しょうこ先生の日々。

埼玉県草加市のピアノ教師です。内容はその日その日の心を動かした数々を、思ったままに書きつづっていきます。

2015年12月

1年間ありがとうございました。

30品のお節料理を作り終え、ホッとして一休みです。

お節料理は、母から受け継いでいるものに加え、毎年1つずつ新しい品を増やしてきました。
20151230_084401 (550x309)

20151230_074722 (550x309)

20151230_082517 (550x309)


20151230_083422 (309x550)
20151230_091004 (550x309)

20151230_091105 (550x309)

20151230_091505 (550x309)

20151230_083926 (550x309)

20151230_084005 (550x309)

20151230_084041 (550x309)

20151230_084119 (550x309)

20151230_111128 (550x309)

20151230_111943 (550x309)

20151230_112127 (550x309)

20151230_115017 (550x309)

20151230_115740 (550x309)

20151230_120534 (550x309)

20151230_144854 (309x550)

20151230_145810 (550x309)

20151230_162649 (550x309)

20151230_162518 (550x309)

20151230_153836 (550x309)
20151231_091439 (550x309)

20151231_114703 (550x309)

20151231_130207 (550x309)

20151231_130217 (550x309)

20151231_133016 (550x309)





昔、ちっともお節料理を食べてくれなかった子供たちは、
今では、この年末のおせち料理作りを心から楽しみにしていてくれて、
横から「つまみ食い」(笑)


「うっめぇ~~」
「おいしいぃ~~」

な~んて声が飛び交う・・・

なんだか落ち着かなく・・・
なんだか楽しい年の暮です。



大掃除も、サクサク捗り、
おっきなゴミ袋いっぱいに洋服や、溜まりに溜まったものをバンバン断捨離しました。





この1年を振り返ると・・・


数年前からの激動の日々の余波もありながら、
「自分の生き方」をもう1度しっかりと見つめ直す1年だったように感じます。



今年も、多くの人と出会いました。

そして、

多くの人が通り過ぎて行きました。



台風の中にいるように、自分を見失いそうになることもなかったわけじゃない。

周りのスピードについていけなくなりそうな不安もありました。



もっと、できたことはあったのかもしれない。
まだまだ、力不足も多い。



そんなことを考えていると、来年の課題も見えてきます。


来年の手帳に、来年の希望を書き始めてみました。
私の「れっすんのーと」同様、1年後の自分から今の自分に話をしているつもりで書いてみます。

こっそり書く事ですから、どんなことを書いてもいいのだけど
そうそう書けるもんじゃないんですね・・・
10個くらい書いたら、もう、思い浮かばなくなりました。

「書けば叶う」って、よく言うので、もっと書きたいのに~~
どうせなので、ここに書き留めてみます(笑わないでね~)


1年後のしょうこからのメッセージ

*体重が5キロ減になったよ!(甘いもの片手に、書いているんじゃない!)
*宝くじで1億円当ったよ!(まずは、買わなきゃ!)
    ↓
*当たったから『Lスペース』を作って、もっと音楽で楽しめる空間を作るんだ~音響・照明・インテリアも充実(夢!)
*セミナーで、すべての県に行ったよ(山陰・南九州・東北・北海道~行ってみたいなぁ~って・・・だったら旅行すればいいんだね~あはは~~)
*ipadが使えるようになったんだ(まずは買わなきゃ!)
*母との温泉旅行が実現したんだ(母が忙しいので実現するかどうか・・・??)
*ウォーキング・3日に1回行ったよ~・・(毎日じゃないのが・・なんと消極的)
*ピアノのレパートリーを増えたんだ!(がんばる!)
*家族が全員健康でいる(これ、絶対!)
*生徒のピアノ力アップ!!(きっとそうします!)
*月1回、美容室で自分を可愛がってあげた。
*字をきれいに書く
*家族で海外旅行をしたんだ~(いいねぇ~)
*『笑夢(M)ホール』で月1回以上、サロンコンサートを行ったよ。
*・・・・つづく・・・



こんな風に書いているだけで、ウキウキしてくるね~


みなさんも、是非、書いてみてくださいね。

こっそりでもいいけど、
私みたいに公言しちゃうのもいいかも・・・・
もしも、叶わなくたって、別に誰にも迷惑かからないし、誰からも責められることもないしね~~・・


たった1度の、自分だけの人生だから。
自分が望んだように生きていけたら幸せだよね。





言いたい放題の、大晦日です!



みなさん、来年もよろしくお願いします。


今年も、本当にありがとうございました!

よいお年をお迎えください。




追伸・・・

年賀状は、1枚も、書けませんでした。
送っていただいた方には、お返事を書きますが、元旦に着かないご無礼をお許しくださいませ・・・



今年最後のポチ!よろしくです。
  ↓

にほんブログ村

空白を作る

大掃除をして、確信したことがある。


1年間かけて、ごちゃごちゃになった棚の整理をしていた。

いつもだったら、目に見えるところだけ、ちょこちょこと片付けたり拭いたり・・

なんだか、いつもスッキリ感がないまま、少しずつものが増えていく。

「今度、片付けよう!」「・・あとでやろう!」

その繰り返ししかできない日々が続いていたから。


でも、今日は、レッスンもほかの仕事も何もない。

気になっている部分から・・・、棚にあるものをすべて取り払った。


棚を、マジックリンで丁寧に拭いたあと、

本当に必要なものだけを収めていった。


昔、大切にしていたクリップや

捨てられない写真や手紙。


いろいろ出てきて、子供達と一緒に見ながら笑った。




今、使わないものをまとめて、1つの箱にしまった。

(父も写っている、右の写真・・・スカイツリーは建設中の貴重なショット!)
20151229_194026 (550x309)


その棚は・・・風通しが良くなった。





あ~~私の中と同じだ。


いろいろなものを詰め込みすぎている。



今、必要なものは何?

今、使わないものは何?



この休みの時期に、自分の中の整理をしよう。



「空白」の部分を作る。




いつも、貧乏性で、欲張りだから・・・
何もかも持っていたい!

でもさ・・持っていても、使わないものばかり。
使いこなせないものばかり。


中途半端が積み重なっていく。



それが、ジレンマとストレスにもなる。





手放そう・・・・・


空白を作れば、風が通る。




きっと、自分らしいものが、そこに収まっていく。






そんな・・・新しい自分を夢見ながら、大掃除をする年末の1日。







にほんブログ村

山本己太郎ファーストリサイタル 充実の2公演でした。

山本己太郎君・・・

ファーストリサイタル2回公演 終わりました

<昼の部>
『こたろうお兄ちゃんとの 音楽史の旅』

<夜の部>
『心をピアノの音色に変えて』

20151228_061741 (550x309)
(プログラム制作=娘)

<昼の部>は子供たちにわかりやすい音楽史のレクチャーを交えて
音楽室でいかめしい顔をしていた各時代の作曲家の曲を紹介してくれた。

これは・・・かなり面白い!!

私たちも、作曲家の顔を大型にコピーして準備させてもらった。

20151227_161258 (550x309)
(肖像画制作=娘・・ありがとう~)

途中の参加コーナーでは
「ペンタトニック」
「アドリブ」の楽しみ方を教えてくれて、みんなで盛り上がったね。

20151227_150759 (550x309)

20151227_151337 (550x309)

20151227_161212 (550x309)

20151227_145722 (550x309)

目の前で、ちょっと大きなお兄ちゃんが、目にも止まらない速さでニコニコしながらピアノを弾いている姿を、
参加してくれた子供たちの心の中に、しっかりと焼き付かれたに違いない。

20151227_180932 (550x309)

音楽史のレクチャーの中には
子供たちがよく知っている
「メヌエット」「トルコ行進曲」「エリーゼのために」など・・・

1曲ごと・・・・
「あ・・知ってる!」「うち、弾いたよ!」なんて声も。
みんなの心がウキウキしているのがわかる。


ディズニーの曲では、ニコニコ
「え~~?あのディスニーの曲が、こんなにかっこよく変身するの??」

と、ジャズアレンジのディズニー曲のお母様たちも、きっとうっとりしたのではないかしら?


そして・・第3部は・・・

バリッと、ここは専門家のクラシックピアノを聴かせてくれた。

リスト「ハンガリー狂詩曲13番」

ショパン「ノクターンOp9-2」

プロコフィエフ「ピアノソナタ6番」



素晴らしかったです!




<夜の部>は18時から
もう外は真っ暗の中。大人の方中心のコンサートになりました。

第1部~ジャズ&ボサ&ラグ~
わかりやすい、説明とともに、彼らしいアレンジでの曲が続いて、心地いい。

第2部~イメージ即興~

「今朝、何時に起きましたか??」
「朝、何食べましたか?」
「そして、今の気持ちは?」

参加してくれた人たちの言葉から連想する曲を即興で弾いてくれる。

ほほぅ~なるほど・・そんな感じになるんだ!

その時にしか生まれない曲を目の当たりにできるウキウキ感ったら最高に楽しい時間です。

第3部~ピアノソロ~

クラシック曲を、今の彼の全てを出し切るような演奏でした。
シューマン、ブラームス、ショパン、リスト、サン・サーンス、プロコフィエフ・・・



どの曲も、本当に素晴らしかったです。



夜の部は・・・中間の休憩時間に
ワインチーズや、子供たちにはもちろんソフトドリンクや お菓子やフルーツも用意して

和やかな時間も、今回のコンサートの醍醐味でした。


アンコールでは、バージョンアップした
「イ~オ~ン~己太郎バージョン」と
「LINE着信音~己太郎バージョン」を・・・






彼は、今、武蔵野音大4年生。
来年4月からは大学院の方で勉強を続けながら
演奏活動や、指導の仕事も行うそうです。

若い音楽家を応援したい。
本当にそう思います。




己太郎君の家と私の家が近所で・・・
私の長男が幼稚園に行っている時に、ママと知り合った。
その時は、己太郎君はママのお腹の中にもいなかったっけ・・・(笑)

私がまだ、ピアノ教師になる前の話。
己太郎君のママはピアノの先生で、なんだか気があって、一緒に子供のサークルなどを作って、子供たちに向けて劇をしたり、歌ったり、笑ったり・・・

その後私もピアノ教室を開くことになって
己太郎くんのママにはとってもお世話になった。
いろいろ教えてもらったし、私の第1回目の発表会では連弾のパートナーにもなっていただいた。


そんなご縁の中、我が子同様にすくすく育っていった己太郎君


幼稚園のころから、武蔵野音大の子供の教室に通い始めて
うちに遊びに来た己太郎くんは、幼稚園のくせに
「おれ・・・・音大生!って嬉しそうに話していたのが、昨日のようです。




数ヶ月前・・・久しぶりに会った己太郎くんは、キラッキラ輝いていました。

私の『笑夢(M)ホール』のピアノの前に座ると
「わぁ~こんないいピアノが弾けるなんて!!と嬉しそうに、ニコニコしながら弾いてくれた。


全身から、「ピアノ大好きが噴出していた。


彼が近所だったから・・・・とか

彼のママと友達だったから・・・とかだけじゃなく

私が個人的に、己太郎君のピアノのファンになった。ということが今回のきっかけです。

そんな彼のファーストリサイタルは、絶対にこの場所でやってもらおう!
私の心が決まったのです。


よかったら以前のブログも見てね。
  ↓
しょうこ先生の日々『山本己太郎君ファーストリサイタルのお知らせ』



生徒たちにも、もっとたくさん見せてあげたいと思う。

また・・・来年、第2弾が出来たらいいな。



みなさんも彼を応援してください!

打ち上げ!
20151227_211322 (550x309)

20151227_210124 (550x309)




こっちもよろしくね。
 ↓

にほんブログ村

音楽を作る。届ける。受け取る。樹原涼子さんのクリスマスコンサートへ。

自分で演奏し、生徒と一緒に作り、
お客様に届ける
教室のクリスマスコンサートが終わったら・・・・


次は、音楽を受け取る時です。
20151226_215130 (550x309)

20151226_182501 (550x309)


年末、欠かさず伺っている樹原涼子さんのコンサートです。
もう・・・10年以上・・・いや・・・もっと。14年くらいかしら・・・


こんなに、毎年聴きに来ているんだ~
あらためて、私、すごい!と思っていたら、


樹原涼子さんがお話の中で

「子供の出産の時、1年お休みしただけで、このコンサートは欠かさず行っているの。これからも、作り続け、伝え続けていきたい」

こう、お話されていたことが胸に突き刺さった。

ということは、何年になるのかな?
30年くらいかな?もっとかしら??


そのずっとずっと前からの涼子さんの足跡があって
人に伝える音楽を作り続け、届けてくださる場を
ずっとずっと持ち続けてくれたから・・・・


だから・・・今がある。




音楽は時の芸術


それぞれの人の心に届くのは、一定ではない。


受け取る人たちは、その時の自分の気持ちでいろいろな音楽を受け取っていく。
つまり・・・音楽の好みも変わるだろうし、何を聴いても、何を受け取るのも自由で。


でも、その中で・・・・
作曲家が、自分の生き方を貫いて作り続けて下さること
その偉大さを感じたきのうのコンサートだった。



樹原涼子さんの歌は
いつも「愛」がある

押し付けるのではなく・・・
小さな小さな「愛」がキラキラしている。

生きているっていいな・・・
聞いている人が、そんな風に自然に感じられる歌。

歌詞だけでなく
歌声だけでなく
その音楽だけでなく

涼子さんの歌う姿が人の心に勇気を与えるのです。



素敵な方です。




きのうの夜の部は、「ごきげんバンド」のメンバーと。
このメンバーとの音楽も、同様に10年以上聴かせていただいている。

ギター
ベース
パーカッション

3人の素敵な男性の音楽家たちも、本当に素敵で・・・
ジュワーっと、大人の演奏で涼子さんの歌を支えているのが、本当に本当に・・・
これがカッコイイ!って言うんだ。と、惚れ惚れしながら見つめていた(笑)




生の音楽は・・・やっぱりいい。



その空気に一緒に浸ることで
その後ろの大きな世界まで感じられるから。





素敵な時間をありがとうございました。



これからも、応援しています。



こっちも応援してね!
  ↓

にほんブログ村

クリスマスコンサート&パーティー終了です

クリスマスコンサート&パーティーが終わりました。


ママたちも・・・最高!
20151225_150054 (550x309)


司会の3年生も、最高!
20151225_132930 (550x309)


日本語しか話せないフィンランド人のサンタさん(笑)
子供たちに突っ込まれ・・タジタジ・・・
20151225_151128 (550x309)

パーティー・・わいわい~
20151225_152521 (550x309)


ママ・・1人で電車で来てくれてありがとう。
毎年、必ず来てくれる。
4年前まではパパと一緒だったね。
20151225_172103 (550x309)


今年も、生徒たち全員に手作りのプレゼントを作ってくれた。
100個・・・
今年は、鉛筆キャップ。
88歳の母が、1つ1つ手で縫っていくの。

生徒さんたちは健やかに育ちますように・・・
幸せになりますように・
・・・

こんな思いを込めたおばあちゃんサンタからのプレゼントです。
20151226_065441 (550x309)




3つの、グループに分けて
それぞれの年代の子供たちや、保護者の方が
心から楽しめるように・・・と準備をしてきましたが、
まだまだ、行き渡らないところはあっただろうと思います。


よかった!
楽しかった!
やるだけやったから、めでたしめでたし!



つい・・・そんな言葉が出そうになるけど
大きなイベントを行うことは、
その言葉だけで済ませてはいけないこともわかっています。



「本当に、これでよかったのか?」
「もっと、工夫はできなかったか?」
「いつもと同じで・・なんて手を抜いてしまったことはなかったか?」


など・・反省点は山のようにあります。



『完璧』なんて、いつになってもありません。


1つの行動を起こすことで、何かが見えてくる。
「よかったこと」も「よくなかったことも」


すべてに、目をつぶってしまわないで受け止めると
「次」が生まれてきます。

でもやってみないとわからないことです。
やらなければ「次」がないのです。




子供たちも、忙しい日々の中で
自分で時間を捻出し、
集中して練習する・楽しむの繰り返しでここまできました。


よくやったな・・・と、彼らの行動に心から感動しています。


本当の楽しさは、与えられるものではなく
自分で見つけ、作り出すものだということも
このタイトなスケジュールの中で感じていたようでした。


やりたいからやる!
やるからには、自分の力を出し切る!

そんな気迫が感じられました。



今回のクリスマスコンサートは、
どの部分も、すべて1人ではない。

仲間がいるから、この短時間に仕上げていけたのだと思います。




私もそうです。


今回、初めてエレクトーンとのアンサンブルにチャレンジしました。

『ウィンターゲームス』というかっこいい曲です。

1451057817843 (550x309)


はじめて、エレクトーンと合わせる上に、

ぶっつけ本番!

音符はめちゃくちゃ細かくて、
慣れないコンタクトレンズで、見えるかどうかの不安

エレクトーンを演奏してくれる彼女が、CDを作って渡してくれたのが1ヶ月くらい前で

・・・・正直・・・・
そのテンポとノリについていけるかの不安・・・


練習時間が取れない


そして・・・本番の緊張



でも・・今、やらなくてどうするのよ!
せっかく、エレクトーンまで会場に運んできてくれて
私と一緒に演奏してくれると言ってくれている、この素敵なチャンス


楽しもう・・・!



彼女を信じ・・・
自分を信じ・・・


自分の出来ることを、ストレートに出すことだけ考えて演奏させてもらった。



・・・気持ちよかった・・・・

・・・心から、楽しかったです・・・・



演奏させてくれて、ありがとう。
一緒に弾いてくれたHさん・・ありがとうございました。





クリスマスコンサートの目的の
『アンサンブルの楽しさ』


私自身がみんなの前で披露できたことで、
少しでも生徒たちに伝えることができたとしたら・・・


今年のクリスマスコンサートは・・・・まる〇かな。


本当の楽しさは・・・目に見えることじゃなくて
その奥の、葛藤や努力や迷いの中で
自分の顔を上げられた時に手に入れられるものだと・・・


私自身、今年、本当に実感したことです。



にほんブログ村
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

しょうこ先生

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ

ブログの中にあるおいしそうなパンをクリック!すると、空からパンが振ってくる! パン好きな人のためのブログパーツ。
Powered by KAYAC