September 09, 2013

あげちん

自分でいうのもなんだが、俺はかなりの「あげちん」だと思う。

過去に俺が関わった俳優やスポーツ選手は次々と素晴らしい成績や栄光を手にし、

俺が買った株は売却した後に物凄く値を付けるのだ。

そう、売却した後に、必ず・・・


トホホ

August 21, 2013

カミングアウト・ラジオ編

昔の話になるが、FM局で1年間ラジオパーソナリティーをさせてもらった事がある。
友人の紹介で知り合った局員にプッシュして頂き、火曜深夜2時〜の30分番組を担当した。

FMの基本は、音楽を中心とした番組構成、だそうだ。
が、俺は普段音楽を聴かないし、知らない。
正直、音楽に興味がない。
という事で、プロデューサーと相談した結果、俺のトークを中心とし、合間に音楽を差し込むという構成でスタートする事になった。
トーク内容は俺のエピソードや気になる事を掘り下げる等々、そして音楽はリスナーのリクエストや、俺の日常生活で耳に残った曲をピックアップしアラカルトにかける、というスタイルした。
そして半年後には、嬉しい事に、プロデューサーの尽力により土曜の21時という素敵な時間帯に引越しさせてもらえた!
なんとも恵まれた状況で番組を続けられたのだが、一つだけ残念な事が。

実は、

番組のエンディングでは必ず
「皆様からのリクエスト、またはメッセージをお待ちしています」
と投げかけたものの、1年間で、メールおよびファックスが

1通も来ませんでした。

毎回スタッフが用意したメッセージやリクエストを、リスナーからメールがきた体で紹介する、という何とも悲しい1年間でもありました。

「何でだろう?ワタシはすごく面白いと思うんだけどなぁ・・・」

と言って下さったプロデューサーの言葉が心に染みた2002年の冬。



カミングアウト、to be continued

April 01, 2013

デビュー

骨董などには全く興味が無い。
これからの人生で興味が出るとも思えない。
と確信していたが人間の思考回路というのは想定外の電気反応を起こす。

買ってしまった。


壺を。


というのも、引っ越した新居には贅沢にも客間として使える和室があり、床の間に何もないというのも殺風景なので何か置ける物を・・・と考えていたのだ。
掛け軸も日本刀も善し悪しがわからないし、かといってヘンなものも置きたくない。
なんでも鑑定団を毎週観ているだけの知識レベルでは掘り出し物を探せるだけの運もない。
日本人はこういったタイミングで骨董を学んでいくのかな。

そして昨日、たまたま立ち寄った店で見つけたこの壺。
ビビビっときてしまった。
聖子ちゃんが言ったあのセリフが俺にも理解できた。
これは運命の出会いだ。

という顔で壺を舐めるように観察していたが、店主はこんな若造が買うものかとタカをくくっているのだろう。
読んでいる新聞から目線をあげようとしない。
どうしても気になった俺はとうとう店主にこの壺の値段を聞いた。

「それね、20万円」

一瞬だけ目線をこちらに向け、そう言い放ちながら目線を再び新聞に戻す店主。
2o万????
正直それが壺の世界で高いのか安いのかわからなかったが、少なくとも俺には到底手を出そうと思えない額。
ただ今回は足がその場から離れなかった。
うーん、これ床の間にあったらカッコイイなぁ。
どうせ一生置くんだもんなぁ。
20万を20年で割ったら年間2万、月に換算すると2000円もいかないよなぁ。
あれ?安い?

値段を聞いてもその場から離れない俺に何かを感じたか、とうとう店主が重い腰をあげこちらにやってきた。

「それね、骨董ではないんだけど、若い作家の作品でね、骨董の良いところとモダンを掛け合わせた、これから価値が上がっていく部類だと思うよ。」

そのうんちくを聞いたらなおさ、これから羽ばたこうとしている俺にピッタリだと不思議なシンパシーを覚えてしまった。
やはりこれは運命か。

そしてその作家の他の作品集もみせてもらったが、やはりこれがダントツでカッコイイ。


思うつぼ






















アンドロメダ星雲を思わせる色彩、一見不安定そうに見えるフォルムもどこかしら逞しい男の上半身を想像させる。
これは宇宙であり、母なる地球であり、そして男でもある。
確かにクラシックとモダンの融合体。
見れば見るほど素晴らしい。



今年の俺は、勢いがある。
ならばここでも勢いづけなければいつ勢える?
今でしょ!



「あの、カード使えますか?」

そしてとうとう俺は壺持ちの仲間入りをした。
床の間に納まったこの壺は想像通り、ジグソーパズルのラストピースのようにピタッとそこに調和した。
うん、良い買い物をした。
よき伴侶と出会った。

ただ一つ心に引っかかるのは、その壺の名前が

「思うつぼ」

という事。

うーん、どないでっしゃろ?


chobin123 at 01:02|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)USO 

February 12, 2013

泡-流れつくガレキに語りかけたこと

舞台に出演します。
ピッコロ劇団さんの客演です。
日本にたった2つしかない「県立」劇団です。
西宮のみでの公演ですので来れる方は限られると思いますが、あの岩松了さんの作・演出です。
震災を彷彿させるテーマときたら、中央より地方からガツンと行くのもこれしかり。
しかも仙台出身の俺としては他人事とは思えないこのテーマ。
出演するのは運命とでも言うべきか。

ピッコロ劇団。
名前は可愛いですが、あんな歴史的事件が起こったのに未だ「のほほ〜ん」としてる社会にグリっと切り込みを入れるシャープな集団です。



兵庫県立ピッコロ劇団第45回公演/ピッコロシアタープロデュース

「泡-流れつくガレキに語りかけたこと」


作・演出 岩松 了



公演日時

2013年
 2月21日(木)19:00
 2月22日(金)14:00 19:00
 2月23日(土)13:00 18:00
 2月24日(日)14:00 
       ※開場各開演の30分前

※金曜昼の回のあと、岩松了さんのアフタートークがあります!

会場

兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
(阪急神戸線西宮北口駅南改札すぐ)


料金〈全席指定〉

一般 4500円
大学生・専門学校生 3000円
高校生以下 2500円


チケット取り扱い

ピッコロシアター06-6426-1940
※ピッコロサポートクラブ会員予約はピッコロシアターのみ

芸術文化センターチケットオフィス  ※ネット販売あり

チケットぴあ/ローソンチケット
塚口さんさんタウン[3番館1階インフォメーション] 

★ご知人の方は僕あてメールでも承ります。



出演

今井佐知子 /今仲ひろし /岡田力 /杏華 /佐野剛 /孫高宏 /橘義 /道幸千紗 /中川義文 /野秋裕香 /原竹志 /平井久美子 /風太郎 /森好文 /森万紀 /山田裕 /吉村祐樹 (以上、ピッコロ劇団)
東龍美 /今村彩夏(劇団てんてこまい) /ことえ(空間悠々劇的) /こんどうけいいち(演劇集団ザ・ブロードキャストショウ) /サリngROCK(突劇金魚) /高橋恵美子 /立花明依 /土居志央梨 /新居則子(劇団パロディフライ) /丹羽実麻子 /マイク・ハン /松田早穗 (ベビー・ピー) /三木千種 (劇団ひまわり) /峯素子(遊気舎) /山田まさゆき(突劇金魚) /渡部純二 (以上、客演) *50音順



あらすじ

社会とつながろうとして失敗した家族は
海の上で暮らしていた
漂流するその家族たちにゆっくりと
ガレキが、家のガレキが、近づいてくる
ガレキは漂流家族たちの間をぬって
海辺へと流れてゆく。
家族たちは新しい社会とのつながりを求めて
そのガレキを追うが……。


写真

稽古を止める「ちょっと待って・・・」の言い過ぎで、夢でまで「ちょっと待って・・・」と言っているという岩松さん。
彼の世界観を具現化できるか不安。
こちらこそ、ちょっと待って・・・・

公式HP

December 02, 2012

さいかい

ブログの再開と同時にライブドアとの再会でランキング最下位からスタート。

庭に植えた梅も春にはサクカイ?



August 11, 2006

お知らせ

皆さんいかがお過ごしですか。
春になると進学・就職の為に引越しが盛んです。
いよいよ俺のブログも心機一転引越しする事になりました。
データの移行作業をヂ道にやりながら徐々に充実させていこうと考えています。
以下をクリック!

マイク・ハン ブログ

July 25, 2006

男と女

とある店で気になるポスターを発見。
でも結構値が張るのね。
ジーっと見てると、「俺これ描けるな」と確信。
店員さんに聞いてみた。
「あの〜、買うわけじゃないんですけど、このポスター、写真撮ったらダメですかね?」
なんて図々しい俺様。

「あ、いいっすよ」
なんていい人だ。

続きを読む

July 11, 2006

バナナガード

ロケバスでメイクをしてもらっている時に聞いた話。

「うちの息子が「ママァ〜、ダエントシセンに乗りたい!」って言ったのにはビックリした。」

田園都市線

なるほどね。
のび太もパパにあきれられた事があるしな。

「のび太のヤツが“チダイラセン”はどこを走ってる電車か?って聞くんだよ。今の子供は地平線も知らないのか・・・」

「だってそんなの見た事ないモーン」

確かに。


最近はこんな便利?なモノが売っている。

33fbf46c.jpgあらゆるカーブに対応し、存在する90%のバナナはフィットするらしい。
通気性もバツグンで、カバンで持ち歩いてもグニョっとこない。








使用後入れるとこんな感じ。
自分では買わないけど貰ったら嬉しいかも。
っていうか、そんなにバナナ持ち歩きたいか?

June 27, 2006

スター誕生

本日次世代スターの誕生日。
オメデトー!ワーイワーイ!!

こんな清々しく迎える事ができたのは、一重に(名前を挙げたら42時間かかってしまうので)両親を始め家族親族、ハニー、友達、諸先輩方、仕事でお世話になった方々、作品を通して応援してくれている方々、こうやってこのブログに足を運んでくれている方々のおかげです。

ありがとうゴザイマス。


週末には天使のような笑顔をもった友人達がバースデーBBQパーティーまで開催してくれ、ケーキならぬ肉でお祝いしてくれました。
そして夜の2次会は焼き肉というニクい一日。

本当にありがとうゴザイマス。
8f2fcb83.jpg






人は大きな決断をする度に著しく成長していく。
今年はまさにそんな決断をいくつかしなければならない。

そんな事を考えながら、今日は一人寂しく部屋の大掃除です。

一年の計は初日にあり

June 25, 2006

あ、やられた

たまぁ〜に、新たにゲットした本の巻末から先に見てしまう時がある。

貴志祐介・著 「天使の囀り」

またもやパラッとめくってしまったのさ。
すると著者のこんなコメントが。

参考文献/謝辞
「多数の文献・ホームページ等を参考にさせていただきましたが、本を後ろから読む悪癖を有する読者の存在を考慮し、(何を隠そう私もその1人ですが)書名はあえて割愛させていただきます。」





自分が見透かされた感じがした。



c0373dd3.jpg作品No.11
リアル自画像・成人式の時
最後の鉛筆画。
これまでの作品と違って高品質の紙を使用。
そして布を使って描く事を覚えた。
絵は決して現実だけを表現する必要はなく、イメージとの融合を試してみた作品。

June 16, 2006

グリコ森永事件

一般市民が耳にする事件の報道。
我々が知る事ができるのはおおむね原因と結果である。
しかしその事件の詳細は一体どんなものなのか?

事実を知るというのは時として勇気がいる場合がある。
以前経験したこの裁判事件の時に俺はそれを痛感した。

昭和の時代を震撼させた江崎グリコ森永事件の報道で得た情報というのは、ほんの微々たるものだったという事をこの本によってガッツリ思い知る。
0ca26613.jpg
へ〜?犯人って7人組だったの?
え?犯人からこんなに沢山の手紙がきてたの?
へ〜?目的って株価操作だったの?
え?裏取引は他にも沢山あったの?
へ〜?警察は2回も犯人逮捕しくじってたの?
え?江崎家ってそんな家系だったの?

などなど、えへえへ の連続であった。
興味がある人は是非読んで欲しい。




江崎グリコ森永事件。
この事件は個人的にも忘れる事ができない。
なぜなら・・・・
当時小学生だった俺は、あのキツネ目の男に似ていたとよくからかわれていたからだ。
「あ〜、グリコ犯がきたぁ!」

そんな俺は今ではマイク犯。


三億円事件の映画化・ドラマ化が実現した今日、そろそろこれも映画化のいい題材ではないだろうかと思ってやまない。
その時は俺は確実に役を得るだろう。
そう、キツネ目の男として・・・・・




June 14, 2006

ダイワハウス

dd87d9fe.jpg移動中、前を走っていた車。
運転手は気付いてないのか?
あえて残していたとしたらかなりの猛者だ。
いづれにしても駐車場近辺の子供が想い想いのモノを描いたのだろう。

左にはアンパンマン、右にはドラえもんらしき顔。
しかし中央。
寺尾聡さんの声が頭の中でこだまする。
「なんでダイワハウスなんだ・・・」
っていうか、ハジング?間違ってるぞ、少年。


May 30, 2006

道の始まり

R246を走行中ふと思った。
何で真っ直ぐじゃないんだろう。
平安京のように碁盤目状の構造をしていれば色々と便利なのに・・・
あ、もしかして曲がっている道はほぼ昔からその位置にあったのか。

頭の中で今目の前にある風景が逆行していく。
昭和→明治→大正→江戸・・・・
こんな地図を片手に散歩するのも案外面白いかもしれない。

遡っていくと一つの事実にぶつかる。
森→けものが草木を踏んでできた「けもの道」→そこを人が通り更に踏みつけて草木が生えなくなる→どんどん利用頻度があがり周りを伐採していく→道が大きくなる→周りに住み始める。
けもの道が全ての始まりだったのか。
そして街に道があるのではなく、道があるから街がそこに出来たのではという結果に結びついた。

ここまでの考察わずか3秒。
考えながらの運転は危ないからやめましょう。


335b700b.jpg作品No.7
材質表現シリーズ4

かのNBAプレイヤー Shawn Kemp
黒人の肌は肉体の隆起明暗がハッキリしているので描きやすい。
捻挫が治ったらまたバスケしよう。


May 27, 2006

旅先で

4a9f8c3f.jpgアメリカンドッグ、チョコバナナ、玉こんにゃく、棒に刺さった食べ物は色々あるけれど、キュウリって。
この辺ってキュウリの名産なんですか?と聞いたら
「いや、そういう訳ではないです」
どないやねん

May 24, 2006

チバ

夏の到来を予感させる週末の昼下がり、とある定食屋の庭先でBBQを友人等と楽しんでいた時事件は起こった。

「肩にカニがいる!!」

突拍子なくそう叫んだAの指差す方向を見ると、仲間達とすっかり意気投合し輪に参加している店のオヤジ。
そしてその肩にはまぎれもなく首筋に向かってゆっくりと横歩き中のカニ。

「あぁ?これか。この辺よくいるんだよなぁ・・・」
カニを掴み庭先にポイと投げ捨て、何もなかったようにまた談笑に戻るオヤジ。

千葉って、スゲェ



2429d0cd.jpg
作品N0.5
材質表現シリーズ2 車
硬さとツルツル感を出そうとした。
運転手は遊び心

May 19, 2006

右に9回 左に3回

イトコの旦那さんが夕食に参加し、当時小学生だった俺が納豆マゼマゼの係りに。
面倒くさいなぁ・・・とグシャグシャかき混ぜていると

「右に9回、左に3回だろ!!」続きを読む

May 17, 2006

昨晩の夢

森昌子と俺の二人きり。
そして俺のためだけに1時間位歌ってくれた昌子。
リサイタルが終わると、「これからも頑張んなよ」と偉ぶる俺。
いくら再デビューするといっても・・・

なんでこんな夢をみたんだろう。


adf6838c.jpg
作品No.3

大学の授業で描いた。
濃淡を表現するのに数種類の鉛筆を使用する事を覚えた。

May 15, 2006

あ、同じ同じ!

メガネ
そこは水道橋のおでん屋「わがまま」。
元々は屋台だったがあまりの人気で回しきれず、顧客のリクエストに応えて店舗にしたという幸せな話。
ガレージを改造した店内は仕事を終えたサラリーマンで満席状態だ。
無理やり作ってくれたスペースに体をネジ入れ、初めての店という緊張感と庶民的な雰囲気に酔いが早い。

「はいよ」

そういってイカの沖漬けを差し出す大将の手は、長年の料理人生活を簡単に想像させる。
続きを読む

May 12, 2006

シーツ

※決してユニクロの手先ではありません

昔のバイト先の社長と久しぶりに会う機会があり、都内では五本の指に入るであろう焼肉をご馳走になった時の事。

「ユニクロのシーツはかなり狙い目だよ」

そういった社長の目は輝いていた。続きを読む

May 09, 2006

ドキッ!

新幹線の中、「ダ・ヴィンチ・コード」で名を馳せたダン・ブラウンの旧作「天使と悪魔」に没頭。


ヴィットリアは自分の電話に番号を覚えさせた。
「では、かけてみてくれないか」
ヴィットリアは自動ダイヤルボタンを押した。



という文を丁度読んでいた時


ピリリリリ・・・

誰かの電話が本当に鳴りビッ栗。

ナーイスタイミーング!


b5880a38.jpg