大森の「大森鳥久」にお伺いしました。

大森駅から1,2分の距離にある鶏料理のお弁当屋さんです。



こちらへは週末しか行ったことがありませんが、お昼前には行列が出来る地元の方に大人気店で、午後には売り切れになることも珍しくはないそうです。

今回、幾つかのお弁当をいただいたので、まとめてご紹介します。先ず最初にご紹介するのは「折詰五号(500円)」です。



「折詰五号」は鶏の唐揚げ2ヶ、チキンカツ1ヶをメインとして、甘く煮られた鶏皮とじゃがいも、かまぼこ、梅干という構成で、500円ながら結構な充実ぶりです。鶏肉は充実していますが、青いものは一切入っていないので、サラダを別に用意したほうがバランス的に良さそうです。



中でも目を惹くのは白い衣をまとった鶏の唐揚げで、片栗粉を多めに塗してあります。お弁当なので少し時間が経っているためか、熱々でジューシーという感じではありませんが、鶏肉は柔らかく、下味としてお醤油ベースのオーソドックスな味付けがされているので、何も付けずにそのままで美味しく食べられます。ちなみにこの唐揚げだけの単品もあり、ビールのおつまみとしても良さそうです。



そうそう、これだけおかずが充実しているにも関わらず、海苔の佃煮も付いていたりするので、ご飯が置いてきぼりに成り易い私にとってはとても有り難いです。



そんな「折詰五号」で足りないという方には「折詰七号(700円)」です。



五号より200円高いこちらは、五号の内容に加えて、鶏の塩焼きと牛蒡の煮物が付いているかなりボリューミーな内容で、唐揚げ・カツ・塩焼きと三種類の違った鶏料理が楽しめます。



鶏の塩焼きは横幅10cmくらいの結構なサイズがあり、やや塩気が強い味付けですが、ご飯を食べるにはちょうど良いかもしれません。



最後にご紹介するのは「折詰料理(600円)」です。



こちらは名前の通りご飯が付かないお料理だけのもので、五号と同じ鶏の唐揚げ2ヶ、チキンカツ1ヶをメインとして、それに加えて豆の煮物など副菜が付いた構成となっているので、お酒のおつまみにはピッタリな内容です。



格別に鶏肉が美味しいというわけではありませんが、安心出来る味なので、近所にあったら嬉しいと思えるお弁当屋さんです。


 人気Blogランキングに参加しています。応援のクリックをお願いします 

採点:★★★★