主宰の千頭和です。

ブログでの投稿は本当にお久しぶりになります。
前回公演の「巌窟に眠る」が行われた2019年の9月からあっという間に3年が経ってしまいました。

2019年末辺りから始まり、現在も影響が続いている新型コロナウィルスの影響により、クロクロも公演活動を休止しました。
後ほど改めて発表させていただきますが、次回公演に向けて動き出しています。

メンバーそれぞれに様々な変化があり、自分もこのまま演劇活動ができないのではないかと思っていた時期もありました。
そんな中、エンターテイメントユニット自由の翼の岩浦さんから演出のご依頼をいただき、実に3年ぶりに演劇活動を行えることになりました。

コロナ渦での演劇活動は初めてで、戸惑うことも多々ありました。
特にマスクをつけての稽古は、自分が行ってきた演出のやり方をかなり制限される部分があり、コロナ以前と同じような稽古はしばらくは難しいのではないかと感じています。
稽古序盤はブランクもあり戸惑うことも多かったですが、良い関係者の方々にも恵まれ、無事に公演初日を迎えられそうです。

自由の翼さんのブログにも投稿させていただいております。
https://ameblo.jp/ziyounotsubasa/entry-12763794846.html

配信もございますので、もしよろしければご覧いただけますと幸いです。


=====
第三回 アリの街実行委員会・エンターテイメントユニット自由の翼公演
『アリの街のマリアとゼノさん』

後援 台東区/ポーランド広報文化センター/東上野地域コミュニティ委員会/一般社団法人カトリック船橋学習センター・ガリラヤ

【あらすじ】
1950年代、東京都台東区浅草・言問橋のたもとに実在した、バタヤ(廃品回収業)部落、アリの街。
そこで社会奉仕活動を続け、28歳で早世したカトリック信者・北原怜子さんと、ポーランド出身のゼノ・ゼブロフスキー修道士、そして貧しいながらも生き生きと未来を繋いだ、アリの街の住人達の人生をお届けする、目が離せない95分間。

今回は「演劇×生演奏×ダンス×歌」でお送りします!

***

演出*千頭和直輝(演劇ユニット「クロ・クロ」)
脚本・振付*岩浦さち(自由の翼・アリの街実行委員会)

出演*
石原嵩志
斉藤可南子(兎団)
佐藤天衣(兎団)
中込博樹
升野紗綾香
松本義一(劇団俳協)
mizuki
柳橋龍(兎団)
岩浦さち(自由の翼・アリの街実行委員会)

生演奏・作曲*来夢来人
西村直樹・豊村綾香・見谷聡一・下谷淳蔵

【上演スケジュール】
2022年10月
7日(金) 14:00 / 19:00
8日(土) 13:00 / 17:00
9日(日) 13:00 / 17:00
※上演時間95分を予定

【会場】
浅草九劇
https://asakusa-kokono.com/kyugeki/access/
メトロ銀座線浅草駅より徒歩10分・都営浅草線浅草駅より徒歩10分
つくばエクスプレス浅草駅より徒歩5分
※駐車場はありません

【料金】
一般前売り券:3500円
当日精算券:3800円
高校生以下(要学生証):1500円
配信視聴:2500円

【前売り券取り扱い】※販売期間8/15~10/3
http://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/02qixdt6ecf21.html
※現金前払い、銀行振込をご希望の方は下記にお問合せください

【配信視聴チケット取り扱い】
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/02dbk7zvmdf21.html
※事前精算のみ

【当日精算券/高校生以下券受付】受付期間9/15~
https://stage.corich.jp/stage/163116/ticket_apply
※よろしければ備考欄に応援しているキャストをご記入ください

アリの街