先週金曜日のランチは「銀座あさみ」にお伺いしました。

汐留からも程近い銀座8丁目の木挽町、今も竹葉亭本店など雰囲気ある佇まいのお店が軒を連ねる一角にある一見では入りにくい雰囲気漂う割烹料理店です。店頭にはメニューもなければ店内の様子が全く見えないので初めてだと戸惑うかと思われますが、メニューは既に決まっていますので安心して暖簾をくぐってください。そういえば、こちらの方こちらの方も行かれていました。



店内は10席のカウンターと個室が何部屋かあり、予約の方が非常に多く、メニューはシンプルで普通に訪れて席に着けば「鯛茶漬け(1,500円)」となります。予約をすれば「縁高弁当(2,500円)」や鯛茶漬けの付いた「お昼コース(5,000円)」などもいただけますが、平日のお昼休みでは予約して行くのも難しいので毎回「鯛茶漬け(1,500円)」をいただいています。
カウンターに座ると奥からご主人のあさみさんが出てきてご挨拶をされ、その姿にご主人の誠実な人柄と品の良さを感じます。その人柄が料理自信やお仕事ぶりに出ており、カウンターの中では手早く鯛を切り、山葵を摺り、胡麻ダレをかけて仕上げる姿には眼を奪われます。



蓋をしたお椀はご飯です。「鯛茶漬け」はご飯、鯛、小鉢2品、お新香、お茶漬け用の煎茶という構成です。



小鉢の一品は"水菜と油揚げの和え物"です。温かいもので薄味の上品な仕上がりで箸休めにちょうどよいものでした。



小鉢のもう一品が"鯛の南蛮漬け"です。キレイに空揚げした鯛はふっくらとした柔らかいもので程よい酸味の味付けと甘味のある南瓜との相性もよいものでした。



鯛は風味を感じられる適度な厚みに切られ胡麻だれの中に入って提供されます。カウンターに座った場合にはこの作業工程は必見ですよ。



品質の高さと丁寧な仕事ぶりが伺える"鯛"はとても締まった身で、濃厚な辛めの胡麻ダレの中で抜群の歯応えのよさで存在感を表していて、一口の中でも後半になると胡麻ダレが引っ込み、鯛の風味が出てくるのにはビックリです。濃い胡麻だれにご飯がススムことは請け合いです。



私は4切れを漬け丼スタイルでいただき、ご飯半分をお替りしてお茶漬けモードに突入です。



ここで私的な注意事項が一つあります。それは"お茶を鯛に直接かけない"です。なぜかと言えばそれは以下の理由の通りなのです。
1. 余熱で徐々に鯛の身に火が入るのを楽しめる
2. 胡麻ダレを鯛の上にちょっと残したぐらいの味加減がちょうどよい



こちらのお茶漬けは煎茶で、濃厚な辛めの胡麻ダレは白胡麻の風味いっぱいな上品なお汁に変化します。かなりアッサリした味付けでそれまでの胡麻だれと対照的な味わいになるので、個人的には胡麻だれをちょっと鯛の上にのせたまま食べるのが一番美味しいと思っています。それと鯛を4切れぐらい残しておくと、最初はちょっとレアな身が最後にはお汁の熱で火が通った状態になるので、いろいろな味わいで楽しめます。



食後の甘味は"冷やしぜんざい"でした。



モチッとした2つの白玉としっかりした小豆の食感が美味しいものでした。この値段でこの内容はとてもおトク感はあると思いますよ。



こちらに伺った後は心が満たされるので気持ちの切り替えが出来、午後に向けてのよい活力になります。一人でも仲間とでもデートでも接待でもどんなシーンにでもあうお店なのでとてもおススメです。


 参考になったらクリックをお願いします 


銀座あさみ
採点:★★★★★