ちづる物語 1
尼崎地区福祉・介護責任者 松沢ちづるのあゆみ

看護婦になろう

 岐阜県の山の中で生まれました。山と谷、山の斜面につくられた田んぼと畑。農業と林業でくらしていました。各家には牛か馬が1頭は飼ってました。
chi_1.png
 小さいときから、ぼーっとしているのがいやで、いつも何かしていました。保育園で必死に練習して連続逆上がりができるようになりました。
kangofu.jpg

 中学生の時にテレビの看護学生のドラマを見て、看護学校ならお金もかからないし、小児科の看護婦がいいなあ、と思いました。

 高校は卓球部でキャプテンをしていました。免許を取ってバイクで駅まで行きました。

 この村から出て広いところに行きたい、と国立金沢病院附属看護学校に進学、学生寮で3年間過ごしました。金沢大学工学部のうたごえサークルに参加して、楽しんでいました。2年生の時、うたごえの先輩からさそわれて民青(日本民主青年同盟)に入りました。

 民青はお寺で合宿して勉強し、共産党のことも知りました。くらーい感じはしましたが、貧乏人の味方なんだなと思いました。

 看護学校では3年になると公衆衛生の授業や保健所や重度障がい児施設での研修もあり、子どもと関わるのはすごい魅力でした。でも夏休みに、施設にボランティアで行くと、実際は労働条件が悪く、思ったより子どもが大事にされていないなあ、施設よりも地域の保健婦がいいかなぁと思いました。

 保健婦になるなら大阪で学びたいと思っていました。なぜなら昭和30年頃、森永ヒ素ミルク中毒事件があり、14年後に、大阪大学の丸山博先生中心に保健婦さんたちが家庭訪問を重ね、救済されていない事実を明らかにさせ医療保障をさせた、そんな歴史が大阪にあったからです。
chi_2.png
 大阪府立公衆衛生学校の合格めざして勉強しました。自分で学資をつくろうと、「住み込みでバイトさせてください」と頼み、個人医院で、夜の診察の手伝いや検査データの整理などをしながら学校に通い、保健婦になりました。
(注 看護師・保健師への名称変更は2002年)