しょうこ先生の日々。

埼玉県草加市のピアノ教師です。内容はその日その日の心を動かした数々を、思ったままに書きつづっていきます。

2014年03月

新しい家族(ピアノ)が来た日。



ちょっと・・・



胸がいっぱいです・・・・・・








今日・・・


家に、新しいピアノがやってきた・・・・







この話が出たときから、




私たち家族は、





「ピアノが届いた日に、家族だけでコンサートをやろうと話をしていた。






それぞれ・・




自分の好きな曲を1曲、
あたらしい家族(ピアノ)に向かって、

そんな時間を過ごそうと・・・・





みんな、大人になって、仕事を持って忙しいし・・・



いいのいいの。


本当に家族だけなんだからさ・・・






私の家族は、
もちろん、私と娘は、そこそこピアノが弾ける。

息子たちも、
なんとか、自分で楽譜は読める。

中学生くらいまでは、
ヤ〇ハさんからピアノを習い始め、
ヤ〇ハさんを辞めた後も私の元でボチボチ続けていたから、

まぁ・・好き勝手にピアノを楽しめる程度は出来るのです。





ただ1人・・・・




まったくピアノが弾けなかった主人は・・・

たとえば、私のサマコンで『ファミリーコーナー』があっても、
どんなに子供たちが「パパ~一緒にやろうよ!と誘っても

「オレに、そんなことで声をかけるなっ!俺はビデオ係でいいっっ!!<(`^´)>と断固として私たちと一緒にピアノに向かう事はしなかった。



そうだよね・・・・



無理言ってもね・・・(^_-)-☆






いよいよ、今日の昼前・・



待ちに待ったピアノがやってきた。





丁寧な搬入。
1396180913204

DSCF2102 (640x480)

DSCF2111 (640x480)

DSCF2112 (640x480)

DSCF2115 (640x480)

DSCF2116 (640x480)

DSCF2117 (640x480)

DSCF2118 (640x480)

DSCF2121 (640x480)





丁寧な調律。

DSCF2130 (640x480)










そして・・・・










ホームコンサートがスタートした。








トップは・・・・・・












この人↓

DSCF2131 (640x480)



DSCF2131






何?何?何?

何で?何で?何で??



何も知らない2人の息子たちは、何が起きたのかわからないように目をパチパチさせた。




2人は、全く想像できなかった。
パパが、何か月も、何か月も、1人でピアノに向かっていたことを。




2人とも、言葉を失いながら・・・



「・・・おやじ・・・・マジ?」と。






主人は、ニヤッと笑って
「一緒に歌って!」と言って歌詞の書いてある楽譜を持ってきた。







長渕剛の・・・・・『乾杯』・・・・・



♪乾杯・・今・・・君は人生の大きな大きな舞台に立ち、
 はるか長い道のりを 歩き始めた、君に幸せあれ・・♪


38



主人のピアノに合わせて・・・・
私も子ども達も歌った。
みんなの目に、涙が、、、あふれた。








現場仕事から帰って、クタクタになった主人は、
娘が、大きく音符を書きなおした楽譜を持って
時間を見つけては、サイレントのピアノで練習していた。



練習を始めたのが去年の春。



夏の暑さで、汗だくになっても、
冬の寒さで、手が攣ってきても、
1人でヘッドホンをあてて、ピアノに向かっていた。

私と娘は、パパの弾くピアノの音を・・・
心の中で聴いていた。



成功なんてしないかもしれない。
「うまくいかない・・」と挫折感を味わってしまわないだろうか?


ただ・・・・
家族5人が、同じようにピアノの音に溶け込むことができるなら、
どんな応援でもしたい、そう思っても、
本人が頑張る以外、どうする事も出来ず・・・・
ずっと祈っていたんだ。

パパ・・・がんばれ!って。







ニヤッと笑いながら、
主人は弾き語りで、最後まで弾き切ったよ・・・歌いきったよ。


スゴイよ!







こんなことが、出来る・・・・??



主人以外の4人は、まぁまぁそれなりにピアノと戯れる事が出来る中、
全く、今まで1度もピアノに触れたことがない、大人が・・
それも、子ども達の前で。


・・・普通なら、出来ない・・・・
・・・私なら、出来ない・・・・




1番、恰好つけたくても、恰好つかないはずのステージで・・・・









パパは・・・・1番・・・・






恰好よかった











それに続き・・・

次男が、エルガーの『愛の挨拶』
DSCF2136 (640x480)

DSCF2137 (640x480)


長男が、ゲーム<ファイナルファンタジー>から『眠らない街トレノ』という曲を

DSCF2141 (640x480)

DSCF2146 (640x480)

長女は、樹原涼子さんの『ノスタルジー』

DSCF2150 (640x480)

DSCF2154 (640x480)


最後、私はドビュッシーの『アラベスク』
1396181061424





幼なじみのよっしー君も一緒に。

1396181028898

DSCF2160 (640x480)

DSCF2159 (640x480)

記念写真です。
DSCF2156 (640x480)






たくさんの人の笑顔が集まる場所にしたいです。


『笑夢(M)ホール』に遊びに来てください!

待っています!



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

ザ・ミーティング!!

来週から、いよいよ4月です!

私たち、N(菜々子)&Y(有里)&S(しょうこ)・・・
(通称:ニューヨークシスターズ!!



3人の意気込みは、ハンパじゃアリマセン!



この2か月ほど、狭い『防音室』でのレッスンでは、
本当に・・・どこにいたらいいのかわからないくらいのスペースに、
生徒さん、保護者の方、そして、私たち・・・・

ぎゅうぎゅうぅぅぅ~~


そして、重ねあわせて次の生徒さんが、兄妹も一緒に入ってきたりするから・・・
それはそれは、おしくらまんじゅうみたいなレッスン室となっていた。


ぎゅうぎゅうぅぅぅぅ~~



でも、今までも、「ウォーミングアップレッスン」で、他の生徒がいても集中して取り組む経験をしているので、生徒達は、お構いなしにレッスンに集中しているのがすごいと思う!

人がたくさんいても、その時の主役がみんなわかっているから、他のみんなも迷惑かけない行動の仕方もわきまえている。



そして、私たち3人は、交互にお互いのレッスンを見ながら、指導案の書いてある個人ノートに気が付いたことなどをずっと書きつづけるのです。



3月を「教育実習期間」として、若い2人には、いろいろな生徒のレッスンにも入ってもらった。
もちろん、入る前には数週間、私のレッスンを見学し、ノートを取り、感想を書き、そして、指導案を書いて、それを私が見ながらアドバイスも書き入れる。
本人たちも自分のレッスンを振り返り、
今まで私のレッスンを見続けていても、いざ、自分がやることがどれだけ違うか?
多くの勉強が出来たのではないかと思う。


「若いピアノ教師を育てたい


これも、私のかねてからの夢だった。




そして、
実際、今私の目の前に、若い2人が育ってきている。



でも、
これはわたしが育てているんじゃない。


私はただ・・・その土壌を提供しただけで、
私はただ・・・見守っているだけで・・・

2人は自分たちの力で、伸び始めている。


三人三様・・・味が違う。
決して、私のやり方がいいわけではなく
押し付ける事なんてしないよ。
ただ・・
自分で考えられる先生になってほしいと、私は見守るのみ。





『教育実習期間』の2人は、今までとは変わってきていた。


いよいよ音大を卒業し、1人前のピアノ講師として自分の足でまさに歩き出そうとしているNちゃん。
いや・・・N先生。
3年間、ずっと私を見続け、助けてくれた。

私も彼女から、多くの事を学んだんだ。
彼女を見ながら、自分を振り返り、一緒に考えて行けるようになってきた。

Yも、ピアノ専門ではなかったとはいえ、
あれほど、ピアノに対して謙虚で前向きだったとは・・・
正直驚きながら、今のYの学び方には、本当に頭が下がる。



3人体制で、これから教室をやっていこう!!!

でも、実は・・・
それはそれは、本当は、とても大変な事を始めた訳です。



今まで私が1人で考えやってきたことを、3人の共通な部分としてお互いがお互いを知っていかなくてはいけない。
その上で、自分の持ち味を生かしたレッスンを行なっていく。



そのためには・・・・
週1回の『ミーティングタイム』が、私たちをしっかり繋ぐキーワードになっていくのです。

今までは。顔を合わせたときに、『早口で(笑)』伝えていたことなども、きちんと議事録も取ることにした。



今日は・・・そのミーティングの日。


①『来週の<グループレッスン>について』
②『来週決行する<浜松楽器博物館ツアー>について』
③『掃除当番について』
④『レッスンの引き継ぎについて
⑤『3人の仕事分担について』
44



2時間半があっという間!


「あ~~もう切り上げなきゃ!!生徒ちゃん来ちゃうよ~~


そして、レッスン開始。
また今日も、レッスン見学をしながら、記録を取り
レッスンが終わってからも、反省会・・・



本当に、勉強になります~~~
若い2人に、心から、感謝!

 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

4月からのホームセミナーに向けて

4月から、出来立てホヤホヤの『笑夢(M)ホール』での
<ホームセミナー>の準備に入っています。

まずは、年間継続セミナーについての資料を作りました。

第1テーマ『教室運営編』
第2テーマ『レッスン実践編』

共に、定員になりましたが、ずいぶん遠いところからも来てくださるそうで、
私も背筋が伸びています。


1年間(10回分)で、じっくりと積み上げていくために
カリキュラムを作り、参加者の方々にお送りする準備が整いました。

待っていてね!!
05



それとは別の、「単発セミナー」は、まだ残席があります。
ご興味のある方は、ご連絡くださいね!
年間の予定は、下記のブログでご覧ください。

それぞれの会で、5人以上集まれば、開講します。

   ↓
http://blog.livedoor.jp/chocorin_p/archives/4728288.html


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

『笑夢(M)ホール』です。よろしくおねがいします(^_-)-☆


ずっとずっと思い描いていた夢が・・・

DSCF1258 (640x480)

DSCF1673 (640x480)

DSCF1690 (640x480)

DSCF1989 (640x480)

DSCF2025 (640x480)








できたの。
DSCF2082 (640x480)






4か月前のレッスン室
DSCF1202 (640x480)

DSCF1668 (640x480)

fca3561f-s

DSCF1686 (640x480)

DSCF1688 (640x480)

DSCF1687 (640x480)

DSCF2040 (640x480)

DSCF2022 (640x480)

DSCF2056 (640x480)

DSCF2073 (640x480)












たくさんの人の力を借りて・・・
DSCF2062 (640x480)

DSCF2065 (640x480)

DSCF2067 (640x480)



ペンキ屋さん・・・・
大工さん・・・
電気屋さん・・
ガラス屋さん・・・
クロス屋さん・・
工務店さん・・・

DSCF2045 (640x480)




ありがとうございました。




DSCF2087 (640x480)




本当に・・・・・

ありがとう。
DSCF2084 (640x480)





DSCF2088 (640x480)




DSCF2085 (640x480)




DSCF2072 (640x480)



名前は・・・『笑夢(M)ホール』と名付けました。


昔から、「音楽好きがいつも顔で集まる、小さなホールが欲しい」と、
本当に、叶わぬとして思い描いていた音楽空間が、現実になったので。


「ミュージック」の「M」
「ますこ」の「M」

そして・・・

「みなさん」の「M」です。


更に・・友人から言われたのが・・
「未来」の「M」!!


遊びに来てください。
待っています。




そして、
少し落ち着いたら・・・
他の方にもお貸しして、使っていただけたら嬉しいと思っています。







にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

家族へ。

昨日は、結婚記念日だったので、娘が腕によりをかけて、食事の準備をしてくれた。

長男だけ、学年末の仕事に追われ、一緒の食卓にはつけなかったけれど
次男が帰ってきてから、家族で一緒に夕食を食べたのは数えるくらいで
それだけで、じわ~っと嬉しい気持ちになった。




最近・・・・
自分の事でいっぱいになっていた・・・私。

家族も、友人も、いつも応援してくれて、見守ってくれて
「がんばれ!」「がんばれ!」って言ってくれて


私がやりたいことを、思い存分出来る状態にしてくれて



だから・・


私も、そうすることがいいのだと思ってしまっていた。
・・・・・バカだな。



いっぱいいっぱい、人に甘えて
自分ができるのにやってもらったり。
私は、自分の事ばかりやっていて・・
家族は、いつも笑って私を見てくれていることに、その愛情に鈍感になっていなかったか?




「ありがとう・・・・」って
本気で思っているくせに、
私は家族に何をやってあげられているのだろう・・・・




何もしていないじゃない??




しょうこ!・・それはちがうよ。




昨日の結婚記念日で、
子ども達からは、花とかわいいプレゼントをもらい、
主人からも小さな小箱をもらって。
05



私は・・・何も用意できなくて。。。。。








『結婚30年』
この家族が出来てから、30年目の日。

1つ1つ積み上げて、
いっぱいいっぱい、いろいろあって
泣いて、笑って、苦しんだり、舞い上がったり・・・

この5人だから作れた「家族」の記念日。




今、思う。


私は1人で生きているのではなく、
この家族の中で生きているのだと。
だから、心の底からの感謝と
精一杯の優しさを取り戻したい。





ありがとう。
ありがとう。
ありがとう。



何が大切か・・・・・
よくわかった「結婚記念日」だった。








にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

しょうこ先生

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ

ブログの中にあるおいしそうなパンをクリック!すると、空からパンが振ってくる! パン好きな人のためのブログパーツ。
Powered by KAYAC