いま、この国にある最高の財産は「絆」である、と。

“Tsunami”よりも、“Kizuna”という日本語を世界の共通言語にしたい・・・

渡辺謙さんのイニシアチブに賛同します。 香川さんの自らのうちから絞り出したメッセージ、そしてパピめも大好きな谷川俊太郎の「生きる」の朗読(佐藤浩市さん)をココに紹介したいと思います。






そして、世界中から「Stay Strong」「Our hearts are with you」というメッセージが寄せられています。



一刻も早く(この苦難の)「終わりの始まり」になりますように・・・

追伸: 謙さんの奥様の南果歩さん朗読の小山薫堂さんの文も素晴らしいので、追加します。