銀座7丁目の『岡半 本店(おかはん ほんてん)』さんにお伺いしました。

約9年ぶり2回目のご紹介となるこちらは、並木通りの『ロオジエ』さん前へ建つ"金田中ビル"の8Fに入る鉄板焼きのお店で、ビル名通り東銀座にある一見さんお断りの料亭『新ばし 金田中』さんの姉妹店になります。

170913_01_Okahan_01

店内は横長の15席ぐらいのカウンターを中心として、テーブル席・個室を合わせて30〜40席ぐらいの広さで、程良い高級感のある雰囲気です。

この日、伺ったのは平日のお昼、開店時間の11時半ぐらいでしたが、既に数組の先客があり、12時前にはカウンター席は埋まる盛況ぶりでした。

170913_01_Okahan_02

ランチメニューは1,350円〜9,720円までの幅広い価格帯に分類されていて、大きく6種類のメニューが用意されています(ランチメニューはおまけのコーナーでご紹介します)。

170913_01_Okahan_03

この日は「特選万葉牛 ロース薄焼とヘレ厚焼(3,600円税別)」をいただきました。ちなみに"ヘレ"とは"フィレ肉"の事になります。

オーダーを終えると、お肉のお披露目があり、

170913_01_Okahan_04

そこから鉄板焼きがスタートとなります。

170913_01_Okahan_05

調理が始まる位のタイミングで、待ち時間にちょうど良いサラダと、

170913_01_Okahan_06

2種類の調味料(左が辛子醤油で、右がおろしポン酢です)がセットされました。

170913_01_Okahan_07

調理開始から4分程度の待ち時間でお肉が焼き上がり、ご飯と赤出汁が一緒にセットされます。

170913_01_Okahan_08

「特選万葉牛 ロース薄焼とヘレ厚焼」には鉄板焼きのお皿のほかに、小鍋に入った「牛脂煮込みの温野菜」が付いていました。

170913_01_Okahan_09

鉄板焼きのお皿には2種類のお肉のほか、食べ易い様にカットされた"とうもろこし"と"もやし炒め"が添えられていました。

170913_01_Okahan_10

"ヘレ厚焼"は焼き加減に関して特に聞かれませんでしたが、レアに仕上げてありました。

厚焼きのお肉はしっかりとした厚みがありつつも、フィレ肉らしいスッと歯が入る柔らかさで、噛む程に優しくもしっかりとした牛肉の旨味を感じられるもので美味しく、さっぱりとしたポン酢も合いますが、厚みがあるため、辛子醤油も良く合います。

170913_01_Okahan_11

薄焼きはロース肉らしく、お肉の旨味と脂の旨味をしっかりと感じるもので、さっぱりとしたポン酢が良く合ってとても美味しかったです。

170913_01_Okahan_12

「牛脂煮込みの温野菜」の具材は小玉葱・人参・じゃが芋だけで、お肉が入っていませんが、味わい的にビーフシチューの様なお料理でした。

「牛脂煮込みの温野菜」のスープはさらっとしていて、優しい上品な口当たりながらも、フォンなどの旨味をしっかりと感じる奥行きがある仕上がりで、そのままでも美味しいですが、ご飯よりパンが欲しくなりました。

170913_01_Okahan_13

食後は別室へと案内いただき、抹茶かコーヒーの中からホットコーヒーをいただき、食後の余韻を楽しみました。

170913_01_Okahan_14

「特選万葉牛 ロース薄焼とヘレ厚焼」のお肉は60gずつで計120gとやや少なめですが、「牛脂煮込みの温野菜」や付け合わせのお野菜などもあるため、しっかりとお腹いっぱいになれて、良いお肉を食べたという満足感がありました。

今日のおまけは"ランチメニュー"です。地図の下 ↓ をご覧ください〜♪


 人気Blogランキングに参加しています。応援のクリックをお願いします banner_22




関連ランキング:鉄板焼き | 銀座駅新橋駅東銀座駅


こちらが『岡半 本店』さんのランチメニューです(画像はクリックで拡大します)。




訪問前の予習にどうぞ〜♪