chocoの日記: 翻訳&その他にて我が道を行く・・・

カテゴリ: 料理&外食

2週間ほど前ですが、吉祥寺にあるロシア&ジョージア(旧グルジア)料理店「カフェ ロシア」に行ってきました^_^

ランチBセットに「毛皮のコートを着たニシン」(写真右下の右側)を追加していただき、二度目の体験となるグルジアワインも安定の美味しさでした(^^)

グルジア

土曜の夜のことですが、我が家の3名で横浜のトルコ料理店「TRUVA(トゥルヴァ)」に行ってきました。ベリーダンスも素敵でした!
https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140101/14058998/
(※土曜の夜は20時からベリーダンスのショー(無料)があるので、予約をされたほうがいいと思います。先日も、満席でした。)

お任せコース(税抜きで1名3300円)を3名分お願いしましたが、とにかくどれも美味しくておなかいっぱい!以下、自分の備忘録も兼ねて、写真と共に並べておきます。

ぶどうの葉包みピラフ、トルコチーズの春巻き、ひよこ豆ベジタリアンフライ(ファラフェル)
IMG-2437_R


トルコ風サラダ
ペースト4種類(ヨーグルトとナス/ホウレンソウ/ピリ辛トマト/ひよこ豆)
手作りパン
IMG-2438_R
特に、ひよこ豆ペースト(フムス)がお気に入りとなりました。一口食べるごとに「うん、ひよこ豆、おいしい!」と連呼していたような(笑)。


ナスと牛ひき肉スパイス炒め(ムサカ)
ラム肉シチュー

IMG-2441_R


ギョレメ(チーズ)(メニューには英語で"Fry Pizza"とありました。なるほど)
IMG-2447_R


ケバブ盛り合わせ(ラム、チキン、手羽)※串からはずした後の写真です。白くて円いのはご飯。お肉とご飯の組み合わせて幸せ倍増でした。
IMG-2450_R
コース外ですが、せっかくなので、伸びるトルコアイス(実は人生で初体験)も食べてみました。伸びるのを楽しみつつ、お味もおいしかったです。


トルコワイン、トルコビールEFES、トルコのお酒「ラク」(あえて例えるならウォッカのような感じ?)も、とても良かったです。

土曜の20時からはベリーダンスのショー(無料)も行われ、こちらも楽しんできました。とても美しくグラマラスな女性お二人が、自分の前方2メートルの場所で神業級のダンスを披露してくださいました。最初は見事なお胸や腰に目が行きがちなのですが(笑)、研鑽を重ねられたであろう見事な動きと、ダンスを心から楽しんでいらっしゃる素敵な笑顔に魅了されて感動!圧倒されて涙が出てきそうでした。店内でも男性より女性客の方が興奮している感じで^^。

曲はしっとりしてエキゾチックなもので始まり、いつの間にかテンポが上がってビート感が強い曲になり、トルコにもいろんな曲があるんだな~と(考えてみれば当たり前ですが)。

曲のテンポはますます上がり、サルサクラブ(デンバーにいた頃、メキシコ出身のルームメイトによく連れて行かれました^^)でよくかかっている「メレンゲ」(ジャンル名)っぽくなってきて「踊らにゃ損損」という雰囲気になってきました(笑)。やはり来ましたねえ、踊り手さんから「皆さんもどうぞ!」^^

やはり?女性客が元気です(笑)。向かいと横のテーブルから計8名ほど立ち上がられ(もちろん私もすかさず参加)、みんなで輪になってテキトーに踊ってます(笑)。ベリーダンスをやったことがありそうな人はお1人かな(笑、私ではありません)。うちの小6男子は、顔が引きつったまま座って食べてました(笑)。「盆踊りでもフォークダンスでも、なんでもいいからまずはおいでよ」と声をかけましたが、頑なに首を横に振っています(笑)。でも、踊り手お姉さんが横に座ってくださったときには、満面の笑顔でした(笑)

踊り手さんのお一人は客席に座ってのんびりしているし(笑)、なんだかもう、みんなのびのびと好きに楽しそうにしています^^ とってもいい感じ^^

いつの間にか音楽が止まって、ダンスタイム終了。自然発生的に、踊り手さんたちとの写真撮影や、ベリーダンス質問会(踊り手さんたちは、先生をやっていらっしゃるようです)が始まったり(笑)。「腰痛持ちですが、大丈夫ですか?」(無理な姿勢は一切無いので平気だそう)「皆さん"胸"はどうされているのですか?(笑)」(「盛っている」人も多いらしい^^)などなど、聞こえてきました^^

確かに、あの見事な踊りっぷりを見せていただいたら、自分もやってみたくなりますね^^でも、まずは空手を習いたい私でした(いつの日になるやら・・)。

素敵な踊り手さん
001 (2)_R



店内ではトルコの民芸品も売られていて、ピアスを買ってみました。「鬼ににらまれたときに、この目玉が見返してくれて鬼を撃退してくれる」のだそう。魔除けにもなりそうです^^

ピアス_R

とっても美味しく楽しい土曜の夜となりました(^^)

p.s.小6クン、帰りの電車の中で何やら踊ってました(笑)。踏ん切りを付けるのに時間がかかるのかもしれませんね^^

1月のことですが、我が家の3名でウズベキスタン料理のお店(アロヒディン、八丁堀店)に行ってきました!https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130203/13139519/

「ウズベクコース」とアラカルトのラグマン(麺料理)を予約。肉にプロフ(ピラフ)に麺にパン(インドのナンとヨーロッパのパンの間のような感じのもの)に煮込みに・・と、「文化よりも食欲」系(笑)の我が家の男子2名(51歳と11歳)も大満足のおいしさでした。全体的にマイルドな味で食べやすいです。羊肉とにんじんを使った料理が多いようで、ヘルシーですね^^。

サラダとパン↓
IMG_1282_R

パン↓。ナンとパンの間をとったような味と食感でおいしい(^^)
IMG_1285_R


煮込み↓
IMG_1287_R


プロフ(ピラフ)↓
IMG_1290_R

シャシリク(羊、鶏、牛肉串焼き)盛り合わせ↓
IMG_1291_R


ラグマン(麺料理)↓
IMG_1289_R

 チャイ↓。甘くないです。ポットも素敵。
IMG_1292_R

 
ワインはジョージア(旧称グルジア)産の赤「(日本名)オールド・トビリシ」(ミディアム~フルボディあたりのお味でしょうか)を選択したところ、これまた正解^^。
IMG_1283_R

 
オーナーシェフのファズさんは日本橋店との間を行き来されているようですが、昨日はお会いできて嬉しかったです。日本語堪能、ジャニーズ系のかわいい感じの爽やかナイスガイさんです。ぐるなびさんサイトの記事にお写真+お店(日本橋店のようです)の紹介があるので、リンク先を貼り付けておきます^^http://r.gnavi.co.jp/g-interview/entry/2364

ウズベキスタンの位置は、ざっくり言うと、トルコの東、ロシアの南、イランの北ということもあってか、トルコ料理、ロシア料理もメニューにあるようです。料理についてもきっと、各国間で互いの影響が見られるのでしょうね。ワインリストにはキプロスワインなどもあって、またいつか試してみたいです。

さて、ほぼ1年前にパレスチナ料理を東京・十条のお店でいただき、昨年秋には川崎のシリア人先生のお宅でシリア料理をいただき、今年初めのウズベキスタン大使館でのイベント+昨日でウズベク料理体験。結果として、少しずつ東へむかっていますね(笑)

※ざっくり言って、パレスチナはエジプトとサウジの間、パレスチナの北西にシリア、東に数国飛び越えるとウズベキスタン。

次はここかな~??と小5クンが地図を指さしたのは1つ東側のカザフスタン。いやー、さすがに日本にはお店がないでしょうと思いつつ、「もう少し東にいくとウイグル(自治州)(中国)があって、餃子などもあるみたいだよ」と言ったところ、やはり餃子に反応していましたw ウイグル料理のお店は東京にもあるようで、また、いつかそのうち・・・^^

ユーラシア大陸も魅力いっぱいですね(^^)

大学の大先輩であるW様(お会いしたのは本日が初めて)からOGメーリングリスト経由でご案内をいただき、ウズベキスタン大使館でのセミナーとWine & Dineの会に参加させていただきました^^

IMG_1246_R
 

まずはウズベキスタンの魅力について、大使館の方からのご明。

IMG_1249_R

(ざっくり言って)中国、トルコ、イラン、ロシアの間に位置し、シルクロードのルート上にあった国。近隣諸国やシルクロード経由で文化面でもいろいろと影響を受けたようで、楽器や陶磁器なども印象的。そしてブルーを基調とした美しいイスラム建築物があふれるサマルカンド、中央アジア随一の城壁都市ヒヴァなど、散策して写真を撮りまくりたい街の数々。ソ連時代の遺産も興味深い。イスラム教徒が多いが、他宗教にも寛容とのこと。
人々は親日的で、治安もよく、食べ物もおいしい。四季があって日本と同じ服装で旅行可能とのこと(ただし1-2月のブリザード期間を除く)。
 

成田から週2で直行便あり(確か8時間くらい)。

行きたくなりますねえ・・^^

続いてWine & Dineの会。

食べ物はプロフ(ピラフ)やサラダなど。さっぱりしていておいしかったです。
IMG_1254_R


そしてウズベキスタン産ワイン^^。
いくつか種類があったのですが、白ワインとこのBAGIZAGANの赤(メルロー)を1杯ずついただいたところ、とてもおいしかったです^^しかも、オーガニック基準を満たし、防腐剤もほとんど使用していないという優れものです。
IMG_1255_R

日本への輸入を行っている会社(http://www.misty-caravan.jp/BAGIZAGAN.html
)の方ともお話する機会がありました^^

私、あちらの方面には行ったことがないんですよね・・。ウズベキスタンにとっても行きたくなりました(^^) ・・うちの小5男子が大学生になってからかもしれませんが(笑)。 

「鶏のアヒージョ」、できた~^^ 

先日買った「アヒージョの素」はまたの機会にとっておくことにして、三田バルオーナーも監修に加わったレシピを見つつ、自力で作ってみました^^

直火OKのグラタン皿にオリーブオイルとニンニク入れて、アルミホイルでフタをして、あとはお鍋と素材にお任せ!ワインにもよく合います(^^)

12715337_10207349918899021_6504634591717368840_n
 
12715337_10207349918779018_8446213769822595481_n
 

このページのトップヘ