京橋の「レストラン サカキ」にお伺いしました。

先週金曜日は私用にて休みを取っていて、ちょうど午前中でその用事を済ませ、こちらの開店11:30と同時に駆け込みです。京橋駅から2分くらいのところにある鍛治橋通りから一本横に入ったところにある洋食店です。

たけさんのこの記事で行きたいなぁと思っていたお店なのですが、直前にまさぴさんのこの記事で更にテンションが上がり、今回ようやく行くことが出来ました。土曜日も営業はされているのですが、私が狙っている洋食メニューは平日ランチでしか食べることが出来ないのでこの機会を待っていたのです。



メニューを見るとどれも魅力的で危うく他に浮気しそうになりましたが、初心貫徹で「三陸産 カキフライ(1,200円)」をいただきました。デザートにコーヒーもあったのですが、これは後でと思いとりあえずで注文です。



私が一番のお客さんだったのですが、その後次から次へとお客さんが入ってきて、あっという間の11:40には満席となって待ちとなりました。あまりの早さにビックリです。
最初にカップスープが運ばれてきました。物凄く熱い、アッサリとしたコンソメスープでかなり味は薄めでした。普段薄い味付けが好きな私でもちょっと胡椒とかが欲しいぐらい薄めです。



10分ちょっと待って「三陸産 カキフライ」とライスが一緒に運ばれてきました。



ポッテリした4つのカキフライの下にはタルタルソースが一面に引かれ、その奥には千切りキャベツが山盛りになっていました。カキフライにはレモンが添えられていたのでこれを絞っていただきます。



卓上にはドレッシングとソースが置いてあったので、それを使うことにしました。



ドレッシングは結構アッサリした感じで美味しいものでした。
やたらコロッケのような俵型しているなぁとは思っていたのですが、この牡蠣2コで1コになっているのです。牡蠣は一口食べてビックリです、すごくジューシーなカキフライで美味しいです (☆゚∀゚)



シッカリ揚がっているようでこのジューシーさは素晴らしいですね。以前ご紹介したこちらとはタイプは違うもののこの素晴らしい揚げ具合はさすが洋食屋さんのものといったところでしょうか。とても美味しいカキフライでした。



そういえば、隣の方が食べていた「メンチカツ」がとても興味深く、店員の方が運んだ後に"中がレアなので1分ぐらいこのまま蒸らしてからお召し上がりください。"と案内されていたことに興味を惹かれました。
そうそう、デザートにコーヒーですが、私が座った入口近くの席では待っている方のプレッシャーにとても打ち勝てる雰囲気ではありませんでしたので早々に退散することにしました。ちょっと残念です。
それにしても、カキフライが予想外の出来のよさにとても幸せでした。カキフライがこれだけ美味しいと他のメニューも美味しそうですね、また機会があれば是非行ってみたいと思うお店でした。

 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
  店名:レストラン サカキ
  最寄駅:銀座一丁目 / 東京 / 宝町 / 京橋
  料理:フランス料理 / 西洋料理一般 / 洋食 / ケーキ
  採点:★★★★☆
  住所:東京都中央区京橋2-12-12
 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 参考になったらクリックをお願いします