東京駅の『東京駅 ドンピエール エクスプレスカレー』さんにお伺いしました。

9年ぶり2回目のご紹介となるこちらは、JR東京駅八重洲北口から1分のキッチンストリートにあるカレー屋さんで、店名の通り、"ドンピエール"グループのお店です。

170715_01_Dom_01

店内はセパレートされたテーブル席のほか、大きな共同テーブルを合わせて30席ぐらいの広さです。

接客は柔らかく丁寧で、テーブルの状況を見て、調理及びサーブしていただけました。

170715_01_Dom_02

メニューは通し営業のため、時間帯による区別は無く、10種類ぐらいのカレーのほか、サイドメニューなども用意されています(ランチメニューはおまけのコーナーでご紹介します)。

170715_01_Dom_03

この日は夏季限定かつ15時以降限定の「夏のプチ贅沢コース(2,000円)」をいただきました。

170715_01_Dom_04

先ず、一品目に提供されたのは前菜の「甘鯛のポーピエット タルタルソース」で、『ドンピエール』さんらしさを感じるきちんとしたフレンチでした。

170715_01_Dom_05

「甘鯛のポーピエット」は海老と白身魚のすり身を甘鯛で巻いたもので、パテの滑らかな柔らかさに、クリーミーで酸味のあるタルタルソースが良く合って美味しかったです。
また、お皿の周りに盛り付けられたコリコリとした海藻(シークリスタル)とピリ辛なソースも相まって素直に美味しかったです。

170715_01_Dom_06

二品目に提供されたのはスープの「三色のヴィシソワーズ」で、最初は二色ですが、レモンを絞ると、

170715_01_Dom_07

三色へと変化するという楽しい演出になっています。

スープの上に載っているのは、シャーベット状になった紫芋のメレンゲで、じゃが芋のコクと旨味に、紫芋のコクと旨味が相まって美味しかったです。

170715_01_Dom_08

三品目に提供されたのはメインの「大山鶏と夏野菜のソテー クリームチリソース」です。

170715_01_Dom_09

「大山鶏と夏野菜のソテー」はぷりぷりとした柔らかい大山鶏のもも肉に、甘辛なコクのある濃厚なソースが良く合ってとても美味しかったです。

170715_01_Dom_10

そして、鶏肉自体も美味しいのですが、チキンバターカレーの様なしっかりとしたコクと旨味を感じるソースが美味しく、一緒に提供されたバゲットを使ってたっぷりといただきました。

170715_01_Dom_11

四品目に提供されたのは〆の「ドンピエール特製ビーフカレー ハーフサイズ」です。

170715_01_Dom_12

国産黒毛和牛を使った「ビーフカレー」は欧風カレーらしい優しい口当たりで、しっかりと煮込んだコクと奥行きのある旨味の中に、ピリッとしたスパイシーな辛味が効いた味わいで素直に美味しかったです。

170715_01_Dom_13

ちなみにこちらのカレーの薬味はレーズン・福神漬け・らっきょうの3種類です。

170715_01_Dom_14

最後となる五品目に提供されたのはデザートの「夏のデザート 三層仕立て」です。

170715_01_Dom_15

「夏のデザート 三層仕立て」は名前の通り、下から甘やかな風味の良い"日本酒ジュレ"、心地良い酸味とコクが美味しい"ヨーグルトのブラマンジェ"、フレッシュな果実味を感じる"グレープフルーツのグラニテ"という三層になっていて美味しく、口直しにピッタリな一品でした。

170715_01_Dom_16

「夏のプチ贅沢コース」はしっかりとお腹いっぱいになれて、コストパフォーマンスの良さを感じるメニューとしておススメです。

今日のおまけは"メニュー"です。地図の下 ↓ にある"続きを読む"からどうぞ〜♪


 人気Blogランキングに参加しています。応援のクリックをお願いします banner_22




関連ランキング:欧風カレー | 東京駅大手町駅日本橋駅


こちらが『東京駅 ドンピエール エクスプレスカレー』さんのメニューです(画像はクリックで拡大します)。







訪問前の予習にどうぞ〜♪