ヨーロッパ各国の映画をほぼ日替わりで楽しめる「EUフィルムデーズ」を初体験。ポルトガル映画の「ホース・マネー」を見てきました!
ペドロ監督の強烈で独特な世界に圧倒され、上映直後に行われた小野正嗣さん(作家)のトークショーも素晴らしかったです。
https://eufilmdays.jp/films/2018/horse-money/

アフリカの西側、大西洋に浮かぶ島国のカーボ・ヴェルデ出身でリスボンのスラムに住む、中高年の移民男性を主人公とする作品。貧困や搾取、精神疾患、(おそらく祖国独立に関連する)革命軍、娘の婚礼などが回想や妄想も交えて描かれます。

光と闇の対比が印象的な映像。しかも光よりも闇のほうが多い。地下、夜の森、薄暗い路地など。闇から急に人が出てくるのように感じますが、前からそこにいて見えなかっただけなのでしょう。台詞や音、笑顔も少なめ。顔は闇の中で見えないけれど、光が当たっている手足や背格好から、その人物がうなだれているのがわかったり。たまに音楽や微笑むシーンが入ると、鳥肌が立ちそうなほどのインパクトがあったり。

舞台演劇のような場面展開や、静止画像のようなシーンもあり、主人公男性が急に歌い始めるシーンではミュージカルの雰囲気を感じました(素敵な歌声でした)。誰が誰に語っているのかわかりにくい台詞もありますが、効果的な演出だなと感じられます。いずれも作品と一体化して、自然に流れていく感じがまたすごいなと。

以下は、ペドロ監督を尊敬するあまり「ペドロ先輩」と呼んでいらっしゃる(^^)、小野正嗣さんのお話(私のざっくりした記憶に基づくものですm(__)m)。
もし本作品を文字で表現するとしたら、小説では無理。可能性があるとすれば詩だろうか。
本作品内でペドロ先輩は、主人公たちに尊厳を返そうとしているのではなく、彼らが元々持っているが見えにくくなっている尊厳をポエティックな手法で我々にも見えやすくしてくれている。重んじているのは正当性と正義で、周辺的な状況に追いやられている人々に目を向けた作品とのこと。

「尊厳」という言葉は、自分が聴講したシリアに関する講演会でも、パレスチナに関する講演会でも強調されていた語です。生きているだけでも素晴らしいことだけれど、社会における位置付けなども含め、尊厳が保たれることも不可欠だと。

一般論として、長年にわたって尊厳が損なわれてしまうと、残された限られた手段へと追い詰められてしまいかねないのではと思います。


独特の魅力を持つ本作品、映画祭終了後も全国のミニシアターなどで上映されたらいいなと思いました。