11月26日からの臨時議会に、補正予算案(第9号)が提案されます。ここで、新たに希望する全ての保育施設・幼稚園・認定こども園などの職員を対象に、2週間に1回(1回350件程度)定期的にPCR検査をおこなう予算が示されています。実施期間は、12月~2022年3月の4か月で、期間中約3,000人の検査を想定し、4800万円が計上されています。
 これまで、特別養護老人ホームの職員のみに定期的なPCR検査が2週間に1回(1回450件程度)行われてきましたが、これに追加で対象を拡げるものです。私たちは、検査を必要とする人が、いつでも、どこでも、何回でも無料で検査ができるよう求めてきましたが、一歩前進です。
 
 この他補正予算案(第9号)では、12月からの3回目のコロナワクチン接種、自宅療養者への食糧支援・パル市オキシメーターの貸与などが含まれています。
  詳しくは、市政だより12月号を見ていただくと共に、日本共産党市議団主催で11月30日18時から市民こんだん会を中小企業センター5Fで行いますので、ご参加をお願いします。