しょうこ先生の日々。

埼玉県草加市のピアノ教師です。内容はその日その日の心を動かした数々を、思ったままに書きつづっていきます。

2013年01月

早めの選曲。

サマコンは、遠い遠い先の話・・・・・
まだまだ、そんな話題は早すぎ~~~~



・・・・そうそう・・・・

ちっちゃい子にとってはね



忙しい中学生は、今、時間の感覚がない

今日の勉強。
今の部活。
友人の悩み。
・・・・・・・・・・

クタクタだ・・・


今、一体何月何日で?
これから何をどうするか?

考える暇がない程、忙しい


重たい体を引きずって、レッスン室のドアを開ける

「練習・・・・出来なかった・・・・

その言葉を、悔しそうに情けなさそうに口にする。

「・・・はぁ~~~・・・・・・

深いため息をつく。




わかってるよ。



でも、やっぱりピアノが好きな彼女達。

本当は弾きたい!
カッコイイ曲も、長い曲も、
難しい曲にだって本当はチャレンジしたいんだよね。



サマコンは8月。
まだまだ、半年以上も先だけど、
今の彼女たちを見ていると・・・
「今だ!」と思った。曲決めの時がね。


「できるかな・・・・・」と不安そうな状態の彼女達だけど
本当の力は持っている。
その「自分の力」を信じさせてあげたいな。


そのためには、

=本人の心が求める曲に出会わせてあげる事=


今まで10年近くも一緒に過ごしてきている彼女たちが、
今、何に心を動かすのかを見極める事が、私の仕事だと思った。


一緒に悩んでいても始まらない。


あらかじめ、この子には『この曲?』『あの曲?』『その曲?』と
私は、楽譜棚をにらみつける。
楽譜の背表紙を見ると、その中に収められている曲の中でその子に弾いて欲しい曲が、ポポポンと浮き出てくる。

滅多に開かない楽譜の中にも、素敵な曲はいっぱい詰まっていることを、私も思い出す瞬間なんだ



昨日・・・中学生3人の曲が決まったよ


3人とも、自分の曲に出会った時、顔が ふわ~っと柔らかくなった。


1つの曲が、彼女たちの心に届き
彼女たちによって、その曲がまた輝くんだね。



半年のスケジュールを一緒に計画した。
「全体を見ると、大きく、4つに分かれているでしょ?この1カ月で、とりあえず全部の音を出す!(片手でも、ゆっくりでもオッケーだから!)鍵盤の底まで、しっかりこの音符に命を吹き込もう!」
「さらに、この1カ月で、この部分に集中しよう!」
「3月は、ここに集中!」
「4月は・・・・・」と、練習計画を一緒に立てる。

この計画が、肝心!

「できるかも・・・・」と、だんだんニヤっとしてくる表情が、かわいいよ~!



忙しい中学生、ガンバレ!


(さて・・どれにする~?)

この「1ポチ!」が生徒のやる気につながるのだ!
応援よろしくね!
      ↓
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村


学び方を考える。(リーラムジカセミナーに行って。)

昨日は六本木のセミナー(リーラムジカセミナー)に出かけた。

先日のブログでも書いたように、
最近、学びに行くことが少なくなっていた。

それは、駆け出しの頃の貪欲さと、今の状態が変わってきていることも理由の1つ。
自分の身の回りが忙しいというもの1つ。

同じ時間を、どのように使っていくか・・・??
優先順位が、その時々で変わるので、
「同じペース」と行かないのは当然こと。


そのうち・・・経験年数は、絶対的に増えてきている。
年数が重なっていくと、なんとなく見えてきている気になってきた。
錯覚・・という部分にも気が付かないで。

・・よくよく考えた。
「経験年数」=「経験値」に比例しているか?


ピアノ教師を始めたのが40歳少し前。
スタートがかなり遅くて、焦っていた私。
我武者羅に勉強に出かけた。
今まで、数えきれないほどのセミナーを受けた。
著名な先生のセミナーはほとんど足を運んだ。

初めの頃は、帰るや否や、速攻で今日学んだことを自分に取り入れ、教材も作って生徒と取り組んだ。
セミナー通いは、楽しい。
素敵な、向上心溢れる先生方との出逢いが、私を次のステージに連れて行ってくれることもある。
一緒に手を取り合って学び合う事で、1人ではつかめない事がつかめるようになる。

私は夢中で勉強していた。

50歳を過ぎたころ、
一通りの教材も勉強し、指導法も自分の中で確立されてきてから、
少しずつ、勉強に出かける事が少なくなった。

セミナーを聞きながら、

うん・・・・うん・・・わかっているよ。
そう・・・・そう・・・・その通り!その通り!(^^♪


そのうち・・・・・????ん???


私は一体、何のためにセミナーに通っているのだろう?
「確認」のために来ているの?
その時間、もっと自分を見つめなくてはいけないでしょ・・・・・・

セミナーに行って、素敵な先生と会いたいな。
ランチして喋りしたいな。

ただ、それだけになってはいないか???


それに気が付いてから、セミナーに行く回数がグッと減った。


それから、自分の指導法や、問題点を見つめる時間を作った。
まとめ、発表の場もいただき、今自分が見え始めている。

自分が行こうとしている世界が、はっきりと見えてきている。
・・・・・今・・・・・
再び「学ぶ」意味を見つけた。


だから・・・・行こう!

そう思って出かけた昨日のセミナーだった。

昨年7月に、同じ部屋でセミナーをさせていただいてから半年。
1番後ろの席で受講すると・・・
今までとは全く違う感覚の自分がいた。

江崎先生とは、初めてお会いするので、私は予備知識もないままの受講だった。
先生の生い立ちから、今のご指導状況まで、詳しくお話しいただいた中に、
私は、指導者としての生き方を学んでいた。
江崎光世先生という、「人」を学んでいた。

細かな指導事例は勉強になり、たくさんのメモを取りながら、
先生がそこに行き着くまでの思考や方法、そして、今、何に向かわれているのか?など
今までとはまったくちがった視点で、先生の話を聞いている自分がいた。




セミナー後の交流会でお会いした若い先生が
「しょうこ先生は、ベテランなのに、何故セミナーに来るのですか・」と質問してきた。



だから・・・・

同じセミナーでも、経験や立場で聴き方は違うし、
得るものも変わってくるんだよ、と昨日・・実感したのだった。



自分が欲しているときに、これからも出かける。
人からじゃなきゃ、学べない事がある。


初心に戻りながら、
今の立ち位置に責任を持つんだ。


セミナーの内容は、素晴らしかったです。
たくさんの方がセミナーレポートを書かれているので、きっと参考になると思います。

萩本亜矢さんのブログ

ルンルン先生のブログ

音の絵・ピアノリトミック教室

ワクワクピアノレッスン~大石先生のブログ

音に心を~ヴァイオリンレッスン~川合左余子さんのブログ

みなさん、素晴らしいセミナーレポートです!!!

では、今日もレッスン頑張りましょう~~♪

応援のポチ!お忘れなくね(^^♪
    ↓

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村


娘へ・・・「プロ」ということ。


娘へ・・・・


「プロ」はね、言い訳できないんだよ。
「プロ」はね、失敗は出来ないの。
「プロ」はね、すべて自分の事は自分で最後までやるの。



お母さん・・・厳しすぎるかな・・・・??

いや・・・お母さんだけじゃなく、これはお父さんも同じ考えなんだ。




一生懸命やったよね・・・・
精一杯やったのだから、気にするな・・・・・


・・・・・・・・・
喉まで、その言葉が出ても、言ってあげられなくて・・・・ごめん。


1番、辛いのが、貴女だってわかっているのに
抱きしめてあげられなくて・・・ごめん。
ごめん。
ごめん。






仕事を初めて2年。
幼稚園教諭という小さいころからの夢を叶えた娘は、
可愛い園児たちの中で、自分の道を歩き始めた。
日々、迷いの中でも、全力で取り組んでいる姿は、痛々しい程・・・愛おしい。
不器用だから、うまくいかなくて苦しんでも、
初めての社会の中での人間関係の荒波にのまれても、
大好きな生徒たちの話を、目をキラキラさせて話してくれる姿を見ていると
親としての幸せも感じているのよ。

口には出さなくても、
いつも、いつも、
心の中では「がんばれ!」「がんばれ!」と応援している。

でも、頼りなくてね・・・
いつ折れちゃうかって、心配だったりもする。

まだまだ子供。
そう思うのは、親だから。



今日の事・・・・

仕事での失敗。

それは・・・・


社会人として、1人だけで抱えていかなくてはならないものなの。
わかるよね?



社会に出て、お給料いただいている以上、
世の中では、言い訳できない「プロ」になっている。
もちろん、誰もが貴女が「未熟」という事を知ってはいるけれど、
自分に与えられた仕事に対しては、経験や年齢に甘える事は出来ない。



今日・・・・・
仕事で、自分の力不足に傷つき苦しんでいる娘を見て、
私が慰めの言葉をかけられなかったのは、
・・・貴女に「プロ」になってほしかったから。

抱きしめてあげられたらどれだけよかったか・・・・
出来る事なら、幼い頃みたいに、「よしよし。がんばったね」と言ってあげたかった。



でも、

今日はできない。

ごめんね。
ごめんね。
1人で抱えるには辛かったよね。


でも、
出来なかったお母さんを許してほしい。


今日は手を握ってあげられなかったけれど、
でも、
ずっと、ずっと見ているよ。





子供が、1歩1歩、私たちに背を向けて
大きな世界に踏み出して行けるように、
親は、伸ばしかけた手を引っ込めて、後ろでギュッと握りしめる時がある。


歩いていくんだよ。

まだまだ辛いこともたくさんあるだろう。
でもね、
きっといいことだってたくさんあるんだ。

自分の足で歩くから、いいことも自分の手でつかむことが出来る。


私たち(親)は、ずっと子供の背中から目を離すことはしない。
絶対に・・・・
だから、今日は1人で立ち上がりなさい。


    母より

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村


優れもの発見!

さ・・・・先程は、くだらない話題で申し訳ない<m(__)m>


ちょっと、優れもの購入しました~。

これです!




いつも使っているミュージックデーターに差し込んで使うのだけど・・・

CDを入れて、再生。


たとえば、ピアノ曲。
一緒に弾きたいよ~~。
でも、ついて行けない(>_<)


って時・・・・・・

テンポダウン!!!!!!


(75%にテンポダウン!)

素晴らしい!
音程は変わらず、CDがゆっくり再生されるのです。


また、歌声が入っているCDでも、歌っている人の声質はほとんど変わらずにゆっくりになる!!

スゴイ!!

また、テンポアップもできる!


わぉ~~~!!!


ちょっと感動の機材です。


感動した人、クリックしてね!
    ↓
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

髪は女の命です・・・・か?

私は、世界1、髪の毛が多いと思う。
(唐突に・・・すみませんが・・<m(__)m>)


ちっちゃいころの写真を見れば、そこそこサラサラ、ツヤツヤだったみたいだけど、

(おおおお・・・賢そうだっっ!)


小学校の頃から、元気いっぱいの髪の毛になって、
どんどん増えた。

高校生の頃は、、片手で指が回らないくらい多かった。



まるで・・・・



・・・・・綱引きの綱・・・・(T_T)







大学生になって、初めてパーマをかけた。


すると・・・・・
会計の時・・・・・・

「あのぉ~~普通の方より、かなりパーマ液を使用しましたので・・」と言われて、
なんと!!普通の人の1.5倍のパーマ代を支払ったことがある。



さらに。。。。。。。


そのパーマ・・・・
普通にかけたつもりが・・・・・・・


まるで・・・・・・・



アフロ。。。

「アフロ田中」の画像6
(注・・・私じゃないって!!


誰よ!!!今、笑ったでしょ!!!



今だって、
さすがにそこまで多くはなくなったけれど・・・
調子が悪いと、





竹ぼうき。
●即決!黒竹箒(ほうき)/高級感のある黒竹の風合い/ホウキ



やっぱり・・・

髪の毛の調子で、女の気持ちは浮き沈む。



たまには、音楽以外の事でも、ムキになるときだってあるのだ!


さすがに応援して!とは言えないけれど、
気の毒~~~!と思ったらクリックしてね~
   ↓

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村


記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

しょうこ先生

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ

ブログの中にあるおいしそうなパンをクリック!すると、空からパンが振ってくる! パン好きな人のためのブログパーツ。
Powered by KAYAC