しょうこ先生の日々。

埼玉県草加市のピアノ教師です。内容は「ピアノレッスン」の他、「家族」その日その日の心を動かした数々を、思ったままに書きつづっていきます。 「ますこぴあの教室ホームページ」はこちら⇒http://chocorinn-pianoschool.jimdo.com/

魅力的な人

  この夏休み・・・
素敵な友人とたくさん会っています。

いつも、「会っておっやべりしたいな・・・」って思っていた人ばかりに会っています。




この年(どの年?笑)になると・・・
その人その人の生き様が、はっきりと表れてきます。

若い頃は、はやりのブランドを着て、仲間で集まっていれば「それなり」で、
同じことをしていれば「安心」で、
『みんな一緒』がよかった時期もあった。

友達も、「仲間」の中にいるから、いっぱいいるような気持になっていて、
1人1人の心の奥までは、考えない時もあった。

実際に、自分のことでいっぱい、いっぱいな時期なので、そうも言っていられない。

そのうちに、それぞれが、それぞれの道を歩いていく。
20年・・・30年・・・
同じようにワイワイやっていて、気が合っているように見える友人でも、この年月の重みはそれぞれ違う。


この年齢になり、
少し疲れた時には、「収めようか・・・」と思う時だってあるのも本音。




でも・・・・
この夏休みに、たくさんの魅力的な人と話して、
んにゃ~~~~!!!私だって、まだまだ!!と、勇気をもらっちゃった!



私より、お姉さんの友人の素敵なこと!素敵なこと!素敵なこと!


「私・・・還暦よ!!(60歳!)」\(◎o◎)/!
そうおっしゃるお姉さんの友達の、美しいこと!美しいこと!美しいこと!!!!

20170818_185458


いいも悪いも、「経験値」を積めば積むほど
人はこんなに優しくなって、愛情深く魅力的になるんだ・・・

これは、年齢を重ねるからこそにじみ出る「魅力」なんだ!と、
心からの勇気と感動をもらっちゃったのでした。


もちろん、、、
洋服や、アクセサリーも素敵。
それが高価なものかどうかは、私にはわからない。
でも(そんなことはないと思うけど・・)その方が「しまむら」「ユニクロ」を着ていても、
最高に魅力的なことだけはわかる。
(わたしもいつも「しまむら~」&「ユニクロ~」だけど、かなり違う!(笑))



ただ生きているだけでは磨かれないこと
時間とお金をかければ得られるものではないこと





要するに・・・・
「今」・・・自分の人生を、自分のためにどう生きるか?・・・
苦しみも、喜びも、自分の中に経験値として栄養にして、
人に対する愛と感謝をもって生き続けていく人。


そんな、素敵な人になりたいと、心から思う「夏休み」です。




大好きな人と食べる食事も、格別。



その人の話を聞いても楽しいし、
自分でも、いつも以上に饒舌に話しちゃって、
お姉さんはニコニコしながら私の話も聞いてくれて・・・





私も、がんばろう!って思った。



今日は、以前『笑夢(M)ホール』でもコンサートを行ってくれた
山本己太郎君のコンサートに行ってきます~

20170815_091122


『笑夢(M)ホール』では、下記のような天才的な即興も聴かせてくれましたが、
今日は、ガラッと!本格的なクラシックを聴かせてくれることと思います。
楽しみです~



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

夏らしくない夏休み

「夏」といえば・・・

にょきにょきの入道雲。
真っ青な空とひまわり。
真黒な子供立ちの歓声。
虫取り網と麦わら帽子。
プールと海
ラジオ体操帰りに首からカードを下げて歩く子供たち
子供たちの宿題。
スイカ・蝉の声。
高校野球観戦。
素麺。





なんだか・・・ジュワ~っとしていて
息を吸っているだけで、疲れてしまうような・・・・


これって・・・
「昭和の夏休み」(笑)

♪少年時代♪のイメージかぁ~


今はもう・・・子供たちもいないので、
プールもいかない。
ラジオ体操も、宿題も~な~んにもなくて・・

エアコンの効いた涼しい部屋で
自分の好きなことをするのが・・「私の夏休み」になった。




子供たちがゴチャゴチャいて
あ~~~~早く新学期になって~~~~!!!って叫んでいたあの頃・・・
「ママ~かき氷作って~~~」  「はいはい!」
「ママ~~~プール出して~~」 「はいよっ!」
友達がいっぱい泊まりに来て、いっつも家中いろんな家族であふれていたけどね。


それが・・・「夏休み」だって思っていた。




昔はよかったなぁ~~~
って言っているんじゃない。

昔は大変だったなぁ~~
って言っているのでもない。



人生、いつも新しいことが待っているんだなぁ~って
そんな風に受け止めているだけだ。


いつも予想もつかないことばかり。
当たり前だよね。
いつも「はじめて」のこと。

こんな風に、のんびり「みかん」と一緒に、ゴロゴロしている姿は、
お母さんとしてがむしゃらに夏休みを過ごしていた頃には想像もできなかったこと。

20170702_233212


子供のころは、目の前の事しか見えなくていっぱいいっぱいで・・・
学生時代は、友人からの新しい刺激に翻弄され・・・
結婚・子育て時期は家族が中心になり・・

今は・・再び自分のことを考える。
ゆっくりと広い世界を自由に考えられるようになったことが、幸せだなぁ~って思う。

子供たちがそれぞれ巣立ち、会いたいな!って思う頃にひょっこり現れるからうれしさ倍増!!

昨日も、新婚旅行から帰ってきた長男がお土産を持って現れた。

20170817_194358

「かあちゃん・・・写真見る??」といって、スマホに入っている何100枚もの写真、1枚1枚説明しながら見せてくれた。
長男とは、昔からよく会話していたので、昨日、突然やってきて、2人で長話するのも楽しかった。



あと、私の夏休みは・・・気になったところの1点集中片付け!

昨日は、1階のウォークインクローゼットの片づけです。
この中には、『笑夢(M)ホール』で使う折りたたみ椅子30個の他、
大きなピアノいすやストーブ、事務用品類・・など・・・ゴチャゴチャに入っていて
1番気になっていたのが、本棚。
向かい子供部屋で使っていたものを再利用なので、板がしなり、壊れかけていた。
20170817_194133

そこで、トンカチと釘を持ってきて、トントントン・・・・




全く・・・・センスなし。



隙間は、ちっともくっつきませんでした。


20170817_194152

でも、不用品を捨てることもできたから、「よし!」



そして、自由にピアノで遊ぶ。

9月にいつも行っている友人とのコンサートのため、
そろそろ(今頃?)練習しなきゃね。

20170817_150411





そんな・・・・こんな・・・・・



「平成」の夏休みを過ごしています。



今日は、美容室に行ってから池袋まで九州の友人と会いに行ってきます~



まだまだ夏休み!
(いつまで、休んでいるんじゃ!・・ま・・いいでしょ!

自由に時間を使っているということだけで、
ちゃんと原稿書きなどの仕事もしていますから!(^^)!




にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

万歳~といって、生徒を手放す勇気はありますか?

サマコンが終わってすぐに、1通のメールが来た。

保護者の方からだった。


「しょうこ先生・・・サマコンでは大変お世話になりました。


実は・・・


今月で、お教室を辞めようと思います。


ピアノを辞めるのではありません。


お教室を変えようと思うのです・・・」




私は瞬きをパチパチパチ・・と3回以上・・・きっとしたと思うけど・・・
何度も初めから読み返してみたけれど・・・
何度読んでみても、同じだった(あたりまえ・・)



とても優秀で、
ピアノが大好きな生徒。
今年のサマコンでも、いろいろな係も引き受けてくれて大活躍だった。



心から、「すごいなぁ~」と思っていて、今後もとても楽しみだった。







でも・・・・・・


この場所は、その子にとって、そのご家庭にとって、
習い事の場所であって、家庭でも、親戚でもない。

私も我が子のように生徒を思っていても、
親御さんがどんな思いで子どもを育てているのかは、結局他人の私にはわからない。



この教室での数年間で、目覚ましい進歩を遂げてきたからこそ・・・
次のステージに進んでいきたいのだということが、すぐにわかった。


私は、ここで、その子だけじゃなく、全生徒に対して
「音楽で幸せになること」
「人を幸せにすること」
「自分の音楽に真剣に向き合うこと」
「自分を表現することがどんなことなのか?」
「音楽の基礎力」
「どんな方法で、表現していくのか?」
「音楽を、ピアノを、心から楽しむ事ってどういうことなのか?」
「楽しさの中からのエネルギーを十分に引き出した」
「困難なことも、頑張れる強さ、やり遂げる力を実感でき・・」



私のレッスンで伝えられることはすべて伝えたし
それをその生徒はしっかり受け取ってくれていた。


だから・・・


私は、すぐに、ごっくんとつばを飲み込んで、顔を上げた。



「行ってらっしゃい!頑張って!・・・」・・・・そう思った。


有里を菜々ちゃんにもすぐに連絡した。

2人は、やっぱりびっくりしていたけれど・・・

「私は、納得できるよ。いい決断だと思う。これからも応援し続けよう」・・とそういった。

2人も「これから頑張ってほしいね。応援していこう」そう答えた。




新しい先生は私がご紹介したわけではなく、親御さんがご自分で探された。
それもいいと思う。
紹介されると、そのしがらみもあるし・・・


今日、お母さまが面談にいらっしゃって
申し訳なさそうに「せんせい・・・ごめんなさい本当はここにずっといたいと思っていたんです・・・でも・・」と言ったけれど、
私は「何言っているの!!私はずっと応援しているしね・・私がちゃんと、音楽を楽しめる「種」を植えておいたから、大丈夫だよ!その新しい先生にも、ご挨拶しておくわ。
と笑った。


そして、あと1回のレッスンは
*今までの数年で、自分がどんな力が付いたのか?ちゃんと理解させてあげるね

そてともう1つ・・
*いつもお別れの時に行っている『たびだちコンサート』を行うよ。
いつもだと1曲、ご家族の方に向けて演奏して終わるのだけど、、、
今回はちょっと違うよ。
10分間、その子にあげるから、どんな曲でも、何曲でもいいから、自分でプログラム組んで、コメントなども入れてまとめて来て・・・って伝えて。
「お話組曲」にしてもいいよ。



そんな話をして、お母さんとの面談を終えた。



月末、・・・・
いきなりの最後のレッスンになってしまい、心の中の寂しさは、あるに決まっているけれど・・・


その子のこれからの音楽人生のために・・・


『万歳~~~~~~\(^o^)/!!!』


ずっと、応援してます!
がんばれ!


私は、こうなったら田舎の親戚のおばちゃんになって、
いつまでも、いつまでも、無条件に旅立つ生徒の背中を見送る決心をしたのでした。




にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ

ブログの中にあるおいしそうなパンをクリック!すると、空からパンが振ってくる! パン好きな人のためのブログパーツ。
Powered by KAYAC