頂き物の牛肉で和風ステーキを作ってみた黒い京都土産と黒いナゾの物体を頂く

2006年06月29日

開放的で独特な客層のイタリア料理店@マンジャ・ペッシェ3

お店のあるビル@マンジャ・ペッシェお店の入り口@マンジャ・ペッシェ

たまたまこの近くに用事があったので立ち寄ってみました。ランチ時に何度か見てみたのですが、平日でも満席のときが多いようで、断られている方々もいました。なかなか開放的で天井が高いお店の作りはイタリア的で、これからの季節にはぴったりですね。ビルの外周?というか日よけの下はテラス席になっています。

お店に入ると色々なレストランカードがおいてありました。どうやらアクア・パッツァの系列店のようですね。

ランチは¥1000以上〜数種類コースがあります。私は¥2000のランチコースを頂きました。それぞれ、前菜、メインと3種類くらいから選ぶことができます。このひとつ上のコースですとデセールが付きます。

パンとオリーブオイル@マンジャ・ペッシェ前菜盛り合わせ@マンジャ・ペッシェ

●前菜盛り合わせ:蛸のマリネ、オムレツ、鶏肉のトマト煮、ハーブ入りソーセージ、バジルソースをかけた焼いたものなどなどが盛り合わせ。

少量ずつ色々なものが頂けるので嬉しい一皿ですし、味付けが一つ一つしっかり違うので飽きません。しかし明確な個性とか素材のよさというのにはちょっと欠けるところがありました。でもお皿も盛り付け方もかわいいですね。ちょっと味付けは控えめで、冷めていました。

●パン:よくイタリア料理屋さんで出てくるような典型的な頼りないバゲットみたいなパン。やたら大きいんですけど、噛み締めても味がないけど、ちょっと塩味がする…、という感じです。そして気候のせいか、湿めっていました。焼き色は薄めです。気泡は細かいのがたくさん入っていました。備え付けのオリーブオイルのフルーティな香りと芳醇な味を見方につけて完食できました。

地鶏と茄子のトマトソースのパスタカプチーノ@マンジャ・ペッシェ

●パスタ“地鶏と茄子のトマトソース”:ちょっと量多目です。一度グリエしたような鶏のモモ肉と揚げた茄子をトマトソースで和えたソースをパスタにからめてあります。トマトソースは余計な水分がしっかり飛んでいて、旨みをしっかり凝縮。

鶏肉って地鶏でもトマトに絡めてしまうと、地鶏らしさはちょっと後退してしまうように思います。歯ごたえはどうかな…と思いましたがトマトの酸の効果で、ちょっと柔らかくなっておりました。素材の旨みがパスタに絡んで…いるのですがイマイチ迫力には欠けました。それぞれの素材の味がしてそれ以下でも以上でもないというところです。

●カプチーノ:軽やかで甘みのあるスコーjンとした苦味のカフェがミルクと合います。こちらはカカオやシナモンのトッピングがない、プレーンなタイプ。泡もややキメが粗め。しかしカフェが濃い目でなかなか美味しかったです。このコースの中では一番美味しかったかもしれません。

悪くはないのですが特にいい所も見つけられず…また行きたいかというとそうではなくて、ちょっと考えてしまうようなレストランでした。アパレル関係の本社が多いので、イタリア人のお客様も多いようです。そういうお客様の効果があってか?!雰囲気はイタリア的だとは思います。

マンジャペッシェ ←(詳細レビューはこちら)
最寄駅:原宿
料理:イタリア料理 / パスタ
採点:★★★☆☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:昼食



chiyogoro at 15:55│TrackBack(1) イタリア料理 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. マンジャ・ペッシェ MANGIA PESCE (イタリアン)  [ ブログで情報収集!Blog-Headline/wine/ ]   2006年12月05日 18:53
「マンジャ・ペッシェ MANGIA PESCE (イタリアン)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。...
頂き物の牛肉で和風ステーキを作ってみた黒い京都土産と黒いナゾの物体を頂く