青山えさき

2009年04月10日

外苑前から歩いて5、6分のミシュラン2つ星和食店のスペシャリテは“百合根万十”@青山えさき3

看板階段

以前から気になっていた、ワイン好きな店主・江崎新太郎氏が経営する、日本料理店・青山えさきです。

ミシュランガイド東京(2009)では2008年に続き2つ星を連続で獲得。外国人でも安心して食事を楽しめるお店・・・ということでもあります。

のれん彫刻?

こちらのお店は外苑前から徒歩6分くらいでしょうか。ベルコモンズの角を右手に入り、ガソリンスタンドの角を右に入って直ぐのビルの地下にあるお店です。

ちょっと分かりずらいかもしれませんので地図でチェックしてから行くことをオススメします。

テーブル関

店内はとても爽やかなベージュっぽい色合い、家具はダークブラウンで木の感じが心地良いです。

店内に入って印象的なのはこの竹を彫った(?)壁面です。ミシュランガイド東京(2009)の写真にもこの壁面が掲載されていて、どこの写真だろう?と思っていましたが、こちらだったのか、と納得しました。

テーブルメニュー

店内はとても広々としており、都会なのにとても静かで空気が美味しい気がしました。奥に顔部分だけ見える調理場、その向かえ側にカウンター席と通路を挟んで個室のお上がり。入り口手前はテーブル席です。

今回は冬場のランチに4名で伺いました。ちょっと前の話です。というのも、スペシャリテである百合根万十がどうしても食べてみたかったので予約してみました。ランチは3,500円と5,000円の2コースがで5,000円のコースを頂きました。ちなみに、夜は8,000円と10,000円の2コースがあります。値段が高いほうが皿数が多くなり、スペシャリテが付きます。特に夜はランチよりも皿数が多く、煮魚が付くかつかないかの違いです。

刺身百科

北海道真狩産、百合根(Mサイズ)

【かつての久留米、有馬藩の御用銘柄の蔵の逸品!】山口酒造 【福岡の酒】庭の鶯 ( うぐいす )...

 

続きを読む

chiyogoro at 16:27|PermalinkTrackBack(1)