アングレーズソースのババロワを作ってみた乾物天国アメ横でも昆布&干椎茸ならばココ、マダムのサッパリ感も最高@アメ横 松葉屋

2011年10月24日

とっつきやすくて、食べやすい、基本的&楽しい豆料理満載@しあわせ豆料理3

豆料理関係に凝りまくっています・・・。
今回も三毛猫軍2号隊員と共に、紹介していきます。

アマゾンで豆料理の本を調べていると上位に上がってくるのが、この本ですね。
それで思わず手に取ってみました。

187188







写真も大きいし、調理方法もわかり易いので、人気があることは一目瞭然。
また、豆の解説も大豆系といんげん豆系、小豆系など系統に分けてあり、豆の特徴の概要を簡単に把握することが出来ます。

190195







見た目的にも実際にも、豆の王様的存在の「紫花豆」の煮方も掲載されており、丁寧に解説解説されています。


しあわせ豆料理
しあわせ豆料理

2010年度産業務用北海道産虎豆(虎うずら)【1kg】【メール便発送の場合1個まで発送可能】
2010年度産業務用北海道産虎豆(虎うずら)【1kg】【メール便発送の場合1個まで発送可能】

平成22年 北海道産 大正金時【1kg】
平成22年 北海道産 大正金時【1kg】



このように↓代表的な豆を系統ごとに分けてあるのは、初心者には有難いです。
この系統は、実は重要で、その系統ごとにでんぷんが多い豆(ホクホク系)か、たんぱく質が多い豆(大豆のようなしっとりとした食感)に分かれたり、両方の性質を持っている、どっちか寄りの性質・・・などあります。

この豆の性質がわかると、自分がどんな豆が好きか?
この料理ににはこの豆、と大体当たりをつけて、調達することが出来るのです。

191192







この本の中には割りとオーソドックスなルセットが多いです。
大豆系は豆サラダや和え物、ひき肉のカレー。
私はひたし豆のルセットは参考になりました。
金時豆入りハンバーグは、量も増えてヴォリューム感たっぷりになってよいなと思いましたが、金時豆を塩味で食べるということに違和感がある方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。
それから、白いんげん豆は、乳製品との相性が良いので、スープやホワイトシチュー、グラタンなどにも合わせやすいことがわかりました。

ちょっとしたアイデアと系統分けが把握のためにはとても参考になる本でした。



しあわせ豆料理しあわせ豆料理
著者:大庭英子
家の光協会(2003-11-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

豆とスープが待つ食卓―簡単だけど豊かなスペインの台所仕事豆とスープが待つ食卓―簡単だけど豊かなスペインの台所仕事
著者:丸山 久美
文化出版局(2005-02)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

おくぞの流 超速豆料理 (講談社プラスアルファ文庫)おくぞの流 超速豆料理 (講談社プラスアルファ文庫)
著者:奥薗 壽子
講談社(2007-10-19)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る



chiyogoro at 10:02│TrackBack(0) 本(グルメ&クッキング) 

トラックバックURL

アングレーズソースのババロワを作ってみた乾物天国アメ横でも昆布&干椎茸ならばココ、マダムのサッパリ感も最高@アメ横 松葉屋