しょうこ先生の日々。

埼玉県草加市のピアノ教師です。内容はその日その日の心を動かした数々を、思ったままに書きつづっていきます。

2014年07月

チェック!チェック!チェック!

サマコンまでに「あと1回!」というレッスンが続く。


1番大切なことは、
その子自身の気持ちの最高の状態を、その日に持ってくるということ。


「もう、弾けているから、いいや~」と呑気にかまえて、最後のレッスンに来ると・・・



私から、
ピリッと!!一言のプレゼントが待っている。(笑)




ゴール手前になると、失速してしまう子。
(実は・・私自身がそのタイプ)


「サマコン」が最終ゴールではない。とわかっていて
この気持ちのまま、走り抜けようとする子。


最後のレッスンの表情は様々で、
本当なら、最後には笑顔で
「そのままの君でいいから、楽しもう~!」と言ってあげたいけれど、そうもいかない。


「諦めないで!」とか

「まだまだ、よくなっていくんだよ」とか

「気を抜いたら、今までの努力がもったいないでしょ?」
とか

一瞬、子供たちの表情が硬くなるようなことも、言わなくてはいけない




サマコン(発表会)は、独りよがりではいけないと思っている。
「コンクール」とはまた、1つ、違っているし
自分だけが満足(諦めも含め)・・そういう場ではなく
「人」に届けるもの(音楽)を数か月かけて作り上げ、
それを、自分の音でプレゼントする。
そんな感覚。


自分自身、謙虚になって自分を見つめ
精いっぱいの努力をし、
たとえ、それがうまくなくてもいいの。
結果じゃなくて、その取り組む姿勢を教えるのが、このサマコンの大きな意味があるのだと思っている。


だから、最後まで「真面目」に取り組まなきゃ。






「人」を育てていると思っています。
「生きる力」を育て行こうと思っています。




時には、厳しいです。私。
「人」を導くのは、簡単なことではない覚悟も、持っています。
これは、自分の生き方にもつながっていて、生徒や保護者の方に育ててもらっていることもわかっています。




サマコンの台本片手に
すべての生徒が、輝く日を作りたいと思っています。

20140731_055138 (550x309)



昨日は、かなり、私もフラフラで
昼に横になっちった。
ドリンク剤飲んだら、復活!!

効くのね~たまに飲むと・・・


そして・・・・


昨日の夜、玄関の窓に、こんな奴が・・・

20140730_201614 (550x309)

20140730_201621 (550x309)


「家の守り神」…ヤモリちゃん。

「僕がついているよ!」って応援しに来てくれたのかな?



みんなも、応援してくれたら、うれしいよな~~~~(*^^*)
  ↓ ポチっ!

にほんブログ村

合同練習&レクリェーション大会

この時期だから・・・・・

『レクリェーション大会』!!!


毎年、サマコン前の「合同練習日」に、みんなで遊ぶ。


大きい子も・・・・

小さい子も・・・・

ママも・・・・・

おばあちゃんも・・・・・





近くのコミュニティーセンターの集会室
11時から5時まで、たっぷり借りて
各メニューの練習は、真面目に取り組むのだけど・・

*司会
*踊り
*歌
*『お話組曲』
*トーンチャイム

20140729_135351 (550x309)

20140729_150256 (550x309)
20140729_140648 (550x309)



とにかくね~



みんな楽しんでいる!


楽しむ天才だぁ~!!




そして・・・・





子どもって、なんで暇さえあれば『走る』のかなぁ~~!(^^)!

おかしい!おかしい!

中学生まで、走っているんだからね~






昨日は『合唱指導』で、ヤヨイ先生に来ていただいて
<脱力>や<足の裏の意識>や<息の使い方>なども勉強した。
20140729_115431(0) (550x309)

20140729_115630 (550x309)

20140729_120851 (550x309)

20140729_120856 (550x309)

20140729_122659 (550x309)

20140729_115351 (550x309)

20140729_120902 (550x309)

20140729_120234 (550x309)







そのあと・・・



みんなで遊ぼう!!!



*仲間集めゲーム
*大声大会
*じゃんけん列車
*爆弾ゲーム

20140729_143851 (550x309)

20140729_121640 (550x309)

20140729_145353 (550x309)







ワ~~~~~ワ~~~~~
キャ~~~キャ~~~~



部屋中の笑い声と歓声!!!



3歳の子が1歳の子の手を引いたり
小学生が中学生の後を追いかけたり
ママたちの笑い声も花が咲く。


みんなニッコニコだぁ~






これが、
この教室の仲間だよ。



あと・・・4日。。。。。


体に気を付けて!(^_-)-☆


にほんブログ村

ピアノは、生きているんだよね。

私が教室を始めてから買った
ヤマハのグランドピアノ・・

かれこれ15年くらいになるのかな・・・


今年の初めに『防音室(通称Sルーム)』ができて、そちらに移動してから・・・
なんとなく、今までと感じが変わった


まず、中のフェルトがめくれてきたから、張替の作業をした。


ピアノの奥の事は、私はよくわからなくて
調律師さんが
「そうしたほうがいい」と言えば、
「そうなのかな・・?」と思う。
それだけのことを、今まで続けて来ていた。


ピアノを教えていても、
中身の細部までは全然わかっていなくて、恥ずかしいな。



そう思ったから、生徒たちにも一緒に学んでもらおうと
『ピアノについて調べよう~~』って調べ学習を提案したり、
自分でも本を読んだりしていた。



たとえば・・
自分の体の仕組みや、細胞について
何も知らなくても、元気に生きているような感じ。

何かあれば、お医者さんがいて、
そして・・・調律師さんがいるから。



でも・・・
今年の春から、もう1台のピアノが来てから
それぞれの違いや、変化が、自分自身ものすごく敏感になったように感じる。


それは、部屋の変化、湿度、温度の変化による、ピアノの変化・・・・



「・・・・???・・・違う!この音じゃない」
「ねぇねぇ~一体どうしたの??」


そんな風に、ピアノがね・・

自分を主張したり、
すねたり・・・
訴えたり・・・


それをヒシヒシと感じるようになってきた。



『Sルーム』のヤマハのグランドの調子が、どうもよくない。
叫び声をあげているみたい。




そこで、調律師さんに来ていただいて、相談した。
ピアノのお医者様だから。



やっぱり・・・



そろそろ、疲れもたまり、ストレスを抱え
少々ストライキ気味??なのか・・・



「これは、1度、すべてきれいに整えてあげた方がいいですね。
かなりガタガタになってきていますよ」


今まで、この1台がフル稼働していた時は、
『自分が頑張らなきゃ!』って弱音を吐かないで頑張ってくれていたこのピアノ。

もう1台来て、少しほっとしたんだね。


「疲れたよ・・・」って言っているようだったから・・・




昨日・・・丸1日かけて、すべてのパーツを生き返らせる作業をしていただいた。
まだ、これだけでは完全に復活しないようで、あと1日かかるけど。


弦の跡がくっきりついたハンマーを、すべてきれいに削り、揃え。。。
各部品もすべて磨く作業。




調律師さんが12時間・・・
凄い仕事だ!




サマコン前のこの時期だからこそ、
いい状態を作りたかった。



12時間の作業中
私も12時間のレッスン(笑)


時々、生徒ものぞかせて、素晴らしい体験にもなったでしょ?(^_-)-☆

20140728_202001



でも、やっぱりそれだけ愛情を注いだピアノは、
調律師さんが帰ってから触れてみると


ニコッと笑っているようだったよ。

20140728_134304

今日は合同練習日!
楽しくやります!!(*^^*)


にほんブログ村

先生、気絶してる~


クラスコンサートが終わってみんなが帰ってから・・・

まだまだサマコンの準備は続く。



有里は、リハーサルが終わった途端、猛ダッシュで焼肉屋さんのバイトに行き
私と菜々子先生は、作業に取り掛かった。



「そういえば・・・
今日、お昼ご飯食べられなかったね・・・・」

「あ・・・忘れてた。・・なんだかお腹・・空いたかも・・」



「オッケー!菜々ちゃん、作業進めてて!
私、スパゲッティー作るよ!」


2階には、息子たちや、その友達まで遊びに来ていたから
即効!料理人になって
超簡単メニューで、飢えた子どもたち(もう大人だけど・・)のおなかに入るものを作り始めた


はい!出来上がり!

20140727_195537 (550x309)

「ホウレンソウの胡麻和え」&「きゅうり」付



とにかく・・なんとか「飢え死に」だけは避けてから、
作業を続けた私たち。


それぞれの部屋にわかれながら進めていたのだけど・・・・




私・・・・

もうダメ~~~



作業の手を休めて、
コテン!と横になっちゃった。

たぶん5分くらい。



その時に菜々ちゃんが部屋に入ってきた。

「センセ・・・・!!!!!わぁぁ~~




・・・・・ん??・・・


「センセ~~~大丈夫ぅ~~!!!・?」


・・・・・・う・・ん・・



「・・あ~~びっくり!!センセー気絶してるかと思った~~」



あははは~~
大丈夫だよ~ん





そして・・むっくり起きて、
再び作業開始・・・・


夜12時まで。
へろへろ~~


今が1番のピーク。
でも
もうすぐ、山は越えるよ。



今日も暑いね。
がんばろ。


にほんブログ村

クラスリハーサルの重み

昨日は、『笑夢(M)ホール』にて、<クラスリハーサル>を行った。

サマコンのプログラム順に、
各コーナーごと時間を変えて集合し、
司会の生徒に進行を任せて進めていく。

私たち講師は、ステップのアドバイザーのように
演奏を聴きながら、講評を書いていくのだ。


<アドバイザーの先生風・・隣では司会の生徒は進めていく>

20140727_094610 (550x309)



子どもたちは、みんな堂々としていて、楽しそう。
自分が、その曲にたいして持ってるイメージを
しっかりもって弾いていることがわかる。

頼もしいなぁ~~



ただ、惜しかったことは・・


自分が「どう弾きたいか?」はあっても、
「そうなっているか?」と、確認するのは難しい。



この前のブログで
「独り言」と「届ける演奏」
という記事を書いたけれど、

どうしても、鍵盤の世界から、目と心が離れにくい。
遠くの、広い空間を感じにくいね。





私自身も同様で
いつものレッスンでは、その子の細かい部分ばかり目がいっちゃっていて
アドバイスも、内側になっていたし、

また、
大勢の前で弾くと、その子を今後どう導いていったらいいのかが、見えてくる。




今回
私、有里先生、菜々子先生の3人が、
それぞれ講評を書き、
それを、演奏後みんなの前で発表した。



いいところも、
惜しかったところも、
3人3様の気づきも


みんなの前で発表することにより
いろいろな角度からの味方も生徒たちには感じられただろうし、
人のアドバイスを聞くことで
自分たちも勉強になったことと思う。



なかなかこんな機会はない。
自分の演奏を人の前で披露するだけではなく
音楽的にどうだったか?をも、客観的に聞かされることって
この、同じ教室の仲間だからできることかもしれない。




私たち3人からのアドバイスで多かったところは・・

*「音」はピアノ全体を鳴らして、蓋から遠くに飛んでいくことを忘れないで、耳を開こう。
*弾き始める前に「イメージ」をきちんと持ったかな?
*鍵盤の底までしっかりと音をつかんでね。
*スタートの音は、特に指先の角度も考えて、響きのある音が出るようにね。
*お辞儀の仕方
*ダイナミクスは、家で弾いているときとホールでは違うこと
*脱力について




こんなふうに、講評を書き、私たち自身みんなの前で発表することが、
私にとっても、すごく勉強になったのでした。




この場所は、


生徒も、先生も・・

「今の自分」をさらけ出すところです。

格好つけたり
いいところを見せる場所ではない。



生徒たちの成長とともに。
私は2人のN&Y先生の成長に目を細めた。

先生が3人になって、
若い先生方が、ぐんぐん育っていること。
彼女たちの指導力を、私は尊敬している。
いつも前向きで、生徒のために全力で取り組んでいる姿を見ていると
眩しいくらいだ。



私ももうちょっと・・
彼女たちに負けないように(笑)

頑張らなくちゃね。


<今日の様子>

2台ピアノのリハーサル
20140727_160053 (550x309)

20140727_153802 (550x309)


20140727_091916 (550x309)


あと少し。
がんばれの「ポチ!」よろしく(^_-)-☆
  ↓

にほんブログ村
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

しょうこ先生

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ

ブログの中にあるおいしそうなパンをクリック!すると、空からパンが振ってくる! パン好きな人のためのブログパーツ。
Powered by KAYAC