2006年04月25日

懐かしい味の甘辛のいなり寿司@宝らい5

お店構え@宝らいパッケージの見本@宝らい

白山上新道通りにある古めかしい雰囲気のいなり寿司専門店です。この前に止められている自転車も相当の年季ものですが、お店も相当の年季もの。昭和から時代がそのまま止まってしまったような空気感があります。すご〜く入りずらいのですが、ここはとっても美味しいので勇気を振り絞って入ってみました。

店内でイートインも出来ますし、お持ち帰りもできます。レトロな店内で、店主のおじさん(おじいさんかな・笑)の働きぶりを見ながら食べるのもいいです。お持ち帰りでも味が変わりませんので、自宅やピクニックのご飯がわりでもOK。オーダーするとゆっくりと動き出すご主人がこれまたいい味を出しています。

7つ入りのパッケージ@宝らい中身のパッケージ@宝らい

いなり寿司、かんぴょう巻きどちらも1つ¥70です。

パッケージが素敵過ぎます。「専門の店」というキャッチフレーズがなんとも古めかしくてこれまた個性的です。包み紙もなんだか愛しいです。結んである紐も歌舞伎っぽい雰囲気で江戸情緒を感じます。字体も全てこのお店の「味」に感じてしまうのは私だけでしょうか。

いなり寿司とかんぴょう巻き@宝らい

いなり寿司の味は、ジュワっとタレが滲み込んで、キリリと濃い醤油が効いた甘辛い味。それでいてちょっと油揚げがふわっとしてて、しっかり厚い。中のご飯は酢飯だけで、とてもシンプルなのですが、この甘辛さとご飯の硬さがなんども江戸っぽい味。小さい頃に食べたようなあの「いなり寿司」の味。ああ〜こんな味のおいなりさん食べたかったんだよね!!!と思わず笑みがこぼれてしまうような懐かしさがあります。

かんぴょう巻きはおいなりさんに比べてちょっと薄味ですが、分厚い海苔との相性バツグン。こちらもいたってシンプルで、このまま10本lくらい食べてしまいそうなくらい、スナック的な味。

ジュワっとしたおいなりさんとかんぴょう巻きを交互に食べるといいリズムで食べ進むことができます。あの店主のおじいさん、いつまでも元気でこのお寿司を作ってほしいです。奥さんもいて、上で作業をしているらしいのですが、なかなかお姿を拝見することはできませんが、お二人の素晴らしいコンビネーションでこの味は完成されているのだと思います。

宝らい ←(詳細レビューはこちら)
最寄駅:白山 / 本駒込
料理:いなり寿司
採点:★★★★★
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:おやつ



chiyogoro at 07:12│TrackBack(1)和食全般 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 神楽坂に空(SORA)がオープン  [ 遊飲美食ブログ ]   2009年06月10日 20:53
今夜は神楽坂「空(SORA)」のオープニングパーティ。JR飯田橋駅を出て神楽坂を上る。日曜の夜は意外にもかなりの人波でこの通りはにぎわっている。お店によっては行列待ちのところもあったりして、そんな神楽坂の様子に驚きながら坂を上っていった。神楽坂上の交差点を渡....