chocoの日記: 翻訳&その他にて我が道を行く・・・

カテゴリ: 中近東/国際政治・文化の勉強

ヨーロッパ各国の映画をほぼ日替わりで楽しめる「EUフィルムデーズ」を初体験。ポルトガル映画の「ホース・マネー」を見てきました!
ペドロ監督の強烈で独特な世界に圧倒され、上映直後に行われた小野正嗣さん(作家)のトークショーも素晴らしかったです。
https://eufilmdays.jp/films/2018/horse-money/

アフリカの西側、大西洋に浮かぶ島国のカーボ・ヴェルデ出身でリスボンのスラムに住む、中高年の移民男性を主人公とする作品。貧困や搾取、精神疾患、(おそらく祖国独立に関連する)革命軍、娘の婚礼などが回想や妄想も交えて描かれます。

光と闇の対比が印象的な映像。しかも光よりも闇のほうが多い。地下、夜の森、薄暗い路地など。闇から急に人が出てくるのように感じますが、前からそこにいて見えなかっただけなのでしょう。台詞や音、笑顔も少なめ。顔は闇の中で見えないけれど、光が当たっている手足や背格好から、その人物がうなだれているのがわかったり。たまに音楽や微笑むシーンが入ると、鳥肌が立ちそうなほどのインパクトがあったり。

舞台演劇のような場面展開や、静止画像のようなシーンもあり、主人公男性が急に歌い始めるシーンではミュージカルの雰囲気を感じました(素敵な歌声でした)。誰が誰に語っているのかわかりにくい台詞もありますが、効果的な演出だなと感じられます。いずれも作品と一体化して、自然に流れていく感じがまたすごいなと。

以下は、ペドロ監督を尊敬するあまり「ペドロ先輩」と呼んでいらっしゃる(^^)、小野正嗣さんのお話(私のざっくりした記憶に基づくものですm(__)m)。
もし本作品を文字で表現するとしたら、小説では無理。可能性があるとすれば詩だろうか。
本作品内でペドロ先輩は、主人公たちに尊厳を返そうとしているのではなく、彼らが元々持っているが見えにくくなっている尊厳をポエティックな手法で我々にも見えやすくしてくれている。重んじているのは正当性と正義で、周辺的な状況に追いやられている人々に目を向けた作品とのこと。

「尊厳」という言葉は、自分が聴講したシリアに関する講演会でも、パレスチナに関する講演会でも強調されていた語です。生きているだけでも素晴らしいことだけれど、社会における位置付けなども含め、尊厳が保たれることも不可欠だと。

一般論として、長年にわたって尊厳が損なわれてしまうと、残された限られた手段へと追い詰められてしまいかねないのではと思います。


独特の魅力を持つ本作品、映画祭終了後も全国のミニシアターなどで上映されたらいいなと思いました。

『ムシェ 小さな英雄の物語』(キルメン・ウリベ 著、金子奈美 訳)を読了。https://www.hakusuisha.co.jp/news/n14761.html
2016年に第二回日本翻訳大賞を受賞して以来、気になっていた作品。

原書はなんと、バスク語で書かれたとのこと。本書が2作目となる著者は、「スペイン北部からフランス南西部に跨がるバスク地方に生まれ育ち、話者数が100万人に満たない少数言語の書き手」(訳者あとがきより)だそうだ。ちなみに川崎市の人口が約70万で、バスクではそれよりやや多い人口で1言語を守り抜き、世界的な作家まで生み出している(著者の1作目は英語をはじめとした14言語に翻訳されている)ことにも感嘆。そしてそれを日本語で読めるとはなんとも幸せだ。

さて、本書はバスク語の書き手で1930年代のスペイン内戦に関心を持つ作者が、スペイン内戦時にビルバオからベルギーに疎開した子供と、その受け入れ役を引き受けたベルギー人青年のロベール・ムシェ(レジスタンス運動に加わり、ノイエンガンメ強制収容所に送られた)を中心に描いたもの。

囚人たちの生きる意欲を根こそぎ奪い、尊厳を踏みにじる場である、悪名高いノイエンガンメ強制収容所での描写も凄まじい(本書から外れるが、パレスチナの現状がナチス収容所と似ているとの指摘も各所でなされており、本書を読んで私も同じことを思った)。

そしてカープ・アルコナ号の悲劇。恥ずかしながら、本書で初めて知った。第二次大戦終結直前に、強制収容所の囚人たちがリューベック港に停泊中のカープ・アルコナ号に詰め込まれた。ナチスの旗が掲げられていた当船をイギリス空軍が爆撃し、4000人を超える囚人が死亡。5日後にはドイツが降伏したのだが…。

一方で、文学青年であるロベール・ムシェとその周囲の人々との交わりは、知的であたたかく、心洗われる。

「歴史資料や独自の取材にもとづくノンフィクション的な記述と、作家の想像力から生まれる小説的な語りとのあいだを行き来して、ロベール・ムシェとその周囲の人々、彼らの体験や感情を鮮やかに蘇らせてみせる。」(訳者あとがきより)という、独特で奥深い世界が広がっている。

終盤には作者と同名の語り手が登場し、「作中におけるフィクションと現実の区別は宙づりにされ、語り手がはたして作者本人なのか、その人物の身の周りに起きるのは実際にあった出来事なのかといった判断は読者の側に委ねられることになる」(訳者あとがきより)という作りもあってか、人々のあまりに複雑な思いがじわじわと、そしてしっかりと伝わってくる。

厳しい描写も多々あるが、主要な登場人物が勇敢で前向き、かつ穏やかなため、読了後にはこちらも穏やかな気持ちになった。お勧めです(^^)

映画『ラッカは静かに虐殺されている』を見てきました。すごい作品。
http://www.uplink.co.jp/raqqa/
渋谷アップリンクや中野で上映中、他にもミニシアター数カ所で順次上映予定とのこと。

「イスラム国」に支配されたシリアの都市、ラッカの惨状をスマホを使って命がけで世界に伝える市民ジャーナリスト集団を追った、究極のドキュメンタリー。
内容があまりにつらすぎるからか、上映後にざっと見たところ、観客が誰も泣いていないような気がした。あまりにいろいろなことを考えさせられて、泣くことまで頭や気持ちに余裕がないのかもしれない。
タイトルが物騒な感じもするが、これは市民ジャーナリスト集団の名称を和訳したもの(RBSS = Raqqa is Being Slaughtered Silently/ラッカは静かに虐殺されている)なので、誇張でもあおりでもない。

注意書きとして「*本作は損傷の激しい遺体、残虐な処刑のシーンがありますので、あらかじめ了承の上ご覧ください。また、16歳未満の年少者は保護者指導の元による鑑賞をお願いします。」とある。妥当な判断だと思う。とはいえシリア現地では、赤ちゃんだってこの光景を目の当たりにしているどころか犠牲者になったりもしているわけで。実弾が飛んでくるわけでもない安全な場所で現地の悲惨な映像を眺めている私は何なんだろう、悲劇の消費者か??と自問自答したくなったほど。

でもこの市民ジャーナリスト集団の願いは世界に惨状を知らしめることで、そのために「イスラム国」からの脅迫にも屈せず、身を危険にさらしているとのこと。しっかりと拝見させていただいた。仲間数名がすでに殺され、レポートをやめないと父と弟を殺害するぞと脅されても(そして大変残念ながらお二人とも殉教されても)、トルコに逃げても追っ手が潜伏先までやってきたり、ドイツへの亡命後も脅迫が続いても、自分が2年後にはこの世にいないかもしれないと思っても、「世界に伝える」「カメラは武器より強い」旨の気持ちは揺るがない。そして、世界に向けてさらに顔と名前をさらして、積極的にメッセージを発信することを決めたそうだ。そのほうが一層伝わりやすくなるからとのこと。命を狙われる危険が増すのも覚悟なのだろう。

こういった背景もあってか、彼らの映像が持つインパクトの強さは言うまでもない。街中にいたら銃撃(砲撃?)が始まったので、スマホのカメラを回しながら走って逃げる。映像は体の動きに合わせて大揺れだし、コンクリートの破片などが飛び散って瞬時に視界も悪くなる。弾が発射される音や何かに当たる鈍い音にもぞっとさせられる。

かと思えば、「イスラム国」支配前の時期に、一般市民が平和的なデモを行っている映像も流れる。「アサド(大統領)はやめろ」「ウソをつくな」とのコールは、今の日本の国会前デモと同じだ。

ちなみに市民ジャーナリストメンバーたちは、活動当初は大学生。スマホとノートPCを使いこなし、友人とおしゃべりを楽しんでいる様子は、日本の若者と変わらない。インタビューで「活動資金はどうされているのですか」と問われ、「僕たちは中産階級なので、最初の9カ月は自分たちで捻出していました。その後、支援団体がつきました」とのこと。人が良さそうな、普通の若者たちだ。映像を見ていると自分も彼らの仲間になったような気持ちにあり、内戦がなければ…と心から思うようになる。

オチもないし明るい未来も描けないけれど、彼らが絶対に負けない、諦めないだろうことは確かな気がする。この映画を見れば、きっとそう感じると思う。


シリア出身のピアニスト、エイハム・アハマド(Aeham Ahmad)さんの来日演奏会(東大・駒場キャンパス)に行ってきました。主催は非営利団体のStand with Syria Japan (SSJ)さん。素晴らしい演奏を通じて、いろいろと考えされられる貴重な機会となりました。
https://standwithsyriajp.com/2018/03/05/%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%83%8F%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%8F%E3%83%9E%E3%83%89%E6%9D%A5%E6%97%A5%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88/

※シャッター音に配慮するという条件で、演奏中も含めて写真撮影は自由でした。
IMG-3427_R


IMG-3430_R

エイハムさん_R

現在はドイツ在住のエイハムさん。とても穏やかでフレンドリーな方で、演奏も会場がバックコーラスを担当、ご本人が主旋律を歌ったりなど、楽しい演出もあれこれ。メロディーは子ども向けに明るい曲もあるけれど、友人から著名詩人までさまざまな人による歌詞は、配給物資の箱を待つ人々の心の内だったり、シリアやパレスチナの現状を描いたものだったりで、音楽を通しての強いメッセージが心に深く残りました。ちなみにエイハムさん、ご両親はパレスチナ人で、正確にはシリア国内にあるヤルムーク・パレスチナ難民キャンプのご出身とのことです。

最後の曲はシリアの東グータ陥落をイメージして作曲したとのこと。演奏後には思いが高まってか、男泣きされてました。…東グータでも空爆があり、化学兵器の使用が疑われて子どもたちが口から泡をふいて倒れるなど、ニュースなどを通じて(私自身も含めて)世界は何が起こっているのか知っているのに止めることができていないわけで、ましてご自身が住んでいた国でそんなことが起こっていたら、この上なくつらいですよね…

アンコールは明るいメロディーの曲で、難民キャンプを去った友人らを思う歌とのこと。閉会後も会場に残られて、参加者の方々と英語でにこやかに談笑されていました。

2週間ほど前ですが、吉祥寺にあるロシア&ジョージア(旧グルジア)料理店「カフェ ロシア」に行ってきました^_^

ランチBセットに「毛皮のコートを着たニシン」(写真右下の右側)を追加していただき、二度目の体験となるグルジアワインも安定の美味しさでした(^^)

グルジア

このページのトップヘ