rogo

          
  • Top
  • blog
  • rss
  • Twitter
  • RSS

    1:2014/01/30(木) 16:39:48.69 ID:
    東京都知事選の期日前投票の出口調査で、上位4人の順位に大変動が起きている。
    舛添要一元厚労相(65)がリードしているが、情勢調査で2位だった細川護煕元首相(76)が、
    元日弁連会長の宇都宮健児氏(67)に逆転された調査もある。

    元航空幕僚長の田母神俊雄氏(65)も細川氏に数ポイント差まで猛追しており、
    2月9日の投開票では、想像を絶する結果もありそうだ。

    大手メディアの出口調査によると、舛添氏が40%半ばの支持を集めてトップを走っているが、
    2位は20%弱の宇都宮氏で、3位に僅差で細川氏がつけ、これに田母神氏が接近しているという。

    某政党が先週末に行った情勢調査では、細川氏が宇都宮氏を上回って2位だったが、その差は数ポイント。
    田母神氏が急速に支持を増やしていた。「舛添、細川両氏の2強対決」という構図は崩れつつある。

    ただ、街頭演説では、選挙戦の違った側面も見える。

    東京都武蔵野市のJR吉祥寺駅前で29日午後、舛添陣営と細川陣営が約1時間差で街頭演説を行った。
    舛添陣営は聴衆約500人と平日としてはまずまずだったが、細川陣営は、同伴応援する小泉純一郎元首相(72)らの高い人気や、
    細川氏を後方支援する菅直人元首相(67)のおひざ元だったためか、約2000人を集めた。

    出口調査や情勢調査での「細川劣勢」は、どう受け止めるべきなのか。

    政治評論家の小林吉弥氏は「もはや、2強対決ではない。細川氏には当初、無党派層が期待して注目していたが、全くダメだ。
    首相経験者なのに、『原発ゼロ』を訴えるだけで、具体的なエネルギー政策が1つもない。(首相になった)20年前の若さや勢いは見られない。
    都民への奢りすら感じる。一方、宇都宮氏には実直さと、ブラック企業対策に取り組んだ信頼感がある。田母神氏には保守層の後押しがある」と分析している。
    http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20140130/plt1401301532002-n1.htm
    【【都知事選】 「2強対決」は早くも崩壊・・・大手メディアの期日前投票の出口調査、舛添氏40%半ば、2位20%弱 宇都宮氏、】の続きを読む

    1:2014/01/19(日) 23:08:43.50 ID:
    21♂去年から社会人デビューして、職場の姉ちゃんに好かれて12月恋仲になった
    デートもセクロスもしたけど、なんというか…いつも冷めて、冷静な自分がいて夢中になれない

    みんなは恋人とどんなことしてる時が1番楽しい?
    【21でやっと初彼女出来たけどなんか違う】の続きを読む

    1:2014/01/19(日) 22:05:00.57 ID:
    ◆アベノミクスで狙いたい!?ラテン系ステキ中古車“真実の購入”ガイド
    アベノミクスの影響を受け、高級輸入中古車がバカ売れしている。『SPA!』と
    ツイッターと身内のフェイスブックしか読まないボンクラ諸君は知らないだろうが、
    中古でも1000万円を軽く超える1世代前のポルシェ911GT3などが、与沢翼じゃないが秒速で売れているのだ。

     最新のメルセデス・ベンツAMGの新古車とかも似たような状況だが、そういった
    ゲルマン勢だけを貴ぶ風潮には一石を投じたい不肖軍曹である。

     なんつーかこう、ドイツ車って今や「読売ジャイアンツ」だと思うんですよね。
    ジャイアンツはたしかに強い。だが「カッコいいか?」と問われれば微妙なのが、
    今世紀の読売ジャイアンツである。昔は巨人軍入団を真剣に目指す野球少年がモテたが、
    最近では楽天入団とかを目指したほうがモテるのではないか。

     そう、時代はパ・リーグだ。マー君やダルビッシュ、イチローといった近年の
    大選手がおしなべてパ・リーグ系というのも象徴的だ。
    それと同様に輸入中古車も、これからは断然“パ・リーグ系”がオススメである。
    権威の権化であるドイツ車ではなく、もっとマイナーで、しかし不思議と元気が
    良くて盛り上がっている、まるで東北楽天イーグルスとか北海道日本ハムファイターズのようなクルマ。
    具体的にはイタリアやフランスの“いわゆるラテン車”だ。
    自分は数年前にこの潮流を察知し、爾来イタリア製中古車を主に購入している。

    現在の愛車は写真の’94年式ランチア・デルタHFインテグラーレ。
    官能大国イタリアが生んだ不世出の官能的ラリーカーである。エンジンをちょいと回すだけで、
    いや姿を見ているだけでもウルトラ陶酔できる、最高のクルマである。購入価格は245万円。
    激安ではないが大して高額でもない。

     しかし、こういうことを言うと必ず“中古のイタ車なんて壊れまくるに決まっている!”的な
    有象無象が湧いてくる。これだから『SPA!』とツイッターと身内のフェイスブックしか読まないボンクラは困る。

    つづきます
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140119-00569022-sspa-soci
    【【車】バカ売れ中の輸入中古車 お勧めはランチアやアルファなど「パ・リーグ系外車」 識者「壊れやすいと過剰に騒ぐ奴はボンクラ」】の続きを読む

    このページのトップヘ