今日もおいしいものを求めて

銀座・新橋・汐留・築地を中心とした平日ランチと、週末の都内を中心とした食べ歩きレポートです。

▼ Information
  ・4/20にオープンした「GINZA SIX」に関する情報はこちらをご覧ください
  (http://blog.livedoor.jp/cho_kandakko/archives/gsix.html

  ・Facebook(http://www.facebook.com/chokandakko
  ・Instagram(http://instagram.com/cho_kandakko
  を始めました、フォローしていただけると嬉しいです (≧◡≦)

  ・レストランのPR / コンタクト等は下記までお願いしますm(__)m
  → chokandakko@gmail.com

カフェ&ブックス ビブリオテーク 東京・有楽町(有楽町) 2017年5月限定 丸ごと桃のパンケーキ ピーチヨーグルトソース 

有楽町の『カフェ&ブックス ビブリオテーク 東京・有楽町(cafe & books bibliotheque)』さんにお伺いしました。

こちらはJR有楽町駅から1,2分の距離にあるカフェで、ルミネ1の3Fになります。3Fへエスカレーターで上ったら、右に曲がり、次も右に曲がるとお店の前へと着きます。

170525_01_biblio_01

店内はテーブル席とソファー席を合わせて50席ぐらいの広さで、程良い明るさで落ち着いた雰囲気です。
接客は丁寧で居心地の良さを感じます。客層はルミネの中なのでほぼ100%女性のみで、お一人様率も高めです。

170525_01_biblio_02

この日、伺ったのは平日のお昼で、1,100円〜1,500円の5種類のランチも用意されていましたが、目的は別にあり、初めてのお店でランチとそれと両方を頼んで食べられる自身も無いため、

170525_01_biblio_03

ランチ代わりに2017年5月限定の「丸ごと桃のパンケーキ ピーチヨーグルトソース(1,500円税別)」を「ドリンクセット(+450円税別)」でいただきました。

170525_01_biblio_04

「丸ごと桃のパンケーキ ピーチヨーグルトソース」は大きめのお皿に盛り付けられたパンケーキに、ピーチヨーグルトソースが付いたメニューで、

170525_01_biblio_05

2枚のやや厚めのパンケーキの上に、桃のコンポート、バニラアイスクリーム、生クリームが添えられています。そして、

170525_01_biblio_06

何と言ってもチャーミングなビジュアルなのは、この可愛い桃のコンポートで、

170525_01_biblio_07

中にはカスタードクリームが詰められていました。

170525_01_biblio_08

パンケーキの生地は、エッジがカリッと香ばしく、中は焼きたてのふっくらとした仕上がりで、何も付けずにそのまま食べてみると、卵のコクと旨味、小麦粉の風味、有塩バターの塩気を感じられて、

170525_01_biblio_09

パンケーキというよりはしっかりと生地が詰まったホットケーキの様な印象で生地自体が美味しかったです。

170525_01_biblio_10

ただ、折角ソースが付いているため、ピーチヨーグルトソースも使ってみる事にしました。淡いピンク色をしたソースは優しい桃の香りと甘味に、ヨーグルトの爽やかな酸味が美味しく、パンケーキの生地にも良く合います。

170525_01_biblio_11

そして、ソースの中には数個ながらも、桃のコンポートが入っていたのが驚きでした。

170525_01_biblio_12

生地、ピーチヨーグルトソース、肉厚で柔らかく軽やかな酸味が美味しい桃のコンポートといった主役に加えて、お皿に添えられたサクサクとした紅茶の風味が良いクッキー、華やかな香りのラズベリーソース、軽やかな生クリーム、冷たく温度のコントラストが楽しいバニラアイスクリームといろいろな味が楽しめる完成度の高いひと皿かと思います。

170525_01_biblio_13

アイスコーヒーはアフリカ系の様な爽やかで心地良い酸味が感じられるものでした。

170525_01_biblio_14

5月ももう終わりですが、少し夏を先取りなこのパンケーキはパンケーキ好きな方に食べていただきたいと思うとてもおススメな逸品です。

今日のおまけは"ランチ&カフェメニュー"です。地図の下 ↓ にある"続きを読む"からどうぞ〜♪


 人気Blogランキングに参加しています。応援のクリックをお願いします banner_22




関連ランキング:パンケーキ | 有楽町駅銀座駅日比谷駅


続きを読む

wagyu焼肉 伊萬里 GINZA(銀座) 本日のお薦め御膳 & 厳選"霜降黒タン" & 数量限定 和牛切落とし丼 & 海鮮たっぷりスンドゥブチゲ 

銀座2丁目の『wagyu焼肉 伊萬里 GINZA(わぎゅうやきにく いまり ぎんざ)』さんにお伺いしました。

こちらは"ユニデン銀座ビル(UNIDEN GINZA BLDG.)"の7Fにある伊万里牛をウリにした焼肉屋さんで、2016年11月25日にオープンされました。

170524_01_Imari_01

"ユニデン銀座ビル"は銀座中央通りのブルガリさんから横(マロニエ通り)へと入り(有楽町方面からマロニエ通りを真っ直ぐです)、ティファニーさんが角にあるビルで、ティファニーさんの手前に業務用搬入口の様に見える入口(これが正しい入口です)があり、

170524_01_Imari_02

そこを進んでみると、奥の壁側にエレベーターが2基あります。そして、エレベーターを7Fで降りると店内になり、最初の写真の光景になります。

170524_01_Imari_03

店内は個室7部屋のほか、テーブル席を合わせて68席という広さで、高級感のある落ち着いた雰囲気です。入口が分かり難いためか、12時過ぎでもかなり空いていて、個室が空いていれば1人でも個室へ案内していただけるのでかなり落ち着いて食事が出来ます。

1,000円前後のランチでは申し訳ない気持ちになる位、接客は丁寧でランチメニューの説明もしっかりしていて、寒い時期であればコートを預ける事も出来ます。

170524_01_Imari_04

ランチメニューは平日・週末共通の様で、1,000円前後のデイリーランチ向けのものから、1,700円〜のセットものなど幅広い構成になっていて、様々なシーンで使い易いかと思います(メニューはおまけのコーナーでご紹介します)。

170524_01_Imari_05

blogでは初めてのお店なのですが、既にInstagramでは2度投稿済みなので、今回は3回分をまとめてご紹介します。

ちなみに伺ったのは2017年3月に2回と2017年5月に1回となり、5月に伺った際には紙エプロンが白から黒に変わり、お茶が冷たい麦茶に変わっていて、ランチメニューも焼肉セット・冷麺など種類が更に増えていました。

170524_01_Imari_06

先ず、1回目のお話からです(1回目の写真は全てiPhoneで、2回目からがデジカメの写真となります)。

この日は「海鮮たっぷりスンドゥブチゲ(1,200円)」とランチ特別サービスメニューの「和牛カルビ 3枚(550円 → 期間限定0円)」をいただきました。

170524_01_Imari_07

この日いただいた「海鮮たっぷりスンドゥブチゲ」にはご飯、サラダ、

170524_01_Imari_09

キムチ(この日はオイキムチ)が付いていて、スンドゥブの前にお肉が提供されたため、楽しい待ち時間となりました。

170524_01_Imari_10

サービスのお肉はメニューに記載のお値段を見てかなりビックリで、「和牛カルビ 3枚(550円)」、「和牛ロース 3枚(480円)」、「牛ハラミ 3枚(450円)」、「豚カルビ 3枚(400円)」の4種類からかなり悩んだ結果、「和牛カルビ」をいただきました。
柔らかなカルビは甘味のある脂身が美味しく、サービスの域を超えた大満足なお肉でした。

170524_01_Imari_08

「海鮮たっぷりスンドゥブチゲ」はグツグツとしたアツアツ状態で、白いご飯と共に提供されて、大きめの器にたっぷりとした具材とスープが入っていました。

170524_01_Imari_11

お鍋が熱いため、一緒に提供いただいた小皿に移していただきます。

170524_01_Imari_12

具材はお豆腐、アサリ、イカのほか、後から卵の存在に気が付きました。

170524_01_Imari_14

スープは辛さをあまり感じないものの、お出汁の旨味をしっかりと感じる仕上がりで素直に美味しかったです。

170524_01_Imari_13

スープの量がかなりたっぷりとしているため、ご飯は雑炊スタイルで楽しめました。

170524_01_Imari_15

続いて2回目のお話です。

この日は「数量限定 和牛切落とし丼(1,450円)」とランチ特別サービスメニューの「和牛ロース 3枚(480円 → 期間限定0円)」をいただきました。

170524_01_Imari_16

「和牛ロース」は前回いただいた「和牛カルビ」に比べると、お肉が薄かった事もあってインパクトは低めですが、あっさりとしたロース肉らしいお味でした。

170524_01_Imari_17

「数量限定 和牛切落とし丼」にはスープ、サラダ、キムチが付いていました。

170524_01_Imari_18

この日のキムチは白菜キムチでしっかりと漬かっていた上、程良いピリ辛感のあるかなり好みな仕上がりで美味しかったです。
先ず、サラダ、キムチとサービスのお肉が提供されるので、最初は楽しい焼肉タイムです。

170524_01_Imari_19

焼肉をいただいた後、少しして「和牛切落とし丼」と一緒にワカメスープが提供されました。

170524_01_Imari_20

丼と言ってもご飯少なめでオーダーしたためかお重に入った「和牛切落とし丼」はたっぷりと載ったお野菜の下に厚めのお肉もしっかり載っていました。数量限定の切り落としだけはあって、お肉のランクがサービスでいただいた物より明らかに上の上質な味わいでとても美味しかったです。

170524_01_Imari_21

味付けは私が苦手なやや甘めな感じでしたが、そこはキムチとワカメスープでバランスを取る形でいただけました。

170524_01_Imari_22

そして、最後となる3回目のお話です。

実はお肉の無料サービスは3月末で一旦終了されたのですが、お店の方にお聞きしたところでは、好評であったため再開されたそうです(私が1Fの貼紙で気が付いたのはGW直前の4月終わり頃ですが、正確な再開時期は不明です)。

この日は5月から始まったという新ランチメニューの「本日のお薦め御膳(1,500円)」とランチ特別サービスメニューの「和牛カルビ 3枚(550円 → 期間限定0円)」をいただきました。

170524_01_Imari_25

「本日のお薦め御膳」はサラダ、キムチ(この日はオイキムチ)、ナムル4種、小鉢、焼肉2種、ホルモン2種、ライス、スープが付いたかなり充実した構成になっています。

170524_01_Imari_23

キムチ、ナムル4種、小鉢はひと皿に6点盛りとなっていて、この日の小鉢はミートローフでした。

170524_01_Imari_24

この日の焼肉2種、ホルモン2種は、

170524_01_Imari_26

ロース、

170524_01_Imari_27

ハラミ、

170524_01_Imari_28

レバー、

170524_01_Imari_29

マルチョウと私好みの内容で、それぞれ2枚付けになっていて、

170524_01_Imari_30

サービスのカルビ3枚を合わせると、5種類・11枚の焼肉が楽しめる事になります。

170524_01_Imari_31

そして、実は5月に再度伺った本当の目的はこちらで、アラカルトメニューから「厳選"霜降黒タン"(3,500円税別)」を合わせてオーダーしました。

170524_01_Imari_32

ちなみに黒毛和牛の牛タンの事を(実際にタンの表面が黒いので)"黒タン"と呼びます。

170524_01_Imari_33

私は牛タンの塩味だけでご飯が食べられないので、先ずは牛タンからいただきます。

170524_01_Imari_34

焼き上げた牛タンにさっとレモンを絞っていただいてみると、

170524_01_Imari_35

薄切りながらも歯応えの良い牛タンは、とても脂ノリが良く、噛む程に広がる旨味が幸せを感じるもので、国産牛や外国産牛に比べると、深い旨味を感じるものでとても美味しかったです。

170524_01_Imari_36

1枚だけかなり厚切りのものがあったため、最後にいただいてみたのですが、

170524_01_Imari_37

幸せな美味しさでした。「厳選"霜降黒タン"」は6枚付けなので、半分くらいがこの厚みで提供されると更に嬉しくなる気がします。

170524_01_Imari_38

牛タンをいただいた後で、ご飯とスープをいただき、今度はタレものの焼肉開始です。

170524_01_Imari_39

ロースは前回サービスでいただいたものより厚みがあって、赤身肉らしい濃い旨味がしっかりと感じられて素直に美味しかったです。

170524_01_Imari_40

ハラミも程良い厚みがあり、脂の無いあっさりとした独特の旨味が美味しかったです。

170524_01_Imari_41

サービスのカルビは脂の載った旨味が美味しく、ご飯も進みます。

170524_01_Imari_42

マルチョウは余分な脂が落ちるためか嫌な重さが無く、柔らかく噛む程にジュワッと広がる脂のミルキーな旨味がとても美味しかったです。

170524_01_Imari_43

レバーは程良い厚みがあり、噛む程に濃い旨味が感じられて、鮮度も良くとても美味しかったです。

170524_01_Imari_44

ランチは何れもおススメですが、お肉の無料サービスは何時まで継続されるか分からないため、気になる方はお早めにどうぞ。
ちなみに3月の時には平日のみのサービスでしたが、今は平日・週末共にあるサービスなので、トライ出来るチャンスは多いのではないかと思います。

今日のおまけは"ランチメニュー"です。地図の下 ↓ にある"続きを読む"からどうぞ〜♪


 人気Blogランキングに参加しています。応援のクリックをお願いします banner_22




関連ランキング:焼肉 | 銀座一丁目駅銀座駅東銀座駅


続きを読む

長生庵(築地) キンメダイ入り!! 天然本鮪の中トロと赤身の漬け丼セット & 淡路島産 ハモの天ぷら & 宮崎県産 とうもろこしの天ぷら 

築地場外の『長生庵(ちょうせいあん)』さんにお伺いしました。

約2年ぶり11回目のご紹介となるこちらは、晴海通り沿いへと建つビルの1Fにあるお蕎麦屋さんで、晴海通りから路地を少し入った場所になります。

170523_01_Tyouseian_01

このお店の詳細情報については、こちらの"過去の訪問レポート"をご参照ください m(__)m

この日、伺ったのは平日の11時前くらいの時間で、かなり外した時間帯でしたが、ある程度のペースでお客さんが入れ替わっていて人気があります。
こちらへは本当に2年ぶりでしたが、お店の方がそれでも覚えていてくださったのが嬉しいところです。

170523_01_Tyouseian_02

メニューはお蕎麦を始めとして、定番のものや季節のものなどいろいろあり、それ以外にもお酒のあてに良さそうな天ぷらなどや一品料理などのメニューも用意されています(メニューはおまけのコーナーでご紹介します)。

170523_01_Tyouseian_03

ちなみにこの日の突き出しは柔らかく煮られたイカでした。

170523_01_Tyouseian_04

先ず、一品目にいただいたのは「宮崎県産 とうもろこしの天ぷら(800円)」です。

170523_01_Tyouseian_05

「とうもろこしの天ぷら」は粒をかき揚げ状に仕上げられていて、サクサクとした軽やかな衣の中にとうもろこし自体の甘味をしっかりと感じられてとても美味しく、そのまま何も付けずにいただくのも美味しいですが、少し卓上に置かれたお塩を付けて食べるのも美味しかったです。

170523_01_Tyouseian_06

二品目にいただいたのは「淡路島産 ハモの天ぷら 2コ(600円)」です。

170523_01_Tyouseian_07

サクッと軽やかな衣の中はふわっとした柔らかさで、癖の無い淡白な身にさっと絞ったレモンの酸味が良く合ってとても美味しかったです。
それにしても、「とうもろこし」に「ハモ」と一気に夏めいた気分になりました。

170523_01_Tyouseian_08

最後となる三品目にいただいたのは「キンメダイ入り!! 天然本鮪の中トロと赤身の漬け丼セット(2,500円)」です。

170523_01_Tyouseian_09

本来、定番メニューである「天然本鮪の中トロと赤身の漬け丼セット」がこの日は金目鯛入りになっていて、丼ぶりには金目鯛2切れ、中トロ3切れ、赤身2切れと盛り沢山な構成でした。

170523_01_Tyouseian_10

セットのお蕎麦は温かいものと冷たいものが選べたので、冷たいお蕎麦をいただきました。

170523_01_Tyouseian_11

セットにはポテトサラダも付いているので、しっかりとしたボリュームがあります。

170523_01_Tyouseian_12

瑞々しいお蕎麦はつるつるとした喉越しの良さで、鰹出汁の香りの良いお汁が良く合って美味しかったです。

170523_01_Tyouseian_13

漬け丼はやや甘めの出汁醤油でややしっかりめに味付けをされていました。

170523_01_Tyouseian_16

中トロは見た目にもしっかりとした脂ノリを感じる艶やかなビジュアルで、口の中で広がっていく濃厚な脂の旨味がとても美味しかったです。

170523_01_Tyouseian_15

赤身はねっとりとした柔らかさで、濃い鮪の旨味がしっかりと感じられて、ご飯にも良く合ってとても美味しかったです。

170523_01_Tyouseian_14a

最後は蕎麦湯をいただき、食後の余韻を楽しみました。

170523_01_Tyouseian_17

おそばが美味しいものはもちろんの事、築地のお店らしいお魚やお野菜なども美味しくとてもおススメな一店です。

今日のおまけは"築地定期報告 & メニュー"です。地図の下 ↓ にある"続きを読む"からどうぞ♪


 人気Blogランキングに参加しています。応援のクリックをお願いします banner_22




関連ランキング:そば(蕎麦) | 築地駅築地市場駅東銀座駅


続きを読む
livedoor プロフィール
blog内検索
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
訪問者数

    • ライブドアブログ