河野千代のblog

『主婦から技術士へ』
私は人間の持つ感覚のすごさに衝撃を受け、
ある技術者の「思想」とその「強い意志」に触れたときから
私の歩む道は180°変わった。

関西食品技術士センターの例会へ。酉は江戸時代より前は食用ではなく、闇に紛れて近づく魑魅魍魎を退散させ、朝を告げる役割として大事にされていたという講演でした。
私は酉年生まれ。「バタバタ貧乏」(当たってる気がするんだよね~これ)のイメージでしたが、闇夜は明けて朝を告げるコトを成せればいいですね
それに食品はね、生活に密着してるから興味深い。ネットで検索できる情報とは違ったことがいつでも得られます

そして今日は朝からISO研究会(^-^)
ISO研究会
JISが改正され、硼素以外の添加金属が禁止になったそう。金属の製造過程や品質にはどんな影響を与えているんかなぁ?って素朴な疑問。今度、金属部門の技術士に聞いてみなくちゃ。

その後は芦屋、夕方は住吉区に戻って予定を済ませ、今日の夕食はトンカツね
DSC_0521
sisisi...






朝から会社パンフレットの撮影です。急に来たのでビックリした。事前に言ってくれればパックでもしてきたんです ま、パックしたところでそんなに変わらないけどね
2

夏風邪が少しマシになったので、夜は中国研究会に。今日は「中国古典文学の概説」です。

「桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す」(史記)

桃や李の木は花を咲かせ実をつける。何も言わずとも人が集まり、その下には自然に道ができる。
徳、知恵のある人の周りには黙っていても人が集まり道ができる、という意味らしい。

こんな風にいきたいものです。
徳を積んで、知恵を磨かないとね



今日は堺科学フェスタのお手伝いです。小学生に科学を体験してもらうイベントに技術士会として参加してきました毎年恒例のイベントです。
DSC_0511
割りばしの橋
福岡さんは「割りばしで橋をつくろう」。割りばしを使って子供たちに橋を造ってもらうの。割りばしなのに、何キロもの荷重を支える構造を体験してもらいます。私はそのお手伝いその他、振り子の仕組みや植物の光合成の体験もありました講師のみな様、本日も大変お疲れさまでございました。
受講風景
今日の参加者は男の子がひとり、なんと他は女子ばかりでした一生懸命トラス橋を割りばしで造ってましたよ

将来の女性技術者期待して待ってるね

今日は現場へ最近入社した私のお手伝いをしてくれている女子と一緒です。彼女は建設業界を知らないのでちょうどいい。視点が違うから面白い気付きがあるかも、ってね。

暑くてムシムシして、現場はホント大変だよ
毎日こんな暑い中で、彼らはこうして会社を支えてます。だから私たちも彼らのために頑張らないとね、って彼女もそう思った様子でよかったよ

IMG_0081
毎日大変おつかれさま。熱中症には気を付けてね。
DSC_0504
夜は近畿本部の役員会。その後ニラ炒め



宅地造成されたところは、太田さんもよく言われているように、大雨による土砂流出・崩壊災害の恐れがあるみたい。石積み・ブロック積み擁壁の自己診断マニュアルはこちら。「あなたの宅地は大丈夫?」
http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/13857/00000000/a.pdf

大阪府では梅雨期に備えて、5月を「宅地防災月間」と定め、宅地造成及び土砂採取等によって生じるがけ崩れや、土砂の流出に伴う宅地の災害発生を未然に防止し、災害のない安全なまちづくりに寄与することを目的として、次の事業を実施されます。
http://www.pref.osaka.lg.jp/kenshi_shinsa/takuchi_panfu/index.html

このページのトップヘ