本日(2021.7.22)付け日刊紙の一面に、表記のタイトルで訴えが載っています。

 感染が急拡大し、国民の不安が広がるなか、五輪開催が強行されようとしています。・・・・
 テレビなど五輪一直の報道も予想されるなか、理性と良識の声を発信するとともに、五輪開にともなうさまざまな問題や矛盾を徹底的に検証していきます。
 感染拡大のリスクを冒してまで、いったい何のための大会なのか―開催の意義はあいまいなまま、「フェアな大会」ともほど遠い実態です。そのなかでの競技報道は、スポーツ面を基本に最小限の情報提供型の報道を行っていきます。
 五輪に固執し、国民の命をギャンブルにかけるようなやり方は間違っています。「赤旗」は、「今からでも中止を」の立場を最後まで貫きます。

まさに「赤旗」だからこその主張。がんばろう!
ぜひ 今だからこそあなたの傍らに「赤旗」を