January 12, 2007

静岡新聞

気をつけてください(・∀・)ニヤニヤ






-------転載

静岡県内ニュース(社会)



オンラインゲーム、他人の「武器」売却 県警捜査
2007/01/09


 人気オンラインゲーム「メイプルストーリー」の参加者がゲーム上で保有するアイテム(武器)を、他人に勝手に売却される被害が相次いでいたことが8日までの県警の調べで分かった。盗んだIDやパスワードを使って参加者本人になりすまし、アイテムを売り渡しているとみられる。県警は関東地区に住む中学生の少年の犯行とみて、不正アクセス禁止法違反の疑いで捜査している。
 調べでは、少年は平成18年1月から8月ごろまでの間に、他人のゲーム参加用のIDやパスワードを不正な方法で入手。このID、パスワードを使って参加者本人になりすまして、その参加者のアイテムを別の参加者に売り渡し、利益を得ていたという。被害者は県内の中学生を含む少年ら10人で、被害総額は約10万円とみられる。
 「メイプルストーリー」は、主人公がアイテムを増やしながら攻撃力を高めることで、先に進むことができるロールプレイングゲーム。参加は無料。アイテムは主催者から購入できるほか、ゲームの参加者同士での売買も可能。ゲーム上で発揮する性能によって500円程度―20万円台までの値が付くという。メルと呼ばれるゲーム内の通貨でやり取りし、RMT(リアルマネートレード)を利用して換金できる。
 少年はゲームの愛好者が集まるインターネット掲示板に「ゲームの攻略に役立つプログラムがある」と表示。プログラムにはパソコンのキー入力が分かる「キーロガー」を仕組み、ダウンロードすると、IDやパスワードが自動的に少年に送信されるように設定していたという。少年はこの方法で約40人分のID、パスワードを入手していたとみられる。ネットバンクに口座を開設し、アイテムの売却利益の入金に利用していたらしい。
 昨年夏、県内の中学生から「ゲーム上の自分のアイテムが誰かに盗まれた」と県警に相談があり、事件が発覚した。同様の被害は他にも多数、あるとみられている。捜査関係者は「バーチャル空間上の小遣い稼ぎが犯罪行為に移行している。新たな少年非行の温床になりかねない」と危ぐしている。



------



楽しようと思うとこんなことが…
うちはノートン先生や、バスター先生を入れているから大丈夫!なんか思ってちゃいけませんよ〜
セキュリティーソフトは実行ファイルには無力ですからー  切り!





chocobananamaster at 11:25│TrackBack(0)clip!ONLINEGAME 

トラックバックURL