銀座8丁目の『銀座イタリアン ORIGO(オリゴ) 博品館店』さんにお伺いしました。

こちらは中央通り沿いに建つ"銀座博品館ビル"の6Fにあるイタリア料理店です。

141215_01_ORIGO_01

店内は30〜40席ぐらいの広さで、客層を選ばないカジュアルな雰囲気です。
この日、伺ったのは週末のお昼で、開店直後は空いていましたが、30分経たずして、6,7分の客入りとなりました。客層は40〜50代くらいの年齢層を中心として、男女比は1:9ぐらいでした。

141215_01_ORIGO_02

ランチメニューは1,000円台のものが3種類のほか、「ミニコース(1,500円)」、「選べるプリフィックスランチコース(3,000円)」、40種類ぐらいのアラカルトが用意されていました(メニュー画像はおまけのコーナーでご紹介します)。

141215_01_ORIGO_03

この日は「選べるプリフィックスランチコース(3,000円)」をいただきました。

先ず、一品目に提供されたのは「前菜の盛り合わせ(4種)」で、"黒トリュフのフリッタータ"、"エビとブロッコリーのマリネ"、"おすすめのハム"、"自家製ピクルス"という4種類でした。

141215_01_ORIGO_04

中でも印象的であったのは"黒トリュフのフリッタータ"で、玉子は焼き立てで温かく、トリュフオイルの香りが良い一品でした。

141215_01_ORIGO_05

前菜と一緒に提供されたパンは温めてあるのが嬉しいところです。

141215_01_ORIGO_06

二品目に提供されたのはパスタで、2種類の中から「ハマグリと白菜のペペロンチーノ」をいただきました。

141215_01_ORIGO_07

「ハマグリと白菜のペペロンチーノ」は唐辛子を使っていないため、辛味は無く、スパゲッティはコシのあるアルデンテに仕上げられていて、小さめながらも旨味のあるハマグリに、シャキシャキとした甘味のある白菜が相まって美味しかったのですが、やや塩気が強い味付けであったのは残念なところです。

141215_01_ORIGO_08

三品目に提供されたのはお魚料理で、2種類の中から「メバルのソテー」をいただきました。

141215_01_ORIGO_09

「メバルのソテー」は皮目がパリッと香ばしく、中はしっとりとした柔らかさで、あっさりとした淡白な身にコクのあるバルサミコが良く合います。

141215_01_ORIGO_10

四品目に提供されたのはお肉料理で、2種類の中から「国産黒毛和牛(A5)タリアータ」をいただきました。

141215_01_ORIGO_11

牛肉は火加減がちょうど良く、黒毛和牛らしくミルキーな脂の旨味を感じる味わいで、程良い脂ノリをしたお肉に酸味のあるポメリマスタードが良く合っていました。

141215_01_ORIGO_12

五品目に提供されたのは「デザート3種盛り合わせ」で、"カボチャのプリン"、"グレープフルーツのパウンドケーキ"、"チョコレートアイスクリーム"という3種類でした。何れも格別感はありませんが、良い口直しになりました。

141215_01_ORIGO_13

最後の飲み物はコーヒーをいただき、食後の余韻を楽しみました。

141215_01_ORIGO_14

お料理は全体的にカジュアルな感じでしたが、「選べるプリフィックスランチコース」はいろいろなものが少しずつ楽しめることに加えて、ポーションもしっかりしているため、おトク感のある内容でした。

今日のおまけは"ランチメニュー"です。地図の下 ↓ にある"続きを読む"からどうぞ♪


 人気Blogランキングに参加しています。応援のクリックをお願いします banner_22


銀座イタリアン ORIGO 博品館店

昼総合点★★★☆☆ 3.4



関連ランキング:イタリアン | 新橋駅銀座駅内幸町駅


こちらが『ORIGO』さんのランチメニューです(画像はクリックで拡大します)。






訪問前の予習にどうぞ〜♪