2005年12月

2005年12月31日

お持ち帰り品で朝ごはん@福臨門(二子玉川)4

先日イートインをした福臨門@二子玉川です。その後、また立ち寄ったので、お持ち帰りしました。朝ごはんには丁度良い、暖めるとすぐに食べられる地鶏饅頭と花巻です。ちょっと高いのですが、花巻をイートインで食べた時のあの美味しさが忘れられず、購入してしまいました。

地鶏饅頭@福臨門地鶏饅頭を割ったところ@福臨門●地鶏饅頭@420:生地はふかふかですが空気感が少ないみっちりした生地で餡が包まれています。ふかふかしているんですがしっかり食感があって、味わいがあります。中の具は…これまた個性的でグキグキする位のしっかりした歯ごたえの鶏肉と卵が固まって入っています。味付けはちょっとだけ甘く、味は控えめ。

最初はそのままパクパク、後半は酵酢と醤油を混ぜたものを付けて食べるととても美味しく頂けました。生地も美味しいのですが、それ以上に中の具がすごい存在感でびっくりしました。地鶏とあるだけに、歯ごたえがグキグキです。こんな豪華で美味しい朝食だったら朝が楽しみになりそうです(笑)。見つけたら即買いのアイテムになりました。

花巻@福臨門●花巻@210:イートインしたときに頂いたものよりもちょっと生地に筋が入っていて、やや硬さがありました。でも温めなおしてみると、それほど気になりませんでした。お持ち帰りの方には白胡麻は入っていなくて、青葱だけが練りこまれていました。

相変わらずむちむち、ふかふかの食感がたまりません。焼きそばなど無しでこのままでだけ頂きましたがそれでも食べられてしまいます。生地自体がとても美味しいのです。この食感と甘い味にちょっとだけシャリっとした爽やかな青葱がまた良いコンビネーションです。

やっぱり福臨門は違う!こういう生地ものだけを食べても食感と味が全然今まで食べたものにはない美味しさがあります。やっぱり貯金して福臨門@銀座に行ってみたくなりました。

福臨門魚翅海鮮酒家 ←(詳細レビューはこちら)
最寄駅:二子玉川
料理:広東料理 / 中華料理一般 / 飲茶・点心
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:朝食



chiyogoro at 16:14|PermalinkTrackBack(0) 中華料理