2005年09月

2005年09月30日

カリスマシェフの料理を初食@トゥーランドット遊仙境3

入り口@トゥーランドットお皿@トゥーランドット脇屋シェフの本が結構好きで図書館で料理本を借りて読んでいました。でも実際はなかなか自宅で作るのは難しい料理ばかりで…だったらトゥーランドットへ行ってみよう!ということで、兼ねてから予定しておりましたが、なかなか横浜に行く機会がありませんでした。しかし、用事が出来たと同時に予約をし、人員も確保し実現しました。大学生のときに一度だけお隣のクイーンアリスには行ったことがありますが、こちらは初めて。内装はメルヘンチックなクイーンアリスと比べてもかなり近い感じですが、ちょっとだけすっきりしています。でも個室は(覗いただけですが)相変わらずメルヘンチック。食器は茶器以外はほとんど洋食器で、いかにも中華という感じが店内にはほとんどありません。今回はランチコース@4,000を2名で頂きました。

【前菜盛前菜盛り合わせ@トゥーランドットり合わせ】涼風美シャンパーニュ@トゥーランドット彩(夏の香り・前菜盛り合わせ)
色々なものがのっかっています。だいたい同じ組み立てをしたもので、火を通した素材にそれぞれに香りがついたソースがかかっています。ソースがかなり中華らしさがあって、これにパンチが効いています。真ん中が鮑、豆腐とピータン、叉焼などです。叉焼はもっとちょうだい!!と叫びたくなるほど、味が凝縮してて、香ばしい風味。甘みもしっかりあって、色も濃くなっています。黄色く細いシャキシャキした野菜の酢漬けもついていました。かなり香りもキツいのですが、それぞれバランスが取れたものばかりなので、シャンパーニュ(グラスで、ヴーヴ・クリコnon millesime)でも充分合う料理で、アペリティフを楽しむことができました。お皿はノリタケです。

【スープスープその1@トゥーランドットその1:サンラータン】スープその2@トゥーランドット翠酸辣湯(つるむらさきとホタテ貝柱の酸味辛しスープ):かなり薄い色合いのスーラータンです。しかし、かなり細かい粒子の黒胡椒がガッツリ効いていて、スパイシー。辛味と酸味はほどほど。具は非常に細かくなっていて、年配の方でもサラーっと頂けるよう工夫されています。かなり上品でバランスが取れた味。量は少ないっすね・・・。フランスだとこのスープはSoupe pekinois(北京風スープ)と呼ばれいます。

【スープその1:冷製コーンとタピオカ】真珠粟米露(フレッシュスウィートコーンとタピオカの冷たいスープ):やっぱりこちらも量が少ない(苦笑)細長い茶器に入ってサーヴされます。う〜ん、ちょっと飲みにくいのですが、美味しいです。9月ですがまだ昼間は暑いのでこのような冷たいスープをランチで頂くとちょっと嬉しい。味はかなりコーンの優しい甘さが押し出されていて、中に入っている大粒のタピオカも涼しげな食感。甘さばかりが立っているような感じがしますが、しっかりダシも感じます。タピオカが連合艦隊になっていたのはちょっと残念ですが、女性好みの味。

帆立のチリソース炒め@トゥーランドット揚げパン@トゥーランドット【ホタテのチリソース炒め】乾焼鮮帯子(北海道佐呂間産帆立貝柱と温野菜のチリソース):油通しした青い野菜(大蒜の芽でしょうか)と細い白いものと舞茸が添えられています。ホタテは絶妙の火入れ具合で、上品なチリソースとよく絡んでいます。タレの量も上品です。チリソースの味がかなりしっかりなのでホタテの微妙な甘さはわかりませんが、全体的には大降りなホタテの食感が楽しいです。でも結構普通だと思いました。

【揚げパン】ちょっとケミカルな膨らみ方をしているパンです(笑)風味もちょっとケミカル。でもこのふかふかとぽっそり感が初体験。中がほそい麺状のパン白身部分が重なっていて、ちぎるとポロポロとなります。周囲はカラリと揚がっていて、薄い皮が香ばしい。油っぽさがありません。これだけ一本まんまいただけませんか?と何度も言いそうになりました。ちょっと残ったチリソースをこちらに付けていただくとまた美味。もちろんこのままでも美味しいです。

お茶@トゥーランドットトンポーローのフリット@トゥーランドット【お茶】凍頂烏龍茶(特選烏龍の極上茶葉・甘い香り)甘くクリーミーな香りだけどすっきりした飲み心地のお茶。結構強めの料理にはもったえないかな、と思ってしまいました。でも良く出るので、このままデセールまで楽しめます。でももうちょっと安っぽいのでもいいから強めの味の方が合うような…。茶器は脇屋シェフ特注のノリタケ製です。一つ¥7,000で販売しています。

【トンポーローのフリット】脆香炸焼肉(カリッと揚げた東披肉と季節野菜・黒酢のきいた特製ソースで):一見軽くてサックサクで薄い衣、軽い食感で進むのですが、あれれ??結構重いです…。お肉の繊維がしっかり残っています。ソースは黒酢。お酢と揚げ物冷麺@トゥーランドットはよく合いますが、フリットがかなり強烈な重さで後半辛いです。野菜はスープで茹でたブロッコリーとカリスラワー。硬めの茹で上げで野菜の旨みをかみ締めることがきます。

【季節の麺かご飯】各式寶麺飯(本日のお食事):今回は麺でした。胡麻ダレの冷やし中華です。細くストレートな麺、それにトマトやクレッソン、プチマリンというものがのっています。かなりあっさりとした胡麻ダレで、あれれ??という感じですが、今まで出てきたお料理がかなり濃厚だったのであっさりしていいかもしれません。でも…ちょっと具もタレもなんだかどっかで食べたことあるようなもので、トゥーランドットらしさというものは感じませんでした。ちょっと残念です…。

【デセールその1、お茶を使ったグラスとゼリー】黒いお茶を使ったゼリーとグラス、とソースのクープです。後ろに刺さっているのはポッキー(苦笑)これにはちょっとがっかりでしたが…。前にささっているのは薄いカサカサした生地でお茶の粉もかかっています。かなりあっさりとした風味で、紅茶よりも酸味がなくて深くスモーキーな風味のお茶味という感じです。なのであまり甘さを感お茶のゼリーとアイスクリーム@トゥーランドットじません。グラスはショリっとした食感でちょっと滑らか杏仁豆腐@トゥーランドットさには欠けます。ゼリーも硬すぎる感じがしました。でも全体的には甘さがすごく抑えられた上品なデセールで女性にはウケそうな味でした。でも私にはちょっと物足りないかな…と。

【デセールその2、トゥーランドット特製杏仁豆腐】プルプルとトロトロ杏仁豆腐2種の食感を楽しむことができます。真ん中には杏仁風味のグラス。ソースも杏仁風味。どれも杏仁でかなりアクセントがない味なので、何がなんだかわからなくなりそうです。でも真ん中グラスはかなり好みの味でした。あと3つくらい入っていると嬉しいです(笑)

前半はかなり興奮して食べてしまいました。それに素材も厳選されていて、バランスもよく美味しく頂きました。パンも初体験の味と食感で驚きがありました。最初は量も少なく「あれれ〜」と思いましたが、後半のトンポーローでガツンと来てしまいました。あと気になったのは料理を出すタイミングがあまりよくないこと。でも一人で来る女性も多いいので、きっと居心地はよいレストランだと思います。次回は麺だけでも頂いてみたいです。

トゥーランドット游仙境  ←(詳細はこちら、レビュー未投稿)
最寄り駅:桜木町
料理:中華料理一般
採点:★★★☆☆
一人当たりの支払額(税込み):3,000円〜5,000円
用途:昼食



chiyogoro at 00:57|PermalinkTrackBack(0) 中華料理