ません。

今現在、ボランティアを考えている方をTwitterなどでもお見受けしますが、飛び込みで現地に向かう事の無いよう、ボランティアセンターの指示を受けてからの行動を取って欲しいなぁと思います。

最後に、地震が起きた中でパチンコ屋の営業をモヤモヤした気持ちで行っているライター、業界関係者、そしてそれを見ている一般ユーザーの皆様。地震の被害や影響が無いところでのツイート、その他広告の自粛なんて意味が無いです。大変な時のエンタメ業界こそ、通常を貫くべきです。使い古された言葉ですが、普段の生活が一番大切です。その上で出来る事を考えて行くのが正しい行動では無いでしょうか。

この時期に来店取材をされている方の中にも、自分で考えて行動している方が何人もいました。仕事に対する真摯な姿勢を普段から尊敬している方々です。どう考えても、地震があった事で深く悩んだと思われる方々です。それでもユーザーに楽しんで貰おうと、必死に考えて行動していると思います。

とかく色眼鏡で見られがちな業界ですが、頑張っている方が大勢いることに勇気を貰って、自分も行動していきます。


話がとっ散らかってるけど、薬が効いてきたんで今日はひとまずこの辺りで…💤

前回のブログ読んでくれた方に心配されましたが、最近はパチンコ・パチスロ、だいたい毎日触ってます。後はギャンブル依存症と闘う施設、集会の取材に行かせてもらったりしました。

実戦ライターと合わせて、今までと違う形のアプローチで業界に生き残っていこうかなと模索中です。パチスロライターではないかな、もはや。

ま、良い報告が出来れば( ˆᴗˆ  ) 


ちわわ

九州地方に、これ以上地震の被害が広がりませんように。

ギャンブル性を抜きにして純粋にパチンコ・パチスロを楽しんでいる方々には失礼な話なんですけど、パチンコ・パチスロがやっぱり面白くないです。

パチンコ・パチスロが大好きな方、また文句を言ってんのかバカちわわ!って方にはもう本当に、ごめんなさいね。

13年パチスロを打ってきて、ウェブとはいえ仕事としてパチスロ記事のライターをやっていた人間がこんな簡単に白旗あげるのも辛いんだけど、色々思うところがあり過ぎまして。


凄く真面目に考えた結論として、パチスロを面白く感じない自分は全く悪くないし、むしろ正常だと思うんですよ。

楽しく打っている方や仕事として業界に携わってる方の中には、お知り合いやお世話になっている方も多いですし、例によって意見するつもりは全く無いです。パチスロ辞めろとか扇動して変に認められたいとかも全く無いです。他人の人生に口を出す趣味はありません。

ライターやタレントのお仕事で言えば、今はお店のアピールを上手くやる人が重宝される時代です。台も設定が入ればちゃんと出ますよね。台のスピード&パワーが無くなった分、テクニックに費用を割り振った広告宣伝で、何とかパチスロの楽しみをユーザーにアピールしているのが業界のトレンドです。

ただ、ぼくはパチスロとのお付き合いに疲弊しました。

付き合い方を間違えたという意見もあるでしょう。お前の意思が弱いからいけない、パチンコ・パチスロは適度に楽しむ遊びだぞ!と笑う方もいるでしょう。

更に、今がパチスロ業界の底だとも思いません。業界が大変な時に支え続ける体力はぼくにはありません。ウソを吐いてまでパチスロが面白いとは言えませんし、そんな仕事でお金を戴いても何の意味もありません。

パチンコホールという、クソまずいランチバイキングの店で唯一の美味いものを探す事にも疲れました。何を使って作られているのか不透明な部分を味わってみようと思う余裕も、ぼくにはもうありません。

理由の一つを述べれば、お金のPAYに対して楽しさのリターンが全くありません。勝てばいいのかと言えば、負けに慣れすぎて嬉しいとか楽しいを感じなくなって来ました。

だから、単純に最近の台が面白くない訳では決してないんです。新台を詳しく調べてもいないし、ネタとして批判するにしても前みたく打ち込めないし何の意見も持てない訳ですから。

ある意味これから先、勝ち続けていても負け続けていても変わらないだろうな、という所に辿り着きました。

残念ながら、負けている人が距離を置くのは当たり前です。勝ってる人は、ぼくで良ければお好きにバカにして貰って結構です。もうバカにされてるとも感じないレベルに負けてるし、笑いながらやせ我慢して負けて当たり前だ!負けても楽しい!とかこのクソ不況の中で言えるほど自分の未来を楽観できる訳がありません。

イベントホールに行って朝から絆を打ってる方々を見ると何年間打ってんだよって思いますし、合わせてイベント規制の形骸化についてもホンマに馬鹿らしか~って思うぐらいです。パチンコ・パチスロに対して興味が薄れています。

この考えは、今日に始まった事ではありません。

ただ、その……面白くなければ辞めたら良いのに、しばらく長い間、何か自分の中に執着というか拘りというか変な気持ちとそれに対する葛藤がありまして……。

つまりこれは、ぼくはパチンコ・パチスロの情報集めや打つ事に身体と頭がすっかり慣れてしまっている。すなわちギャンブルが身近にあり過ぎるという事で間違いありません。

勝てるとお金が無くならない事に安心するだけで別に嬉しくないですし、逆に負けても何にも感じない。ただ日本最高の技術を駆使したであろう台のピカピカしてウィンウィン動いてバイブがブビャビャビャ!な演出を見て、ボタンを押す気にもならず煽られてハズレて悲しくなる。ただそれだけになってしまいました。人としてヤバイです、パチンコロボット1号の完成ですマジタノシイナータノシイカ?ツマラナイダロ。

これを世間的には『パチンコ・パチスロ中毒者』いわゆる『ギャンブル依存症』と言うんでしょう。β-エンドルフィンの異常な分泌をする脳が、演出によるドキドキ感よりも、安堵感を快感として認めている証拠です。

素直に認めます。
ぼくはギャンブル依存症です。

ここ13年くらい、暇さえあればパチンコ屋に通っていた訳ですし今さら当然なんですけど、例えば仕事を辞めた瞬間に「パチスロで稼いで生活すっか!」なんて考えを持ってしまっていた、20代前半の頃から当たり前に依存症だったんです。

このブログがパチスロに対するネガティヴキャンペーンにしかならないような記事で埋まるのが色々と気持ち悪く、更新する気が起きずにいました。

今も何だかスカスカな気分でスカスカな文章を書いています。

ウソかホントか、更新を楽しみにしてくれたりコメントをくれる皆様にお詫びを兼ねて言い訳すると、今の当ブログ記事の下書きはこんな感じです。


下書きだけど、ほぼ全て書き上がってはいます。ブログ記事なんて、どんな記事でも自分が納得出来れば上げるんですけが、正直どれも出来損ないのポンコツでしかありません。タイトルから今のパチスロに対する自分の考えが透けて見えて悲しくなりますね。

あんなにパチスロが好きだったのに、今はパチスロに対しての好きとは一体…うんこちんちんぶりぶり大フィーバーあれっ紙がないよ食べちゃおう状態ですから。

それでも、せっかくだから考えの断片くらい伝えさせてくださいね。

『ぱちんこファンは友達が少ない』

そもそも自分は友達がいない時の一人遊びとしてパチスロを始めました。趣味も友人も少ないです。連れ打ちが苦手な自分から見たパチンコ屋を中心とした人間関係の負のスパイラルを揶揄したクソみたいで何の生産性も無い暗い記事。依存症が依存症を逃さないポンデリングみたいな人間の繋がりがある業界。

『書くか書くまいか、ギャンブル依存症』

少し前に仕事を通じて知り合った、ギャンブル依存症に悩む人が集まる『ギャンブラーアノニマス』に通う40歳独身男性と飲んだ時の話。

ライター業をされている方だったんで、最初は2人で対談方式にして記事でも作って売文したろかーとか話してたんですが…彼の離婚の話を聞いてたらぼくが泣いちゃったのと、自分も依存症だってお会いする前から気付いてたんで正直に全て書くなら最初から然るべき所に出せるよねって結論。

コレだって典型的なライティング一発ギャグみたいなもんなんですね。ライターって人間は大した文章が書けない奴ほど突拍子も無い経験を金に変えようとするもんなんです。大病を患ってもネタにするし、いわば戦場カメラマンみたいなものです。どんな業界もそうだけど、変に目立たないで、いるかいないかわからない人が一番優秀だし仕事してる人だと思います。憧れますけど、ぼくにはそんな生き方は出来ません。

『カジノを導入するならパチンコ業界を縮小させる意味がない』

これも依存症と金の流れの話でした。雇用関係も含めて首のすげ替えにしかならないカジノ導入について。既存のギャンブルだけでなく新たにカジノまで入ってきたら人として終わるなって、もちろん自分の話です。何が言いたいかって言うと、パチンコもカジノも経営してる奴は絶対にやらないギャンブルって事だけです。

そういえば、テレビ朝日系列で放送された『しくじり先生 俺みたいになるな!』では「ギャンブルをするなら負けても笑える金額でやれ!」と言っていた貴闘力は絶対にまたギャンブルにハマると思います。そんなら潔く「またギャンブルをやります!」って言っておいて辞めたら良いのに、依存症だからそれが出来ないんです。

悪事にハマってる奴は素直に自分を認める事が出来ないものです。どこかで話を笑いに変えて、違う部分で認められようとしてしまう。昔の武勇伝を聞いているみたいで大抵、気分が悪いものです。後ろめたい行動には不思議と自己承認欲求が働きます。日本人に自首が多いのは道徳心が強いからではなく、自分を正当化して救われようとする仏教徒としての思想のせいだと考えています。性善説が中毒患者のセーフティネットになり得る社会は、人を甘えから堕落へ導くものではないでしょうかね。

とまぁ、誰も読みたく無いような内容をセルフ・ダイジェストでお送りしました。

パチンコ・パチスロに対して、ギャンブル以外の魅力が見つかればまた熱意は湧くんでしょうかね。


今年の初詣、明治神宮のおみくじ

『毎朝、晴れ晴れと起きられる様な生き方をせよ』

思い出したら結構、胸に来ますね。

最後に、ぼくが今まで鼻で笑ってた質問について本気で考えてみました。 


人間やめますか?パチンコやめますか?


この質問に答えは無いと思うんですよ。だってこれは、パチンコ・パチスロが趣味の域を通り越した人間への最終通告に他ならないんですから。


パチンコ・パチスロについては、どちらにしても付き合い方を考えなければなりません。

終わらせなければ、始まらない。


ちわわ

最後まで読んでくれた方に、NHKクローズアップ現代で2014年11月に放送されたギャンブル依存症についての特集動画を。

観るか観ないかは、あなた次第。


寒いのは苦手です。

ぼくは寒くなると急に働かなくなる。理由は簡単で。日本一の冷え性だからだ。過去を振り返ってみれば、仕事を辞めたりするのはいつも冬だった。だからといって、夏場にいっぱい働いて貯蓄するとかそんな考えはない……あるわけがない。

あけましておめでとうございます。

2016年1月12日に今さら何言ってんだって感じでしょうか。

このままブログを放っといたら今年は何回更新するか分からなかったので、いま一番期待しているNHK大河ドラマ『真田丸』を観ながら、なんと昼間から焼酎お湯割りを片手にポンコツPCをぶっ叩いています。

真田丸はいいぞ!!!

ご挨拶が遅れました、2016年のちわわでございます( ˆᴗˆ  ) 

ちなみに『あけましておめでとうございます』のご挨拶は1/15までなら問題なく使って大丈夫ということです。いわゆる小正月の間まで、という日本人特有の推察と認識ですから間違いはないでしょう。


はてさて、本年度2016年も何卒宜しく、とお顔の見えない皆様方にも等しく申し上げたいのですが、あいにくそんな気持ちも大して込めずに私ちわわは茨城の田舎に篭っております。

特に去年までのパチスロ解析攻略『一撃』その他いくつかのウェブサイト様からのパチスロ動画や記事の仕事でギリギリ勝手に名乗っていた『パチスロライター』という肩書きからも縁遠い生活、このままパチスロと関係のない書き物だけに人生を使って生きていくのも仙人みたいで素敵だよな……って位にボケ始めています。

それもこれも長く取りすぎた冬休みのせいでありまして、気付けば東京滞在は年末から1/7前後までの延長戦と相成りました。それでも先日ようやくJR成田線に揺られ茨城県に舞い戻り、温かい布団で眠れる生活に戻りました。

茨城で私を待っていたのは溜まりに溜まったお仕事…と思いきや売れっ子でもない私に回ってきたのは創作物より多い検閲作業でありまして、所謂誤字脱字チェックも含めた校正に目が踊っております。頼むからプロなんだから金貰ってるんだから誤字脱字くらい無くせよブチ○すぞこの野郎レベルで目薬を点しています。どんなジャンルでもそうですが、読み物としてクオリティの高いものを上げようと意識の高い人間は総じて誤字脱字が少ないものだと感じます。例えば漢字一つ、送り仮名一つでも不安ならば常に検索ないしは辞書を引くような癖がつく事が当たり前になるものでしょうが、そこに至るまでの過程は個人の生活、私自身のちっぽけな経験に基づく物差しで測る事能わずと。

そうはいっても都内で全く仕事をしなかった訳ではございません。借りたPCを一台持ち込み、都内有数のお気に入りスーパー神定食屋、独身男性にとっては嫁、史上最強の無敵チェーン『やよい軒』で13時間滞在しモーニングから昼食、夕食まで白飯13杯を堪能して店長らしき方に苦虫を噛み潰したような顔をされながら定期業務を終えたのでした。新宿西口から新大久保方面に歩いた所にある、やよい軒。もう当分、行けません。

年末年始のパチンコ・パチスロについては、年末の36時間オールナイト営業に遂に参加出来ました。

パチンコ・パチスロをやらない方にもご説明するとですね、大晦日にパチンコ屋が36だか38時間だか2日間に渡る、オールナイト営業をされている三重県に行ってきたんですよ。

大晦日にフットサルしてから、急に三重ですよ。名古屋経由の三重県。はぁ、リア充かぁ、リア充ねぇ~。リア充は疲れるんだよ。ぼくは他の人より体力メーターが少ないから、毎日大事に過ごしてるんだけど……年末は少し無理しましたね。


はい、んなわけで三重県ですよ、三重県。初めての三重県……来た理由はパチスロです!パチスロさぁいこぉぉう(爆笑)とまぁ、三重のパチンコ・パチスロに御理解の無い一般の方から見れば当然に笑い者でしょう。パチンコ・パチスロに理解のある方から見ても充分に、そりゃあ充分に頭の悪い正月の過ごし方でありますし、炬燵でみかんを食いながら幸せな家庭で年越しをさせてくれていた両親に申し訳ない気持ちで胸がズッパシ痛んで、もし私が本能寺の織田信長ならキレイに切腹、とりあえず介錯をお頼み申す!お頼み申す!!とか叫んで誰も周りにいない可能性すらあるでしょう。関係ないですけど、最近は頭の悪い奴や反社会的な行動を取る奴らは総じて開き直る傾向にありますので、態度と声がデカくなってそのままコロリと死んじまえばいいのにって奴が増えましたね。とにかくまぁ、ワラワラと集まる県外からのパチンコ・パチスロバカ(おそらく8割はパチスロ)が三重のホールを埋めていく様は中々に滑稽でありましたし、その中でガチガチに閉まったパチンコ台を相方と2人で回してサックリ10万負けた私たちも滑稽でありました。パチ7とうちいくTVが生放送をやっていたホールに行った際には、超売れっ子敏腕ディレクターのないお氏にも『パチンコは絶対やめとけ』って忠告を戴いてたのにまぁ、軒並み1k10回転以下の台ばかりでございました。何で知ってるかといえば打ったからに決まってますよね。


年末の三重では最高獲得数が液晶上で1815発と、パチンコ・パチスロを嗜まれない方にも御理解して戴くならば現代の価値にして約7000円と、今時の高校生日雇いバイトの金額にも劣るまるでフェイクファーのようなパイル織の一撃をかました次第で御座います。


割と端折りながら年末の話を書いてみましたが、更に今からダラダラと年末年始のお話を盛りに盛って面白く書き連ねても1円も発生しない我がブログで御座いますので、パチスロについても第一線で活躍するライター陣やらプロ集団やら業界会社員とあーでもねーこーでもねーと真っ暗で真っ黒な将来を語り合い、お前らホント無い頭絞って生き残る為に必死なんだなボケナスども、なんか皆んなが皆んなウソを隠す時の子どもの顔してますね、所謂親に当たる先輩たちと同じ思考回路と意思表示しか出来ないのね、何処で割り切れてるのかは個人の価値観だからいいけど個人の意見持ってないで人に意見をぶつける話できないでしょうウフフ、ライターって仕事を自己発展させられないんじゃ稼げないフリーターと一緒でしょ、同業者のクセに女性ライターをバカにする奴いるけど、自分が持ってる魅力は全てが実力で、セルフマネジメントは当たり前で上手く使った奴が勝ち。実力が備わってない、わかりやすい結果も出してない奴がアホな事抜かすのは滑稽だからやめなよっつったら場が凍った話はまた今度に致しましょう。凍らせたのは某センパイだからな!俺は性格悪いから、ちょっと鼻で笑ってただけだよ。

えーと、今更なんですけど、俺がいま日本語ラップ、MCバトルにハマってるからこのブログ記事が全体的に韻踏んでるのわかってくれた人いるのかな?あとさ、例えばブログらしく改行して~スペースして~みたいなの、理由があって好きじゃないんですよ。理由の1つは、絵本とか小学生の作文みたいに感じるから。それなら、長くても読み易く書き手の技術で仕上げりゃいいし、それの何が良いって俺の言いたいニュアンスが伝わると思ってるんだよね。スッカスカのブログ記事書いてて、毎日更新してます!とか胸張ってる人いるけどさ、悪いけど××な自己満足だろ?それか広告収入目当てのブログでしょ?俺とはブログの方向性が違うだけで批判する訳じゃないからね。考え方の違いだから、見解の相違だから。ただ俺は、なんか気持ち込めずに書いたもんが自分の考えと違うニュアンスで受け止められるようなガバガバな記事を書きたくないだけだよ。今この時代じゃ、例えばマンガだろうが記事だろうが熱意がなきゃ伝わらないから、書き方ひとつも俺の誠実さの形みたいなもん。貴方は貴方の誠実さ。ビリーブユアセルフ。うん、オッケーだろ。それと最近は仕事の都合で落語を聞いて、何となく耳に残るんだけど、立川志の輔の三方一両損なんて天才かよって位に笑える。そんな落語の話は取材の予定もあるので今度ゆっくり、マジで勉強中。そうそう、落語からはちょっとした日本語のリズムを再勉強してる。夜中に吉幾三を聴くのもそうなんだけど575のリズムってやっぱヒットソングに必ず入っている位、今も研究され続けて日本人に心地良い音なんだよね。その辺も知識欲が復活してきたしインプットインプットでね。最近アウトプットで食ってたから頭カラッポになってたんだ俺。頭カラッポだと急に人嫌いになるっつーか、自分に自信無くして女の子と遊びだすっつーか。まぁいいんだけど、読みやすい=発音しやすい、ではないんだ。それでもさ、流す読み方が出来るのもブログ記事としてのマナーというか、書く側の技術と努力で何とかする部分であるべきだと思うんだ。そこに感情をブチ込んで読み易く仕上げてたのが、あしのさんのブログかな。たかがブログ、されどブログ。これってたかがライター、されどライターよ。知識量とか内容以前に、読み易くする技術は持ってなきゃライターなんか恥ずかしくて名乗れないっての。売れてるとかそれ以前の話だよ?だから勉強、勉強よ。


まぁまぁ、今年は不言実行の年にしなきゃカッコ悪いぜ、パチスロに関わる人らもさ。踊って踊らされて消えてくんじゃなくて、形に残さなきゃいけない年だろ。ふざけた奴もいるからさ、そんなん後から倍返しだよ、倍返し。一々組織のトップが噛み付いてんじゃねーよカッコ悪ぃ。大丈夫大丈夫、あなたが後から倍返しでやってやんなよ!ガォー!

とにかくさ、今年はライターとかメーカー、パチスロ台の年じゃないから。宣伝広告費が上がりに上がった、ホールが主役の年だから。ネットなり雑誌なり、ありとあらゆる手段で生き残りの道を探したホールだけが残って、ユーザーはもう高設定を打つしかパチスロを楽しめない年になるからね。ってことは、ある意味くんじゃねーかな、ユーザー主役の年?まぁ、そんなん聞こえのいいだけの誰得でもない呼び方なだけだよ。いつだって金入れてるユーザーが主役でいいの、ほらさっさと諭吉入れろや。

今年はユーザーの大多数がパチスロ辞めるかしんねーけどさ。遊べる環境が人それぞれで違いすぎるだろうし、判断も個人のもんで雪崩式スープレックスくらいは簡単に起きるだろ人間心理。まぁその辺はマチマチだよ。


命令は3つだ。パチンコ・パチスロは適度に遊べ、ほんで適度に運動しろ。適度に野菜も食え。出来たら隙をみて…恋人でも作れ。ありゃ、これじゃ4つか?ってゴッドイーターのリンドウさんっぽく言ったけど、パチスロは喰えるとか言い続けてた古い脳の雑誌もいまや喰えるなんてハイエナでしか言わないよ。古株の編集者はすぐ使いたがる『喰える』。前面に喰えるが出てないんだから理解しようぜ、今は普通にやったら喰えないと。

いつの時代も喰われてんのは無知なユーザー。パチスロに詳しい奴はジワジワ増えるけど、パチスロを知らないユーザーは増えてないんだからな!?むしろ減ってるんだよ!パチスロを知らないユーザーなんて!!だからパチスロ業界が縮小してんだよ。ユーザーが落とす金が減ってるから。

この当たり前の事実と、ユーザー同士で差が付き辛い現代をどう生きるか、どうしてもパチスロで喰いたいなら頭絞るしかないんじゃないかね。ライターでもやればいいんじゃん?まぁとにかく、ホール選びが今年の主役。6掴んでも負けるロマン。だからホールとの適正距離を個人で持ちなよってこと。恋人作ろうぜ!?デートなうって呟こうぜ!?


ぼくはさ、ひとまず年明けからの収支が-90000円かな。ふざけんなよパチスロ。マジで今年の6月までにマイナスなら辞めるからな。

あと、今年はTwitterあんま呟かないで書き物やるからね。

こんな感じに。
今年もよろしくお願い致します。


ちわわ

MC DOTAMA
音楽ワルキューレ2




ブログ目標は月一更新で!

最後までありがとう( ˆᴗˆ  ) !


このページのトップヘ