真実なクリスチャンライフを求めて〜自由な祈りのために

避難の場(シェルター)として「個人の祈り」を守る教会とは

執筆者 仁保裕介(プロフィール)『すべて失望した人の唇に祈りを。』祈りは、生活の現場から誰にでも自由にできるものです。キリストは呼び求めるすべての人と共に居る方です。清い人や会堂や神殿にしか現れない方ではありません。むしろ、自分はふさわしくないと思う人のそばに居るのがキリストです。
  受洗して教会員になった教会が、「この教会で信仰生活を続けられなければ、救いや信仰の道から外れる」と言うのは、真実ではありません。避難の場(シェルター)としてキリストに求める祈りには、「キリストが共に居る交わり」が必ず与えられています。
  このブログでは、痛みの連鎖のある世界について、祈りを共有し、見るべきこと知るべきことを探していきます。テーマは重いですが、皆がぶつかって考え込むような共通のことを書いています。キリスト教の視点で、成長、試練、十字架、悔い改め、聖化の記事になっています。
  ほんの5才から信仰45年のクリスチャン2世として、キリスト教会内の教派主義・人間関係・権威化・カルト化によって傷を受けた皆さんと共に祈り、脱出と自立と今後の信仰について現実的視点で触れていきます。
  元「主の十字架クリスチャンセンター 北九州教会」牧師。

福音派と聖霊派で『信仰』を教えられた私は、伝道のしにくさを30年以上感じていました。

自分の中で、福音、イエス・キリストを喜んで人に伝えたい、と素直に思えるようになるには、と思い、追い求めます。そして、福音、キリスト、神の導きについて、良いと思えるもの、人に伝わり人を救うものが分かってきたのは、教会を離れてからです。

主は生きて、人に伴い、人を生かそうとされています。この神の愛の基本を押さえることは、まず大切です。

そして、福音派では、「聖書の言葉が人を生かす」と言い、すべての人が福音派の解釈を受け入れ従うことを求めます。
聖霊派では、加えて聖霊の臨在や聖霊のバプテスマを条件にします。
しかし、その教えに留まると、人生を先に進められなくなります。

私たちの神様は教会堂にだけ居る神ではありません。

神様は、人生のすべての場面で人に伴い、人を生かすために、助け、導き、教えようとされます。
私たちは、教会にではなく、いつも伴われる神に目を向けるべきです。
それで、学び成長し、人生を進む智があり、現実や自分の実像を知り、行くべき道を見ます。
その学びや道は、教会が教えるような教理ではなく、目の前の現実の中にあり、良いもの、受け入れるべきものを見分けさせ、悟らせます。

しかし、この世の悪い教会では、教会や牧師にとって都合の良い教えで人を従わせようとします。

良いものとは、それぞれの人生に神の導きと学びがあることを受け入れることで、その人を生かすものです。


兄弟たちよ。あなたがたにお勧めする。怠惰な者を戒め、小心な者を励まし、弱い者を助け、すべての人に対して寛容でありなさい。 だれも悪をもって悪に報いないように心がけ、お互に、またみんなに対して、いつも善を追い求めなさい。 いつも喜んでいなさい。 絶えず祈りなさい。 すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって、神があなたがたに求めておられることである。 御霊を消してはいけない。 預言を軽んじてはならない。 すべてのものを識別して、良いものを守り、 あらゆる種類の悪から遠ざかりなさい。 どうか、平和の神ご自身が、あなたがたを全くきよめて下さるように。また、あなたがたの霊と心とからだとを完全に守って、わたしたちの主イエス・キリストの来臨のときに、責められるところのない者にして下さるように。 あなたがたを召されたかたは真実であられるから、このことをして下さるであろう。
テサロニケ人への第一の手紙 5:14‭-‬24 JA1955
https://bible.com/bible/81/1th.5.14-24.JA1955

あなたがたは、主にあっていつも喜びなさい。繰り返して言うが、喜びなさい。 あなたがたの寛容を、みんなの人に示しなさい。主は近い。 何事も思い煩ってはならない。ただ、事ごとに、感謝をもって祈と願いとをささげ、あなたがたの求めるところを神に申し上げるがよい。 そうすれば、人知ではとうてい測り知ることのできない神の平安が、あなたがたの心と思いとを、キリスト・イエスにあって守るであろう。 最後に、兄弟たちよ。すべて真実なこと、すべて尊ぶべきこと、すべて正しいこと、すべて純真なこと、すべて愛すべきこと、すべてほまれあること、また徳といわれるもの、称賛に値するものがあれば、それらのものを心にとめなさい。
ピリピ人への手紙 4:4‭-‬8 JA1955
https://bible.com/bible/81/php.4.4-8.JA1955


ブログランキング・にほんブログ村へ  


このブログの関連記事:






※スマホ画面に表示される誘導広告は、ライブドアとグーグルによるもので、このブログの記事とは一切関係ありません。

口語訳聖書は、 新共同訳、新改訳よりも前に、日本の全てのプロテスタント教会で使われていたものです。





■私たちクリスチャンは二人三人でも集まれば、そこを「キリストのみからだ」とすることができます。
洗礼の意味は「キリストへの信仰を持つ、人生の方向転換(悔い改め・回心)の決意」です。(洗礼は、授けた教会の組織員となる会員制度とは別のものです。)
牧師を上位に戴かずに、水平の交わりを心がけ、共に祈り神様を見つめて御声に聞き従うことを望み進む、この決心を共有する交わり・ネットワークを目標とする「キリストのみからだの教会」のあり方を求めます。
現状では「頼れる人として誰か教師を自分の上に置きたがる人の弱さ」を認め、私たちは日々そこから脱出して神様に祈り、主にある交わりをいただきます。同時に、助けを求める人の祈りに、あらゆる形で呼応するクリスチャンであることを決意し、自立への助けが必ずある「みからだのネットワーク」であることを目指しています。(CFF小倉福音センターの祈り・信仰指標から)

■福音派・聖霊派(カリスマ派・ペンテコステ派)・聖書主義の人が内包する「カルト化問題」をこの世代で終息できますように。教会が牧師の誤り・マインドコントロール・権威主義・独裁を指摘できずに多くの人を従わせ、モラルや常識など、どの人にもある心の引っかかりや良心をなおざりにして、聖書信仰やリバイバル信仰に熱くなって人を裁き、自分と家族に負担をかけ、2世や若いクリスチャンの離反を招いていることを克服できますように。
また、脱会後の「脱マインドコントロール」のリハビリ・回復と、その実生活の困難さを理解できますように。
これを信仰的姿勢と現実的姿勢で正面から捉えて祈ります。
時に辛らつに人の内面を見ることが必要かもしれませんが、自分の中にも確かにあるものとして心の整理をすることで、問題の本質が見えるのかもしれません。
試練は、神に真に祈り出会うための神の摂理と言えますが、それを認める強さが欲しいですし、求めていく中で見えるものがあります。

■教会のカルト化や縛りに巻き込まれないための3つの知恵
1.祈りと聖書読み−−日々必要な神様との交わりと悔い改めをする、教えの風に翻弄(ほんろう)されない避け所として、各々個人の祈りと聖書読みのシェルターを確立しましょう。
2.二つ以上の教会に安心できる交わりを確保しましょう。−−今の所属教会に並行して、さらに避け所となる他の教会を必ず把握しておき、日ごろから広く他教会・他教派のクリスチャンと親しくし深い信頼関係を築きましょう。安心し信頼できる他教会や他教派の話題を所属教会で積極的に話しましょう。しかし、拒否や非難を受けはじめたら、他の信頼できる教会の交わりにそのことを伝え教会のカルト化の危険について話し合い、転会の準備を始めましょう。そのためにも、信頼あるクリスチャンの友情を日々拡げて大切にしましょう。
3. 教会以外の関わりを大切にしましょう。−−友人、家族、職場などで、ご自分を理解してくれる方々がいらっしゃると思います。その方の何気ない助言や世間話に、思いやりを感じることは、とても大切です。私たちが、信仰に対する外からの目を持つことにもなります。正しい「証し」は、一方的な押し付けではないことも分かります。

−−−真実なクリスチャンライフを求めて〜自由な祈りのために−−−
−− 避難の場(シェルター)としての「個人の祈り」を守るために −−
執筆者 仁保裕介(プロフィール
『すべて失望した人の唇に祈りを。』
祈りは、生活の現場から誰にでも自由にできるものです。
キリストは呼び求めるすべての人と共に居る方です。清い人や会堂や神殿にしか現れない方ではありません。むしろ、自分はふさわしくないと思う人のそばに居るのがキリストです。
受洗して教会員になった教会が、「この教会で信仰生活を続けられなければ、救いや信仰の道から外れる」と言うのは、真実ではありません。
 避難の場(シェルター)としてキリストに求める祈りには、「キリストが共に居る交わり」が必ず与えられています。
このブログでは、痛みの連鎖のある世界について、祈りを共有し、見るべきこと知るべきことを探していきます。テーマは重いですが、皆がぶつかって考え込むような共通のことを書いています。キリスト教の視点で、成長、試練、十字架、悔い改め、聖化の記事になっています。
ほんの5才から信仰45年のクリスチャン2世として、キリスト教会内の教派主義・人間関係・権威化・カルト化によって傷を受けた皆さんと共に祈り、脱出と自立と今後の信仰について現実的視点で触れていきます。
元「主の十字架クリスチャンセンター 鎌倉教会、北九州教会」牧師・脱会者

Nさま

ブログ記事「頼れる『親分肌』や『タレント性』『カリスマ性』『聖書知識』を見分ける」へのコメントをありがとうございます。
(コメントにはプライバシーが含まれますので非公開にしております)
一週間お待たせして申し訳ありません。この記事でお返事をさせていただきたいと思います。


悔い改め、
心の底からの祈り、
イエス様との繋がりの実感、

ということに課題を感じておられるということでよろしいでしょうか。

悔い改め、回心というワードが福音派の教会では強調されますが、
神様は、どの人の心にある願いもご存じと思います。

教会が、個人の祈りの内容に口出しして、感謝・賛美・悔い改め・願いの内容まで決まり文句を教えたり、朝起きてすぐの祈りとか食前の祈りとか、信仰の姿勢を形式的に教えたりしますが、
本来の祈りは、自分の心をそのまま認めて、神に本音から思うことを言い、自分や隣人の命に必要なことを願うことです。

自分が何を願っているのかを、それぞれの人が自覚して神や人の前に出ることで、
ある方は悔い改め、ある方は慰められるのではないかと思います。

悔い改めも、慰めも、癒しも、神様の前ではどれも同じように喜ばれるものです。
悔い改めるべき罪があっても、癒されるべき傷があっても、どちらにも神様はあわれみと慰めを用意されています。私たちのために、代わりに罰と痛みを担ったキリストの十字架の犠牲があるからです。

福音派や聖霊派では、ひどいことに、救いの条件として、悔い改めの文言や内容まで決められていますが、
それよりも大事なことは、人と神に誠実な思いを持って、何でも本音を神に祈り、自分と隣人の心の誠実な思いへの神の答えが必ずあることを期待することだと思います。

どうぞ、教会で要求された祈りの形ではなく、
自由に心の本音を探りながら祈り、日常や長い人生の期間に出会う出来事や人に心を向けて、発見や悔い改めや慰めや前向きな気持ちを分け隔てずに大切にしてください。

私は記事に、
ありのままが許されるのは、罪や弱さを告白する隠れた心の祈りがあればこそです。それがなければ、ただ人に認められたい幼さの発露で、わがままでしかありません。
悔い改めの無いわがままと聖霊の実は共存しません。
と書きましたが、

私自身は、本音として自分が弱く、無自覚に不躾に神と人にいつも罪を犯す者だと自覚しつつ、
嘆かわしいそのままの自分の姿でも、神様はキリストのゆえに、決して捨てずに愛してくださると信じられなければ生きて行けません。

私たちは、自分の力で、自分を変えようと努力しますが、自分のあちらこちらの隙間からわがままな罪が噴出してしまいます。
それをありのまま神に委ね、キリストの犠牲と復活を信じて救いを受け取るのが信仰です。

しかし、教会の細かい条件付けが信仰を阻んだりするのです。

どうか、自由な心で、心の奥底の思いを神の前に差し出してください。形ではなく、神に向かう心の姿勢こそが大事です。


神よ、あなたのいつくしみによって、わたしをあわれみ、あなたの豊かなあわれみによって、わたしのもろもろのとがをぬぐい去ってください。 わたしの不義をことごとく洗い去り、わたしの罪からわたしを清めてください。 わたしは自分のとがを知っています。わたしの罪はいつもわたしの前にあります。

見よ、あなたは真実を心のうちに求められます。それゆえ、わたしの隠れた心に知恵を教えてください。 ヒソプをもって、わたしを清めてください、わたしは清くなるでしょう。わたしを洗ってください、わたしは雪よりも白くなるでしょう。わたしに喜びと楽しみとを満たし、あなたが砕いた骨を喜ばせてください。 み顔をわたしの罪から隠し、わたしの不義をことごとくぬぐい去ってください。 神よ、わたしのために清い心をつくり、わたしのうちに新しい、正しい霊を与えてください。 わたしをみ前から捨てないでください。あなたの聖なる霊をわたしから取らないでください。 あなたの救の喜びをわたしに返し、自由の霊をもって、わたしをささえてください。

神よ、わが救の神よ、血を流した罪からわたしを助け出してください。わたしの舌は声高らかにあなたの義を歌うでしょう。 主よ、わたしのくちびるを開いてください。わたしの口はあなたの誉をあらわすでしょう。 あなたはいけにえを好まれません。たといわたしが燔祭をささげてもあなたは喜ばれないでしょう。 神の受けられるいけにえは砕けた魂です。神よ、あなたは砕けた悔いた心をかろしめられません。

詩篇 51:1‭-‬3‭, ‬6‭-‬12‭, ‬14‭-‬17 JA1955
https://bible.com/bible/81/psa.51.1-17.JA1955


ブログランキング・にほんブログ村へ  


このブログの関連記事:
自由な祈りのために 2015年4月2日





※スマホ画面に表示される誘導広告は、ライブドアとグーグルによるもので、このブログの記事とは一切関係ありません。

口語訳聖書は、 新共同訳、新改訳よりも前に、日本の全てのプロテスタント教会で使われていたものです。





■私たちクリスチャンは二人三人でも集まれば、そこを「キリストのみからだ」とすることができます。
洗礼の意味は「キリストへの信仰を持つ、人生の方向転換(悔い改め・回心)の決意」です。(洗礼は、授けた教会の組織員となる会員制度とは別のものです。)
牧師を上位に戴かずに、水平の交わりを心がけ、共に祈り神様を見つめて御声に聞き従うことを望み進む、この決心を共有する交わり・ネットワークを目標とする「キリストのみからだの教会」のあり方を求めます。
現状では「頼れる人として誰か教師を自分の上に置きたがる人の弱さ」を認め、私たちは日々そこから脱出して神様に祈り、主にある交わりをいただきます。同時に、助けを求める人の祈りに、あらゆる形で呼応するクリスチャンであることを決意し、自立への助けが必ずある「みからだのネットワーク」であることを目指しています。(CFF小倉福音センターの祈り・信仰指標から)

■福音派・聖霊派(カリスマ派・ペンテコステ派)・聖書主義の人が内包する「カルト化問題」をこの世代で終息できますように。教会が牧師の誤り・マインドコントロール・権威主義・独裁を指摘できずに多くの人を従わせ、モラルや常識など、どの人にもある心の引っかかりや良心をなおざりにして、聖書信仰やリバイバル信仰に熱くなって人を裁き、自分と家族に負担をかけ、2世や若いクリスチャンの離反を招いていることを克服できますように。
また、脱会後の「脱マインドコントロール」のリハビリ・回復と、その実生活の困難さを理解できますように。
これを信仰的姿勢と現実的姿勢で正面から捉えて祈ります。
時に辛らつに人の内面を見ることが必要かもしれませんが、自分の中にも確かにあるものとして心の整理をすることで、問題の本質が見えるのかもしれません。
試練は、神に真に祈り出会うための神の摂理と言えますが、それを認める強さが欲しいですし、求めていく中で見えるものがあります。

■教会のカルト化や縛りに巻き込まれないための3つの知恵
1.祈りと聖書読み−−日々必要な神様との交わりと悔い改めをする、教えの風に翻弄(ほんろう)されない避け所として、各々個人の祈りと聖書読みのシェルターを確立しましょう。
2.二つ以上の教会に安心できる交わりを確保しましょう。−−今の所属教会に並行して、さらに避け所となる他の教会を必ず把握しておき、日ごろから広く他教会・他教派のクリスチャンと親しくし深い信頼関係を築きましょう。安心し信頼できる他教会や他教派の話題を所属教会で積極的に話しましょう。しかし、拒否や非難を受けはじめたら、他の信頼できる教会の交わりにそのことを伝え教会のカルト化の危険について話し合い、転会の準備を始めましょう。そのためにも、信頼あるクリスチャンの友情を日々拡げて大切にしましょう。
3. 教会以外の関わりを大切にしましょう。−−友人、家族、職場などで、ご自分を理解してくれる方々がいらっしゃると思います。その方の何気ない助言や世間話に、思いやりを感じることは、とても大切です。私たちが、信仰に対する外からの目を持つことにもなります。正しい「証し」は、一方的な押し付けではないことも分かります。

−−−真実なクリスチャンライフを求めて〜自由な祈りのために−−−
−− 避難の場(シェルター)としての「個人の祈り」を守るために −−
執筆者 仁保裕介(プロフィール
『すべて失望した人の唇に祈りを。』
祈りは、生活の現場から誰にでも自由にできるものです。
キリストは呼び求めるすべての人と共に居る方です。清い人や会堂や神殿にしか現れない方ではありません。むしろ、自分はふさわしくないと思う人のそばに居るのがキリストです。
受洗して教会員になった教会が、「この教会で信仰生活を続けられなければ、救いや信仰の道から外れる」と言うのは、真実ではありません。
 避難の場(シェルター)としてキリストに求める祈りには、「キリストが共に居る交わり」が必ず与えられています。
このブログでは、痛みの連鎖のある世界について、祈りを共有し、見るべきこと知るべきことを探していきます。テーマは重いですが、皆がぶつかって考え込むような共通のことを書いています。キリスト教の視点で、成長、試練、十字架、悔い改め、聖化の記事になっています。
ほんの5才から信仰45年のクリスチャン2世として、キリスト教会内の教派主義・人間関係・権威化・カルト化によって傷を受けた皆さんと共に祈り、脱出と自立と今後の信仰について現実的視点で触れていきます。
元「主の十字架クリスチャンセンター 鎌倉教会、北九州教会」牧師・脱会者

カルト化被害、隣人の痛みを感じない人との出会いに苦しみ、問題や痛みや孤独、脱出の模索を一生の課題だと思っています。

それをブログを書いているわけですが、

去年から、真っ当に懸命に生きる人たちとの出会いに、正直動揺しています。

世の中、自己中心が当たり前で、矛盾だらけなものばかりだと嘆き、
自分に、自己中心や矛盾があることも分かっていたつもりでしたが。

しかし、今の職場で、現実的に自分の足りなさに直面しています。
考える間もなく真っ当な判断を次々していかなければなりません。
これまでは、時間をかけて様々なことを疑い、じっくり考えることをしてきましたが。

今の職場では、経験不足、技術不足、周りへの配慮不足が問われ、あまり居場所が無い中で、真面目さだけで営業として何かを産み出すことを期待されています。

居場所の無い焦りから現場研修で心の安定を無くし、混乱し、ミスをしてまた自己否定の繰り返しです。

問われているのは、
会社員として、会社への責任、顧客への責任、
人として、仲間として、隣人の心や必要を思いやることです。

経験不足や技術不足をカバーするのには、落ち込むよりも高い意識を持って、ビジョンを持って、顧客と会社の利益を守り伸ばすことだと、自分に言い聞かせています。

今の職場は、私がこれまで経験したどの会社、どの教会よりも仕事に厳しく、そして人を思いやる心に篤く、叱責と同時に深い寛容と赦し、生活の養いに思いやりがあり、私は日々心を動かされています。
これは人をコントロールし支配するためではなく、人を立たせるためであると分かってきました。

様々に感情的に動揺して思い巡らし、落ち込むことに時間を費やすよりも、
問題を心に刻みつつ、自分に必要とされていることを現実的に受け取り、立ち上がることに意義があること。

心を定めて、見るべきものを見、
与えられている愛に対して負うべき責任があることを思います。

これまでの経験とつながるのは、現実的な危機意識です。
カルト化被害がある現実を見定め、
目には見えないけれども、教会を正す神の目の厳しさと働きが確かにあることをしっかり意識することで、
仕事にも確かな危機意識を持つことができると思っています。

私たちは問題を外から指摘されると、プライドや自信を否定され、動揺しますが、
それが現実で誰から見ても妥当なら逃げ場もなく、受け入れるべきで、
変化や成長や脱出になります。


わたしの兄弟たちよ。あなたがたが、いろいろな試錬に会った場合、それをむしろ非常に喜ばしいことと思いなさい。 あなたがたの知っているとおり、信仰がためされることによって、忍耐が生み出されるからである。 だから、なんら欠点のない、完全な、でき上がった人となるように、その忍耐力を十分に働かせるがよい。 あなたがたのうち、知恵に不足している者があれば、その人は、とがめもせずに惜しみなくすべての人に与える神に、願い求めるがよい。そうすれば、与えられるであろう。 ただ、疑わないで、信仰をもって願い求めなさい。疑う人は、風の吹くままに揺れ動く海の波に似ている。 そういう人は、主から何かをいただけるもののように思うべきではない。 そんな人間は、二心の者であって、そのすべての行動に安定がない。 低い身分の兄弟は、自分が高くされたことを喜びなさい。
ヤコブの手紙 1:2‭-‬9 JA1955
https://bible.com/bible/81/jas.1.2-9.JA1955


ブログランキング・にほんブログ村へ  


このブログの関連記事:
領域を広げることで、人と世の成り立ちや細部を知ること 2018年04月04日





※スマホ画面に表示される誘導広告は、ライブドアとグーグルによるもので、このブログの記事とは一切関係ありません。

口語訳聖書は、 新共同訳、新改訳よりも前に、日本の全てのプロテスタント教会で使われていたものです。





■私たちクリスチャンは二人三人でも集まれば、そこを「キリストのみからだ」とすることができます。
洗礼の意味は「キリストへの信仰を持つ、人生の方向転換(悔い改め・回心)の決意」です。(洗礼は、授けた教会の組織員となる会員制度とは別のものです。)
牧師を上位に戴かずに、水平の交わりを心がけ、共に祈り神様を見つめて御声に聞き従うことを望み進む、この決心を共有する交わり・ネットワークを目標とする「キリストのみからだの教会」のあり方を求めます。
現状では「頼れる人として誰か教師を自分の上に置きたがる人の弱さ」を認め、私たちは日々そこから脱出して神様に祈り、主にある交わりをいただきます。同時に、助けを求める人の祈りに、あらゆる形で呼応するクリスチャンであることを決意し、自立への助けが必ずある「みからだのネットワーク」であることを目指しています。(CFF小倉福音センターの祈り・信仰指標から)

■福音派・聖霊派(カリスマ派・ペンテコステ派)・聖書主義の人が内包する「カルト化問題」をこの世代で終息できますように。教会が牧師の誤り・マインドコントロール・権威主義・独裁を指摘できずに多くの人を従わせ、モラルや常識など、どの人にもある心の引っかかりや良心をなおざりにして、聖書信仰やリバイバル信仰に熱くなって人を裁き、自分と家族に負担をかけ、2世や若いクリスチャンの離反を招いていることを克服できますように。
また、脱会後の「脱マインドコントロール」のリハビリ・回復と、その実生活の困難さを理解できますように。
これを信仰的姿勢と現実的姿勢で正面から捉えて祈ります。
時に辛らつに人の内面を見ることが必要かもしれませんが、自分の中にも確かにあるものとして心の整理をすることで、問題の本質が見えるのかもしれません。
試練は、神に真に祈り出会うための神の摂理と言えますが、それを認める強さが欲しいですし、求めていく中で見えるものがあります。

■教会のカルト化や縛りに巻き込まれないための3つの知恵
1.祈りと聖書読み−−日々必要な神様との交わりと悔い改めをする、教えの風に翻弄(ほんろう)されない避け所として、各々個人の祈りと聖書読みのシェルターを確立しましょう。
2.二つ以上の教会に安心できる交わりを確保しましょう。−−今の所属教会に並行して、さらに避け所となる他の教会を必ず把握しておき、日ごろから広く他教会・他教派のクリスチャンと親しくし深い信頼関係を築きましょう。安心し信頼できる他教会や他教派の話題を所属教会で積極的に話しましょう。しかし、拒否や非難を受けはじめたら、他の信頼できる教会の交わりにそのことを伝え教会のカルト化の危険について話し合い、転会の準備を始めましょう。そのためにも、信頼あるクリスチャンの友情を日々拡げて大切にしましょう。
3. 教会以外の関わりを大切にしましょう。−−友人、家族、職場などで、ご自分を理解してくれる方々がいらっしゃると思います。その方の何気ない助言や世間話に、思いやりを感じることは、とても大切です。私たちが、信仰に対する外からの目を持つことにもなります。正しい「証し」は、一方的な押し付けではないことも分かります。

−−−真実なクリスチャンライフを求めて〜自由な祈りのために−−−
−− 避難の場(シェルター)としての「個人の祈り」を守るために −−
執筆者 仁保裕介(プロフィール
『すべて失望した人の唇に祈りを。』
祈りは、生活の現場から誰にでも自由にできるものです。
キリストは呼び求めるすべての人と共に居る方です。清い人や会堂や神殿にしか現れない方ではありません。むしろ、自分はふさわしくないと思う人のそばに居るのがキリストです。
受洗して教会員になった教会が、「この教会で信仰生活を続けられなければ、救いや信仰の道から外れる」と言うのは、真実ではありません。
 避難の場(シェルター)としてキリストに求める祈りには、「キリストが共に居る交わり」が必ず与えられています。
このブログでは、痛みの連鎖のある世界について、祈りを共有し、見るべきこと知るべきことを探していきます。テーマは重いですが、皆がぶつかって考え込むような共通のことを書いています。キリスト教の視点で、成長、試練、十字架、悔い改め、聖化の記事になっています。
ほんの5才から信仰45年のクリスチャン2世として、キリスト教会内の教派主義・人間関係・権威化・カルト化によって傷を受けた皆さんと共に祈り、脱出と自立と今後の信仰について現実的視点で触れていきます。
元「主の十字架クリスチャンセンター 鎌倉教会、北九州教会」牧師・脱会者


カルトやブラック被害に気づかず依存している時には、組織や人にばかり注目してしまい、様々な矛盾ある事実を意識・無意識に見逃してしまいます。

しかし、ある時、見逃していた問題について見逃せないと感じ、組織や人、自分の矛盾が耐えられなくなったり受け容れられなくなります。

人の救い、命輝く人生、正義のビジョンに共鳴して生きているのに、目の前の結果や事実が違う場合、何が問題なのかまっすぐ見る必要があります。それは、自分と家族、隣人を守るためです。

悪い組織は、人の従順さや弱みにつけこみ、自分の家族隣人の生活や命を持ち出して、組織のための服従や努力を引き出そうとします。
本来良い勧めは、現実の人生や命のために心を強め、自立して道を切り開く方向を教えるのではないでしょうか。
生活や家族を人質に取って、服従させ、コントロールしようとするなら、カルトでブラックな組織です。

人や組織に励まされ強さを得たいのは、過去の心の傷の癒しが欲しかったり、失ったものの回復のためであったりします。
私たちの心が痛み、自分を失うような経験から復活するために、自分で道を切り開く心のパワーが残っていれば良いのですが、どうしても立ち上がれない時には頼れる何かを探します。

私を含めて、子ども時代、若年時代に心折れてしまう経験をした方は多く、心弱くして教会や組織に期待し頼りたい強い願いを持つことは、当然あることです。それを甘えとか短慮とか呼ばれても、その時には他に選択肢が見えなかったのです。

大切なのは、脱出・脱会や出会いによって少しでも心が回復したら、事実を見ること、気づくことを恐れないことです。

心が、自分と隣人の真実な願いや命を守ろうとする愛に気づくなら、
そこに立たされた自分が切り開く何か、造り出す何かがあるのかもしれません。
その時に、弱さを自覚していても、私たちには切り開き、造り出し、生み出す力が気づかない内に備わっていることがあるのです。
心が「もう限界だ」と叫んでいる時に、事実はどこにあり、何が求められているのかを、倒れながらでも見ることで、確実に次のステップが見えるようになります。


力の限り、 見張って、 あなたの心を見守れ。いのちの泉はこれからわく。
箴言4章23節 新改訳


ブログランキング・にほんブログ村へ  


このブログの関連記事:
領域を広げることで、人と世の成り立ちや細部を知ること 2018年04月04日

「信仰という名の虐待」によって植えつけられた信仰の子の「三つ子の魂」の執着に、誰が責任を取るのか 2014/02/19



※スマホ画面に表示される誘導広告は、ライブドアとグーグルによるもので、このブログの記事とは一切関係ありません。

口語訳聖書は、 新共同訳、新改訳よりも前に、日本の全てのプロテスタント教会で使われていたものです。





■私たちクリスチャンは二人三人でも集まれば、そこを「キリストのみからだ」とすることができます。
洗礼の意味は「キリストへの信仰を持つ、人生の方向転換(悔い改め・回心)の決意」です。(洗礼は、授けた教会の組織員となる会員制度とは別のものです。)
牧師を上位に戴かずに、水平の交わりを心がけ、共に祈り神様を見つめて御声に聞き従うことを望み進む、この決心を共有する交わり・ネットワークを目標とする「キリストのみからだの教会」のあり方を求めます。
現状では「頼れる人として誰か教師を自分の上に置きたがる人の弱さ」を認め、私たちは日々そこから脱出して神様に祈り、主にある交わりをいただきます。同時に、助けを求める人の祈りに、あらゆる形で呼応するクリスチャンであることを決意し、自立への助けが必ずある「みからだのネットワーク」であることを目指しています。(CFF小倉福音センターの祈り・信仰指標から)

■福音派・聖霊派(カリスマ派・ペンテコステ派)・聖書主義の人が内包する「カルト化問題」をこの世代で終息できますように。教会が牧師の誤り・マインドコントロール・権威主義・独裁を指摘できずに多くの人を従わせ、モラルや常識など、どの人にもある心の引っかかりや良心をなおざりにして、聖書信仰やリバイバル信仰に熱くなって人を裁き、自分と家族に負担をかけ、2世や若いクリスチャンの離反を招いていることを克服できますように。
また、脱会後の「脱マインドコントロール」のリハビリ・回復と、その実生活の困難さを理解できますように。
これを信仰的姿勢と現実的姿勢で正面から捉えて祈ります。
時に辛らつに人の内面を見ることが必要かもしれませんが、自分の中にも確かにあるものとして心の整理をすることで、問題の本質が見えるのかもしれません。
試練は、神に真に祈り出会うための神の摂理と言えますが、それを認める強さが欲しいですし、求めていく中で見えるものがあります。

■教会のカルト化や縛りに巻き込まれないための3つの知恵
1.祈りと聖書読み−−日々必要な神様との交わりと悔い改めをする、教えの風に翻弄(ほんろう)されない避け所として、各々個人の祈りと聖書読みのシェルターを確立しましょう。
2.二つ以上の教会に安心できる交わりを確保しましょう。−−今の所属教会に並行して、さらに避け所となる他の教会を必ず把握しておき、日ごろから広く他教会・他教派のクリスチャンと親しくし深い信頼関係を築きましょう。安心し信頼できる他教会や他教派の話題を所属教会で積極的に話しましょう。しかし、拒否や非難を受けはじめたら、他の信頼できる教会の交わりにそのことを伝え教会のカルト化の危険について話し合い、転会の準備を始めましょう。そのためにも、信頼あるクリスチャンの友情を日々拡げて大切にしましょう。
3. 教会以外の関わりを大切にしましょう。−−友人、家族、職場などで、ご自分を理解してくれる方々がいらっしゃると思います。その方の何気ない助言や世間話に、思いやりを感じることは、とても大切です。私たちが、信仰に対する外からの目を持つことにもなります。正しい「証し」は、一方的な押し付けではないことも分かります。

−−−真実なクリスチャンライフを求めて〜自由な祈りのために−−−
−− 避難の場(シェルター)としての「個人の祈り」を守るために −−
執筆者 仁保裕介(プロフィール
『すべて失望した人の唇に祈りを。』
祈りは、生活の現場から誰にでも自由にできるものです。
キリストは呼び求めるすべての人と共に居る方です。清い人や会堂や神殿にしか現れない方ではありません。むしろ、自分はふさわしくないと思う人のそばに居るのがキリストです。
受洗して教会員になった教会が、「この教会で信仰生活を続けられなければ、救いや信仰の道から外れる」と言うのは、真実ではありません。
 避難の場(シェルター)としてキリストに求める祈りには、「キリストが共に居る交わり」が必ず与えられています。
このブログでは、痛みの連鎖のある世界について、祈りを共有し、見るべきこと知るべきことを探していきます。テーマは重いですが、皆がぶつかって考え込むような共通のことを書いています。キリスト教の視点で、成長、試練、十字架、悔い改め、聖化の記事になっています。
ほんの5才から信仰45年のクリスチャン2世として、キリスト教会内の教派主義・人間関係・権威化・カルト化によって傷を受けた皆さんと共に祈り、脱出と自立と今後の信仰について現実的視点で触れていきます。
元「主の十字架クリスチャンセンター 鎌倉教会、北九州教会」牧師・脱会者

福音派聖霊派が強調する「人には罪があるので神から離れている」という『原罪』の教えは、
その教派に集う人に、教会と世を分断する意識を与えています。
『教会に来ない人は神を知らず、救われず、滅びの道にいる』と。

私は子どもの時から教会学校に毎週日曜欠かさず通い、それを信じていました。
『教会に人を連れて行かないと、人は救われない』この世界観が正しいと思っていました。『聖書と教会の教えこそ唯一の真理』として、私は教会の外の常識や価値観を一歩引いて見てしまい、他人事のように感じるのが普通でした。それどころか、隣人の長年の経験や実績を「『原罪』がある人のもの」だと切り捨て、人の努力の細部、積み重ねにあまり目を向けない心を持って来たのです。社会人としてプロの職業人として探究心が薄く、様々な出会いや気付きを軽んじて来たと思います。

世の罪の影響を受けたくないからと、重要な出会いや発見を教会だけに限定すると、視野を広げられず、成長もありません。

人生はそれぞれに違う道を通り、また、仕事もそれぞれに苦労し工夫し努力して自分のものにします。社会生活での出会い交流では、特にそれを見させられ、気づかされ続けます。

しかし、私たちには今も信仰の独善やカルト化の恐怖があるので、脱出を目指し、リハビリを続ける毎日と言えます。

信仰や自分の心にだけ注目すると、どうしても視野が狭くなりがちですから、少し怖くても外に目を向ける努力は必要です。

本来様々な出会いや発見は実際はワクワクするものです。

だから、誰かを信用して騙され取り込まれた経験は忘れず、悪いもの良いものを見分けながら、祈りのうちに進むのです。

神様は私たちの声をひとつも聞き漏らさず、いつも道を用意されます。
私たちが孤独を感じたとしても、決して孤独ではありません。
目の前の現実でも祈りの中でも、必ず支えや助けが用意されています。


ブログランキング・にほんブログ村へ  


このブログの関連記事:
「信仰という名の虐待」によって植えつけられた信仰の子の「三つ子の魂」の執着に、誰が責任を取るのか 2014/02/19





※スマホ画面に表示される誘導広告は、ライブドアとグーグルによるもので、このブログの記事とは一切関係ありません。

口語訳聖書は、 新共同訳、新改訳よりも前に、日本の全てのプロテスタント教会で使われていたものです。





■私たちクリスチャンは二人三人でも集まれば、そこを「キリストのみからだ」とすることができます。
洗礼の意味は「キリストへの信仰を持つ、人生の方向転換(悔い改め・回心)の決意」です。(洗礼は、授けた教会の組織員となる会員制度とは別のものです。)
牧師を上位に戴かずに、水平の交わりを心がけ、共に祈り神様を見つめて御声に聞き従うことを望み進む、この決心を共有する交わり・ネットワークを目標とする「キリストのみからだの教会」のあり方を求めます。
現状では「頼れる人として誰か教師を自分の上に置きたがる人の弱さ」を認め、私たちは日々そこから脱出して神様に祈り、主にある交わりをいただきます。同時に、助けを求める人の祈りに、あらゆる形で呼応するクリスチャンであることを決意し、自立への助けが必ずある「みからだのネットワーク」であることを目指しています。(CFF小倉福音センターの祈り・信仰指標から)

■福音派・聖霊派(カリスマ派・ペンテコステ派)・聖書主義の人が内包する「カルト化問題」をこの世代で終息できますように。教会が牧師の誤り・マインドコントロール・権威主義・独裁を指摘できずに多くの人を従わせ、モラルや常識など、どの人にもある心の引っかかりや良心をなおざりにして、聖書信仰やリバイバル信仰に熱くなって人を裁き、自分と家族に負担をかけ、2世や若いクリスチャンの離反を招いていることを克服できますように。
また、脱会後の「脱マインドコントロール」のリハビリ・回復と、その実生活の困難さを理解できますように。
これを信仰的姿勢と現実的姿勢で正面から捉えて祈ります。
時に辛らつに人の内面を見ることが必要かもしれませんが、自分の中にも確かにあるものとして心の整理をすることで、問題の本質が見えるのかもしれません。
試練は、神に真に祈り出会うための神の摂理と言えますが、それを認める強さが欲しいですし、求めていく中で見えるものがあります。

■教会のカルト化や縛りに巻き込まれないための3つの知恵
1.祈りと聖書読み−−日々必要な神様との交わりと悔い改めをする、教えの風に翻弄(ほんろう)されない避け所として、各々個人の祈りと聖書読みのシェルターを確立しましょう。
2.二つ以上の教会に安心できる交わりを確保しましょう。−−今の所属教会に並行して、さらに避け所となる他の教会を必ず把握しておき、日ごろから広く他教会・他教派のクリスチャンと親しくし深い信頼関係を築きましょう。安心し信頼できる他教会や他教派の話題を所属教会で積極的に話しましょう。しかし、拒否や非難を受けはじめたら、他の信頼できる教会の交わりにそのことを伝え教会のカルト化の危険について話し合い、転会の準備を始めましょう。そのためにも、信頼あるクリスチャンの友情を日々拡げて大切にしましょう。
3. 教会以外の関わりを大切にしましょう。−−友人、家族、職場などで、ご自分を理解してくれる方々がいらっしゃると思います。その方の何気ない助言や世間話に、思いやりを感じることは、とても大切です。私たちが、信仰に対する外からの目を持つことにもなります。正しい「証し」は、一方的な押し付けではないことも分かります。

−−−真実なクリスチャンライフを求めて〜自由な祈りのために−−−
−− 避難の場(シェルター)としての「個人の祈り」を守るために −−
執筆者 仁保裕介(プロフィール
『すべて失望した人の唇に祈りを。』
祈りは、生活の現場から誰にでも自由にできるものです。
キリストは呼び求めるすべての人と共に居る方です。清い人や会堂や神殿にしか現れない方ではありません。むしろ、自分はふさわしくないと思う人のそばに居るのがキリストです。
受洗して教会員になった教会が、「この教会で信仰生活を続けられなければ、救いや信仰の道から外れる」と言うのは、真実ではありません。
 避難の場(シェルター)としてキリストに求める祈りには、「キリストが共に居る交わり」が必ず与えられています。
このブログでは、痛みの連鎖のある世界について、祈りを共有し、見るべきこと知るべきことを探していきます。テーマは重いですが、皆がぶつかって考え込むような共通のことを書いています。キリスト教の視点で、成長、試練、十字架、悔い改め、聖化の記事になっています。
ほんの5才から信仰45年のクリスチャン2世として、キリスト教会内の教派主義・人間関係・権威化・カルト化によって傷を受けた皆さんと共に祈り、脱出と自立と今後の信仰について現実的視点で触れていきます。
元「主の十字架クリスチャンセンター 鎌倉教会、北九州教会」牧師・脱会者

キリストに出会っていれば、導きを期待できます。
キリストに出会っている人は、委ね、あわてずに待ち、焦りからではない行き方や出会いを落ち着いて待ちます。

キリストを自分の中に本当に欲しい、一生伴い内に共に住んで欲しいと心から願う人には、必ず与えられます。


主なる神は日です、盾です。主は恵みと誉とを与え、直く歩む者に良い物を拒まれることはありません。 万軍の主よ、あなたに信頼する人はさいわいです。
詩篇 84:11‭-‬12 JA1955
http://bible.com/81/psa.84.11-12.JA1955


ふさわしいからではなく、義人で力があるからでもなく、ただ主に信頼するだけです。
そして、ただそれだけを知るための人生なのかもしれません。

共に行き進むというのは、現実を共に生きることということです。
世に居ながら天の御国の心地して、という讃美歌がありますが、それは世の現実が厳しいことを認めた上の告白でしょう。

目の前の現実をありのまま受け容れて、共に考え、学びや選択や変化を受け入れること。
ここで、現実から逃げて他人事のようにものを言ったり、ありもしない空想や言い訳をする人は、自分が前に進んでいるように思えても、前に進めてはいません。しかし人にはそんな時もよくあるものです。

クリスチャンとして、というよりも、人として、私たちは現実の世や人と共に行けるか。
キリストは、どうだったでしょうか。

私たちは生きづらく、人として行き詰まってキリストを求めましたが、
キリストに伴われ、立ち上がれるようになったら、世と社会で優れた愛のある人として期待される立場に置かれることがあります。

救い主キリストと私たちでは立場が違いますが、私たちが行く道は、キリストのように世にあっては意外な道かもしれません。

キリストは十字架につく杯に苦しみ葛藤し懸命に祈りましたが、
私たちも、自分をそんな器があるとは思っていなかったようなことが時に求められ、
祈りドギマギしつつ嫌々でもやってみると、実は居場所として、はまっていたりします。


あなたがた自身が知っているとおり、わたしのこの両手は、自分の生活のためにも、また一緒にいた人たちのためにも、働いてきたのだ。 わたしは、あなたがたもこのように働いて、弱い者を助けなければならないこと、また『受けるよりは与える方が、さいわいである』と言われた主イエスの言葉を記憶しているべきことを、万事について教え示したのである」。
使徒行伝 20:34‭-‬35 JA1955
http://bible.com/81/act.20.34-35.JA1955


ブログランキング・にほんブログ村へ  


このブログの関連記事:
キリスト教 その責任の所在とは 2014/06/25





※スマホ画面に表示される誘導広告は、ライブドアとグーグルによるもので、このブログの記事とは一切関係ありません。

口語訳聖書は、 新共同訳、新改訳よりも前に、日本の全てのプロテスタント教会で使われていたものです。





■私たちクリスチャンは二人三人でも集まれば、そこを「キリストのみからだ」とすることができます。
洗礼の意味は「キリストへの信仰を持つ、人生の方向転換(悔い改め・回心)の決意」です。(洗礼は、授けた教会の組織員となる会員制度とは別のものです。)
牧師を上位に戴かずに、水平の交わりを心がけ、共に祈り神様を見つめて御声に聞き従うことを望み進む、この決心を共有する交わり・ネットワークを目標とする「キリストのみからだの教会」のあり方を求めます。
現状では「頼れる人として誰か教師を自分の上に置きたがる人の弱さ」を認め、私たちは日々そこから脱出して神様に祈り、主にある交わりをいただきます。同時に、助けを求める人の祈りに、あらゆる形で呼応するクリスチャンであることを決意し、自立への助けが必ずある「みからだのネットワーク」であることを目指しています。(CFF小倉福音センターの祈り・信仰指標から)

■福音派・聖霊派(カリスマ派・ペンテコステ派)・聖書主義の人が内包する「カルト化問題」をこの世代で終息できますように。教会が牧師の誤り・マインドコントロール・権威主義・独裁を指摘できずに多くの人を従わせ、モラルや常識など、どの人にもある心の引っかかりや良心をなおざりにして、聖書信仰やリバイバル信仰に熱くなって人を裁き、自分と家族に負担をかけ、2世や若いクリスチャンの離反を招いていることを克服できますように。
また、脱会後の「脱マインドコントロール」のリハビリ・回復と、その実生活の困難さを理解できますように。
これを信仰的姿勢と現実的姿勢で正面から捉えて祈ります。
時に辛らつに人の内面を見ることが必要かもしれませんが、自分の中にも確かにあるものとして心の整理をすることで、問題の本質が見えるのかもしれません。
試練は、神に真に祈り出会うための神の摂理と言えますが、それを認める強さが欲しいですし、求めていく中で見えるものがあります。

■教会のカルト化や縛りに巻き込まれないための3つの知恵
1.祈りと聖書読み−−日々必要な神様との交わりと悔い改めをする、教えの風に翻弄(ほんろう)されない避け所として、各々個人の祈りと聖書読みのシェルターを確立しましょう。
2.二つ以上の教会に安心できる交わりを確保しましょう。−−今の所属教会に並行して、さらに避け所となる他の教会を必ず把握しておき、日ごろから広く他教会・他教派のクリスチャンと親しくし深い信頼関係を築きましょう。安心し信頼できる他教会や他教派の話題を所属教会で積極的に話しましょう。しかし、拒否や非難を受けはじめたら、他の信頼できる教会の交わりにそのことを伝え教会のカルト化の危険について話し合い、転会の準備を始めましょう。そのためにも、信頼あるクリスチャンの友情を日々拡げて大切にしましょう。
3. 教会以外の関わりを大切にしましょう。−−友人、家族、職場などで、ご自分を理解してくれる方々がいらっしゃると思います。その方の何気ない助言や世間話に、思いやりを感じることは、とても大切です。私たちが、信仰に対する外からの目を持つことにもなります。正しい「証し」は、一方的な押し付けではないことも分かります。

−−−真実なクリスチャンライフを求めて〜自由な祈りのために−−−
−− 避難の場(シェルター)としての「個人の祈り」を守るために −−
執筆者 仁保裕介(プロフィール
『すべて失望した人の唇に祈りを。』
祈りは、生活の現場から誰にでも自由にできるものです。
キリストは呼び求めるすべての人と共に居る方です。清い人や会堂や神殿にしか現れない方ではありません。むしろ、自分はふさわしくないと思う人のそばに居るのがキリストです。
受洗して教会員になった教会が、「この教会で信仰生活を続けられなければ、救いや信仰の道から外れる」と言うのは、真実ではありません。
 避難の場(シェルター)としてキリストに求める祈りには、「キリストが共に居る交わり」が必ず与えられています。
このブログでは、痛みの連鎖のある世界について、祈りを共有し、見るべきこと知るべきことを探していきます。テーマは重いですが、皆がぶつかって考え込むような共通のことを書いています。キリスト教の視点で、成長、試練、十字架、悔い改め、聖化の記事になっています。
ほんの5才から信仰45年のクリスチャン2世として、キリスト教会内の教派主義・人間関係・権威化・カルト化によって傷を受けた皆さんと共に祈り、脱出と自立と今後の信仰について現実的視点で触れていきます。
元「主の十字架クリスチャンセンター 鎌倉教会、北九州教会」牧師・脱会者

自分自身に関心を持ち、他人に関心を持つ。

仕事人の自分に関心を持ち、仕事の相手に関心を持つ。

このような普通のことが、問題ある教会ではいつのまにか否定され、皆罪ある人だからと自己否定と他者否定をくりかえし、教会への貢献を求められます。

兄弟たちよ。あなたがたが召されたのは、実に、自由を得るためである。ただ、その自由を、肉の働く機会としないで、愛をもって互に仕えなさい。 律法の全体は、「自分を愛するように、あなたの隣り人を愛せよ」というこの一句に尽きるからである。 気をつけるがよい。もし互にかみ合い、食い合っているなら、あなたがたは互に滅ぼされてしまうだろう。 わたしは命じる、御霊によって歩きなさい。そうすれば、決して肉の欲を満たすことはない。 なぜなら、肉の欲するところは御霊に反し、また御霊の欲するところは肉に反するからである。こうして、二つのものは互に相さからい、その結果、あなたがたは自分でしようと思うことを、することができないようになる。
ガラテヤ人への手紙 5:13‭-‬17 JA1955
http://bible.com/81/gal.5.13-17.JA1955

神はそのひとり子を賜わったほどに、この世を愛して下さった。それは御子を信じる者がひとりも滅びないで、永遠の命を得るためである。 神が御子を世につかわされたのは、世をさばくためではなく、御子によって、この世が救われるためである。
ヨハネによる福音書 3:16‭-‬17 JA1955
http://bible.com/81/jhn.3.16-17.JA1955

わたしたちは、神がわたしたちに対して持っておられる愛を知り、かつ信じている。神は愛である。愛のうちにいる者は、神におり、神も彼にいます。 わたしたちもこの世にあって彼のように生きているので、さばきの日に確信を持って立つことができる。そのことによって、愛がわたしたちに全うされているのである。 愛には恐れがない。完全な愛は恐れをとり除く。恐れには懲らしめが伴い、かつ恐れる者には、愛が全うされていないからである。 わたしたちが愛し合うのは、神がまずわたしたちを愛して下さったからである。 「神を愛している」と言いながら兄弟を憎む者は、偽り者である。現に見ている兄弟を愛さない者は、目に見えない神を愛することはできない。 神を愛する者は、兄弟をも愛すべきである。この戒めを、わたしたちは神から授かっている。
ヨハネの第一の手紙 4:16‭-‬21 JA1955
http://bible.com/81/1jn.4.16-21.JA1955

それは、イエス・キリストを信じる信仰による神の義であって、すべて信じる人に与えられるものである。そこにはなんらの差別もない。 すなわち、すべての人は罪を犯したため、神の栄光を受けられなくなっており、 彼らは、価なしに、神の恵みにより、キリスト・イエスによるあがないによって義とされるのである。 神はこのキリストを立てて、その血による、信仰をもって受くべきあがないの供え物とされた。それは神の義を示すためであった。すなわち、今までに犯された罪を、神は忍耐をもって見のがしておられたが、 それは、今の時に、神の義を示すためであった。こうして、神みずからが義となり、さらに、イエスを信じる者を義とされるのである。 すると、どこにわたしたちの誇があるのか。全くない。なんの法則によってか。行いの法則によってか。そうではなく、信仰の法則によってである。 わたしたちは、こう思う。人が義とされるのは、律法の行いによるのではなく、信仰によるのである。
ローマ人への手紙 3:22‭-‬28 JA1955
http://bible.com/81/rom.3.22-28.JA1955


自分と同じように愛する。
自分を愛することと他人を愛することが同じで、自分の中でひとつであれればと思います。
キリストは、私が救われるため、隣人が救われるために、等しく私たちを愛され、十字架につかれました。

しかし教会では、自分については『罪』を、
そして他者への『与える愛』を教え、
自分の命を憎み十字架を負うようにと言われ、
ひたすらな自己否定を印象付けられがちです。

愛は、人が強くても弱くても、成功しても失敗しても、善人でも悪人でも、義人でも罪人でも、人の行いや性質に関係なく、誰にでも与えられるもので、どんな時にも自分の価なしで愛されているのを信じられるか、です。

ビジョンや貢献や聖化や成長に関係なく、愛されていること。

悔い改めや善行や貢献や伝道をして、値する何かがないと認められないと刷り込まれ、思い込まされていないでしょうか?

『今の試練は、後の栄光につながる』と言われ、自己否定を続けさせられる悪い教会の決まり事があります。

確かにそれぞれの人生で起こる出来事を通して学びがあります。
望まないことの中に、大事なことの気づきや発見があり、そこを抜ければステップアップはあります。

私の場合は、人に関心を持つことに困難を感じていました。
教会・牧師への服従から脱会して後、
自立を目指す中では、
他人に簡単に説得されることなく、吟味して相手の言葉を取捨選択しなければなりませんでした。
教会関係者の言葉は特にそうでした。
子供の頃から『罪の告白、悔い改め』によって、自己批判と自己否定を繰り返させられ、私は自分自身にさえ関心が持てなくなり、自分自身についても他人についても罪ある人として冷たい心で接してきたところがありました。
福音派の教会では、『聖書通り』とされる福音派の信仰告白をしなければ、大人たちに評価されず、人として認められないと感じてしまう環境でした。
自分自身にも他人にも『生まれながらに罪人』の位置づけしか与えず、後は『聖書通り』かどうかでしか評価や関心がありません。

回復の道は様々な個性やありのままが認められる環境にありますが、
そこでは自分自身を見つけて認め、その上で隣人を見ることで、新たな愛を知るのではないでしょうか。

カルトに関係のないところであっても、自分に関心を持てなくなる、自己否定を繰り返される環境があると思います。そのせいでカルト的なものに馴染みやすく、はまりやすいこともあると思えます。

自己否定の戦いの痛みや疲れは、周りには自己中心に映ったり、他者への無関心に見えたりします。

確かに父は愛するゆえに子を訓練し、固い食物を与えます。
しかし、その時も神は私たちを愛しています。がんばらないと愛されないのではなく、罰されているのでもありません。
どんな状況の中でも、心の混乱や逃避があっても、自己中心的な罪を持っていても、
キリストの十字架のゆえに愛され、
否定され責められるのではなく、変えられようとされています。
ただ、愛され知るべきいやしを伴う教えは、時に手放すべき恨みや復讐心や執着に痛みになることがあります。
しかし、それが心の整理をつけ、神と自分と隣人に正面から向き合うことにつながっています。

耐えられない時に、しっかりじっくり祈り静まり、主のみ心を求めて聞く姿勢で臨むことが導かれています。

ブログランキング・にほんブログ村へ  


このブログの関連記事:






※スマホ画面に表示される誘導広告は、ライブドアとグーグルによるもので、このブログの記事とは一切関係ありません。

口語訳聖書は、 新共同訳、新改訳よりも前に、日本の全てのプロテスタント教会で使われていたものです。





■私たちクリスチャンは二人三人でも集まれば、そこを「キリストのみからだ」とすることができます。
洗礼の意味は「キリストへの信仰を持つ、人生の方向転換(悔い改め・回心)の決意」です。(洗礼は、授けた教会の組織員となる会員制度とは別のものです。)
牧師を上位に戴かずに、水平の交わりを心がけ、共に祈り神様を見つめて御声に聞き従うことを望み進む、この決心を共有する交わり・ネットワークを目標とする「キリストのみからだの教会」のあり方を求めます。
現状では「頼れる人として誰か教師を自分の上に置きたがる人の弱さ」を認め、私たちは日々そこから脱出して神様に祈り、主にある交わりをいただきます。同時に、助けを求める人の祈りに、あらゆる形で呼応するクリスチャンであることを決意し、自立への助けが必ずある「みからだのネットワーク」であることを目指しています。(CFF小倉福音センターの祈り・信仰指標から)

■福音派・聖霊派(カリスマ派・ペンテコステ派)・聖書主義の人が内包する「カルト化問題」をこの世代で終息できますように。教会が牧師の誤り・マインドコントロール・権威主義・独裁を指摘できずに多くの人を従わせ、モラルや常識など、どの人にもある心の引っかかりや良心をなおざりにして、聖書信仰やリバイバル信仰に熱くなって人を裁き、自分と家族に負担をかけ、2世や若いクリスチャンの離反を招いていることを克服できますように。
また、脱会後の「脱マインドコントロール」のリハビリ・回復と、その実生活の困難さを理解できますように。
これを信仰的姿勢と現実的姿勢で正面から捉えて祈ります。
時に辛らつに人の内面を見ることが必要かもしれませんが、自分の中にも確かにあるものとして心の整理をすることで、問題の本質が見えるのかもしれません。
試練は、神に真に祈り出会うための神の摂理と言えますが、それを認める強さが欲しいですし、求めていく中で見えるものがあります。

■教会のカルト化や縛りに巻き込まれないための3つの知恵
1.祈りと聖書読み−−日々必要な神様との交わりと悔い改めをする、教えの風に翻弄(ほんろう)されない避け所として、各々個人の祈りと聖書読みのシェルターを確立しましょう。
2.二つ以上の教会に安心できる交わりを確保しましょう。−−今の所属教会に並行して、さらに避け所となる他の教会を必ず把握しておき、日ごろから広く他教会・他教派のクリスチャンと親しくし深い信頼関係を築きましょう。安心し信頼できる他教会や他教派の話題を所属教会で積極的に話しましょう。しかし、拒否や非難を受けはじめたら、他の信頼できる教会の交わりにそのことを伝え教会のカルト化の危険について話し合い、転会の準備を始めましょう。そのためにも、信頼あるクリスチャンの友情を日々拡げて大切にしましょう。
3. 教会以外の関わりを大切にしましょう。−−友人、家族、職場などで、ご自分を理解してくれる方々がいらっしゃると思います。その方の何気ない助言や世間話に、思いやりを感じることは、とても大切です。私たちが、信仰に対する外からの目を持つことにもなります。正しい「証し」は、一方的な押し付けではないことも分かります。

−−−真実なクリスチャンライフを求めて〜自由な祈りのために−−−
−− 避難の場(シェルター)としての「個人の祈り」を守るために −−
執筆者 仁保裕介(プロフィール
『すべて失望した人の唇に祈りを。』
祈りは、生活の現場から誰にでも自由にできるものです。
キリストは呼び求めるすべての人と共に居る方です。清い人や会堂や神殿にしか現れない方ではありません。むしろ、自分はふさわしくないと思う人のそばに居るのがキリストです。
受洗して教会員になった教会が、「この教会で信仰生活を続けられなければ、救いや信仰の道から外れる」と言うのは、真実ではありません。
 避難の場(シェルター)としてキリストに求める祈りには、「キリストが共に居る交わり」が必ず与えられています。
このブログでは、痛みの連鎖のある世界について、祈りを共有し、見るべきこと知るべきことを探していきます。テーマは重いですが、皆がぶつかって考え込むような共通のことを書いています。キリスト教の視点で、成長、試練、十字架、悔い改め、聖化の記事になっています。
ほんの5才から信仰45年のクリスチャン2世として、キリスト教会内の教派主義・人間関係・権威化・カルト化によって傷を受けた皆さんと共に祈り、脱出と自立と今後の信仰について現実的視点で触れていきます。
元「主の十字架クリスチャンセンター 鎌倉教会、北九州教会」牧師・脱会者

イエス様は会堂を出て、街を出て、広くて何もない場所で大勢に説教しました。
そこに集まったのは信仰的で忠実な人ばかりではなく、多くの人が興味本位だったかもしれません。それでも、イエス様は、食べるものが無くなったときに、パンと魚を分けて与えられました。

現実への対応として、何を成し遂げ、何を作り、生み出すか。
私たちのアウトプットはどのようなものでしょうか。

ただ、神のみ心、み旨のままにと、委ねているようでいて、訳もわからず漂流している部分があるかもしれません。もちろん、漂流者にも神の守りはあります。

ただ人の感心が欲しかったり、しかし失敗してただ落ち込んでいたり、
許されると嬉しくなり、怒られると自分が否定されたような気持ちになったり、その時の気持ちや感情に引きずられます。

人より上の立ち位置に自分を置きたがり、
自分勝手な理屈や空想的ストーリーを心に巡らせて傷をいやして逆に優越感に浸ったりし、それを信仰と勘違いしている場面も人にはあります。
『自分を回復するために』と思い込んで、「『信仰』という名のマウンティング」が起きます。

疲れ傷付き、避け所に避難する時はしっかり神に祈り静まる時間を取りりましょう。

神様の前には、優れても劣っても、勢いがあってもなくても、強くても弱くても、それぞれの人に愛される価値があります。

自分と家族・隣人の人生に誠実であろうとし、共に進む仲間意識やパートナー意識を持っているか、
嘆きだけで終わらずに道を求め、神や人に助けを求めているか、
弱い者に働く信仰は、ありのままの自分を一生涯見つけ続け、静まって神を見上げ愛し、隣人や家族との間の愛ゆえに誠実に支え合う道です。

キリストの福音は律法を完成させます。
神の前に罪があるからゆるしの恵みがあります。
一方的なゆるしと恵みは無秩序なものではなく、本来の義を明確にするもので、ゆるされ愛された罪人である事実を深く心に刻まれます。
律法の要求には従えない自分の発見と、ゆるされた自分の発見は、神の愛と恵みと義を知る命の回復です。

そこに至るまで、カルトや律法主義の縛り、葛藤からの解放・解凍があり、
自己肯定や悔い改め、新たな命のあり方の発見が続きます。

ゆるしや恵みは、打算や短慮や怠惰で何もせずに安易に楽に流されるものではなく、
主の前に静まり冷静で誠実で秩序ある平和平安があり、誰にでも誠実に対面することを学ばされて、愛の実を結ぶ価値を見させられます。

カルトや律法主義には、短慮や打算が必ず隠れていますから、それをゆるすべきではありませんが、
脱出の苦しみの中では、小さなステップを踏むことさえやっとです。
神様はそれを理解していますから、ゆっくりと道を導きます。時には休み、時には進み、回復と解放と生きる命が与えられます。

盗人が来るのは、盗んだり、殺したり、滅ぼしたりするためにほかならない。わたしがきたのは、羊に命を得させ、豊かに得させるためである。
ヨハネによる福音書 10:10 JA1955
http://bible.com/81/jhn.10.10.JA1955


ブログランキング・にほんブログ村へ  


このブログの関連記事:






※スマホ画面に表示される誘導広告は、ライブドアとグーグルによるもので、このブログの記事とは一切関係ありません。

口語訳聖書は、 新共同訳、新改訳よりも前に、日本の全てのプロテスタント教会で使われていたものです。





■私たちクリスチャンは二人三人でも集まれば、そこを「キリストのみからだ」とすることができます。
洗礼の意味は「キリストへの信仰を持つ、人生の方向転換(悔い改め・回心)の決意」です。(洗礼は、授けた教会の組織員となる会員制度とは別のものです。)
牧師を上位に戴かずに、水平の交わりを心がけ、共に祈り神様を見つめて御声に聞き従うことを望み進む、この決心を共有する交わり・ネットワークを目標とする「キリストのみからだの教会」のあり方を求めます。
現状では「頼れる人として誰か教師を自分の上に置きたがる人の弱さ」を認め、私たちは日々そこから脱出して神様に祈り、主にある交わりをいただきます。同時に、助けを求める人の祈りに、あらゆる形で呼応するクリスチャンであることを決意し、自立への助けが必ずある「みからだのネットワーク」であることを目指しています。(CFF小倉福音センターの祈り・信仰指標から)

■福音派・聖霊派(カリスマ派・ペンテコステ派)・聖書主義の人が内包する「カルト化問題」をこの世代で終息できますように。教会が牧師の誤り・マインドコントロール・権威主義・独裁を指摘できずに多くの人を従わせ、モラルや常識など、どの人にもある心の引っかかりや良心をなおざりにして、聖書信仰やリバイバル信仰に熱くなって人を裁き、自分と家族に負担をかけ、2世や若いクリスチャンの離反を招いていることを克服できますように。
また、脱会後の「脱マインドコントロール」のリハビリ・回復と、その実生活の困難さを理解できますように。
これを信仰的姿勢と現実的姿勢で正面から捉えて祈ります。
時に辛らつに人の内面を見ることが必要かもしれませんが、自分の中にも確かにあるものとして心の整理をすることで、問題の本質が見えるのかもしれません。
試練は、神に真に祈り出会うための神の摂理と言えますが、それを認める強さが欲しいですし、求めていく中で見えるものがあります。

■教会のカルト化や縛りに巻き込まれないための3つの知恵
1.祈りと聖書読み−−日々必要な神様との交わりと悔い改めをする、教えの風に翻弄(ほんろう)されない避け所として、各々個人の祈りと聖書読みのシェルターを確立しましょう。
2.二つ以上の教会に安心できる交わりを確保しましょう。−−今の所属教会に並行して、さらに避け所となる他の教会を必ず把握しておき、日ごろから広く他教会・他教派のクリスチャンと親しくし深い信頼関係を築きましょう。安心し信頼できる他教会や他教派の話題を所属教会で積極的に話しましょう。しかし、拒否や非難を受けはじめたら、他の信頼できる教会の交わりにそのことを伝え教会のカルト化の危険について話し合い、転会の準備を始めましょう。そのためにも、信頼あるクリスチャンの友情を日々拡げて大切にしましょう。
3. 教会以外の関わりを大切にしましょう。−−友人、家族、職場などで、ご自分を理解してくれる方々がいらっしゃると思います。その方の何気ない助言や世間話に、思いやりを感じることは、とても大切です。私たちが、信仰に対する外からの目を持つことにもなります。正しい「証し」は、一方的な押し付けではないことも分かります。

−−−真実なクリスチャンライフを求めて〜自由な祈りのために−−−
−− 避難の場(シェルター)としての「個人の祈り」を守るために −−
執筆者 仁保裕介(プロフィール
『すべて失望した人の唇に祈りを。』
祈りは、生活の現場から誰にでも自由にできるものです。
キリストは呼び求めるすべての人と共に居る方です。清い人や会堂や神殿にしか現れない方ではありません。むしろ、自分はふさわしくないと思う人のそばに居るのがキリストです。
受洗して教会員になった教会が、「この教会で信仰生活を続けられなければ、救いや信仰の道から外れる」と言うのは、真実ではありません。
 避難の場(シェルター)としてキリストに求める祈りには、「キリストが共に居る交わり」が必ず与えられています。
このブログでは、痛みの連鎖のある世界について、祈りを共有し、見るべきこと知るべきことを探していきます。テーマは重いですが、皆がぶつかって考え込むような共通のことを書いています。キリスト教の視点で、成長、試練、十字架、悔い改め、聖化の記事になっています。
ほんの5才から信仰45年のクリスチャン2世として、キリスト教会内の教派主義・人間関係・権威化・カルト化によって傷を受けた皆さんと共に祈り、脱出と自立と今後の信仰について現実的視点で触れていきます。
元「主の十字架クリスチャンセンター 鎌倉教会、北九州教会」牧師・脱会者

教会で失った心の安らぎや優しさや常識は、教会の外で取り戻すしかないのかもしれません。
今、『教会』と言われている建物や組織が、聖書で言われているようなものなのか疑問を持つことは大切です。

本当にキリストが来られるところは、命からの真実な祈り求めがあるところでしょう。

聖書では、求める人にキリストが触れる場面がありますが、その中の多くは立派に教会堂に通うような人ではなく、逆に会堂に入れないような思いを持った人たちだったのではないでしょうか。

会堂の外にある真実な祈りにこそ、実は学ぶことが多いのではないでしょうか。

『教会で真理を教えられた。もう迷わない』と言って人生を決めてしまうのは早計なのかもしれません。

主が語られていること、聖書の真理は、教会の中だけで知れるものだけではないはずです。
人生の出会いや出来事について注意深くあって感じること、祈ることの中に、自分が変わる成長のための大きな機会や発見があると思います。

自分で好んで選んだことの中にだけ真理があるわけではなく、思わぬ偶然や大きな困難の中にも大切な学びや成長があることを、私たちは経験上すでに知っているのではないでしょうか。


するとイエスは答えて言われた、「わたしは、イスラエルの家の失われた羊以外の者には、つかわされていない」。 しかし、女は近寄りイエスを拝して言った、「主よ、わたしをお助けください」。 イエスは答えて言われた、「子供たちのパンを取って小犬に投げてやるのは、よろしくない」。 すると女は言った、「主よ、お言葉どおりです。でも、小犬もその主人の食卓から落ちるパンくずは、いただきます」。 そこでイエスは答えて言われた、「女よ、あなたの信仰は見あげたものである。あなたの願いどおりになるように」。その時に、娘はいやされた。
マタイによる福音書 15:24‭-‬28 JA1955
http://bible.com/81/mat.15.24-28.JA1955

父がわたしに与えて下さる者は皆、わたしに来るであろう。そして、わたしに来る者を決して拒みはしない。
ヨハネによる福音書 6:37 JA1955
http://bible.com/81/jhn.6.37.JA1955


ブログランキング・にほんブログ村へ  


このブログの関連記事:
福音・救いが持つ膨張性は、信仰者個人の内から湧き出して−へりくだりと回復を両立する道のり(その7終) 2015/07/25





※スマホ画面に表示される誘導広告は、ライブドアとグーグルによるもので、このブログの記事とは一切関係ありません。

口語訳聖書は、 新共同訳、新改訳よりも前に、日本の全てのプロテスタント教会で使われていたものです。





■私たちクリスチャンは二人三人でも集まれば、そこを「キリストのみからだ」とすることができます。
洗礼の意味は「キリストへの信仰を持つ、人生の方向転換(悔い改め・回心)の決意」です。(洗礼は、授けた教会の組織員となる会員制度とは別のものです。)
牧師を上位に戴かずに、水平の交わりを心がけ、共に祈り神様を見つめて御声に聞き従うことを望み進む、この決心を共有する交わり・ネットワークを目標とする「キリストのみからだの教会」のあり方を求めます。
現状では「頼れる人として誰か教師を自分の上に置きたがる人の弱さ」を認め、私たちは日々そこから脱出して神様に祈り、主にある交わりをいただきます。同時に、助けを求める人の祈りに、あらゆる形で呼応するクリスチャンであることを決意し、自立への助けが必ずある「みからだのネットワーク」であることを目指しています。(CFF小倉福音センターの祈り・信仰指標から)

■福音派・聖霊派(カリスマ派・ペンテコステ派)・聖書主義の人が内包する「カルト化問題」をこの世代で終息できますように。教会が牧師の誤り・マインドコントロール・権威主義・独裁を指摘できずに多くの人を従わせ、モラルや常識など、どの人にもある心の引っかかりや良心をなおざりにして、聖書信仰やリバイバル信仰に熱くなって人を裁き、自分と家族に負担をかけ、2世や若いクリスチャンの離反を招いていることを克服できますように。
また、脱会後の「脱マインドコントロール」のリハビリ・回復と、その実生活の困難さを理解できますように。
これを信仰的姿勢と現実的姿勢で正面から捉えて祈ります。
時に辛らつに人の内面を見ることが必要かもしれませんが、自分の中にも確かにあるものとして心の整理をすることで、問題の本質が見えるのかもしれません。
試練は、神に真に祈り出会うための神の摂理と言えますが、それを認める強さが欲しいですし、求めていく中で見えるものがあります。

■教会のカルト化や縛りに巻き込まれないための3つの知恵
1.祈りと聖書読み−−日々必要な神様との交わりと悔い改めをする、教えの風に翻弄(ほんろう)されない避け所として、各々個人の祈りと聖書読みのシェルターを確立しましょう。
2.二つ以上の教会に安心できる交わりを確保しましょう。−−今の所属教会に並行して、さらに避け所となる他の教会を必ず把握しておき、日ごろから広く他教会・他教派のクリスチャンと親しくし深い信頼関係を築きましょう。安心し信頼できる他教会や他教派の話題を所属教会で積極的に話しましょう。しかし、拒否や非難を受けはじめたら、他の信頼できる教会の交わりにそのことを伝え教会のカルト化の危険について話し合い、転会の準備を始めましょう。そのためにも、信頼あるクリスチャンの友情を日々拡げて大切にしましょう。
3. 教会以外の関わりを大切にしましょう。−−友人、家族、職場などで、ご自分を理解してくれる方々がいらっしゃると思います。その方の何気ない助言や世間話に、思いやりを感じることは、とても大切です。私たちが、信仰に対する外からの目を持つことにもなります。正しい「証し」は、一方的な押し付けではないことも分かります。

−−−真実なクリスチャンライフを求めて〜自由な祈りのために−−−
−− 避難の場(シェルター)としての「個人の祈り」を守るために −−
執筆者 仁保裕介(プロフィール
『すべて失望した人の唇に祈りを。』
祈りは、生活の現場から誰にでも自由にできるものです。
キリストは呼び求めるすべての人と共に居る方です。清い人や会堂や神殿にしか現れない方ではありません。むしろ、自分はふさわしくないと思う人のそばに居るのがキリストです。
受洗して教会員になった教会が、「この教会で信仰生活を続けられなければ、救いや信仰の道から外れる」と言うのは、真実ではありません。
 避難の場(シェルター)としてキリストに求める祈りには、「キリストが共に居る交わり」が必ず与えられています。
このブログでは、痛みの連鎖のある世界について、祈りを共有し、見るべきこと知るべきことを探していきます。テーマは重いですが、皆がぶつかって考え込むような共通のことを書いています。キリスト教の視点で、成長、試練、十字架、悔い改め、聖化の記事になっています。
ほんの5才から信仰45年のクリスチャン2世として、キリスト教会内の教派主義・人間関係・権威化・カルト化によって傷を受けた皆さんと共に祈り、脱出と自立と今後の信仰について現実的視点で触れていきます。
元「主の十字架クリスチャンセンター 鎌倉教会、北九州教会」牧師・脱会者


カルト化やブラック化で張り詰めた糸が解かれて、
報われない頑張りに虚しくなり、信じて尽くしたリーダーの人間性の実態に気づくと、
ある人はその後の人生でも心の落胆を引きずってしまい、気力が萎えます。
ビジョンや言葉を一生懸命に信じた努力が報われなかった年月を思うと、人間不信なり、自信喪失し、ただ自己防衛的になってしまい、積極性を失うことがあります。

現実に直面したり、聖書を読んで厳しさにショックな時、それをそのまま祈りにしていますか?

人の言葉を信じられずに来た人には、言葉への不信感が根強くあります。
確かな信頼できる言葉であっても、虚しさや責めや不信感が湧いてくる感情がとまりません。

回復には、新たな出会いや、人生に伴い理解をくれる家族・友人の存在の大切さ、誠実なことに気づいていくステップに進み、登っていくことです。

しかし、無理は禁物です。登るための心や気力の回復のために休む時は必要です。
祈りが苦痛ではなく、許しや無理の無い導きを感じられるようになったら前に進みましょう。

生きて働くための意欲や動機がなくなっていたら、まずは祈りましょう。
生活のために動くことが必要なら、できる範囲のことからはじめましょう。

神様が必要なことを導かれますから、すべきこと、しなくて良いことがなんとなくわかります。

ブログランキング・にほんブログ村へ  


このブログの関連記事:






※スマホ画面に表示される誘導広告は、ライブドアとグーグルによるもので、このブログの記事とは一切関係ありません。

口語訳聖書は、 新共同訳、新改訳よりも前に、日本の全てのプロテスタント教会で使われていたものです。





■私たちクリスチャンは二人三人でも集まれば、そこを「キリストのみからだ」とすることができます。
洗礼の意味は「キリストへの信仰を持つ、人生の方向転換(悔い改め・回心)の決意」です。(洗礼は、授けた教会の組織員となる会員制度とは別のものです。)
牧師を上位に戴かずに、水平の交わりを心がけ、共に祈り神様を見つめて御声に聞き従うことを望み進む、この決心を共有する交わり・ネットワークを目標とする「キリストのみからだの教会」のあり方を求めます。
現状では「頼れる人として誰か教師を自分の上に置きたがる人の弱さ」を認め、私たちは日々そこから脱出して神様に祈り、主にある交わりをいただきます。同時に、助けを求める人の祈りに、あらゆる形で呼応するクリスチャンであることを決意し、自立への助けが必ずある「みからだのネットワーク」であることを目指しています。(CFF小倉福音センターの祈り・信仰指標から)

■福音派・聖霊派(カリスマ派・ペンテコステ派)・聖書主義の人が内包する「カルト化問題」をこの世代で終息できますように。教会が牧師の誤り・マインドコントロール・権威主義・独裁を指摘できずに多くの人を従わせ、モラルや常識など、どの人にもある心の引っかかりや良心をなおざりにして、聖書信仰やリバイバル信仰に熱くなって人を裁き、自分と家族に負担をかけ、2世や若いクリスチャンの離反を招いていることを克服できますように。
また、脱会後の「脱マインドコントロール」のリハビリ・回復と、その実生活の困難さを理解できますように。
これを信仰的姿勢と現実的姿勢で正面から捉えて祈ります。
時に辛らつに人の内面を見ることが必要かもしれませんが、自分の中にも確かにあるものとして心の整理をすることで、問題の本質が見えるのかもしれません。
試練は、神に真に祈り出会うための神の摂理と言えますが、それを認める強さが欲しいですし、求めていく中で見えるものがあります。

■教会のカルト化や縛りに巻き込まれないための3つの知恵
1.祈りと聖書読み−−日々必要な神様との交わりと悔い改めをする、教えの風に翻弄(ほんろう)されない避け所として、各々個人の祈りと聖書読みのシェルターを確立しましょう。
2.二つ以上の教会に安心できる交わりを確保しましょう。−−今の所属教会に並行して、さらに避け所となる他の教会を必ず把握しておき、日ごろから広く他教会・他教派のクリスチャンと親しくし深い信頼関係を築きましょう。安心し信頼できる他教会や他教派の話題を所属教会で積極的に話しましょう。しかし、拒否や非難を受けはじめたら、他の信頼できる教会の交わりにそのことを伝え教会のカルト化の危険について話し合い、転会の準備を始めましょう。そのためにも、信頼あるクリスチャンの友情を日々拡げて大切にしましょう。
3. 教会以外の関わりを大切にしましょう。−−友人、家族、職場などで、ご自分を理解してくれる方々がいらっしゃると思います。その方の何気ない助言や世間話に、思いやりを感じることは、とても大切です。私たちが、信仰に対する外からの目を持つことにもなります。正しい「証し」は、一方的な押し付けではないことも分かります。

−−−真実なクリスチャンライフを求めて〜自由な祈りのために−−−
−− 避難の場(シェルター)としての「個人の祈り」を守るために −−
執筆者 仁保裕介(プロフィール
『すべて失望した人の唇に祈りを。』
祈りは、生活の現場から誰にでも自由にできるものです。
キリストは呼び求めるすべての人と共に居る方です。清い人や会堂や神殿にしか現れない方ではありません。むしろ、自分はふさわしくないと思う人のそばに居るのがキリストです。
受洗して教会員になった教会が、「この教会で信仰生活を続けられなければ、救いや信仰の道から外れる」と言うのは、真実ではありません。
 避難の場(シェルター)としてキリストに求める祈りには、「キリストが共に居る交わり」が必ず与えられています。
このブログでは、痛みの連鎖のある世界について、祈りを共有し、見るべきこと知るべきことを探していきます。テーマは重いですが、皆がぶつかって考え込むような共通のことを書いています。キリスト教の視点で、成長、試練、十字架、悔い改め、聖化の記事になっています。
ほんの5才から信仰45年のクリスチャン2世として、キリスト教会内の教派主義・人間関係・権威化・カルト化によって傷を受けた皆さんと共に祈り、脱出と自立と今後の信仰について現実的視点で触れていきます。
元「主の十字架クリスチャンセンター 鎌倉教会、北九州教会」牧師・脱会者

↑このページのトップヘ