しょうこ先生の日々。

埼玉県草加市のピアノ教師です。内容はその日その日の心を動かした数々を、思ったままに書きつづっていきます。

2011年03月

きりんの会

今日は、私が10年前に勉強していた「ピアノランドマスターコース6期生」・・・
『きりんの会』の同窓会だった。
私は今回の幹事だったので、遅刻しないように大森駅に向かった。

この「きりん」は、樹原先生の歌「きりんきりん」からとったもの。

毎年、この時期に同窓会をやっている。
今日の参加者は大人6人、高校生1人小さなお子さん3人。
本当はもっと参加していただけるはずだったけど、地震の影響で、電車の本数が少なかったり、また、
計画停電の振り替えで、時間がとれなくなったり・・・とキャンセルもあり、少人数の同窓会となった。

先生もお忙しいので、こんなに少ないと申し訳ないかしら・・・・と思い、先日「どうしますか?」とメールしたら、
「1人でも来てくれるのならやりましょう!!!」と、気持ちのいいお返事をいただいた。

10年来の仲間。
あの時、女子大生のような先生が、ママになって、お子さんと一緒に来てくれたり、
お子さんが幼稚園の時に樹原先生に習っていたというお嬢さんが高校生になって樹原先生と久々の再開には、先生も嬉しそうでした。
また、クラッシック1本!という先生も、最近ではバンドを組んで、チャリティーコンサートをやる、という話も。

欠席された先生方から、1人ずつ丁寧なコメントをいただいて、私の方で、朗読させてもらった。


私は、今回の震災の事で、かなり胸が苦しくて言葉にならなかったけど(涙)樹原先生はじめ、他の先生も
『希望』のプロジェクト
http://ongaku.lolipop.jp/shinsai.html
には賛同してくださって、近日中に私の所まで、楽譜をおくってくださる、と言ってくれた。

全国のピアノ教師、気持ちは同じ。
私たちに今できる事をやって、そこから、また何かが見えてくるかもしれない。
はじめての事なので、手探りです。
何が起きるかわからないし、今、「これ」と思うことを、なるべく冷静に取り組んでいくだけ。


さいごに、みんなで記念撮影。パチリ!


ちょっと気分をリフレッシュして、さぁ!がんばろ~。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

「関東エリア『希望』ステーション」です。

先日、私に何ができるか。。。考えて、
石嶺先生に楽譜を送ろう!と思いました。

昨日、楽譜を揃えてみると、・・・



これを石嶺先生お1人で取りまとめるのは、大変・・と思いました。

そこで、差し出がましいとは思いましたが、
「お手伝いさせてください」と申し出をさせてもらうと、
「是非」という話になりました。

送料の問題もあるので、関東に近い方は、私の方にお送りいただければ・・と思います。

「関東エリア『希望』ステーション」と命名していただきました。

内容は、石嶺先生と同じですので、下記の内容をお読みになって、おおくりいただければ・・と思います。

http://ongaku.lolipop.jp/shinsai.html

微力ですが、私たちにできることを1つずつ。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

藤拓弘さんのセミナー。

セミナーに足を運ぶなんて、何か月ぶり??

というほど、久しぶりの気がした。

銀座山野楽器・・・エレベーターに乗ると、動悸が激しくなった。
・・こんなことって、あんまりないんだけど、やっぱり、ちょっと変。

ツィッターで、「私も行きます」と連絡をくれた、知り合いの先生と、初めてお会いする先生。。。
それも、ドキドキの原因かな。。


今日のセミナーは、去年藤さんが出された本「成功するピアノ教室運営」のセミナー。
「教室運営」については、去年ホームページを作るときに、自分の中の大きなポイントとしてとらえていた部分だったから、とても興味があるテーマ。

このセミナーはすでに2月の頃に申し込んでいた。

・・・でも、今回、この状況の中、出かけるのは、本心としては、やや辛かった。

・・・藤さんご自身も、岩手県のご出身ということも存じていたので、セミナーが開催されるのか、心配だったけど、先日楽器店からわざわざ電話で、「藤先生のセミナーは、予定通り行います」と連絡があり、
藤さんが、やる!とおっしゃるのなら、行かなくては・・・!!と思ったのです。

まず、1分間の黙とうから、セミナーははじまった。
会場には、40名ほど、びっしりと先生方が集まっていた。

本に沿って、また、本以外のデーターや、ポイントも、テンポよく話は進む。

終わってから、少しお話して、
「内容を、ブログに載せていいですか??」と聞くと
「いいですよ(^^)/」と優しく答えてくださいましたが、私が書くと、また本1冊分くらいになるし、と思い
どうか、みなさん、本を手に取って読んでほしいので、あえて、内容は、書きません。

内容的には、私だけじゃなく、会場の皆さんが、ご自分のレッスンを客観的に振り返り、頭の整理することができたことはたしかだと思います。

経営者として、当たり前で、・・でも、なかなかできない部分。
会場には女性がほとんどで、男性が1人。
・・私は、この現実が、おかしいと思っているのです(ずっと前から)
結局、男性では、家族を養い、生計を立てられない仕事が「ピアノ教師」???

社会に、きちんと貢献し、
人を育て、心を育てる、素晴らしい仕事が、社会的に自立できるようにしたい。と思います。

藤さんも、考えていらっしゃる。
私も、考える。

だれでもできる仕事じゃないし、
もっと社会的に認められるように、
そんな風に考えて、教室を運営していきたいと思っているのです。
なんだか、今日はまとまらないです。すみません。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

私にできることは。


震災で、ピアノ教室が被害を受けた先生方が、たくさんいます。
そこで、ツイッターで存じ上げている、石嶺尚江先生が、ピアノの先生方が再びピアノ教室を再開できるように、と、楽譜を送ろう!と呼びかけてくださいました。

うちには、新しい楽譜もたくさんあります。
これくらいしか、協力できないのは、被災地の先生方のお気持ちを想うと心がいたみますが、さっそくお送りしたいと思います。

http://ishiminenaoe.net/shinsai.html


また、ユニセフの方で、「絵本を送ろう。えがおを送ろう」という活動も展開しているようです。
家には、そんなにたくさんの絵本はありませんが、少しでも役に立てるのなら・・と思い、送ろうと思っています。
4月5日までだそうです。

http://www.unicef.or.jp/kinkyu/japan/2011_0327.htm


いつもこのような情報を提供してくださるのは、中嶋恵美子先生です。
今年になって、「あきらめないで!ピアノレッスン」という本を出版されました。

あきらめないで! ピアノ・レッスン ~発達障害児に学ぶ効果的レッスンアプローチ~
あきらめないで! ピアノ・レッスン ~発達障害児に学ぶ効果的レッスンアプローチ~
クチコミを見る

とてもとてもこころ優しいすばらしい先生です。
この本も、ピアノの先生だけでなく、親御さんも是非読まれるといいと思います。


全国の、すばらしい先生方が、それぞれ、自分にできることを!と、取り組んでいます。

また、かおる先生も「水のいらないミルク」を、フィンランドから被災地へ!という呼びかけで、ご自分も被害に遭われたのに、日々の生活も大変でしょうに、全力で取り組まれています。
http://kabocha518.exblog.jp/


私は、この場所で、「計画停電」のやり繰りが大変だ!!などど、自分の事でいっぱいいっぱいで、動けずにいるのが本当に恥ずかしいです。

今日、もやもやとした感情と、忙しさのため、珍しく、泣きたくなりました。
なんの力にもなれない・・・
自分はいったい、なにやってるんだ!!!
と、自分に対して、怒りを覚えていました。


でも、
すこし落ちついて、自分と周りを見回したとき、
まだまだ私にもできることがあるかもしれない。と気づきました。
ほんとうに、1ミクロンくらいの力でも。


私は、このブログで、「元気」を送りたい!と思っていた。
実際に、私のブログを読んで
「しょうこ先生のブログを毎日みて、元気をもらっています」というメッセージもいただきます。

だから、暗いことはもう書かない。
1人でも、「明日」に向かえるようなブログを書きたい!とずっと思っていました。

でも、心では、被災された方の事を、忘れたことはないし、
無理に笑い続けていることが、すこし、しんどくなりました。

「ドンマイ!」とか、「がんばれ!」とか・・そんな事は
本当は、何にも言わないで、そばにいたり、
黙って、作業の手伝いがしたいんです。


でも、生徒がいる。家族がいる。
私はメソメソしたり、暗い顔はできないんです。


珍しく、今日、時間ができて、自分に正直になれそうです。


震災から、目はそむけません。
私にできることは何か?もう1度考えていきたいと思います。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

明日は、グループレッスンです。

明日は、生徒を学年ごとに、6つのグループに分けて、「グループレッスン」をする。

今回のテーマは
「ピアノの中を、探検しよう!」

いつも、弾いているピアノ。
レッスン室にある「グランドピアノ」と「アップライトピアノ」の蓋をがばっと開けて、調べたり、実験したり・・・

昨日まで、いろいろな本やネットなどで、調べ、
それを、どう生徒におろしていくか・・・????
考えて、考えて、考えて・・・・んん~~~

今回は、日々忙しかったから、なかなか頭の中が整理つかない。
ん~~~~困った・・・(@_@;)

明日だというのに、今朝までなんの準備もできなかった。タラ~~

夕べは、家族の事だけど、下の息子が合気道2段の昇段試験に合格したので、家族で外食しちゃった。
帰ってから仕事どころじゃなく、前日の寝不足もあって、ダウン!!


でも、やる!といったら、やるのです!!。

今日、朝6時に主人を送り出してから、
ガバッと〇眼鏡(リーディング・グラスというらしい)をかけ、
いらない紙を出して、何かに憑りつかれたように、ザザザザ~~と明日の流れを書きなぐっていく。

幼稚園の生徒のグループと中学生のグループでは、テーマは同じでも、当然内容は変わる。

1グループ・・幼稚園生16人
2グループ・・1年生12人
3グループ ・・2・3年生13人
4グループ・・4・5年生13人
5グループ・・6年生6人
6グループ・・中学生以上12人
大人はやらない。

このなかで、春休みだから参加できない生徒もいるけど、とりあえず全員の資料を作らなきゃ!

おおまかな流れ(資料は、1人9枚)
001

① あいさつ・・・Ⅰ→ⅴ7→Ⅰを、コーラスでやるグループ。ピアノで普通に弾くグループ・移調して弾くグループ

② リズムアンサンブル・・・今回はボディーパーカッションで。

③「ピアノの中を探検しよう」…
           
  *各部の名称(ダンパー・ハンマー・弦・・・・など)
  *「重さ」「弦の長さ」「大きさ」など
  *実際にメジャーなどで測る。
  *『実験』・・・弦に紙を置いて弾くと??
           消しゴムや、スーパーボールを置いて弾くと?   
           ペダルを踏んで大声を出すと???
           3つのペダルの違いは???
  *そのご、自分で紙に「気づいたこと」など書き込んでいく。

④「トーンチャイムであそぼう!」

   1人じゃ絶対にできない「トーンチャイム」はみんなが集まるグループレッスンで!!
   低学年は「よろこびのうた」・高学年は「いつも何度でも」のしました。

⑤・・ちょっとお菓子食べて・・・・・


解散で~す(^^)/

では、これから、レッスン室の掃除に取り掛かります。

今日も、どうかおうえんしてくださ~~い(^^)/
ポチっとしてね!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

しょうこ先生

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ

ブログの中にあるおいしそうなパンをクリック!すると、空からパンが振ってくる! パン好きな人のためのブログパーツ。
Powered by KAYAC