チヨマキ・ワードのブログ

山口県にある翻訳会社です。

翻訳・マニュアル制作会社 チヨマキ・ワードのMAKIKOです。

まだまだ続くよ、どこまでも〜♪
自社サイトを作る上で以下3つを注意している。

1. デザイン重視の自己満足のサイトにしない

2. 「お問い合わせ」フォームまでの動線をはっきりする

3. 最初から完璧を求めない

特に1番目は気を付けなければならない。家電製品や洋服などを購入する際、使い易さよりデザインの方を重視する傾向がかなり強いため、「見た目よりも内容」「見た目よりも内容」と毎朝お経のように唱えて作業に入るのだ。

さらに、WP初心者にはと〜っても珍しい機能がたくさんあるため、そんな機能たちをフルに使いてんやわんやなサイトに出来上がっていくという初心者あるあるにも陥りそうになる。

例えばこんなものとか、(心の中:バーがグイ〜ンと伸びるんだ〜ぁ!ワァ〜素敵!使ってみよう〜)
IMG_0298

こんなものとか、(心の中:数字が自動でカウントされるんだ〜、めっちゃかっこいい〜!使ってみよう〜)
IMG_0299

そんな時は「見た目よりも内容」「見た目よりも内容」と唱えるのだ。

翻訳・マニュアル制作会社チヨマキワードのCHIYOKOです。

『先週金曜日にお休みもらって4連休 ⇒ 本日・明日は通常出勤 ⇒ お盆休み4連休』って変則スケジュールの私。今朝は何曜日なんだか何時なんだかわからない始末・・・。

中2日の出勤に最適な作業が進行中・・・ていねいに、ていねいに。

連休って言ったってコロナで行くとこないしぃ〜。
Shoppingしたって、着ていくとこもないしぃ〜。
暑いしぃ〜。
えらい(山口弁:しんどい)しぃ〜。

すでにボヤキ気味(苦笑)。

翻訳・マニュアル制作会社 チヨマキ・ワードのMAKIKOです。

チヨマキのお盆休みは次の通りです。
8月13日(木)〜8月16日(日)
8月17日(月)から通常営業となります。

とにかくコロナに負けんで、「夏を満喫」しちゃりましょう。できるのか?!

翻訳・マニュアル制作会社チヨマキワードのCHIYOKOです。

先日、新しい日常を実践するべく「全国翻訳ミステリー読書会世話人たちが熱く語る!『あの本は読まれているか』トークイベントのご案内」に参加した。

読書会なるものも初めてなら、ミステリーとか日本語でさえ1冊も読んだことがないくせに翻訳ミステリーって高いハードルだ。ぶっちゃけ越前敏弥氏ってどんなビジュアルなんだろうって興味だけで参加したといっても過言ではなかった(苦笑)。とにかく開催までなんとか読み進めとかないと、チンプンカンプンでの参加はまずいだろうと自分を励まして半分まで読んだところでの参加となった。

幸いにも前半部分についてのお話が多かったので、「あ〜私もそう思ってたぁ」とか「なるほどねぇ」とかいっちょまえに賛同させてもらえる場面もあり、楽しい1時間とちょっとだった。訳者の吉澤康子さんもパネラーのお一人だったのだが、・・・文学の翻訳としての細かい作業についても織り交ぜてお話してくださったことも興味深かった。

翻訳ものもどっこい興味深いなぁ〜と新たな発見もあった。ただ、日本語訳を読んでるときに、どうしても原文を知りたくなってしまいストーリーに集中できないような気もするけど、どうなんだろう(苦笑)。
とりあえず、この作品を最後まで読んだら、読書会でもお勧めだった「ドクトル・ジバゴ」を映画で観ることにした。

ドクトル・ジバゴ アニバーサリーエディション [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [DVD]
ジェラルディン・チャップリン
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2018-02-17

 

翻訳・マニュアル制作会社 チヨマキ・ワードのMAKIKOです。

やはり「餅は餅屋」なのだろか。まず「テーマ」でつまずいている。

企業サイトのほとんどは「Sydney」というテーマを使っているらしく、だったら私も「テーマはSydney」でしょう〜と、いざ使ってみると、まず今自分がどこにいるのかかなりの迷子状態に陥り、やはり初心者向けらしい「Lightning」にした方がいいのではと揺れ動く。(「いちばんやさしいWordPressの教本」でも「Lightning」を使ってサイトを作っていたし・・・)

「Sydney」のデモ版をインストールしたあたりから、迷子状態になっていたロジックがなんとなく整理されつつあり、やっと難問が1つクリアといった状態。

毎日毎日、専門業者に頼んだ方が良いのではないか、イヤイヤ私にも出来ると揺れ動いている。(←この瞬間、必ずzard の「揺れる想い」が頭の中を流れている。www 古い?!)

↓ やっとここまで完成(モバイル版)
IMG_0270

翻訳・マニュアル制作会社チヨマキワードのCHIYOKOです。

ついに始まった「日本通訳翻訳フォーラム2020」。
楽しみにしていた柴田元幸さんの「ぼくは翻訳についてこう考えています」についてのフォーラムを初ZOOMでニヤニヤしながら視聴した。柴田さんの、「僕は翻訳は遊びなんで〜」ってスタンスが衝撃的だったが、実際の作品を読ませて頂くと、最大限翻訳を楽しんでおられるのも伝わってくる気がしている。やはり「好き!楽しい!」って最強だ。

「安定した訳を出せるようにするには?」の問いに、「訳するときに自己愛をなくすこと。工夫した表現だと自負して訳したものほど編集者にカット・訂正される。」ってお答えも、わかるぅぅぅ(苦笑)。

文芸翻訳はやったことないし、今のところやろうって思ったこともないけど、第一線の柴田元幸さんのお話を直接聞くことができたこの機会には本当に感謝だ。コロナで本当に大変だけど、オンラインの活用によって地理に関係なく参加できることで、いろいろ可能性が広がってる。嬉しい。

フォーラムはまだまだ続く〜ちょっぴり学生気分。

翻訳・マニュアル制作会社 チヨマキ・ワードのMAKIKOです。

既に7か月が終了してしまったんだ〜ぁ。8月1日に恒例のお朔日参りをしている時にしみじみ思った。
IMG_0267

先日のカンブリア宮殿で永守さんが言われていた。役員や従業員に対して「もうコロナコロナと言うな」(コロナのせいにするなという意)と。この現状を嘆くのはもう終わり。ピンチはチャンス。『スピードこそ中小企業の武器』なのだからスピード感をもって変化していこうと。

ほんとそう。スピード感を持って変化している企業を横目に、ただただ頭だけが焦って行動が伴わず、この武器を生かしきれていない自分がもどかしい。。。
もう今年も7か月が終了したのだ。
IMG_0256




翻訳・マニュアル制作会社チヨマキワードのCHIYOKOです。

私は若いころに「Generation X」って呼ばれていた世代だ。なんだか戦隊モノに出てくるキャラクターみたいでちょっとカッコいいこの呼ばれ方が気に入っていた。ところが、先日クローズアップ現代で「Generation Z」が取り上げられていて、何人か紹介されていたのだが、そのカッコイイことといったら、既に自分の世代は言うなれば「age of the dinosaurs」とでも呼ばれているように思えた(ちなみにカッコヨクはないが我が娘はまさにGeneration Zである)。

Generation Z(Z世代)の特徴については、様々記述があるが・・・
●ソーシャルネイティブでコミュニティを重視 ...●お金やキャリアに保守的 ...●ブランドよりも個性や自分らしさを重視 ...●娯楽や経験にお金を使う ...●社会貢献をやりがいに感じる ...●仕事に対して堅実な傾向 ...●オープンなコミュニケーションを求める ...●プライバシーを重視、など

なんだか自分のシニア感がじわじわと染みてくるようで、最近少し違和感を感じていた左ひざの痛みも増しちゃうよ(苦笑)。

★明日から8月なんてね⁈ 鰻とスイカ食べて夏を感じとかないと、9月来ちゃうじゃん。

翻訳・マニュアル制作会社 チヨマキ・ワードのMAKIKOです。

コロナ禍のせいもあり時間に余裕ができたのと、以前読んだ「営業はいらない」の本で触発されたのか、ちょっとwebデザインをやってみようと思い立ったのが今から1か月程度前。この間に、SEO関係やCVR関係のセミナーを受講しまくり、YouTubeを見まくり、そしてデザインの本まで読み、死ぬほどググった。

そして、ベストセラーにもなっている「いちばんやさしいWordPressの教本」を購入し、何だか自分でもWebサイトが作れそうと思ったのが2週間程度前。「HTMLもCSSの知識も一切不要!」を真に受けて勇気をもらってた。

さらにさらに、実際にWordPressをインストールしてみたのが1週間前で、ここで気付いてしまった。しまった!自作のチヨマキサイトを作るなんて豪語しなきゃよかったと。。。
webデザイナーさんをリスペクトしまくりの1週間を過ごしている。

図書館で借りてきた本たち↓
IMG_0251

翻訳・マニュアル制作会社チヨマキワードのCHIYOKOです。

政府が推進予定だとかの Workation(ワーケーション)は、work(仕事)とvacation(休暇)を合わせた造語らしい。リゾートで過ごしながらリモートで仕事をする、出張と観光を兼ねるなど・・・。

そんな人が本当にいるのかなぁ〜?
あたしゃ、workとvacationは何が何でも別でお願いしたい派だ。
リゾートで仕事は「いたしません」。
出張と観光を意図的に兼ねさせたりは「いたしません」(出張終わりで観光するときもあるけど、そりゃvacationってくくりじゃない)。

新しい生活様式・・・なんでもありだな

翻訳・マニュアル制作会社 チヨマキ・ワードのMAKIKOです。

『Google Search Console』によるとチヨマキのホームページにはエラーがある。そうなのよ〜、モバイルに対応していないのよ〜。

現在のサイトにリニューアルしたのが今から6年前。その1年後にモバイル対応していないホームページは、ユーザー至上主義のGoogle先生によるとあまりよろしくないサイトと判断され、検索順位にも影響が出るようになった。あとは文字の大きさも小さすぎるとよろしくない。

早くGoogle先生から100点満点がもらえるサイトにしたい。
IMG_0255

翻訳・マニュアル制作会社チヨマキワードのCHIYOKOです。

来月の「日本通訳翻訳フォーラム2020」をオンラインで聴講することにした。毎年参加しようとすると、"あるある"のようにいろいろ重なって結局行けなくなるってことになっていたので、初参加の今回はとても楽しみにしている。オンライン開催なので、1か月にわたり合計30以上の通訳・翻訳セッションが企画されている。あまり馴染みのないセッションでもチラッと除けるなんて、ずーっと気になってた「ゲーム翻訳、文芸翻訳、そしてそして、いろいろな通訳者さんたちのセッション」・・・かなりのテンコ盛りだが興味津々だ。

あぁ〜楽しみ。

インスタライブはもはや当たり前でもって最近は有料配信ライブも視聴している娘(社会人2年目)、そして、もはやコンサルタントになるんじゃないかってくらいの勢いで様々なオンラインセミナーに参加しているMAKIちゃん・・・私はどうなのかといえば、オンライン読書会に参加予定だ。すでに新しいのかこの日常⁈

*****************************************
すでに諦めた私の夢はパン屋さん〜久しぶりにマフィン屋さんの雨の日曜日。
shareImage_1595827708

翻訳・マニュアル制作会社 チヨマキ・ワードのMAKIKOです。

6月から参加し始めたオンラインのセミナー熱は、コロナと同じでまだまだ収まらず、昨日はついに9回目の『リモート対応型ビジネスモデル転換セミナー(船井総研)』に参加した。
2020072106

現状を変えられる(工夫できる)企業かそうでないかで「変不変格差」が生まれるようだ。そうでしょう、そうでしょう。どうにか現状を変えようとアンテナを張りつつ情報のキャッチアップにいそしむ毎日。疲れるわ〜ぁぁぁ。

船井流経営法の「成功の3条件」は、
1.素直
2.プラス発想
3.勉強好き

二人とも「素直さ」に欠ける。これでも若い頃は素直だったハズ。今は・・・めっちゃ頑固。こりゃ〜ぁ、成功するにはまだまだ時間がかかりそうだ。
何はともあれ大変な時代には変わりない。

翻訳・マニュアル制作会社チヨマキワードのCHIYOKOです。

Appleは開発者に対し、2つのデバイスやプロセスの関係性を説明する際に、マスター/スレーブを使用しないよう求めている。Microsoft傘下のGitHubも、「マスター」のような用語を「メイン」などの中立的な用語に置き換えるとしている。

そりゃそうだ〜「これは(いいのか)?」って思うときが何度かあった。
使ってる側からすれば大したことじゃなくっても、相手によっては自然と使わないようにするシチュエーションが実際はある。

あまり過敏になるのはどうかって思うけど、そんな単語は山ほどあるなぁ〜。

翻訳・マニュアル制作会社 チヨマキ・ワードのMAKIKOです。

いやいや、電卓ってこんなになるのね。梅雨シーズンで、ここ山口県は7月に入ってからほぼ曇りか雨ばかり。これはきっと日照不足による表示不明瞭に違いないと、引き出しに入れず窓際に置いていたが、20年位使っていたため単純に壊れただけのようだ。
image1

新しく購入した電卓をバンバン叩けるくらい見積依頼が来ないかしら〜。指の準備も頭の準備も12桁の電卓の準備も全て完璧に整っているだが。。。
image0

↑このページのトップヘ