しょうこ先生の日々。

埼玉県草加市のピアノ教師です。内容は「ピアノレッスン」の他、「家族」その日その日の心を動かした数々を、思ったままに書きつづっていきます。 「ますこぴあの教室ホームページ」はこちら⇒http://chocorinn-pianoschool.jimdo.com/

10月20日のセミナー満席です。

昨日お知らせした10月20日の『発達障がい児のためのピアノレッスン』セミナー(坂上明子先生)は、満席になりました。
ありがとうございました。

『発達障がい児のためのピアノレッスンセミナー』残席3人

昨日、ブログでご紹介させていただきましたセミナー

10月20日(木)の
『発達障がい児のためのピアノレッスン』セミナー
(坂上明子先生)

残席3名
となりました。

今回、かなり遠いところからもお申し込みが多いです。
(大分県・富山県・三重県・山梨県・静岡県・・・・・他)

今まで勉強したくてもなかなか踏み出せなかったテーマだったので
私も、勉強できることが嬉しいです。

今回のセミナーで、みなさんがご自身の障がい児指導の扉を開けるきっかけになるといいと思います。


あっという間に、お申し込みが多かったので、
迷われていらっしゃる方は、お早めにお申し込みください。

定員を超えましたら、キャンセル待ちになります。


私は今からレッスンに入りますが、メールを頂いた順でお申し込みを受け付けますので
よろしくお願いいたします。


にほんブログ村

「先生は何もしない発表会」

先週の単発セミナーは「発表会について~part2」だった。

先月のpart1の復習として

*生徒や保護者の係の仕事
*当日までのモチベーションの保ち方のコツ
*準備・・・

などについてお話した中で、

「当日、先生は何もしないために、事前に準備できることはやり、
またスタッフや係に任せる」

そんな話をした。




さて・・・・発表会当日・・・・

先生方は何をしていますか?



*演奏者の紹介のMCを担当したり・・・

*生徒の椅子や足台のセットをしたり

*お客様の対応をしたり・・

*保護者との連絡に走ったり・・・

*会館の方との諸連絡があったり・・・


・・・・でしょうか?



その時、演奏を控えている生徒は、どんな気持ちでいるでしょうか?
考えたこと、ありますか?



ずいぶん前、
私が教室を始めた頃の発表会では、
私の動きは、まさにこれと同じだった。


1回1回演奏が終わるたびに、バタバタと舞台に出て行って椅子や足台のセット。
出てきた生徒に「がんばってね~」なんて声をかけて引っ込む。それを繰り返す。

演奏中は、次のことに気になり、また、会場の様子も気になり、今演奏している生徒の姿をじっくり見ることもできない。


主催者なんてそんなものだと思っていた。



人に迷惑かけられないし、
私が頑張らなくっちゃ・・・・・・!!!
って。




発表会が終わってから、ドッと疲れている時に、
主人に一言・・・・言われたんだ。


「お前・・・舞台に出るな。先生がバタバタしていてみっともない!」って。


????えっ????私・・・頑張ったのに・・・・



ちょっとショックだったけど・・・・・
すぐに客観的に自分の姿を振り返ってみた。


先生が頑張っている
生徒は、不安で落ち着かない


そっか・・・ちょっと違う。ってすぐに、主人の言っていることが理解できた。



発表会当日、生徒の気持ちを考えてみよう。


先生・・・・怖いよ・・・

先生・・・・うまくいくかな・・・

先生・・・・そばにいて・・・


きっとそう思っているに違いない。


不安な気持ちで、瞳は先生を追いかける


その時に、先生はそれどころじゃない・・・としたら・・・




かわいそうなことをした。


・・とやっと気がついたんだ。




だから、先生は何もしない。

その日は、生徒のことだけを見る。


横についていて
「大丈夫だよ・・・・!先生、ちゃんと見ているから!

そう言ってあげたい。




そのためにできることは・・・??

*司会・進行
*椅子・足台セット
*受付
*連絡係
など・・・・・

あらかじめ、わかっていることは全て人に任せることにする。
信頼して


もう1人、*私を見ていてくれる人 もお願いしている。
私が困ったときに支えてくれる人も。

みんながいっぱいいっぱいになってしまわないように、
事前に考えられることは考える。



「生徒のことだけ考えて、その時の生徒の心を支えられる」

・・・・それは、先生しかできないことだから。



それが・・「先生は何もしない」ということなのです。


参加された方の中から
「みなさんに働いてもらって、自分が何もしないなんて申し訳ないですというご意見があったので、
私の言い方が誤解を与えてしまったなぁ~と反省したのでした。


「生徒を見る」という大きな仕事がある・・・ということです。




ところで、
そのセミナー中に、私のサマコンでいつも取り組んでいるトーンチャイムをやってみた。
初見でも、さすがピアノの先生方!

ショパンのノクターンをうっとりするような演奏で決めてくれました。
(動画とっておけばよかった~~~)

20160721_122602 (550x309) (550x309)

20160721_122716 (550x309) (550x309)

20160721_122733 (550x309) (550x309)



ここで、セミナーは一旦おやすみ。



サマコンに全力、注ぎます!


応援してね~
  ↓

にほんブログ村
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ

ブログの中にあるおいしそうなパンをクリック!すると、空からパンが振ってくる! パン好きな人のためのブログパーツ。
Powered by KAYAC