シリア出身のピアニスト、エイハム・アハマド(Aeham Ahmad)さんの来日演奏会(東大・駒場キャンパス)に行ってきました。主催は非営利団体のStand with Syria Japan (SSJ)さん。素晴らしい演奏を通じて、いろいろと考えされられる貴重な機会となりました。
https://standwithsyriajp.com/2018/03/05/%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%83%8F%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%8F%E3%83%9E%E3%83%89%E6%9D%A5%E6%97%A5%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88/

※シャッター音に配慮するという条件で、演奏中も含めて写真撮影は自由でした。
IMG-3427_R


IMG-3430_R

エイハムさん_R

現在はドイツ在住のエイハムさん。とても穏やかでフレンドリーな方で、演奏も会場がバックコーラスを担当、ご本人が主旋律を歌ったりなど、楽しい演出もあれこれ。メロディーは子ども向けに明るい曲もあるけれど、友人から著名詩人までさまざまな人による歌詞は、配給物資の箱を待つ人々の心の内だったり、シリアやパレスチナの現状を描いたものだったりで、音楽を通しての強いメッセージが心に深く残りました。ちなみにエイハムさん、ご両親はパレスチナ人で、正確にはシリア国内にあるヤルムーク・パレスチナ難民キャンプのご出身とのことです。

最後の曲はシリアの東グータ陥落をイメージして作曲したとのこと。演奏後には思いが高まってか、男泣きされてました。…東グータでも空爆があり、化学兵器の使用が疑われて子どもたちが口から泡をふいて倒れるなど、ニュースなどを通じて(私自身も含めて)世界は何が起こっているのか知っているのに止めることができていないわけで、ましてご自身が住んでいた国でそんなことが起こっていたら、この上なくつらいですよね…

アンコールは明るいメロディーの曲で、難民キャンプを去った友人らを思う歌とのこと。閉会後も会場に残られて、参加者の方々と英語でにこやかに談笑されていました。