色々立て込んでいて、更新が遅くなっているうちに、猫も寒くなったようです適度なカジュアル感といかにも酒粕な風味がたまらない大手の味@ハクツル特撰酒粕

2011年10月20日

乾物天国アメ横の豆専門店でレア種を発見し、興奮する@豆のダイマス4

最近またアメ横通いをしています。
ここは乾物天国ですね。
乾物料理の楽しさに目覚めてしまい、激しく作っています(←正確には、乾物を使った料理を色々作っている)。

370371












奥薗流・いいことずくめの乾物料理」の本からは特に強く影響を受けました。
ダシをしっかりと取ることも、改めて考え直してみました。
奥薗さんは、昆布を多用されていて、昆布の旨味ってすっかり棚に上げていたなぁと思いました。
ついつい鰹節にばかりなってしまいますが、こういう本を読むと、もうちょっと色々とダシを工夫してみようと行動をおこしてみました。

373372







今回は、どうしても豆のデパート、豆のダイマスさんに行ってみたくてアメ横をウロウロしました。
豆のデパートだけに、色んな豆があるはずと意気込んでいきました。
あ!さっそく、レア種の「紅しぼり」を発見!
凄いなぁ、流石専門店は違います。

が・・・あれ?いつも通り過ぎていたお店でした・・・orz
私の目は完全な節穴です・・・。
直ぐ近くのスパイス&ハーブ屋さん、大津屋さんでよく買い物をしいたので、そちらに気をとられて、見過ごしていました・汗。




奥薗流・いいことずくめの乾物料理
奥薗流・いいことずくめの乾物料理

平成22年 北海道産 紅しぼり【200g】
平成22年 北海道産 紅しぼり【200g】

平成22年 長野県産 鞍掛豆(青大豆・ひたし豆)【500g】
平成22年 長野県産 鞍掛豆(青大豆・ひたし豆)【500g】



色々と買いたいものはあったのですが、今回はどうしても特使がレンズ豆を食べたいとのことで、これらを買いました↓。

三毛猫軍1号隊長は、
「こんなに沢山レンズ豆を買ってどうすんの??」
って顔をしています。
まあ、確かにこれは一見買い過ぎですよね。

402403












いやぁこれがね、レンズ豆はこれだけ買ってもあっという間に使ってしまうのですのよ・・・。
大体、1ヶ月は持ちません・汗。

ちなみにオレンジ色のものは皮なしのレンス豆@700円/kgでスープ類やガチなインド豆カレーに大活躍します。

皮ありのレンズ豆@630円/kgは、香味野菜とコンソメで炊いて、付け合せにして食べるとあっという間に無くなってしまいます。

そういえば、最近、有名なグラン・メゾンでレンズ豆が出たのですが、それがまたイイ味でねぇ・・・ジュレでやや固めてあって、それをちょっとだけ真似して、旨味強めのスープをたっぷりめで炊いて、仕上げにゼラチンを入れて、残ったスープを緩めに固めて頂くことがブームになっています。

もう新豆も出ていると聞いています。
また調達しに行きたくなってきました。

あ、豆は500グラム単位でも買うことが出来ます。
豆はまとめて茹でて、小分けにして冷凍しておいて、ちょっとずつ使うと便利です。
数種類の煮た豆が冷凍庫に常備されていると、ちょっと安心します。

他にも大豆、小豆、など・・・1ジャンルで何種類もありますので、見ているだけも楽しいです。
豆や乾物を生活に取り入れると、充実してくるように感じています。




べにや長谷川商店の豆料理べにや長谷川商店の豆料理
著者:べにや長谷川商店
パルコ(2009-07-30)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

おくぞの流 超速豆料理 (講談社プラスアルファ文庫)おくぞの流 超速豆料理 (講談社プラスアルファ文庫)
著者:奥薗 壽子
講談社(2007-10-19)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

豆屋さんの豆料理豆屋さんの豆料理
著者:長谷部 美野子
創森社(2003-10)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


chiyogoro at 16:00│TrackBack(0)

トラックバックURL

色々立て込んでいて、更新が遅くなっているうちに、猫も寒くなったようです適度なカジュアル感といかにも酒粕な風味がたまらない大手の味@ハクツル特撰酒粕