C1B32323-8DEE-4322-A4A7-E34FD453664C


一ヶ月のエプロン展、その集大成となった、4・1のエプロンフェスを終え、早いもので十日が経ちました。ご協力いただいた皆様、極楽様でした。お忙しい中、足を運んでいただいた皆様、誠にありがとうございます。お疲れ様〜と云うよりも、極楽様〜と云おう!「お疲れ様」と云うと、言霊で相手を疲れさせてしまうから〜と、エプロンフェスにて、ピースフルな演奏と面白トークで盛り上げていただいたPeace-Kくんに教えていただき、以来、使う様にしております。(笑)

F7569BD9-2AFC-4903-9F6A-65F826122143

(奥様のアサミちゃんにはSWEETS STAGEに。ファミリーで盛り上げていただきました)

APRON FESでは、Peace-K君と共に、jujumoとhalcony、三組の豪華フル出演に、プラス娘の楓も加わり『What a wonderful world』とエプロンにちなんだ曲として、ハナレグミの『家族の風景』を唄い奏でていただけたこと、まさに極楽様のギフトでした。

(※以下、皆様の投稿していただいた写真からのシェア&iPhone機種変更の為、画像がワルく申し訳ございません。写真の転送と、プロのカメラマン、ポルコさんから届いている写真をダウンロード出来次第、差し替えたいと思います。)

C3619EAE-F5C6-41CC-86EB-FBA51A546D41


IMG_0071


ED3CC536-7B1C-4A61-B827-0F8E098D333E


30CFCEA4-7A05-45B5-A498-DC3F54BE1D91


jujumoガーデンでのリハーサル風景は、既に天国にいるかの如くで、当日の素晴らしいLIVEにも感動し、出店いただいた五組、mer maw mem TIMELESS CHOCOLATE FANTASIEN HAPPY ORDER UTOPIAの美味しいSWEETSにほっぺを落とし、愛と笑いの溢れる会場を、nukumi candleのあたたかな灯りが輝き続けてくれていました。

IMG_0041


IMG_0040


IMG_0039


共に素敵なエプロンを作り出していただいたコラボアーティスト達にも、お集まりいただき、当日WSを開催していただいたり、素敵な舞を披露していただいた友人達、フラのメンバー、ウクレレメンバー、駆け付けていただいた友人達、皆様の顔を想い浮かべ、私一人では成し得なかった、仲間達の協力があってこそのAPRON REVOLUTION~わき起こる感謝に、一生分泣けました。ご参加いただいた、ご協力いただいた皆様へ、心を寄せていただいた皆様へ、この場をお借りして、アツク御礼申し上げます!!!

IMG_0024


IMG_0038


IMG_0035


また、最終日には、沢山の友達にご来場いただき、試着を楽しんでいただいたり、其々にお似合いのエプロンをお選びいただき、接客を楽しみました。産まれたばかりの赤ちゃんも合わせ、家族三人のエプロンを揃えていただいたり、目指している幸せなステージが広がり、エプロン展の締めに相応しい嬉しい幕引き。開催出来て良かった!と、疲れも吹っ飛びました。一か月の間、私の居ない時にも足を運んでいただいてメッセージを残してくれた皆様、本当にありがとうございます。重ねてアツク御礼申し上げます。

IMG_0056


IMG_0058


IMG_0057


IMG_0059



IMG_0060


搬出を終え、藻抜けの殻になるかと思いきや、意外と元気な自分に驚き、まだまだ皆様へのお礼と、やるべきことが多々ありますが、やっと振り返り、自分を省みる心境になれましたので、ここに綴っておきたいと想います。(ここからが長くなります。笑)

エプロン展と云う、エプロンに特化した展示会を去年の11月のARSHAから始め、12月にTIMELESS CHOCOLATEでのPOP UP SHOP 、Prootsでのエプロンのある年末展を終え、今年はエプロンの可能性をより拡大し、新しい場所での展示を試み、多くの人の目に触れる機会を作りたい!沢山の方にエプロンを楽しんでいただきたい!との想いがありました。

また、普天間基地の目の前にある、このカフェで、特に軍モノ生地を母性と女性性の象徴であるエプロンにリメイクして、愛と平和のメッセージを込めて発信したい!と云う閃きに、アーティストの仲間達が共鳴してくれたことで、『Re:make LOVE APRON REVOLUTION』と云う大げさなタイトルをつけ、本気でエプロン革命を起こしたいと、やる気スイッチが入りました。すべての軍服をエプロンに!

また、フラのクラスの仲間からいただいた、一回しか着ていないというドレスを沢山、提供していただいたこともあり、Re:make をテーマにしようと決まりました。箪笥の肥やしエプロンに!

IMG_0122


IMG_0112


IMG_0114


一ヶ月、普天間に通ったことで、南城市の海と畑しかない場所で暮らしていると見えてなかった、沖縄の現状、米軍基地の存在、戦車や軍事機を身近に感じられ、余計にエプロンレボリューションへの拍車がかかりました。


IMG_0131


IMG_0121


ユニゾンでの展示会といえば、ARTISTの登竜門的な憧れを抱いていたこともあります。ウクレレの仲間がユニゾンのスタッフをされていた御縁もあり、友人達に声を掛け、協力するよと云ってもらえた気持ちに応える為、無事、成し遂げることが出来ました。何度も繰り返しになりますが、ご協力いただいた皆様のおかげだと感謝しています。ありがとうございます。

IMG_0130


29570556_1611893602227368_6396718415753290578_n


反省も猛省も多々あり、その上で、出来なかった事よりも出来たことを褒め、反省した点を今後に活かせる様、忘れない様に、ここに記しておこうと思います。

大きな反省点は、エプロンの制作よりも、エプロンフェスのイベント開催に使ったエネルギーが大きく、作りたかったエプロンのアイデアと布たちが、まだまだ残っていること。布達、ごめんなさい。

計画性の無さと、欲張りな性格で、妄想が誇大してゆく傾向があり、イベントに色々と盛り込み過ぎて、実現するのに、自分の許容量を超えてしまっていたなと感じています。
出演者も出店者も、活躍する豪華メンバーにお集りいただき、各地で色んなイベントが重なる中、私が中心となって、どれくらいのお客様に来ていただけるのか?考えると胃が痛く、眠れぬ夜もありました。イベントを主催されている方々の心境と、人の先頭に立ち、企画運営する大変さを実感することが出来ました。

また、展示の仕方や見せ方も大切で、私が居ない時も、何枚かのエプロンが売れていて、詳しい説明や接客が必ずしも要る訳でなく、如何に人々の興味をそそり、試着したい、ほしい!と想っていただけるか?エプロンの魅力を表現する仕掛けや工夫が、成されていなかったなあと、改めて次回への課題となりました。(エプロンを立体的に魅せられるのが一番なので、ジョナサンの紹介でJさん、虹亀商店さん、AYAちゃんからお借りした5体のボディが用意出来たので感謝しております。)

IMG_0053


IMG_0133


センスを磨くことやクオリティを上げることは永遠のテーマで、世に溢れる情報ではない、本物の美しさや美味しさ、唯一無二の世界に触れるしかなく、五感を刺激する経験を重ねてゆきたいと切望します。

準備期間中は、エプロン制作資金作りに、早朝に近所のお弁当屋でアルバイトしたり、お世話になっている先生や友人から協賛金をいただいたりで、大変助かりましたが、資金面でもっと余裕があれば、色々出来たなあと思い至ります。しかし、どんな人も、何をするにしても想うことであり、お金をかけなくても、もっと出来ることがあったのではないか?それよりも才能溢れる友人達に協力していただけることが財産で、本当に幸せなことだと感じられます。

一ヶ月の長期に渡り、家での制作作業とイベント開催に向けての動きと交流、ユニゾンでは展示の更新と接客、いくつものことを同時に熟すマネージメント力や計画性、人に動いていただく発信力と責任感、やりたいことからブレない強さや、男性的な力とビジネス感覚が必要な場面が多々あり、職人気質で女性性が強く、楽観的で流されやすく、浅はかな性格では、自分の至らなさに精神的にしんどかった時期もありました。

名のあるカフェで展示会をする事で、宣伝はお任せして、制作に専念出来るとの最初の考えも甘く、あくまでカフェの貸しスペースでイベント会場であれば、パネルを作っていただいたり、ブログで発信していただいたりと、ご協力いただいた数々を思い返しては、有難いことばかりです。

展示期間中は出来る限り足を運び、カフェの持つ豊かな空間を楽しみ、ユニゾンならではの多種多様な人々の交流の場で、ここでしかない出逢いも沢山ありました。
多くの皆様にエプロンを見ていただけたこと、お忙しい中、足を運んでいただいた友人知人の皆様、見ず知らずでご購入頂いた、お客様にも感謝しかございません。この様な機会をいただいたご縁に、心から感謝しております。

29512950_1611893655560696_5648897366789310696_n


以下に、フェスの当日、どれだけ皆様に支えられ助けられ成し遂げられたのか。『何がそんなに、何でエプロンなのか?』の問いにも一応の答えの出た一日を記しておきたいと思います。ここ迄も長文でしたが、ここからも長文です。

エプロン展を終えてからも毎朝、今日がイベント本番か?と云う緊張感で目覚める日々。エプロン展が始まる準備期間から振り返ると、一日平均3.4時間のくらいの細切れの睡眠時間で、寝ても覚めてもエプロン、エプロン、エプロン。4/1(sun) 当日の私は、ほぼ寝ていなくて、火を灯す舞を披露していただく女神 Rielaの衣装は、真っ白な薄地のシルクのエプロンドレスで、繊細な生地は、ゆっくり丁寧に扱ってしか縫えず、前日の深夜に完成し、当日の朝、ヤハラヅカサの日の出と共にお渡しするギリギリ感でした。
705037BB-ACAC-42F3-BE40-64635272DDA3


IMG_0135


神秘的で生命力の溢れる浜川御嶽。大きな岩の割れ目に太陽の入るこの時期に、光に包まれた今日を迎えられ、久しぶりに出逢えた友人が、今日の成功を祝って、御目出度う!と涙を流して喜んでくれた嬉し泣きの朝。

338D2463-A0BF-40D4-8730-E75DC550DA85


初の先生と踊れる、生演奏の舞台。フラのKonaneメンバーの皆様のエプロンを、ハワイアンのドレスをリメイクして、私を含めた9枚分、緑の布を4センチで切り出し、1cm巾の紐作りに、約20m分の折りアイロンと縫う作業は意外と手間取り、真っ白なシルクのドレスを縫い終えた深夜から取りかかって、ササッと仕上がる予定が、完成したのは当日の昼過ぎでした。
最後にこれだけはと、ジュジュモのまこっちゃんからのアイデアから産まれた、テレビ番組「新婚さんいらっしゃい」で有名なYES NO枕に続く『YES・ NOエプロン』も何とか完成させることが出来ました。(NOは新しい軍モノ迷彩の柄で、YESが白地にピンクの♡がいっぱいの生地で作りました。笑)

IMG_0070


『エプロンは衣装』のステージには、キャンドルと共に、『地球がステージ』を表現したくて、家の周りに生える元気な植物たち、バナナの葉や月桃、うりずんの季節に咲き乱れる花々を飾りたいと、家の前に住むご夫婦に、沢山の葉っぱやお花を分けていただき、道端や空き地の草花を摘む、余裕はないのに優雅な昼下がり。KIDSスペースのおもちゃの購入は娘に頼んで、その他の諸々やりたかったことは諦め、出発予定を少々押して出掛けられました。

ゴハンも食べてなく、寝てもいない私は、何故か元気で、これはヤハラヅカサの朝日の力、割れ目の太陽パワーだと感じられました。花を飾る為のオアシスを受け取りに花屋さんへ立ち寄ったことで、いつもと違うユニゾンへのルートになり、ナビに沿って行ったつもりが、まさかの迷子になって右往左往。
日の出パワーで体は元気でも、寝てないことで、頭の回転は極端に落ちているなと感じられました。

植物採集をした、そのままの作業着的な格好のまま、腰には長年使い続けて来た年季の入ったエプロンを着け、頭にはバンダナという出立ち。予定より1時間近く遅れて到着したユニゾンには、協力してくれる仲間達が既に集まってくれていて、皆の笑顔を見てホッとしたのも束の間、アレもコレもと準備は尽きず、落ち着かぬ状況に、あっという間に時は過ぎ、カフェの17時半の通常営業を終え、18時半の開場までの1時間。イスやテーブルも大移動しての設営の中、回らぬ頭をフル回転させ、出演、出店の皆様へ衣装のエプロンの配布と選択、ステージに花を飾るのが精一杯で、オープンしてからも掃除したり、自分のことは後回しになり、ハッと気付くと作業着にエプロン、頭にバンダナの私。
深紅のドレスに素早く着替え、エプロンを着けて、フラのメンバーにメイクと髪をセットしていただいて、先生のアヤコさんに頭に花を飾っていただいた。

IMG_0008


94CFFF95-49A9-48C8-84CA-FB932509F383


すると、あ〜ら不思議!!!
寝てない、食べてない、やせっぽちな女が、メイクにお花、ドレスにリメイクエプロンを着けると、見事に元気に舞台に立って、エプロンレボリューション!!!と声高らかに唄ったり踊ったり、キャンドルのあたたかな灯りの中、美しく輝いていられたのでした。

これが衣装の力だと実感。どんな時もエプロン着けたら元気になれる。そして、大好きな人達の為に、がんばれる自分を取り戻せました。大阪にいた頃は、もっと活動的で、世のため人のためにと尽くしていたのが、年齢と共に、いつの頃からか無意識に、人に利用されたくないと、自分の力を出し惜しむ様になっていた気がします。でも結局、人は誰かの為にじゃないと、がんばれなくて。がんばりたいと想える人がいての幸せ。誰かの為に、あなたのために。幸せならエプロン着けよう〜♬♬♬ と唄える喜び。

IMG_0026


80個以上のキャンドルを運び込んでくれたNukumi candleさんとは、数年前の野外イベント残波JAMでのキャンドルステージに、私の作った『NO WAR LOVE MUSIC』の横断幕でコラボさせていただいたご縁で、APRON FESの会場も美しく暖かな光で灯していただき、あの頃と変わらぬ、表現したいことを、再確認することが出来ました。

また、エプロンを介して運命的な出逢いをした友人は、エプロンフェスを機会に、沖縄の言葉で舞うの意味の『moui』 と云うユニットを組み、新しい創作ダンスを産み出し、初お披露目していただいて大絶賛!!!誰かの何かの始まり、自分を表現することのきっかけになれたことが、とても嬉しかったです。
948D915D-292E-4150-8674-2A713FEE410A


「何がそんなにエプロンなのか?」の問いには、誰かの為に、自分の使命を全うする、成し遂げる何かのために気合いを入れられるからであり、幸せな私を演出し、美しく惹きたててくれるエプロンの存在、暮らしを彩る衣装、地球がステージ。愛と平和のシンボル。沢山の仲間達の衣装を作り出し、笑顔と笑いの溢れる、その場がステージとなる喜びが、私のエプロンレボリューション!!!
what a wonderful world〜♫

沢山の気付きと学びをいただいた、一ヶ月の長期に渡ったエプロン展の機会と、この様な️イベントを開催させていただき、カフェユニゾン、スタッフの皆様には、本当にお世話になりました。ありがとうございます♡

愛とエロスの表現(笑)エプロンの益々の可能性を、これからも表現し続けてゆきます。
ご協力、ご参加、足を運んでいただいた皆様、心を寄せてくれた皆様へ愛を込めて♡♡♡
ありがとう〜♡♡♡愛してます💕💕💕これからも、皆様のエプロンを作らせてください。
最後まで、長文を読んでいただき、誠にありがとうございます。

エプロンへの愛と情熱を込め、エプロンフェスで唄ったエプロンソングの歌詞を記して、結びの言葉とさせていただきます。

〜APRON REVOLUTION SONG〜 作詞 CHIZURU

(幸せなら手を叩こうのメロディで)

幸せならエプロン着けよう 幸せならエプロン着けよう 
幸せなら結んでほどいてね ほら皆でエプロン着けよう 

(木を植えましょうのメロディで)
美味しくお料理するために エプロン着けましょう
元気にお志事するために エプロン着けましょう
地球のステージ楽しんで エプロン着けましょう
幸せイッパイ 微笑んで エプロン着けましょう
わたしたちは 愛 LOVE エプロン 
わたしたちは エプロンレボリューション

パーティーへ生きましょう ドレスなエプロン
子供達と仲良く 親子でエプロン
生まれ変わりたい時は リメイクエプロン
愛の表現の為に あなたとエプロン
わたしたちは 愛 LOVE エプロン 
わたしたちは エプロンレボリューション

エプロンレボリューション
エプロンレボリューション
エプロンレボリューション

IMG_0045



エプロン展@UNIZON 3/7-4/2 2018
Re:make LOVE APRON REVOLUTION
4/1 APRON FES music & sweets & candle night

【SPECIAL THANKS】
虹亀商店 mitsuprint mahorama Amateras 香香
jujumo halcony Peace-K 
mer maw mem TIMELESS CHOCOLATE FANTASIEN  HAPPY ORDER UTOPIA  
nukumi candle トリドリファクトリー CAFE UNIZON
Riela moui Konane LELE KAEDE 
あるむんじゅくい 百姓家族沖縄  赤椀の世直し 地球雑貨 
PorcoPhotograph Jonathan RJ's Social
mahina sun-mi AYA LUCY YUKI HAZUKI HARUNA