深澤千有紀

ふかさわちゆき

新年初の出演となった秘密結社ブランコ「独占!女の70分」@ムーブ町屋。

無事に終わりましたー。幕開かないんじゃないかしらとか思いながら、絶対開けてやるわよ!と決意して稽古の日々。ブルの後輩のはしいくみさんのやっている結社なのです。私と鶴まきさん以外はオーディションで集まった方々で、はしさん以外私は全員初めて。演出の飯田こうこさん、鎌田順也さんも初めてご一緒させていただきましたので、毎日緊張しておりました。緊張してたわりには毎日笑っておりました。

4作品のうち2作品出演。ひとつは福原充則さん作の「センチメンタル吐瀉物」。もひとつは鎌田順也さん作の「こし・・・」。

福原作品では、ママ友たちの鬱屈が最後に吐くことで生命力と化して晴れ晴れとする主婦たちの一人でした。
鎌田作品ではほとんどの出演時間を悪態をつき、合間に鼻くそをほじるという役どころでした。

どちらも、とても挑戦しがいのある、そしてやっていて楽しいものでした。

初日、町屋駅にて。

IMG_8925

はい。そして楽屋。知らぬ間に撮影されていて私はたぶんゲームをしている。
IMG_2588

はい。千秋楽。
IMG_1283


次は、夏かな。その前になにか決まったら発信します。

あけました2014年。まったくあっという間です。おととしの年末には、スズナリで4月にやった「少し静かに」のワークショップが行われていたのですから、そのあたりからダーッと過ぎて千秋楽まで。10月公演「旅のしおり2013」が始まるまでに、ブルのオーディションがあって劇団員が入りました。その公演も8月にはワークショップが行われていたので大阪千秋楽までダーッと。 私は、2013年にはやると決めていた懸案事項の親不知抜歯やら前歯の前装冠をなおしてもらうことやらを公演の合間合間に。ジムに通い体力づくりに励みこの一年で体重12キロを減らし、また増やしました(増えました)。自分の健康のことばかりです。が、本当に本当に体力は大事です。体力が落ちると集中力がなくなります。大事なコミュニティが増えました。 人に恵まれております。感謝して謙虚に親切に。地道に毎日を送ります。もっとお芝居ができますように。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

やることリストというのがあって、これがなかなかの量なのである。

誰かに何かものを返す、とか。クレンジングを買うとかから、芝居を観たら感想文を書く

とかペットボトル分別、とかさまざま。さまざま過ぎてなっかなか終わらないのである。

 

先日は、いよいよ板の間に布団を敷いて寝るのはツラいからと買ったセミダブルのベッドが届いて全部開ききる前にこれはわが部屋には置けない大きすぎると、返品の手続き。仕事は増えるばかり。引き取りに来てもらえるまででっかいのが玄関におきっぱなしである。

 

でもな。こういった日常のこまごまとしたことの時間がないなあ、と思いながら過ごすのが好きなんだからしょうがない。こうやって家事能力の現実と理想のはざまでじりじりしながら死んでいくのでしょう私は。

★出演予定
秘密結社ブランコ5


「独占!女の70分」

4人の作家によ る短編集です。
2014年2月7日(金)~11日(火・祝)
<作> 福原充則(ピチチ5)、新井友香(劇団宝船)、ふじきみつ彦、鎌田順也(ナカゴー)

<演出> 飯田こうこ(KUUM17)、鎌田順也(ナカゴー
<会場> ムーブ町屋ハイビジョンホール
<チケット> 前売り、当日共に、2,500円(全席自由)
※発売開始は12月20日
http://ventanablanco.blogspot.jp/
Twitter (@hk_blanco)
----
ブルのはしいくみ主宰のユニットです。よろしくお願いいたします。

IMG_3632




今年の
4月に「少し静かに」が終わって、半年。10月に「旅のしおり2013」も終わってすでに1か月経ちました。初めての旅公演。稽古から大阪の千秋楽が済むまで、何よりおのれが怪我や体調を崩すようなことがないことを基本に過ごしておりました。



まあいつものことながら、時の経つのは早いもの、ようやっと旅の荷物をほどいてひといきつけば年末なのです。



今年中に、どうにか動かなければいけないと思っていたことに着手。着手したからとて、どうってこともないのです。日々、次やもっと先を想像して穏やかに、そして私の正しいと思う目的に向けて地道に進むだけです。



日々の暮らしは相変わらず。縫い物したり、読み物したり、片付けたり、散らかしたりの繰り返し。この半年、体重が増えたり、なので減らしたり、いきつもどりつして
12キロは変動しておりましたがひとまず落ち着いて、いろいろ考えた挙句どの体重でいるか決めました。



写真は「旅のしおり
2013」の間に私のi-phoneに入っていたものです。

IMG_0268

IMG_4581

IMG_6594

IMG_4737

 

 

 

 

b9c303fb.jpg
お昼です。今日の。お弁当です。

もう切実に、成人病にならぬよう。お野菜を。

寝なきゃ寝なきゃ。

ずーっと考えてたことが、フワッと選択肢がなくなってそれしかない!という状況になることがある。

今がそう。

家族とあれほど近かったけど今はそうでもない。親離れをしないと。41になってまで、まーだこんなダメな大人になってるなんて誰が予想したでしょう。

でもね、時は確実に経つんです。最近、佐野眞一著「別海から来た女」と「東電OL症候群」を立て続けに読みました。年令が違うけど、どちらの女の人も違う場所で確実に同じ時代を生きてきた人です。わたしも。生まれた家や地域がそうした生き方を選んだのかね。別海の人を「毒婦」、東電の人を「聖女」と呼んでるよ2冊の本はそれぞれ。

山一証券が倒れる前後で、ようやくものごころついたようなボンヤリした田舎の子供だった私です。1998年にある会社でOLしてた時に山一の人が沢山面接に来てたことを思い出しました。こうして思い出して、関連本を読み出す。つまり時代が動いたとゆうことです。しばらく90年代を彷徨ってみます。

7d0fb494.jpg

3fa26457.jpg

91f5b46b.jpg

190f5f7d.jpg

9b1f934c.jpg

8886a238.jpg

b0d92315.jpg

0448551c.jpg

f97f9557.jpg

a1775dde.jpg

048c8e16.jpg

気づいたら2013年4月ももう終わる。去年の秋で止まったブログ。

ブル本公演vol.23「少し静かに」も無事に終わり。また初夏がきます。

たくさん教わりました。共演した若い役者さんから、劇団員から、相手役から。
演出が喜安さんでなく西山くんだったことで、いつもと違うことで、たくさん考えたり思ったりし、とても楽しい公演でした。


出演シーンの関係で稽古場の隅で自主稽古をする時間が多く、相手役の嶋村さんから沢山のアドバイスを受けました。大先輩から、台本の全体の読み方から個々の役へのアプローチの仕方から直接聞けました。これから私がどうしていくかはちゃんと自分で考えなければいけないけれど、とても有意義な時間でした。


今回の役はかほり演じる語理(かたり)さんのお母さんでした。東京に暮らす娘が心配で観光にかこつけ夫婦揃って娘の様子を見に押しかける。お父さんはうまいこと娘に聞き出せないから、娘とお父さんの間に入ってなんとかとりもとうとします。でもね、娘はお父さんにそっくりなんですわ。何かを創り出したい気持ちがあるそっくり親子なんですわ。で、お母さんはそんな二人のことやれやれと思いながら30年。でも二人のこと大好きなんですわ。結局娘から核心は聞き出せないけども、なるようになるわい!と思ってる、どっしりしたお母さん、のつもりで演じてました、よ。


次、ブル10月。ロビーで何人かのお客様とお話しさせていただきました。皆様、次楽しみにしてくださっていて嬉しいです。どういう公演になるのか私も知らないのですけども。

春です。四十路道も1年経ちました。どう生きるかはどう死ぬか。どうか優しく誠実に。今後ともよろしくお願いいたします。

公演にかかわって頂きましたスタッフの皆様、共演させていただきました客演の皆様、劇団員、ご来場頂きましたお客様、本当に本当にありがとうございました。

では公演までに撮った写真,
※稽古中に生まれた姪と公演直後に行ったディズニーシーの写真も入ってます。

IMG_1454
あれれ、もう秋ですか。さ、さむっってな時も多いものね。
暑い暑いと汗をかいていた夏があっという間に終わって、何してたかといえば・・・。
 
稽古、熱帯の。
セリフ合わせ、スケベの話の。
撮影、スケベの話映画版の。
 
そうです、映画撮ったんです。
で、9月のDVD「Do!太宰」と「嫌な世界」発売イベントで上映したのでした。
 
ブルで撮った2本目の映画。1本目の「ドラゴン・シティ」を観てブルのオーディション受けて初めて公演に参加して以来のブルとの縁ですから、そりゃあ大変感慨深いものでございます。
 
スケベの話は「セイなる夜編」と「バットとボール編」がすでにあるので3つめ。ぜんっぜん違うお話です。いつかまた上映できたりDVDになったらよいですけれど。まだわかりません。
 
主演自体が初めてで映画も初めてで、脳みそパンパンでしたが楽しくよい出来事でした。共演者やスタッフとしてかかわってくださった皆様に本当にお世話になりっぱなし。
 
実はイベントの上映の時に観たっきりで、お客様もいらっしゃる中でみたので緊張してよく観れてないのです。
もう一回落ち着いて観たいものです。
 
というわけでこれはイベント一日目終了後にみんなで打ち上げた時の写真。いい顔しとりますブルメン。
集まれば町内会の寄合いか、親戚の法事か、のような集合体。

44486980.jpg

22476b86.jpg

fff5dade.jpg

終わりました。8月から稽古して配役が決まり出したのが8月後半。

つぐみっていう、妙齢の、なのに女の子な感じの役で勘違い甚だしく、しかし恋人には誠実なヒト。主人公2人に巻き込まれた恋人巡平を追って東西南北ずっと追いかけてゆくの。

なんだか大変でした。相手役の松本大卒さんと話し合い、そのたびに恋愛につきもののあるある的な話をしてはみるもののピンと来ず。いっそ大卒さんのことを好きになればよいじゃないかと、乱暴に考え、なんでもないことをメールしたり、休憩時間もなるべく大卒さんのそばにいたり。さぞや迷惑だったろうけど悩んだ挙げ句だから。不器用だし不気味だし、なにしろごめんなさい。

というわけで写真をいくつか。
同じブルからの客演のバイシ。そして主人公を追いかけてゆくのに私と2人組の阿比留役で川西佑佳さん、
んでんで、それこそ本当に私が相手役でごめんよ、恋人巡平役の松本大卒さん。

いろいろ考えたり困ったり怒ったりしたけど、楽しい公演でした。まつ毛エクステもしてみたし。

んなわけで次は来年4月にブルです。

このページのトップヘ