主宰の千頭和です。

先日お知らせさせていただいた、キジマチカ出演、木村優希お手伝いのソラニエさんの公演 、乱反射パレードがいよいよ明日公演初日になります。

ソラニエさんとは長い付き合いになりますが、今回の公演はソラニエさんの人間性の根っこのところがしっかり台本に書かれていると感じています。
 
自分も台本を書くときに思うのですが、自分の中にある書きたいモヤモヤみたいなものって、形になるタイミングがあるんだと思います。 
自分の年齢や思考の変化、体調も要因の一つだと思いますが、関わってくれる人や自分が置かれている環境によって、書けるものはその都度変わっていくのだと思います。 

今回の公演はそういう意味で、ソラニエさんにとってベストなタイミングでやってきた絶好の機会だと思います。
昨日から劇場に入って準備を進めていましたが、 改めて良い方達が集まっているのだなと思いました。

7/11(木)19:00の初日回は前売り完売しましたが、他の回はまだお席ご用意できるとのことです。
良い芝居に出会えるのも、様々な要因が折り重なった良いタイミングがあると思います。
ぜひ劇場に足をお運びください!!

-----------
ソラニエ 第2回本公演

「乱反射パレード」

2019年7月11日(木)~15日(月・祝)
@日暮里d-倉庫

脚本 ソラニエ
演出 千頭和直輝(演劇ユニット「クロ・クロ」)

◯キャスト◯
アンディ本山
伊藤将吾
加藤大輔
サトモリサトル(ゆるふ酒)
JUN(サテライト東京)
友利哲健(劇団豆狸)
二宮清隆(劇団天然ポリエステル)
板倉萌
大木菜摘
加藤美帆
キジマチカ(演劇ユニット「クロ・クロ」)
窪寺奈々瀬(AURYN)
小島望
長谷川栞

◯あらすじ◯

目目目目目、目。

目の数だけ世界はある
どこまでも存在する、無数の世界。



ある日カメラマンの男は 目に違和感を覚えて眼科にかかるが、
医者にゴーグルのような形の器具を渡され、
謎のパーティーに参加させられる。
そこでは器具をつけた人間達が、
作り上げられた自分の世界に没頭していた…。

そしてカメラマンの男は 
その集団が崇拝する 「教祖くん」 という人物を目撃する。


一方。
仕事から帰って来たある男は、食卓に乗っているものを見て唖然とする。

 ソテーになった黒い靴、
 国旗が沈んだスープ、
 野菜とスマホのマリネ。

「そういえば彼女は最近まで奇妙な器具をつけていた」
男が必死に考えを巡らせている横で
エプロンを外した女は笑って言った 「さ、食べよう。あったかいうちに」



謎の器具は現実に浸食していき、
それを追う事になった彼らも みるみるその渦に飲まれて行く。
目の数だけ世界はある
だから隣にいる貴方と私、世界が同じように見えてるとは限らない
どこまで行っても分かり合えない、絶対に。


でも。

忘れた頃にそれでも、と。
光は無数の目を巡り、乱反射しながら旅をする。
ある一瞬の、希望だけを探して、
何度でも、どこまでも。



これはソラニエによるひとひらの、救いと祈りの話。 


◯日程◯
2019年7月11日(木)~15日(月・祝)
@日暮里d-倉庫

11日(木) 19時
12日(金) 14時/19時
13日(土) 14時/19時
14日(日) 14時/19時
15日(月・祝) 14時

受付開始は開演の45分前、開場は開場の30分前

※上演時間は、約1時間45分を予定しております。


◯チケット料金◯
※全席自由
前売・当日 3200円
※早期予約割引 3000円
(6月9日(日)までのご予約)
高校生以下 1000円(要学生証)


◯ご予約◯
https://www.quartet-online.net/ticket/soranie2019?m=0aghbea

5283652837